Edit concept Question Editor Create issue ticket

感染性腸炎


提示

発熱
  • 症状 原因となる病原体、あるいは感染様式、感染菌量、宿主の状態により異なりますが、発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが見られます。 発熱が先行し、嘔吐、下痢など腹部症状が遅れて出現することもあります。 検査と診断 発熱を伴った下痢、腹痛、吐き気・嘔吐があれば、感染性腸炎が疑われます。食中毒では、食事内容とその時期や渡航歴を詳しく聞くことで、病原体を推定することもできます。[hyo-med.ac.jp]
  • 腸管出血性大腸菌腸炎では発熱は軽度かみられない。また、腹痛は激しいことがあり、虫垂炎と間違われることがある。 エルシニア腸炎は、腹痛と発熱が主な症状で、下痢は軽度かみられない。腹痛は激しいことが多く虫垂炎と間違われることも多い。 チフス・パラチフスは発熱が主な症状であり、下痢は必ずしもみられない。 ノロウイルス腸炎は、嘔吐と下痢が多く、発熱はないかあっても軽度である。 ロタウイルス腸炎は乳幼児に多く、発熱、下痢、嘔吐などがみられる。白色便が特徴である。[coloproctology.gr.jp]
  • 症状 原因となる病原体、あるいは感染様式、感染菌量、宿主の状態により異なりますが、発熱、下痢、悪心、嘔吐、腹痛などが見られます。 当初発熱が先行し、嘔吐、下痢など腹部症状が遅れて出現することもあります。 診断 多種多様な病原体により起こるため、また、食中毒、外科的疾患、炎症性腸疾患など を鑑別するためにも、症状、所見、経過、便性状、腸管外症状、患者背景、季節性、海外渡航歴、ペットの飼育などを参考にして確定診断につなげます。[nishimuranaika-cl.com]
  • 潜伏期間は4 48 時間で下痢( 血便をきたすこともあります)、下腹部痛、発熱(37 40 )、嘔吐などが主な症状で、38 以上の高熱が出ることが多いのが特徴です。 カンピロバクター 生や加熱不十分な鶏肉などを摂取することで感染します。潜伏期間は2 7 日と長く、腹痛、下痢、発熱(37 39 ) が主な症状で、血便が比較的多くみられます。 黄色ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌は健康な人の皮膚にもみられる常在菌であり、ほとんどの場合、調理する人の手から感染します。[nakanohp.com]
栄養失調
  • 衛生状態が悪く 栄養失調 のみられる地域では感染を繰り返すことも多く [7] 発育不全や長期的な認知機能の発達遅延をもたらす場合がある [13] 。 カンピロバクター 属 細菌 感染者の1%が 反応性関節炎 を、0.1%が ギラン・バレー症候群 を発症する [8] 。 志賀毒素 ( ベロ毒素 )を産生する 腸管出血性大腸菌 や 赤痢菌 に感染すると、 血小板減少 や 腎不全 、 溶血性貧血 の結果、 溶血性尿毒症症候群 (HUS)を発症することがある。[ja.wikipedia.org]
下痢
  • 一般に水様性の下痢ではウイルスによるものが多く、血便や膿性の下痢の場合には細菌性の下痢が疑われます。 予防の基本 感染性腸炎は病原微生物によって汚れた手指との接触や食品や水の飲食により感染します。予防の基本は手洗い、食中毒に対する注意と病原体に対する抵抗力アップです。 誰かが下痢をしていて、おむつを使っていたり、頻回にトイレ通いをしていれば、大量の病原体が便の中に排泄されています。家族の中にこのようなヒトがいて手洗いが十分でない場合には、他の家族に感染する危険が高いのです。[miyauchi-cl.jp]
  • 下痢・感染性腸炎(2011年4月26日掲載) 平田 晴男・平田胃腸科・内科 脱水により重症化も 下痢は寝冷え、食べ過ぎ、冷たい物の取り過ぎや、精神的緊張で起こることもあります。ここでは受診機会が多く、重症感のある下痢・感染性腸炎を取り上げたいと思います。 感染性腸炎は「細菌性腸炎」と「ウイルス性腸炎」に大きく分けられます。[okinawa.med.or.jp]
