Edit concept Question Editor Create issue ticket

悪性中耳炎


提示

耳痛
  • この時期になると発熱(小児でより著明)と突き刺すような、あるいは錐 (きり) で穴をあけるような、激しいがおこる。鼓膜は全体的に発赤し、鼓室内には膿が充満して、鼓膜が膨隆し、最終的には鼓膜が破れ(鼓膜穿孔 (せんこう) )、膿が外耳道に流れ出る(耳漏)。耳漏が出るとと発熱は改善することが多い。治療には身体の安静と抗生物質の全身投与がもっとも重要である。に対しては耳の後部(乳突部)の冷罨法 (れいあんぽう) や鎮痛剤の投与を行う。鼓膜の膨隆があるときは積極的に鼓膜切開を行うのがよい。[kotobank.jp]
  • 診察曜日 担当医 月曜日 午前診察 阪上 雅史、池畑 美樹 火曜日 午前診察 三代 康雄、 桂 弘和 疾患:中耳炎から老人性難聴まで、難聴、耳漏、、耳閉感、耳鳴、めまいなど耳症状を有する疾患はすべて診断・治療致します。次に、代表的疾患につき述べます。 慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎 慢性中耳炎は大人に多く鼓膜穿孔、耳漏、伝音難聴を三主徴とする疾患で、風邪を引くと耳漏が出て、放置しておくと難聴が進んでいく疾患です。 真珠腫性中耳炎は中耳真珠腫とも呼ばれますが、悪性腫瘍ではなく炎症疾患です。[hyo-med.ac.jp]
  • 耳いた() 意外に広範囲にを来す病気があります。責任部位別に見ていきます。 外耳 外耳道の入り口から鼓膜までを外耳といいます。頻繁な耳かきなどによる外耳炎、耳せつ(じせつと読みます。耳のおできです。)、外耳道真珠腫、耳帯状疱疹(水痘帯状疱疹ウイルスの感染症。小水疱、発赤疼痛が神経支配領域に生じる。顔面神経麻痺と難聴やめまいなど耳症状を伴えば、Hunt症候群といって、治りにくい。) 中耳 鼓膜と頭蓋骨の間が中耳です。[tsujimoto-jibika.com]
  • 対象とする症状、疾患 耳(外耳・中耳・内耳) 症状:難聴、耳だれ、耳閉塞感、耳鳴、、めまい、顔面麻痺 等 【外耳】 先天性耳瘻孔、耳介腫瘍、耳介軟骨膜炎、耳介血腫、外耳道腫瘍、外耳道炎、外耳道真菌症、外耳道湿疹、外耳道真珠腫、耳垢栓塞、外耳道異物、外耳道骨腫 等 【中耳】 急性中耳炎、滲出性中耳炎、慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎、耳硬化症、癒着性中耳炎、コレステリン肉芽腫、外傷性鼓膜穿孔、耳小骨離断、耳管狭窄・開放症 等 【内耳】 メニエール病、急性低音障害型感音難聴、突発性難聴、外リンパ瘻[hoshipital.jp]
  • 主な対象疾患と診療内容 主な対象疾患 鼻 鼻閉、嗅覚低下、鼻出血、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻たけ・アレルギー性鼻炎、鼻中隔彎曲症、 肥厚性鼻炎、鼻副鼻腔腫瘍、副鼻腔真菌症、鼻腔異物、好酸球性副鼻腔炎、 アスピリン喘息に伴う鼻茸など 外耳 外耳道炎、真菌性外耳道炎、悪性外耳道炎、耳介血腫、耳介軟骨膜炎、外耳道腫瘍、耳介ヘルペス、 先天性耳瘻管、外耳道異物など 中耳 、耳閉感、難聴、急性中耳炎、乳突洞炎、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎、耳硬化症、 外傷性鼓膜穿孔、コレステリン肉芽腫、MRSA[kkr.hiratsuka.kanagawa.jp]
聴覚障害
  • 乳児難聴が疑われる場合は聴性脳幹反応検査(ABR)を施行し、必要に応じて補聴器装用や人工内耳につき横浜市大やこども医療センター・平塚ろう学校・藤沢の聴覚障害センターとの連携を図っています。 重症な突発性難聴・顔面神経麻痺は入院点滴治療を行っています。 聴覚障害患者に聴覚障害認定の判別及び補聴器の相談を行っています。 嚥下障害や誤嚥が疑われる外来患者には嚥下内視鏡検査を施行しています。入院患者には嚥下造影検査を施行し言語聴覚士によるリハビリを指導しています。[kkr.hiratsuka.kanagawa.jp]
  • B 経験すべき症状・病態・疾患 1 頻度の高い症状 リンパ節腫脹 めまい 聴覚障害 聴覚障害 嗄声 嚥下困難 2 緊急を要する症状・病態 外傷 誤飲、誤嚥 3 経験が求められる疾患・病態 悪性リンパ腫 中耳炎 急性・慢性副鼻腔炎 アレルギー性鼻炎 扁桃の急性・慢性炎症性疾患 外耳・鼻腔・咽頭・喉頭・食道の代表的な異物 指導体制 1 責任者体制 耳鼻咽喉・頭頸部外科での研修における管理運営は研修総括責任者が担当する。[ent-ryukyu.jp]
  • 特徴は 1.40-60歳の男女に多い 2.めまいを反復する 3.めまいとともに耳閉感、耳鳴り、難聴などの聴覚障害を伴う メニエール病の原因は内耳の感覚器を包んでいる内リンパが多くなる(内リンパ水腫とよぶ)ためです。 c.前庭神経炎 1.突然の吐き気や嘔吐を伴う激しいめまい感 2.難聴や耳鳴りなどの聴覚症状は伴わない 3.風邪の症状が先行することが多い 4.反復しない 前庭神経炎の原因はウイルスによる前庭神経(三半規管と脳幹をつなぐ神経)の障害と考えられています。[ntt-east.co.jp]

