Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性骨髄性白血病


提示

  • WHO方式癌疼痛治療ガイドライン [ 編集 ] 1986年、WHOは癌疼痛治療に関するReport " Cancer Pain Rerief "(癌の痛みからの解放)を報告し、癌疼痛治療に関する新しい考え方を提示した。この考え方を基本とする疼痛治療法はWHO方式癌疼痛治療と呼ばれる。 WHO方式癌疼痛治療は鎮痛薬を鎮痛作用と特性を考慮して三つの種類に分類し、その使用について5つのガイドラインを提示している。[ja.wikipedia.org]
関節痛
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。 患者さんの年齢 急性骨髄性白血病のタイプ 患者さんが他のがんに対して化学療法を受けているかどうか 骨髄異型性症候群などの血液障害の既往歴があるかどうか 白血病細胞が中枢神経系まで拡がっているかどうか がんが以前に治癒されているか、また再発しているかどうか これらを考慮して治療法が選択されます。[kango-oshigoto.jp]
  • ベネトクラクス投与中に、発熱、悪寒、悪心、嘔吐、錯乱、息切れ、痙攣発作、不整脈、暗色尿、混濁尿、異常な疲労、筋肉痛、関節など、TLSの症状があらわれた場合は、すぐに担当の医療従事者に伝えてください。 TLSのリスクを低減させるため、ベネトクラクスを服用するときは水分を多くとること。 ベネトクラクス初回投与の2日前から毎日コップ6 8杯(合計で約56オンス)の水を飲み始め、初回投与当日や用量が増量されたときも毎回飲んでください。[okinawatimes.co.jp]
骨の痛み
  • 貧血: 赤血球の減少による倦怠感と血色不良 好中球減少症: 病気そのもの、あるいは白血球が減ったことが原因で起こる感染による発熱 血小板減少症: 血小板の減少による紫斑や出血 関節の腫れを伴う痛み(時々) 白血病の徴候や症状は小児によくあるインフルエンザや風邪のような病気と同じなので、多くの子ども達は白血病と診断される前に別の病気としての治療を受けています。 ページの先頭に戻る 急性骨髄性白血病(AML)の診断確定 白血病の疑いがあるお子さんを診断するには様々な検査が行われます。[childrenscancers.org]
耳鳴り
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠感や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
点状出血
  • 急性骨髄性白血病の症状 正常な造血が行われない為に起こるものとして、発熱、易疲労感、動悸・息切れ、出血、出血・体重減少または食欲不振が見られます。また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。[kango-oshigoto.jp]
  • 受診のきっかけとなる初期症状としては、 鼻血や歯肉からの出血が止まりにくい、紫斑、出血ができるなどの易出血症状 風邪だと思っていたがなかなか熱が下がらないなどの感染症 全身倦怠感・息切れなどの貧血症状などがある。 健康診断で数値異常を指摘され、発見される場合もまれにはある。早期発見すれば当然症状も軽度であり、診断までの期間が遅れるほど白血病細胞は増加して初期症状の強さがまし、脾臓、肝臓やリンパ節などに浸潤して臓器腫大をきたし、様々な症状が現れるようになる。[ja.wikipedia.org]
  • 出血(出血による皮下の平らで点状のしみ)。 脱力感または疲労感。 体重減少または食欲不振。 成人AMLを発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。 以下の試験や手法が用いられます: 理学的所見および既往歴: 全身を調べて、しこりや何か異常にみえるものなど疾患徴候を含めた一般的健康状態をチェックします。また患者さんのこれまでの生活習慣や過去の疾患および治療の病歴についても調べます。[imic.or.jp]
  • 出血 (皮下の出血によって生じる平坦で小さな斑点)。 衰弱または疲労感。 体重減少または 食欲 不振。 成人急性骨髄性白血病(AML)の発見と診断には、血液と骨髄を調べる検査法が用いられます。 以下のような検査法や手技が用いられます: 身体診察と病歴聴取 :しこりなどの通常みられない疾患の徴候に注意しながら、総体的に身体を調べる診察法。患者さんの健康習慣、過去の病歴、治療歴なども調べます。 全血球算定(CBC) :血液を採取して以下の項目について調べる検査法: 赤血球、白血球、血小板の数。[cancerinfo.tri-kobe.org]
紫斑病
  • 播種性血管内凝固症候群 (DIC) 特発性血小板減少性紫斑 (ITP) (ICD-10: D69.3) 治療 大量免疫グロブリン静注 を行う。大量免疫グロブリン静注とは、大量の 免疫グロブリン を静脈内注射すること。 血栓性血小板減少性紫斑 溶血性尿毒症症候群 (HUS) 病態 腸管出血性大腸菌感染症 に続発する。 統計 乳幼児や老人に多い。 検査 末梢血塗沫標本 では、ボロボロになった破砕赤血球が認められる。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 4_貧血・血小板減少 白血病自体でも生じますが、抗がん剤によってもおこり、貧血症状や出血症状が出ます。場合によっては致命的になることもありますので十分な治療が必要です。実際には、日本赤十字社から取り寄せた赤血球製剤、および血小板製剤を輸血することにより、減少した赤血球や血小板を補充します。輸血に関する説明書は別にありますので参考にして下さい。 5_その他 抗がん剤やその他必要な薬剤により、肝機能障害、腎機能障害、および心機能障害が出現することがあります。[uwajima-mh.jp]