  • 下痢が数日間続いたり出血をともなう場合は下部消化管内視鏡で検査します。 ウイルス性の場合は、流行やその疫学的な情報、症状、便の性状が重要となります。ロタウイルスは乳幼児の重症化する下痢の最大の原因で、6か月 2歳までの乳幼児によくみられます。発熱、腹痛、嘔吐などをともなう激しい下痢が約1週間持続します。下痢便は水様で、ときに白色となります。 [治療] 下痢が何度もおこると脱水症をおこすため、輸液を行ないます。軽症ならば、スポーツ飲料を飲むだけでよいのですが、重症ならば点滴が必要です。[kotobank.jp]
  • 嘔吐や下痢を伴うことが多く、「 嘔吐下痢症 」などと呼ばれることもあります。 身近なものであると、カキを食べた後に起こる「ノロウイルス」による嘔吐下痢症も感染性腸炎の中の一つです。 原因 ①食中毒 火の通りが十分でないと、食べ物に付着している菌やウイルスから感染します。 ・焼肉(大腸菌など) ・焼き鳥(カンピロバクター) ・カキ(ノロ) ・魚介類(ビブリオ) ・痛んだおにぎりや弁当(ブドウ球菌) また、海外の途上国の水なども注意が必要です。[sugamo-ichou.com]
吐き気
  • ※治るまでの目安 : 黄色ブドウ球菌:吐き気中心で1-2日 ノロ:1-3日 ビブリオ:2-3日 カンピロバクター:2-5日 O-157:5-7日 治療内容としては、 ・安静 ・水分摂取(OS-1、スポーツドリンク)や点滴 ・薬(吐き気止め・軽い下痢止め 整腸剤) ・抗生剤(細菌感染を疑うとき) ・食事制限(消化の良いもの:おかゆ、素うどん、ゼリーやプリン、果物など) で経過をみます。 疾患一覧へ[sugamo-ichou.com]
  • 【症状の現れ方】 一般的な症状としては、発熱を伴った下痢、腹痛、吐き気・嘔吐が多く、時には血便を来します。ウイルス性では吐き気や嘔吐症状が強いのが特徴で、発熱はあっても38 以下の微熱のことが多く、また血便は現れません。感染性腸炎は症状が長く続かないことが多いのですが、一部の寄生虫疾患では下痢が長期間続く場合があります。 【治療の方法】 感染性腸炎は自然治癒の傾向が強いため、全身状態の改善を図る対症療法が中心となります。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • ノロウイルスの症状 主症状 吐き気 嘔吐 下痢 腹痛 発熱 〇 〇 〇 脱水症状時は? 嘔吐・下痢が持続する場合は、脱水症状に十分注意が必要です。脱水症状を認めると、身体の電解質のバランスが崩れ、意識消失や心臓にも負担がかかり異常を認めることもあります。そのため家庭では、スポーツ飲料(塩分0.2%・糖5%前後)を、少量ずつ複数回に分けて水分補給を行ってください。 食事は? 可能であれば無理せず、消化の良い食事(うどん・豆腐・プリン・粥など)を摂取すると良いです。[osaka-cu.ac.jp]
  • 検査と診断 発熱を伴った下痢、腹痛、吐き気・嘔吐があれば、感染性腸炎が疑われます。食中毒では、食事内容とその時期や渡航歴を詳しく聞くことで、病原体を推定することもできます。 血液検査では、細菌感染症は炎症反応(赤沈、CRP)と白血球数の増加がみられますが、ウイルス性ではこれらは正常か軽度の上昇にとどまります。 糞便の肉眼観察、顕微鏡による観察は、膿球(白血球)、カンピロバクタ、寄生虫などの確認に有用です。糞便の細菌培養、ウイルス分離、便中抗原検出などが病原体診断のために行います。[hyo-med.ac.jp]
腸疾患
  • 多種多様な病原体によりおこるため、また、食中毒、外科的疾患、炎症性疾患など を鑑別するためにも、症状、所見、経過、便性状、腸管外症状、患者背景、季節性、海外渡航歴、ペットの飼育などを参考にして確定診断につなげる。 検査所見では特異的なものは見あたらないが、一般に細菌感染症では白血球数、赤沈、CRPなどの増加が見られる。糞便の肉眼観察、顕微鏡による観察は、 膿球(白血球)、カンピロバクタ、寄生虫などの確認に有用である。糞便の細菌培養、ウイルス分離、便中抗原検出などが病原体診断のために行われる。[niid.go.jp]
