Edit concept Question Editor Create issue ticket

慢性アルコール依存症


提示

月経不順
  • 男らしさ、女らしさが妨げられます 性腺が萎縮して、勃起障害、月経不順になる可能性があります。 未成年者はアルコールを分解する酵素の働きが未発達です 過度の飲酒をした場合、急性アルコール中毒になる危険性が大人に比べ高くなります。 アルコール依存症になりやすくなります 未成年者は心身が未発達なため適度な飲酒をするという判断力もなく、自己規制がききません。 未成年のときから飲酒すると次第に飲酒量が増え、飲まないと落ち着かなくなってきます。[kenko.pref.yamaguchi.lg.jp]
震え
  • ・イライラして落ちつかない ・発汗や微熱 ・脈が速くなる ・こむらがえり ・不眠 ・手指の細かい震えなどがあります。 依存が進行した状態では、全身の大きな震えや幻覚・妄想などを起こす場合があります。 (d)はじめはより少量で得られたアルコールの効果を得るために、使用量をふやさなければならないような耐性の証拠。 解説 つまり、かつてと同じ量では酔わなくなるということです。 そのために、だんだんと飲酒量が増えていきます。 耐性が生じていない人であればとても飲めないような量を飲む場合があります。[ask.or.jp]
  • 「アルコール離脱」とは、お酒がきれるとイライラしたり眠れなくなったりすることから始まり、ひどくなると手の震えや寝汗などの症状があらわれ、さらに重症になるとけいれん発作や幻覚症状、意識障害があわわれるものです。 「飲酒のコントロール障害」と「アルコール離脱」がアルコール依存症の中心的な症状です。 慢性で進行性の病気 依存症にもさまざまな段階があり、最近ではいくつかの兆候があれば「アルコール使用障害」と診断して、依存症をひろく診断することもあります。[nishikawa-hospital.jp]
  • そうした状態で選手が試合に勝つことは難しく、またよしんばタイトルを奪取できたとしても、引退後に 頭痛、手足の震え、不眠、うつ、性格変化(易怒性など)、記憶障害、便や尿の失禁、……、 といった症状に、一生涯悩まされることになる。 私もこうした元ボクサーやK1選手を診察したことがあるが、本当に悲惨である。 とある論文によると、ボクサーであればプロ歴が15年を超えると、パンチドランカーとなるリスクが上昇するそうだ。 少し話がそれたが、実はアルコールによる脳の障害も、これと極めてよく似ているのである。[0004s.com]
手の震え
  • 「アルコール離脱」とは、お酒がきれるとイライラしたり眠れなくなったりすることから始まり、ひどくなると震えや寝汗などの症状があらわれ、さらに重症になるとけいれん発作や幻覚症状、意識障害があわわれるものです。 「飲酒のコントロール障害」と「アルコール離脱」がアルコール依存症の中心的な症状です。 慢性で進行性の病気 依存症にもさまざまな段階があり、最近ではいくつかの兆候があれば「アルコール使用障害」と診断して、依存症をひろく診断することもあります。[nishikawa-hospital.jp]
  • 震えが目立たない場合もあります。アルコール依存症の診断は他の症状も考慮した総合的な判断が必要です。 Q6.お酒を止めて1年経ちました。少しなら飲んでも大丈夫ですか? 長く止めたから、少しなら、アルコール分がわずかだからなどと考えて飲むテスト飲酒は、何年止めていても再発に結びつきます。 Q7.自分の意志で止めるからと受診を拒みます。意志に任せていいですか? よくある言い分ですが、結果は明らかです。受診が直ぐには無理のようなら、まず家族が相談の窓口を訪ね受診のための計画を立てましょう。[shinanohospital.com]
頭痛
