Edit concept Question Editor Create issue ticket

慢性リンパ性白血病


提示

寝汗
  • IWCLL(International Workshop on Chronic Lymphocytic Leukemia)改訂ガイドラインによると,症候性・活動性病態とは骨髄機能低下による進行性の貧血・血小板減少,進行性・症候性の脾腫またはリンパ節腫脹,2カ月間に50%を超えるリンパ球増多またはリンパ球倍加時間6カ月未満,ステロイド治療抵抗性の自己免疫性貧血や血小板減少症,CLLに起因する体重減少,倦怠感,発熱,寝汗などの症候の出現,のいずれかに該当する場合です。[jmedj.co.jp]
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 進行は遅いことが多く、患者によっては無治療のまま天寿を迎えることもあるが、病期が進んでくると 貧血 や 血小板 減少、 日和見感染 や 自己免疫疾患 をおこすことがある。高齢者および男性に多い疾患で人種的には欧米で多く、アジアでは稀な疾患である。 症状 [ 編集 ] 半数以上の患者には自覚症状はなく、健康診断やなにかのきっかけでの血液検査で白血球増加を指摘されて受診し見つかることが多い。[ja.wikipedia.org]
  • (表1、表2参照) 表1.Raiの病期分類 リスク 病期 臨床所見 低リスク 0 リンパ球増多のみ (末梢血リンパ球 5,000/μLかつ骨髄リンパ球 30%) 中間リスク I リンパ球増多 リンパ節腫大 II リンパ球増多 脾腫あるいは肝腫大 リンパ節腫脹 高リスク III 貧血(Hb IV 血小板減少( 表2.Binet分類 ステージ 臨床所見 Rai分類 との比較 A リンパ球増多 リンパ節腫大領域2箇所以内貧血・血小板減少を認めず 0 II B リンパ球増多 リンパ節腫大領域3箇所以上貧血[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • (2) 進行性の骨髄機能低下による血小板減少または貧血症状の悪化。 (3) ステロイド治療が無効である自己免疫性貧血または血小板減少症。 (4) 左肋骨弓下6cm以上の脾腫または進行性の脾腫。 (5) 直径10cm以上のリンパ節塊または進行性のリンパ節腫脹。 (6) 2ヶ月以内で50%を超える、または6ヶ月以内で2倍以上のリンパ球増加が予想される リンパ球増加。[med.osaka-cu.ac.jp]
発熱
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠感、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
  • 診断には,末梢血中に5000/μL以上のCD5,CD23陽性B細胞の増加を認めそれが3カ月以上継続することが原則である.CLLに伴う血球減少や疾患関連症状(発熱,盗汗,全身倦怠感など)があれば5000/μL以下でもCLLとしてよい(Muller-Hermelinkら, 2008).小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma:SLL)は,非白血化例で,組織像がCLLに一致するものであり, リンパ節腫脹 は必須で骨髄浸潤による浸潤による血球減少はない.[kotobank.jp]
  • AML患者さんにベネトクラクスとアザシチジン、デシタビンまたは低用量シタラビンをそれぞれ併用したときの主な副作用は、白血球数低値、悪心、下痢、血小板数低値、便秘、白血球数低値を 伴う発熱、赤血球数低値、血液の感染、発疹、浮動性めまい、低血圧、発熱、腕、脚、手および足 の腫脹、嘔吐、疲労、息切れ、出血、肺の感染、胃(腹部)の痛み、筋肉または背部の痛み、咳嗽、 ならびに咽喉痛などです。 ベネトクラクスにより、男性の受精能に問題が生じることがあります。[fukuishimbun.co.jp]
体重減少
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠感、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
リンパ節腫脹
  • 腫脹 直径1.5cm以上の新たなリンパ腫脹、新たな肝臓・脾臓の腫大、臓器浸潤 最大径50%以上の増加、直径1 1.5cmのリンパ節では50%の増加、または直径1.5cm以上、1.5cm以上のリンパ節では長径2.0cm以上になること 多発しているリンパ腫脹の直径の和の50%以上の増大 (2) 肝臓、脾臓のサイズの50%以上の増大 (3) 末梢血中リンパ球数の50%以上の増大またはBリンパ球数5,000/μL以上 (4) 増殖が速い病型への形質転換(可能な限り、リンパ節等の生検で確認する) (5[ganjoho.jp]
