Edit concept Question Editor Create issue ticket

慢性リンパ性白血病


提示

寝汗
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
リンパ節腫脹
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 進行は遅いことが多く、患者によっては無治療のまま天寿を迎えることもあるが、病期が進んでくると 貧血 や 血小板 減少、 日和見感染 や 自己免疫疾患 をおこすことがある。高齢者および男性に多い疾患で人種的には欧米で多く、アジアでは稀な疾患である。 症状 [ 編集 ] 半数以上の患者には自覚症状はなく、健康診断やなにかのきっかけでの血液検査で白血球増加を指摘されて受診し見つかることが多い。[ja.wikipedia.org]
体重減少
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠感、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
倦怠感
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
発熱
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠感、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
肝脾腫
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
脾腫
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]

精密検査

白血球増加
  • 症状 [ 編集 ] 半数以上の患者には自覚症状はなく、健康診断やなにかのきっかけでの血液検査で白血球増加を指摘されて受診し見つかることが多い。初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。[ja.wikipedia.org]
リンパ球増加
  • 分類 病期 基準 生存期間中央値 [5] Rai分類 低リスク 0 リンパ増加のみ。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 放射線や化学物質、ウイルスなどとの因果関係は認められない [8] 治療 [ 編集 ] 慢性リンパ性白血病は進行が緩慢で、無治療でも長期生存が可能な患者も少なくない。 病期分類 によって治療手段が違い、リンパ球の増加のみで症状がなく安定している場合は治療によって生命予後が改善されるとは限らない [9] 。[ja.wikipedia.org]
  • ※会員のみ閲覧可能  【JALSG 30周年記念国際シンポジウム 特設ページ】  日本成人白血病治療共同研究グループの歴史、規約、細則、組織図、そして役員・常設委員会・疾患別委員会の方々の紹介をいたします。 日本全国にある白血病診断・治療を行っている参加施設一覧です。地方別一覧と施設番号順表示がございます。 現在行われている診断・治療に関する研究と症例登録状況、新規登録終了した試験の登録数と概要一覧です。[jalsg.jp]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。アメリカに移住した日系人にもやはり少なく、環境や食事よりも人種による差が大きい疾患であると考えられる [3] 。 高齢者に多く、診断時の平均年齢はおよそ70歳である。また男性に多く、男女比は2-2.5:1程度である [3] 。 検査・診断・鑑別 [ 編集 ] 基本は血液検査である。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • […] iMedicine. 5』リブロ・サイエンス、2010年、ISBN 978-4-902496-31-4 放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編集『原爆放射線の人体影響』改訂第2版、文光堂、2012年、ISBN 978-4-8306-3741-4 松下 正幸 著『医学用語の成り立ち』榮光堂、1997年、ISBN 978-4-900410-16-9 宮内 潤、泉二 登志子 編『骨髄疾患診断アトラス : 血球形態と骨髄病理』中外医学社、2010年、ISBN 978-4-498-12562-9 村川 裕二 総監修『新・病態生理[ja.wikipedia.org]

予防

  • ALL では白血病細胞が中枢神経を侵しやすく、予防しないと中枢神経白血病になることがあり、放射線の頭蓋照射や抗がん剤メトトレキサートの髄注あるいはシタラビンなどの大量投与などを組み合わせて予防する。 小児ALL では化学療法だけで長期生存する確率が高いので第一寛解期で移植を検討することは少ないが、しかし、成人のALLでは再発率が高いのでAMLに比べると第一寛解期での移植を検討することは多い。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!