  • 不眠・悪夢・頻脈・動悸・嘔吐・頭痛・胃痛・発汗などの自律神経症状、手指振戦・筋肉の硬直やけいれん発作などの神経症状、幻視・幻聴・振戦せん妄などの精神症状が現れます。 【治療の方法】 現在のところ、断酒以外の治療選択肢はありません。断酒会やAA(アルコール匿名会)などの自助会も治療の場です。日本のアルコール専門病棟の大半では、断酒の動機づけを入院条件にしており、開放病棟で2 3カ月の入院期間中に、患者自治会の主導で断酒会やAAへとつなげています。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • そうした状態で選手が試合に勝つことは難しく、またよしんばタイトルを奪取できたとしても、引退後に 頭痛、手足の震え、不眠、うつ、性格変化(易怒性など)、記憶障害、便や尿の失禁、……、 といった症状に、一生涯悩まされることになる。 私もこうした元ボクサーやK1選手を診察したことがあるが、本当に悲惨である。 とある論文によると、ボクサーであればプロ歴が15年を超えると、パンチドランカーとなるリスクが上昇するそうだ。 少し話がそれたが、実はアルコールによる脳の障害も、これと極めてよく似ているのである。[0004s.com]
睡眠障害
  • 手のふるえ、悪寒、寝汗、イライラ、不安、焦燥感、睡眠障害 などがみられます。こうした症状は、アルコールを飲むと一時的に治まります。そのため、また飲むという悪循環の原因ともなります。 人によっては吐き気や下痢、胃痛、動悸、高血圧といった症状もみられます。さらに進むと、うつ状態におちいり、ないものが見える(幻視)、ない声や音が聞こえる(幻聴)といった症状や、記憶障害なども起こすようになり、仕事や家庭生活にも大きな支障を及ぼすようになります。 こうした不快な症状は、なぜ起こるのでしょうか。[healthcare.omron.co.jp]
  • 主な離脱症状 軽 中等症 自律神経症状 手のふるえ、発汗(とくに寝汗)、心悸亢進、高血圧、嘔気、嘔吐、下痢、体温上昇、さむけ 精神症状 睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、悪夢)、不安感、うつ状態、イライラ感、落ち着かない 重症 けいれん発作(強直間代発作)、一過性の幻聴、振戦せん妄(意識障害と幻覚) 心理特性 アルコール依存症の心理的特徴として挙げなければならないのは、否認と自己中心性(※2)です。[mhlw.go.jp]
行動異常
  • アルコール依存症の定義 日本アルコール学会でアルコール依存症の定義は、「アルコール依存の結果生じた行動異常、精神障害、あるいは臓器障害をいう。」のようになっています。 日々の楽しみや、気分転換のために、お酒を飲むことは有意義なことです。 しかし、お酒を飲まねば仕事が出来ないとか、生活が出来ないなど、車にガソリンを入れるようにアルコールを飲みだしたり、身体の不調、心の変化が目立つなと思われる方は、専門医に相談をして下さい。[niki-hp.or.jp]
  • アルコール依存症の精神症状・行動異常 多くの家族は、本人の記憶など認知機能の障害よりは、精神状態や行動異常の問題をきっかけとして受診を決心されます。暴言・暴力、徘徊・行方不明、妄想などが問題になりやすいものです。こうした問題は数カ月から数年にわたって持続し、在宅介護ができなくなる直接原因になりがちです。 大量飲酒随伴問題 身体・精神疾患 既述の通り、アルコール依存症には、肝臓障害をはじめとする様々な身体障害や、うつ病や不眠症を代表とする精神障害が合併します。[mhlw.go.jp]
嘔吐
  • 不眠・悪夢・頻脈・動悸・嘔吐・頭痛・胃痛・発汗などの自律神経症状、手指振戦・筋肉の硬直やけいれん発作などの神経症状、幻視・幻聴・振戦せん妄などの精神症状が現れます。 【治療の方法】 現在のところ、断酒以外の治療選択肢はありません。断酒会やAA(アルコール匿名会)などの自助会も治療の場です。日本のアルコール専門病棟の大半では、断酒の動機づけを入院条件にしており、開放病棟で2 3カ月の入院期間中に、患者自治会の主導で断酒会やAAへとつなげています。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 飲酒をしては、過食と嘔吐(おうと)をしている若い女性。 9. 睡眠薬や精神安定剤を持ち歩き、それを酒と一緒に飲んでいる知人。 10.誰とも会うことを拒否し、自室で静かに飲み続けている家族。 11.飲酒がらみの転倒事故、または交通事故を繰り返している知人。 12.家族や上司の前で、「断酒の誓い」を書いては、かくれて飲んでいる知人。 13.うつ病と診断されて、長期通院しているが、昼間から酒臭い知人。 これらのケースは、この情報だけで、アルコール依存症と即断はできないが、その可能性は濃厚だ。[www2.wind.ne.jp]