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
  • 臨床症状・治療 症状なく検診でリンパ球増加を指摘されることがある.貧血,感染,リンパ腫脹,脾腫による腹部圧迫症状などが初発のことがある. 治療適応はNCIの基準による(Hallekら, 2008).①6カ月以内の10%以上の体重減少,強い倦怠感,盗汗,発熱などの疾患関連症状がある,②骨髄不全による症候性貧血や血小板減少,③著明な脾腫,リンパ節腫大,④2カ月で50%をこえるまたは6カ月で2倍をこえるリンパ球増加.[kotobank.jp]
  • Rai分類 病期0:リスク低 リンパ球増加(15000/μl以上)、骨髄リンパ球40%以上 病期I:リスク中等度 リンパ球増加 リンパ腫脹 病期II:リスク中等度 リンパ球増加 肝腫 and/or 脾腫 リンパ腫脹 病期III:リスク高 リンパ球増加 貧血(Hb 11g/dl未満 or Ht 33%未満) 肝腫 脾腫 病期IV:リスク高 リンパ球増加 血小板減少(10万未満) リンパ腫脹 肝腫 脾腫 貧血 Binet分類 病期A:リスク低 リンパ球増加(末梢血で4000/μl以上) リンパ領域腫大[med.osaka-cu.ac.jp]
倦怠感
  • その為にNational Cancer Insititute-sponcered Working Groupのガイドラインによれば(1)6ヶ月以内に10%以上の体重減少、強い倦怠、盗汗、発熱などの症状(2)貧血や血小板減少(3)著しい脾腫、リンパ節腫大(4)リンパ球数が2ヶ月の間に50%あるいは6ヶ月で2倍の増加、以上の(1)-(4)のどれかが認められた場合に治療を開始するとされている [13] 。[ja.wikipedia.org]
  • 診断には,末梢血中に5000/μL以上のCD5,CD23陽性B細胞の増加を認めそれが3カ月以上継続することが原則である.CLLに伴う血球減少や疾患関連症状(発熱,盗汗,全身倦怠など)があれば5000/μL以下でもCLLとしてよい(Muller-Hermelinkら, 2008).小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma:SLL)は,非白血化例で,組織像がCLLに一致するものであり, リンパ節腫脹 は必須で骨髄浸潤による浸潤による血球減少はない.[kotobank.jp]
  • 微熱、夜間盗汗、倦怠、リンパ節腫大等を主訴として医師を訪れ、検査の結果診断されることが 多いのですが、最近では、定期健康診断や他の病気の検査時に、白血球増加が見つかり、 偶然発見されることの方が多くなっています。 全身のリンパ節腫大、扁桃腫大、肝・脾腫がみられ、進行例では貧血や血小板減少をみます。 治療は1999年に認可されたフルダラビンを使用します。[jalsg.jp]
肝脾腫
  • 診断基準 末梢血のクローナルなB リンパ球増加( 5,000/μL)の所見が,診断に必須である.なお,小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma:SLL)は,末梢血ではCLL と診断されないが(すなわちB 細胞は5,000/μL 未満), リンパ節腫大 との両者または一方を認めるものをいう.CLL とSLL は同一疾患の臨床像が異なるものと理解されている.CLL と同じ特徴をもつモノクローナルのB細胞の増加を認めながら,その数が5,000/μL 未満でCLL[primary-care.sysmex.co.jp]
  • 全身のリンパ節腫大、扁桃腫大、がみられ、進行例では貧血や血小板減少をみます。 治療は1999年に認可されたフルダラビンを使用します。ただし、「 3.白血病の病態と分類 」の項で 説明しましたように、WHO分類では、慢性リンパ性白血病は慢性骨髄性白血病/小細胞リンパ腫として、 むしろ悪性リンパ腫として分類するのが適切であるとされましたので、悪性リンパ腫に準じた治療を 施行すべきでしょう。 « 8.[jalsg.jp]
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