  • 鑑別診断 [ 編集 ] 胃腸炎でなくとも似た徴候および症状を呈することのあるものに 虫垂炎 、 腸捻転 、 炎症性疾患 、 尿路感染症 および 糖尿病 などがあり、鑑別が必要である [18] 。このほか膵不全、 短腸症候群 、 ウィップル病 、 セリアック病 、 瀉下薬 中毒も考慮する必要がある [30] 。鑑別診断は嘔吐または下痢のいずれかのみを呈する患者の方が、双方の症状を呈する患者よりもいくぶん複雑化する [1] 。[ja.wikipedia.org]
下腹部痛
  • 潜伏期間は4 48 時間で下痢( 血便をきたすこともあります)、下腹、発熱(37 40 )、嘔吐などが主な症状で、38 以上の高熱が出ることが多いのが特徴です。 カンピロバクター 生や加熱不十分な鶏肉などを摂取することで感染します。潜伏期間は2 7 日と長く、腹痛、下痢、発熱(37 39 ) が主な症状で、血便が比較的多くみられます。 黄色ブドウ球菌 黄色ブドウ球菌は健康な人の皮膚にもみられる常在菌であり、ほとんどの場合、調理する人の手から感染します。[nakanohp.com]
  • 豚肉、牛乳、動物、および感染したヒトの排泄物で汚染された地下水や沢の水などから感染し、3 7日の潜伏期の後に発熱、右下腹を伴う虫垂炎型あるいは下痢を主とする胃腸炎型の症状を呈する。乳幼児では敗血症や溶血性尿毒症症候群、冠動脈瘤を起こしたりすることもある。一時期川崎病の原因ではないかと云われたこともある。 7. セレウス菌食中毒 自然界に広く存在する腐敗細菌である。食品中で増殖し、食中毒を起こす。 下痢型:潜伏期間8 16時間で発症し、腹痛、下痢を主症状とする。肉類や野菜によるものが多い。[nsknet.or.jp]
  • 潜伏期間 12〜24時間 1〜2日 2〜11日 3〜8日 12〜72時間 1〜5日 12時間〜5日 24〜48時間 1〜3日 主な症状 上腹部痛、 下痢 、 嘔吐 発熱 、 腹痛 、下痢、嘔吐 頭痛 、腹痛、下痢、嘔吐 下腹、下痢、 血便 、 風邪 様症状 腹痛、下痢、嘔吐、発熱 下腹、下痢、血便、発熱 水様性下痢、嘔吐、 脱水症状 上腹部痛、嘔気、嘔吐、下痢 水様性下痢、嘔吐、発熱、脱水症状 腹痛 上腹部で強い へそ 周辺で強い へそ周辺で強い 下腹部で強い EPECはへそ周辺で強い。[ja.wikipedia.org]
嚥下困難
  • 潜伏期は18 48時間で軽度の消化器症状、その後羞明・眼瞼下垂などの眼症状、発声困難や嚥下困難、続いて呼吸困難を来す。発熱や意識障害は見られない。呼吸筋麻痺で死亡する。治療は抗毒素血清、人工呼吸。乳児ボツリヌス症は主にボツリヌスの芽胞を含んだはちみつを摂取して発症する。1歳未満の乳児に発症。成人の腸では芽胞は増殖しないが、乳児の腸で発芽し増殖、毒素を産生する。麻痺を来すが予後は良好。乳児にはちみつを与えてはいけません。 ウェルシュ菌 :食肉や魚を使った加工品で発生。[nishimuranaika-cl.com]
眼瞼下垂
  • 潜伏期は18 48時間で軽度の消化器症状、その後羞明・眼瞼下垂などの眼症状、発声困難や嚥下困難、続いて呼吸困難を来す。発熱や意識障害は見られない。呼吸筋麻痺で死亡する。治療は抗毒素血清、人工呼吸。乳児ボツリヌス症は主にボツリヌスの芽胞を含んだはちみつを摂取して発症する。1歳未満の乳児に発症。成人の腸では芽胞は増殖しないが、乳児の腸で発芽し増殖、毒素を産生する。麻痺を来すが予後は良好。乳児にはちみつを与えてはいけません。 ウェルシュ菌 :食肉や魚を使った加工品で発生。[nishimuranaika-cl.com]
睡眠時無呼吸
  • 睡眠呼吸症候群/当院で治療ができます。 16列マルチスライスCT装置 米国G E 社製B r i v o C T 3 8 5 当院では米国G E (ゼネラル・エレクトリック)社製最新1 6 列マルチスライスC T を導入しています。(2 0 1 2 .1 1 )このC T では細かく1 6 断面が同時に撮影できるマルチスライス技術を用いていますので,従来のC T と比べて撮影時間の大幅な短縮が可能となり、最高レベルの検査が行なえます。[komorita.com]