  • 赤血球 …貧血、白血球 …抵抗力の低下(感染に弱くなる)、血小板 …出血症状 が出現してきます。特に急性骨髄性白血病の場合はこれらの症状が急速に現れてくることが多く、早急に治療を行わなければ生命にかかわってくる状態になることもあります。 急性骨髄性白血病の発病時には多くの患者さんが何らかの自覚症状があります。貧血によるだるさ、動悸・息切れ、抵抗力の低下による発熱などの感染症症状、血小板減少などによる出血症状(皮膚のあざ、鼻血、口の中の出血など)があります。[med.oita-u.ac.jp]
  • 骨髄において白血病細胞が異常に増殖する結果、正常な造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少に伴う様々な症状を呈する。適切な治療がなされない場合には、感染症や出血により致死的となる重篤な疾患である。 AMLの治療法としては、強力な化学療法としてアントラサイクリン系薬とシタラビン( キロサイド 他)などの多剤併用療法を用いた寛解導入療法と寛解導入後療法が中心となっている。また、化学療法で良好な長期予後が得られない場合には、同種造血幹細胞移植が適応となる。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 症状 貧血、感染、出血傾向が最も頻度高く起こります。急激に貧血が進むことが多く、ちょっとしたことで息切れやめまいが起こりやすくなります。正常の白血球の数が減るため、感染を契機に発熱で病院を受診して診断されることがしばしばです。また、打撲した覚えがないのに紫色のあざができたり、鼻血や歯茎からの出血で異常に気がつくこともあります。 治療 患者さんの年齢や白血病のタイプにより選択する治療法が異なります。[kanden-hsp.jp]
発熱
  • GlasdegibとLDACの併用群およびLDAC単独群で最も多く(患者さんの30%以上)認められた有害事象(AE)は、貧血(併用群45% vs 単独群42%)、発熱性好中球減少症(同36% vs 27%)、嘔気(同36% vs 12%)、食欲減退(同32% vs 12%)、疲労感(同31% vs 20%)、血小板減少症(同30% vs 27%)でした。[pfizer.co.jp]
倦怠感
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • 受診のきっかけとなる初期症状としては、 鼻血や歯肉からの出血が止まりにくい、紫斑、点状出血ができるなどの易出血症状 風邪だと思っていたがなかなか熱が下がらないなどの感染症 全身倦怠・息切れなどの貧血症状などがある。 健康診断で数値異常を指摘され、発見される場合もまれにはある。早期発見すれば当然症状も軽度であり、診断までの期間が遅れるほど白血病細胞は増加して初期症状の強さがまし、脾臓、肝臓やリンパ節などに浸潤して臓器腫大をきたし、様々な症状が現れるようになる。[ja.wikipedia.org]
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
疲労
  • 疲労 くりかえす感染症 脱力 食欲不振 過剰な出血 痛みや傷がなかなか治らない 歯肉の腫れまたは変色 アザができやすい 骨や関節の痛み(特に肋骨と胸骨) 高熱 これらの症状は、白血病細胞が引き起こすものと正常な白血球、赤血球、血小板が少なくなることで生じるものがあり、症状によっては白血病以外の病気でもみられます。そのため、急性骨髄性白血病(AML)の診断には、症状からだけでなく、血液・骨髄検査を行って診断を確認する必要があります。[ganclass.jp]
  • 成人AMLを疑う症状としては発熱、疲労感、易出血性、出血があります。 AMLの早期徴候はインフルエンザや他の一般的な風邪により誘発される徴候と似ていることがあります。以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 発熱。 息切れ。 易出血性または出血。 点状出血(出血による皮下の平らで点状のしみ)。 脱力感または疲労感。 体重減少または食欲不振。 成人AMLを発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。[imic.or.jp]
  • 急性骨髄性白血病の症状 正常な造血が行われない為に起こるものとして、発熱、易疲労感、動悸・息切れ、出血、点状出血・体重減少または食欲不振が見られます。また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。[kango-oshigoto.jp]
  • GlasdegibとLDACの併用群およびLDAC単独群で最も多く(患者さんの30%以上)認められた有害事象(AE)は、貧血(併用群45% vs 単独群42%)、発熱性好中球減少症(同36% vs 27%)、嘔気(同36% vs 12%)、食欲減退(同32% vs 12%)、疲労感(同31% vs 20%)、血小板減少症(同30% vs 27%)でした。[pfizer.co.jp]