  • (11) Richter症候群 :CLLの一部(約10%)の経過中に全身症状や急速なリンパ節、 の増大を伴ってびまん性大細胞型リンパ腫に転化することがあり、化学療法に抵抗 性を示し、予後不良となります。 [治療] NCIによる治療開始基準は下記の通りです( Ref 14 )。 (1) 慢性リンパ性白血病に起因する以下の症状があるとき。 a.過去6ヶ月以内における10%以上の体重減少。 b.労働や日常生活が困難であるなどperformance status 2以上の極度の倦怠感。[med.osaka-cu.ac.jp]
肝腫大
  • ほかに、全身倦怠感、リンパ節腫大、脾腫、、貧血、血小板減少による出血傾向、体重減少、発熱、盗汗、ガンマグロブリン値の低下、自己免疫性溶血性貧血などを認めることもある。 診断には細胞表面抗原分析、染色体、臨床像を検討し、他のリンパ増殖性疾患との鑑別が重要となる。 診断には、血算、末梢血液像、末梢血スメア、末梢リンパ球の表面抗原の検査が必要である。骨髄像は必須ではないが、施行された場合には、下記の所見を認める。 末梢血に、Bリンパ球が5,000/μl以上が最低4週間以上持続する。[clinicalsup.jp]
  • (表1、表2参照) 表1.Raiの病期分類 リスク 病期 臨床所見 低リスク 0 リンパ球増多のみ (末梢血リンパ球 5,000/μLかつ骨髄リンパ球 30%) 中間リスク I リンパ球増多 リンパ節腫大 II リンパ球増多 脾腫あるいは リンパ節腫脹 高リスク III 貧血(Hb IV 血小板減少( 表2.Binet分類 ステージ 臨床所見 Rai分類 との比較 A リンパ球増多 リンパ節腫大領域2箇所以内貧血・血小板減少を認めず 0 II B リンパ球増多 リンパ節腫大領域3箇所以上貧血[kompas.hosp.keio.ac.jp]
脾腫
  • 初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。[ja.wikipedia.org]
  • Rai分類 病期0:リスク低 リンパ球増加(15000/μl以上)、骨髄リンパ球40%以上 病期I:リスク中等度 リンパ球増加 リンパ節腫脹 病期II:リスク中等度 リンパ球増加 肝腫 and/or リンパ節腫脹 病期III:リスク高 リンパ球増加 貧血(Hb 11g/dl未満 or Ht 33%未満) 肝腫 病期IV:リスク高 リンパ球増加 血小板減少(10万未満) リンパ節腫脹 肝腫 貧血 Binet分類 病期A:リスク低 リンパ球増加(末梢血で4000/μl以上) リンパ領域腫大[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 診断基準 末梢血のクローナルなB リンパ球増加( 5,000/μL)の所見が,診断に必須である.なお,小リンパ球性リンパ腫(small lymphocytic lymphoma:SLL)は,末梢血ではCLL と診断されないが(すなわちB 細胞は5,000/μL 未満), リンパ節腫大 と肝の両者または一方を認めるものをいう.CLL とSLL は同一疾患の臨床像が異なるものと理解されている.CLL と同じ特徴をもつモノクローナルのB細胞の増加を認めながら,その数が5,000/μL 未満でCLL[primary-care.sysmex.co.jp]
  • 臨床症状・治療 症状なく検診でリンパ球増加を指摘されることがある.貧血,感染,リンパ節腫脹,による腹部圧迫症状などが初発のことがある. 治療適応はNCIの基準による(Hallekら, 2008).①6カ月以内の10%以上の体重減少,強い倦怠感,盗汗,発熱などの疾患関連症状がある,②骨髄不全による症候性貧血や血小板減少,③著明な,リンパ節腫大,④2カ月で50%をこえるまたは6カ月で2倍をこえるリンパ球増加.[kotobank.jp]
めまい
  • AML患者さんにベネトクラクスとアザシチジン、デシタビンまたは低用量シタラビンをそれぞれ併用したときの主な副作用は、白血球数低値、悪心、下痢、血小板数低値、便秘、白血球数低値を 伴う発熱、赤血球数低値、血液の感染、発疹、浮動性めまい、低血圧、発熱、腕、脚、手および足 の腫脹、嘔吐、疲労、息切れ、出血、肺の感染、胃(腹部)の痛み、筋肉または背部の痛み、咳嗽、 ならびに咽喉痛などです。 ベネトクラクスにより、男性の受精能に問題が生じることがあります。[fukuishimbun.co.jp]
末梢神経障害
  • がん薬物療法の副作用のマネジメント 〜末梢神経障害マネジメントの手引き 2017年版 出版〜 2017.11.07 オンコロブログ がん薬物療法の副作用のマネジメント 〜末梢神経障害マネジメントの手引き 2017年版 出版〜 こんにちは、メディカル・プランニング・マネージャーの川上です。 近年、がんの薬物療法の進歩は目覚ましく ... 1 « ... 9 10 11 12 ... » 19[oncolo.jp]