  • また、アルコールや薬物をやめた後に、ダイエットや食べることにはまりこみ、拒食や過食・嘔吐といった摂食障害の症状が出る人もいます。 アルコール・薬物をやめた後に見られる、こうしたさまざまな依存症的行動は、最終的には・アルコール・薬物再使用の可能性を高めるので、注意が必要です。 7)人を巻き込む病気です 依存症は、周囲の人を巻き込み、さまざまな影響を与えます。恋人や配偶者は「うつ病」になってしまうことがありますし、幼い子どものこころには大きな傷が残ります。[shokokai-grp.or.jp]
下痢
  • 酔いがさめると、次のような離脱症状(禁断症状)が出る 手のふるえ、多量の発汗、脈が早くなる、高血圧、吐き気、嘔吐、下痢、イライラ、不安感、うつ状態、幻聴、幻覚 離脱症状を抑えるために飲んでしまう 体に現れるダメージ 肝炎や脂肪肝、膵炎などの疾患や、生活習慣病、果ては消化器系のがんなどの背景にアルコール依存症がある場合があります。世界保健機関(WHO)によると、アルコール依存症は60以上もの病気や外傷の原因になると指摘されています。[mhlw.go.jp]
  • さらに、飲酒はほぼすべての消化管に悪影響を及ぼすため、胃食道逆流症、マロリーワイス症候群(激しい嘔吐を繰り返し食道と胃の境目付近が裂けて出血する)、急性胃粘膜病変、門脈圧亢進性胃炎、下痢、栄養などの吸収障害、痔核の原因にもなるのです。 循環器の病気 飲酒と関連する主な循環器の病気には、心筋梗塞、心不全、高血圧、脳梗塞・脳出血、不整脈、末梢血管障害があります。 特に高血圧は、脳卒中や心臓病のリスクを高めるといわれています。[alcoholic-navi.jp]
  • 身体依存の形成(依存症初期) 酒が切れると、寝汗、微熱、下痢、不眠などの軽い離脱症状。飲む時間が待ちきれずイライラする。家族が酒を控えるよう注意し始める。 トラブルが表面化(依存症中期) 離脱症状、病的な飲酒行動、家庭内のトラブル、ウソ、隠れ飲み 人生の破綻(依存症後期 末期) 酒が切れるとうつ状態や不安に襲われるため飲む。 連続飲酒発作、離脱時の幻覚、肝臓その他の疾患の悪化などで、家庭や仕事を失う。最後は死に至る。 *慢性進行性で死に至る病気。[kuramitsu-hp.or.jp]
吐き気
  • 酔いがさめると、次のような離脱症状(禁断症状)が出る 手のふるえ、多量の発汗、脈が早くなる、高血圧、吐き気、嘔吐、下痢、イライラ、不安感、うつ状態、幻聴、幻覚 離脱症状を抑えるために飲んでしまう 体に現れるダメージ 肝炎や脂肪肝、膵炎などの疾患や、生活習慣病、果ては消化器系のがんなどの背景にアルコール依存症がある場合があります。世界保健機関(WHO)によると、アルコール依存症は60以上もの病気や外傷の原因になると指摘されています。[mhlw.go.jp]
  • お酒を飲んでいないと手が震えてくる お酒を飲んでいないと眠れなくなる 寝汗 吐き気 幻覚(虫が見えるなど) ※離脱症状:アルコールが体内から抜けた時に起きる症状。禁断症状。 お酒を飲むと、これらの離脱症状は一時的になくなり、落ち着きます。 しかし、再びお酒が切れると、離脱症状の程度がひどくなります。 ひどくなった離脱症状を落ち着かせるために、さらに必要なお酒の量が増えていく…という悪循環に陥ります。 飲酒量が増えると、次のような精神的・身体的症状が現れます。[epark.jp]
胃痛
  • 不眠・悪夢・頻脈・動悸・嘔吐・頭痛・胃痛・発汗などの自律神経症状、手指振戦・筋肉の硬直やけいれん発作などの神経症状、幻視・幻聴・振戦せん妄などの精神症状が現れます。 【治療の方法】 現在のところ、断酒以外の治療選択肢はありません。断酒会やAA(アルコール匿名会)などの自助会も治療の場です。日本のアルコール専門病棟の大半では、断酒の動機づけを入院条件にしており、開放病棟で2 3カ月の入院期間中に、患者自治会の主導で断酒会やAAへとつなげています。[yomidr.yomiuri.co.jp]

