Edit concept Question Editor Create issue ticket

慢性移植片対宿主病


治療

  • ただし、再発した場合には、移植しか治療法がないと考えてください。 成人の急性リンパ性白血病でも、最近では、25歳 30歳ころまでは、小児急性リンパ性白血病と 同じ強力治療を行うことにより、治療成績が向上してきました。 また、Ph陽性急性リンパ性白血病では、イマチニブとダサチニブが特効薬として効くことが分かりました。[jalsg.jp]
  • 小児がんの治療は皮膚を傷めることがありますが、見落されがちです。皮膚は細菌のような外部からの侵入に対する身体の最初の防衛線です。 ページの先頭に戻る がんの治療による影響 身体のどこかに放射線治療を受けた小児がん経験者(「全身照射」も含む)は、皮膚にがんなどを発症するリスクがあります。骨髄移植や幹細胞移植に伴って「慢性GVHD(移植片対宿主病)」を発症している人にも「皮膚硬化症」や「白斑症」などの問題が生じます。[childrenscancers.org]

疫学

  • 早期抗真菌治療の無作為割付比較試験 2013年5月 造血幹細胞移植後におけるB型肝炎ウイルス再活性化の実態および予防に関する多施設共同臨床研究 2014年1月 同種造血幹細胞移殖後患者における13価肺炎球菌ワクチン複数回接種の有効性および安全性の評価 2013年1月 発熱性好中球減少症(Febrile Neutropenia, FN)患者におけるプレセプシンの有用性に関する研究 2014年8月 早期HIV感染者の予後に関するアジア多施設共同研究 2012年1月 日本におけるHIV関連神経認知障害に関する疫学研究[hokudai-hematology.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 2)予防 症状を最小限にするためには予防が重要です。まず移植前処置(大量化学療法)が始まる前に、口腔ケアに関する説明や、口腔内の診察が行われます。必要に応じて、口腔清掃指導、歯石除去、虫歯の抜歯などの治療をします。移植前処置から白血球生着までは、口腔内の清掃と観察が毎日行われ、感染症予防や食事指導が行われます。 3)治療 症状が起こった場合には、粘膜保護・痛みの緩和・保湿・二次感染症予防などの処置が行われます。[ganjoho.jp]
  • 「2」輸血後GVHD予防の基本方針 新鮮凍結血漿を除く全ての輸血に際しての血液に対する放射線照射 緊急輸血時の対応 院内採血輸血の回避 自己血輸血の推進 予防のための院内体制整備 「3」輸血後GVHD予防のための放射線照射 輸血用血液の放射線照射の適応と対象となる輸血用血液 新鮮凍結血漿を除く全ての輸血用血液にリスクがあり、照射の対象となる。[med.u-fukui.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!