Edit concept Question Editor Create issue ticket

性腺機能低下症


提示

  • 227:207 11/03/04 08:01:54.02 x4jMUt7k0 207です 少し不安に思ってることがあります 211 さんがご提示した「下垂体機能低下症」と「ゴナドトロピン分泌異常症」の調査票を持参していましたが、 特定疾患の申請について病院に専門窓口があるからと医師から教えてもらい一応相談をしました。 しかし事務員の方に性腺機能低下症と伝えてもわからず、 下垂体機能低下症と伝えたところ下垂体機能低下症の調査票をもらいました。[yomi.tokyo]

精密検査

  • 精密検査ってそんなにする事あるんですか・・・ 30:病弱名無しさん 10/10/24 09:26:28 hi9xSdR3P 28 専門家では無いので何がダメなのかわからん。 この症状で染色体異常が無い事は普通だろうし、 下垂体に異常があるならそれで十分じゃ無いの? 31:病弱名無しさん 10/10/24 09:52:43 CQ9BDS5hP LHRHに反応するから、下垂体ではなく視床下部がやられてる可能性があるってことかねえ。 ただ、どのみち治療法は同じな気がするけど。[yomi.tokyo]

治療

  • やみくもに、様々な治療を試みても、患者様の負担が多くなるだけです。 皆様に、有益な治療法、情報を提供するために、日々、勉強が必要です。 ED治療 は池袋スカイクリニック[clinic-for-men.com]
  • 治療は性ホルモン剤補充か、ゴナドトロピン療法。カルマン(Kallmann)症候群は二次性徴の障害と嗅覚障害。 Keywords 低ゴナドトロピン性性腺機能不全,下垂体,黄体刺激ホルモン,LH,卵胞刺激ホルモン,FSH,性ホルモン,カルマン症候群 低ゴナドトロピン性性腺機能不全 は、下垂体の黄体刺激ホルモン(LH)/卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌低下と、LHあるいはFSH単独の分泌低下です。治療は性ホルモン剤内服あるいは注射による補充を行います。[nagasaki-clinic.com]
  • それだけでも不妊治療を始める第一歩となります。 リコピンと精子の運動率の関係 トマトの赤い成分リコピンは効酸化作用に優れ、生活習慣病の予防になると言われています。そのリコピンを摂取する事で精子に改善が見られるかもしれないとも言われています。 男性不妊を扱っている病院 ご夫婦で治療に臨む事は大切です。夫婦一緒に受診できるクリニックであれば、不妊治療もスムーズに行えます。 精子の質 卵子が1つなのに対して、精子は数億を言う数が1回の受精に対して必要です。[welcome-baby.info]
  • 治療の流れ 男性更年期障害評価のためアンケート用紙記入実施 採血施行(遊離テストステロン、前立腺癌血液検査(PSA) その他 各種検査施行) フリーテストステロン値 11.8pg/ml 以上 正常 11.8pg/ml 8.5pg/ml 要注意 8.5pg/ml 以下 治療が必要 治療 内服治療: 漢方薬、抗うつ薬、抗不安薬の内服 エナルモンデポー (テストステロンの注射薬) : 3 〜4週間に1回筋肉注射をします。ただし、2回以上施行して、症状の改善がなければ中止。[ome-clinic.com]

疫学

  • この男性ホルモンの低下については、 主に2型糖尿病において、 複数の疫学データによりほぼ事実として認識されています。 しかし、1型糖尿病については、 極めて少数の限定された報告しかありません。 そこで今回の文献では、 アメリカにおける1型糖尿病の疫学研究のデータを活用して、 血液の男性ホルモンの数値と、 1型糖尿病との関連性を検証しています。 対象者は1型糖尿病の男性の患者さん、 トータル641名で、 平均年齢は51歳です。 1型糖尿病の疫学データとしては、 非常に事例の多いものだと思います。[rokushin.blog.so-net.ne.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 原因、予防、対処法の知識を身につけ明るい生活を送っていただけたら幸いです。 TOP ED ( 勃起障害 ) 包茎 前立腺の病気 性病 (STD ) « 内分泌疾患(2) 高プロラクチン血症とED 男性の健康大事典TOPへ 加齢とED ( 勃起障害 )の関連性(1) » 内分泌疾患(1) 性腺機能低下症とED 性腺とは生殖細胞を作る器官のことであり、男性の場合精巣、女性の場合卵巣を指します。[menslabo.com]
  • 性ホルモンや性腺刺激ホルモンの補充療法を行い、二次性徴の発来・気分の安定化・骨粗しょう症の予防・ 妊孕性 ( にんようせい ) (妊娠する能力)の改善などの効果を期待します。 実際にどのホルモン補充が必要かは、原因疾患や年齢などによって異なります。そのため、性腺機能低下症が診断された際には、原因疾患を特定したうえで治療計画を立てることが必要です。 こちらも気になることはありますか? ︎不妊治療について詳しく知りたい方はこちら[medicalnote.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!