腹部膨満
  • リンパ節が腫れたり、腹部感を覚えたりすることもあります。 診断には、血液検査と骨髄検査が必要です。 治療には、化学療法薬やモノクローナル抗体などがあり、ときには放射線療法も使用されます。 慢性リンパ性白血病(CLL)は、全体の4分の3以上の患者が60歳以上で、小児にはみられません。また、男性では女性の2 3倍多く発症します。北米や欧州では、最も多くみられる白血病が慢性リンパ性白血病です。[msdmanuals.com]
腹部膨満
  • リンパ節が腫れたり、腹部感を覚えたりすることもあります。 診断には、血液検査と骨髄検査が必要です。 治療には、化学療法薬やモノクローナル抗体などがあり、ときには放射線療法も使用されます。 慢性リンパ性白血病(CLL)は、全体の4分の3以上の患者が60歳以上で、小児にはみられません。また、男性では女性の2 3倍多く発症します。北米や欧州では、最も多くみられる白血病が慢性リンパ性白血病です。[msdmanuals.com]
鼻出血
  • 出血はありましたが、幸い頭部の打撲は軽度でした。ただ、右腕の上腕骨の骨折をしてしまいました (写真①・②)。 骨折はプレーティング手術により内固定しました (写真③)。金属のプレートをスクリューで止めて骨折部分を固定します。約3ヵ月後、骨が癒合したのをレントゲンで確認し、プレートを抜く手術を行い無事に骨はきれいに治りました (写真④)。今は全く問題なく走り回っています。 ところで、この猫ちゃんは、生後間もない時に死にそうになっているところを、今の飼い主さんに拾われ助けられた子だそうです。[takaoka-ac.com]
肺炎
  • 疫学,病因 欧米に多く成人白血病の20 30%を占める.日本ではわずかに2 3%ときわめてまれである.発症に遺伝的因子の関与が考えられている.発症の中央値は65歳,性差はわずかに男性に多い.病因は不明であるが,肺炎球菌などの外来抗原や自己抗原による刺激が発症に関与していると考えられている. 臨床症状・治療 症状なく検診でリンパ球増加を指摘されることがある.貧血,感染,リンパ節腫脹,脾腫による腹部圧迫症状などが初発のことがある.[kotobank.jp]

精密検査

白血球増加
  • 微熱、夜間盗汗、倦怠感、リンパ節腫大等を主訴として医師を訪れ、検査の結果診断されることが 多いのですが、最近では、定期健康診断や他の病気の検査時に、白血球増加が見つかり、 偶然発見されることの方が多くなっています。 全身のリンパ節腫大、扁桃腫大、肝・脾腫がみられ、進行例では貧血や血小板減少をみます。 治療は1999年に認可されたフルダラビンを使用します。[jalsg.jp]
  • 症状 [ 編集 ] 半数以上の患者には自覚症状はなく、健康診断やなにかのきっかけでの血液検査で白血球増加を指摘されて受診し見つかることが多い。初診時症状がある場合は、倦怠感、体重減少、盗汗( 寝汗 )が多く、他にはリンパ節腫脹、発熱、肝脾腫、皮疹、易感染症などがありうる [2] [3] [4] 。病気が進行してくるとリンパ節腫脹や 脾腫 が拡大し [2] 、貧血や血小板減少が現われ、自己免疫性疾患や日和見感染も併発しやすくなる [5] 。[ja.wikipedia.org]
リンパ球増加
  • Rai分類 病期0:リスク低 リンパ増加(15000/μl以上)、骨髄リンパ球40%以上 病期I:リスク中等度 リンパ増加 リンパ節腫脹 病期II:リスク中等度 リンパ増加 肝腫 and/or 脾腫 リンパ節腫脹 病期III:リスク高 リンパ増加 貧血(Hb 11g/dl未満 or Ht 33%未満) 肝腫 脾腫 病期IV:リスク高 リンパ増加 血小板減少(10万未満) リンパ節腫脹 肝腫 脾腫 貧血 Binet分類 病期A:リスク低 リンパ増加(末梢血で4000/μl以上) リンパ領域腫大[med.osaka-cu.ac.jp]
  • 臨床症状・治療 症状なく検診でリンパ増加を指摘されることがある.貧血,感染,リンパ節腫脹,脾腫による腹部圧迫症状などが初発のことがある. 治療適応はNCIの基準による(Hallekら, 2008).①6カ月以内の10%以上の体重減少,強い倦怠感,盗汗,発熱などの疾患関連症状がある,②骨髄不全による症候性貧血や血小板減少,③著明な脾腫,リンパ節腫大,④2カ月で50%をこえるまたは6カ月で2倍をこえるリンパ増加[kotobank.jp]