治療

  • インターネットなどで一方的な情報を集めて自己診断することは早期治療を遅らせるだけでお勧めできない方法です。 アルコール依存症の治療治療の内容 アルコール依存症の場合、治療は外来でも可能ですが、わが国では治療の主体は入院治療です。入院治療は次の3段階に分けられます。 1) 解毒治療: 体とこころに起きている合併症の治療と、離脱症状の治療。 2) リハビリ治療: 個人精神療法や集団精神療法で、本人に飲酒問題の現実を認識して断酒の決断へと導く。[mhlw.go.jp]
  • 治療は病院にお任せでいいでしょうか? 治療は原則的に家族も含めた治療が必要です。家族治療に参加してください。 Q12.受診を説得していますが、どうしても嫌だと頑張っています。どうしたらいい でしょうか? 最初は受診を拒むのが一般的です。しかし、現状を好ましいと思っておらず、何とかしたいという気持ちも潜在しています。受診に向けた取り組みを続けてください。 Q13.一日中酒浸りの生活です。酒が好きなら放っておけばいいでしょうか? アルコール依存症の可能性が高い状態です。[shinanohospital.com]

疫学

  • 課題 [ 編集 ] スティグマ [ 編集 ] 大規模疫学調査による重症患者の未治療率の算出などからもわかるように、患者に対する 偏見 や 差別 は相当根強く、『精神病患者 頭がおかしい危険人物』という誤解も見られる。例えば未だに「精神病院に行ったほうがいい」などという言葉が相手を 侮辱 する意図で使われているし、退院できる患者の家族から「一生入れたままにして、戻してくれるな」と言われることもある。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 予防面では、前章で紹介した5つのチェックのほか、アルコールの飲み方の変化にも注意が必要です。 「飲酒量が増えた、飲むスピードが速くなった、二日酔いが多くなった、飲酒中に口論などトラブルを起こした」といった面ことがみられたら要注意。 なんらかの理由でアルコールへの依存度が高まり、コントロールがきかなくなりつつある状態だからです。 本人はもちろんですが、家族などのまわりの人がこうした初期段階での変化に気づき、適切な対応(断酒、早期受診)ができれば、アルコール依存症の予防につながります。[healthcare.omron.co.jp]
  • 最近では「プレアルコホリック」という飲酒依存予備軍の段階から、早期の予防・治療が必要とされています。 アルコール依存症とは アルコール依存症は、自分の意志では、禁酒(抑制)不能状態で、過去一年間に、次の6項目のうち3項目以上が認められるものをいいます。 ① 渇望 酒を飲みたいという、強い欲望や脅迫感がある。 ② 抑制喪失 飲む量に関して、飲酒行動を統制するのが難しい。 ③ 離脱(禁断)症状 特徴的な離脱症状が出たことがあるか、または離脱症状を軽減させたり避けたりするために、また酒を飲む。[saikima.jp]
  • ※参考文献 『DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル』(医学書院) 『ICD-10 精神および行動の障害 臨床記述と診断ガイドライン(新訂版)』(医学書院) 厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト[e-heartclinic.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!