精密検査

  • アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻出血などの鼻副鼻腔疾患 急性・慢性中耳炎、真珠腫、滲出性中耳炎、外耳道炎などの耳疾患 難聴、耳鳴、めまい、顔面神経麻痺などの内耳、末梢神経障害 咽頭炎、扁桃炎、扁桃肥大など咽頭疾患 声帯ポリープや喉頭炎、嗄声(声がれ)などの喉頭疾患 頭頸部腫瘍 甲状腺腫瘍、唾液腺腫瘍、先天性嚢胞などの頚部良性腫瘍全般 甲状腺・口腔・咽頭、喉頭、他、頭頸部領域悪性腫瘍(頭頸部がん)の診断と治療 当科では、「みみ・はな・のど」を中心に、近隣の診療所と連携しながら、 難治な症例、特別な精密検査[hospital.fujieda.shizuoka.jp]
  • 突発性難聴、顔面神経麻痺、メニエール病、嚥下障害、音声障害、睡眠時無呼吸症候群などの機能性疾患に対しても、精密検査の上で積極的な治療をしています。 甲状腺がんやバセドウ病に対する、手術および外来でのI-131内用療法を当科が担当しています。 主要疾患 難聴、めまい疾患 真珠腫性中耳炎、慢性中耳炎、耳硬化症、側頭骨腫瘍に対する手術治療を積極的に行っており、人工内耳埋め込み術、難治性メニエール病に対する手術治療も行っています。[gh.opho.jp]
  • 耳疾患 新生児聴覚スクリーニング精密検査機関に日本耳鼻咽喉科学会から施設認定されています。新生児で難聴検査でリファーが出たときにはABRを行い岐阜市の難聴児通園施設みやこ園と連携し、難聴児の療育にも協力をしています。 中耳炎 中耳炎では慢性穿孔性中耳炎、真珠腫性中耳炎、滲出性中耳炎の手術があります。特に全身麻酔下日帰り鼓膜チューブ留置術は年間30例行っています。鼓膜形成術 も積極的に行っています。また鼓室形成術は全例全身麻酔下のもとに行っています。[gmhosp.jp]