  • 分類 病期 基準 生存期間中央値 [5] Rai分類 低リスク 0 リンパ増加のみ。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 放射線や化学物質、ウイルスなどとの因果関係は認められない [8] 治療 [ 編集 ] 慢性リンパ性白血病は進行が緩慢で、無治療でも長期生存が可能な患者も少なくない。 病期分類 によって治療手段が違い、リンパ球の増加のみで症状がなく安定している場合は治療によって生命予後が改善されるとは限らない [9] 。[ja.wikipedia.org]
  • 2019年3月25日 アッヴィ合同会社 治療歴のない慢性リンパ性白血病の治療薬として、ベネトクラクスの一定投与期間治療を評価する第III相試験の複数のマイルストーンを発表 ベネトクラクスとオビヌツズマブの併用療法を評価する第III相CLL14試験は、併存疾患があり、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)に対し、化学療法を含まない一定投与期間の治療を検討する、初めての無作為化臨床試験 治療歴のないCLL治療薬として、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用療法の適応追加申請(sNDA)を米国食品医薬品局[fukuishimbun.co.jp]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] 欧米では全白血病のなかで20-30%を占め白血病の中でも最も多い型の一つだが、アジアでは少なく、日本では全白血病の2%以下 [3] または2.5%程度 [4] である。アメリカに移住した日系人にもやはり少なく、環境や食事よりも人種による差が大きい疾患であると考えられる [3] 。 高齢者に多く、診断時の平均年齢はおよそ70歳である。また男性に多く、男女比は2-2.5:1程度である [3] 。 検査・診断・鑑別 [ 編集 ] 基本は血液検査である。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学,病因 欧米に多く成人白血病の20 30%を占める.日本ではわずかに2 3%ときわめてまれである.発症に遺伝的因子の関与が考えられている.発症の中央値は65歳,性差はわずかに男性に多い.病因は不明であるが,肺炎球菌などの外来抗原や自己抗原による刺激が発症に関与していると考えられている. 臨床症状・治療 症状なく検診でリンパ球増加を指摘されることがある.貧血,感染,リンパ節腫脹,脾腫による腹部圧迫症状などが初発のことがある.[kotobank.jp]
  • 科学評論社、2011年、pp.159-165 仲 一仁、平尾 敦「CML幹細胞の制御メカニズム」『Annual Review 血液 2011』、中外医学社、2011年、p.8-14 中原 史雄「慢性骨髄性白血病の急性転化におけるHes1の関与」『臨床血液』Vol.52 No.6、日本血液学会、2011年、pp.329-336 平尾 敦「白血病幹細胞を標的にした新たな治療法の開発」『臨床血液』Vol.52 No.7、日本血液学会、2011年、pp.484-489 松尾 恵太郎 伊藤 秀美「骨髄性白血病の疫学[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • […] iMedicine. 5』リブロ・サイエンス、2010年、ISBN 978-4-902496-31-4 放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編集『原爆放射線の人体影響』改訂第2版、文光堂、2012年、ISBN 978-4-8306-3741-4 松下 正幸 著『医学用語の成り立ち』榮光堂、1997年、ISBN 978-4-900410-16-9 宮内 潤、泉二 登志子 編『骨髄疾患診断アトラス : 血球形態と骨髄病理』中外医学社、2010年、ISBN 978-4-498-12562-9 村川 裕二 総監修『新・病態生理[ja.wikipedia.org]

予防

  • オファツムマブは輸注関連毒性が強く発現することがあり,予防的なステロイド投与が推奨されています。 最近,海外の比較試験により,ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬であるイブルチニブが17p欠失例を含めて有効であることが示されており,わが国への早期導入が望まれます。 掲載号を購入する この記事をスクラップする 関連書籍 関連求人情報 関連物件情報[jmedj.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!