治療

  • 【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 アステラス 感染性腸炎治療薬ダフクリア錠を新発売 公開日時 2018/09/19 03:51 アステラス製薬は9月18日、感染性腸炎治療薬ダフクリア錠(一般名:フィダキソマイシン)を同日に新発売したと発表した。適応菌種はクロストリジウム・ディフィシル(以下、CD)で、これに起因する感染性腸炎に用いる。薬価は200mg1錠3943.80円(1日薬価:7887.60円)。[mixonline.jp]
  • 2018年9月26日 (水) アステラス製薬は、クロストリジウム・ディフィシル(CD)による感染性腸治療剤「ダフクリア錠200mg」(一般名:フィダキソマイシン)を新発売した。 ダフクリアは、米メルクから導入した新規作用機序と選択的な抗菌スペクトルを有する経口の大環状抗菌剤。日本では米メルクとの独占的な開発・販売契約に基づき、アステラスが開発を進めてきた。今回、CDによる偽膜性大腸炎を含む感染性腸炎治療剤として発売した。欧州ではアステラス子会社が販売している。[yakuji.co.jp]
  • 問診で3日前に鶏肉を食べたというお話と、エコー所見からカンピロバクター腸炎を疑い治療を行いました。(後日にわかった便培養の結果でカンピロバクターが検出されました。) 治療 症状は3-4日で落ち着くことがほとんどです 。ただ、O-157やサルモネラ、カンピロバクターなどは時に重症化することがあり、そのような菌の感染が疑われた場合には慎重に経過を診ます。[sugamo-ichou.com]

疫学

  • ウイルス性の場合は、流行やその疫学的な情報、症状、便の性状が重要となります。ロタウイルスは乳幼児の重症化する下痢の最大の原因で、6か月 2歳までの乳幼児によくみられます。発熱、腹痛、嘔吐などをともなう激しい下痢が約1週間持続します。下痢便は水様で、ときに白色となります。 [治療] 下痢が何度もおこると脱水症をおこすため、輸液を行ないます。軽症ならば、スポーツ飲料を飲むだけでよいのですが、重症ならば点滴が必要です。[kotobank.jp]
  • 5.病原学的検査 臨床・疫学検査と、肉眼病変や核内封入体の検出から診断が可能であるが、確定診断には感受性1日齢あひるヒナあるいはあひる胚漿尿膜上接種でウイルスを分離する。 6.抗体検査 中和試験やELISA 7.予防・治療 外国では鶏胚馴化弱毒生ワクチンが使われている。[naro.affrc.go.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 食前加熱、手指消毒で予防。 腸管出血性大腸菌 :牛の腸管に生息。O157が最多。生の牛肉、汚染された野菜などから感染。潜伏期は1 9日。数%で溶血性尿毒症症候群を発症し重症化する。小児と高齢者では死亡例あり。食前加熱で予防。最近では2011年の焼肉酒家えびすのゆっけ集団食中毒事件が有名。 サルモネラ :生卵、食肉、ミドリガメなどから感染。潜伏期は6 72時間。1週間以内に回復。 カンピロバクター :鶏肉などから感染。潜伏期は2 5日。1 2週間で回復。予防は生肉(鶏肉)を食べないこと。[nishimuranaika-cl.com]
  • ノロウイルスによる感染性胃腸炎が急増するシーズンを迎えることに鑑み、施設・事業者の皆様におかれましても、 手洗いの徹底や糞便・吐物の適切な処理等の感染予防対策に引き続き努めていただきますよう、お願いいたします。 感染予防対策 〇手洗いの徹底 ・トイレの後、調理の前後、食事の前、外出先から戻った時、おう吐物や便の処理を行った後などは石けんを使って、 流水で、手指から手首までしっかり洗うこと。 ・手洗いの後のタオルは共用せず、個人用タオルかペーパータオルを使用すること。[pref.osaka.lg.jp]
  • 汚染されたものの上に次亜鉛素酸ナトリウムの含んだ布を置き、処理を行うと二次感染予防になります。 雑巾等で清掃する際は、外側から内側に向かって包み込むように拭き取り、一度拭いた面では再度拭き取らないように注意しましょう。 また十分に換気を行いましょう。 処理後は石鹸と流水で十分に手洗いを行ってください。 感染予防のポイントは? 最も大切なことは、手洗いを十分にすることです。指と指の間や手首、指輪の接触部分などは洗い残しが多いので、注意してください。[osaka-cu.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!