治療

  • ホーム 放射線治療について 脳腫瘍の放射線治療 放射線治療について 脳腫瘍には様々なタイプがあり、放射線をかける範囲や照射方法も、タイプによって違います。 当科では、正常の脳や眼、神経を傷つけないないように、必要に応じて強度変調放射線治療(IMRT)を取り入れています。 脳腫瘍の放射線治療 原発性脳腫瘍の放射線治療について 脳腫瘍とは? 脳とその周囲の組織、つまり頭蓋骨の内部、にできた腫瘍を脳腫瘍と言います。[twmu-rad.info]
  • 治療 聴神経腫瘍の治療法には、ガンマナイフやサイバーナイフなどの放射線による治療と、手術による治療があります。 放射線による治療は、おもに高齢者や他の病気を抱えて手術が難しい患者さんが対象となります。体に優しい治療ですが、何度もできる治療ではなく、再発があった場合は、手術が一層難しくなるなど難点もあります。 一方、若い方や腫瘍が速い速度で大きくなってきている患者さんには、今後の腫瘍増大が大きな障害をもたらすことになりますので、腫瘍摘出手術を行います。[kitano-hp.or.jp]
  • 咽喉頭慢性炎症疾患 慢性扁桃炎、アデノイド増殖症、声帯ポリープなどの手術治療を数多く行っています。 突発性難聴 ステロイド剤、脱線維素原治療(デフィブラーゼ)を用いた治療を行うことで治療成績を高めています。 顔面神経麻痺 ステロイド剤、抗ウィルス剤等を用いた治療を初期治療として行い、検査から予後不良が予測される重症例では顔面神経減荷手術を行います。 嚥下障害 内視鏡、X線透視検査による診断、治療(リハビリ指導、嚥下改善手術、喉頭気管分離,声門閉鎖術などの誤嚥防止手術)を行います。[gh.opho.jp]

疫学

  • 8.アレルギー性鼻炎、花粉症、副鼻腔炎 当科では、シラカンバ花粉症の疫学研究、新しいワクチン療法の研究を行っており国内外から高い評価を受けています。 鼻アレルギー 専門外来(毎週木曜日午後)にて専門医の立場からガイドラインに沿った治療を行っています。ハウスダスト抗原による減感作療法、外来でのレーザー手術、入院での鼻内視鏡手術も積極的に行っています。 9.睡眠時無呼吸症候群 当科では上気道の生理学的研究が国内外から高く評価されており、本症の診断と治療に応用しています。[asahikawa-med.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 耳下腺腫瘍の手術...神経刺激装置を用いて顔面神経を同定し温存する手術を行い、顔面神経麻痺の予防に努めています。 アレルギー性鼻炎の症状の高度な方には、鼻腔形態を矯正する手術とともに鼻汁を分泌する神経を切断する手術を行っています 。鼻閉や鼻汁の改善が期待できます。 嚥下障害の方に喉頭挙上術や輪状咽頭筋切断術などの嚥下機能改善手術を行っています。誤嚥性肺炎を繰り返している方には、 誤嚥防止手術として喉頭気管分離術を行っています。また、嚥下リハビリテーションも同時に行っています。[hospital.sanda.hyogo.jp]
  • 止血しなくとも血は自然と止まりますが、炎症を抑える、感染予防をするなどの処置を行います。原因は未だはっきりしないものの、インフルエンザなどのウイルス感染が関わっているとされています。 中耳炎 中耳炎は小さなお子様がかかりやすいイメージがありますが、大人がかかるケースもあります。発症すると耳だれや膿や滲出液などに血液が混入したものがみられます。清潔なガーゼなどで止血を行い、早めに受診しましょう。 再発率が高く、悪化した場合は骨を溶かしてしまうという特徴を持つのが中耳炎です。[sendai-surg.gr.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!