疼痛
  • WHO方式癌疼痛治療ガイドライン [ 編集 ] 1986年、WHOは癌疼痛治療に関するReport " Cancer Pain Rerief "(癌の痛みからの解放)を報告し、癌疼痛治療に関する新しい考え方を提示した。この考え方を基本とする疼痛治療法はWHO方式癌疼痛治療と呼ばれる。 WHO方式癌疼痛治療は鎮痛薬を鎮痛作用と特性を考慮して三つの種類に分類し、その使用について5つのガイドラインを提示している。[ja.wikipedia.org]
  • 発熱、出血または疼痛などの症状を緩和する以外に治療は行われていません。以下の状況が当てはまります: 全血球数が異常である。 骨髄中の少なくとも20%の細胞が芽球(白血病細胞)である。 白血病の症状・徴候がみられる。 寛解期の成人AML 寛解期の成人AMLでは、疾患に対して治療が行われています。以下の状況が当てはまります: 全血球数は正常である。 骨髄中の5%未満の細胞が芽球(白血病細胞)である。 脳、脊髄または体内のいずれの部位にも白血病の症状・徴候が認められない。[imic.or.jp]
肝脾腫
  • が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる真菌感染症も起こりやすくなる. 3)出血: 血小板減少により出血を生じやすくなる.急性前骨髄球性白血病では凝固線溶異常が起こることが多く,播種性血管内凝固症の併発などにより重篤な出血をきたしやすい. 4)腫瘍崩壊症候群: 白血病細胞の崩壊により腫瘍崩壊症候群をきたし,凝固線溶異常,播種性血管内凝固症,高尿酸血症や腎障害を招くことがある. 5)臓器浸潤: 白血病細胞は中枢神経や皮膚,消化管,肝臓,脾臓など,さまざまな臓器に浸潤しうる.その結果,歯肉腫脹,[kotobank.jp]
  • 肝腫大と脾腫大を併せてと言う。 合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄 が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。血液を造る場所(造血の場)である骨髄が線維化を起こすので、代わりに肝臓や脾臓が造血の場となる(骨髄以外の造血が増加することを髄外造血亢進と言う)。髄外造血亢進によってが起こる。 検査 血液検査 血清生化学検査 好中球アルカリフォスファターゼが上昇する。[ja.wikipedia.org]
肝腫大
  • 静脈閉塞性肝疾患とは、肝臓の小さな血管が血栓でふさがれてしまい、機能が低下し、黄疸(おうだん)や、腹水などの症状が出現することです。重症化すると腎臓や心臓などの重要な臓器にも障害が起こるため、血液検査などで注意深く観察します。 閉じる 4.造血幹細胞移植 造血幹細胞移植が適応するかどうかは、染色体異常、病型、予後因子などによって決定されます。[ganjoho.jp]
  • 肝臓が大きくなることをと言い、脾臓が大きくなることを 脾腫 大と言う。と脾腫大を併せて肝脾腫と言う。 合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄 が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。血液を造る場所(造血の場)である骨髄が線維化を起こすので、代わりに肝臓や脾臓が造血の場となる(骨髄以外の造血が増加することを髄外造血亢進と言う)。髄外造血亢進によって肝脾腫が起こる。[ja.wikipedia.org]
歯肉出血
  • 血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。 また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。 診断 上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。血液検査が正常でなかった場合、さらに骨髄穿刺という骨髄検査を行います。[niigata-cc.jp]
頭痛
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • 時には肝臓、脾臓、中枢神経(脳や髄膜)、歯肉、皮膚などに白血病細胞が浸潤することがあり、腹部飽満感、頭痛や神経麻痺、歯肉腫脹、皮疹などを自覚することもあります。 診断 血液および骨髄検査とその他の検査 骨髄穿刺、末梢血検査で白血病細胞の増殖を確認することで診断します。急性白血病では多くの場合、白血球数は高値となりますが、低値となることも少なくありません。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。 患者さんの年齢 急性骨髄性白血病のタイプ 患者さんが他のがんに対して化学療法を受けているかどうか 骨髄異型性症候群などの血液障害の既往歴があるかどうか 白血病細胞が中枢神経系まで拡がっているかどうか がんが以前に治癒されているか、また再発しているかどうか これらを考慮して治療法が選択されます。[kango-oshigoto.jp]
  • 臨床症状 急性骨髄性白血病の症状は,原因からは正常造血の障害によるもの,白血病細胞の増殖・浸潤によるもの,腫瘍崩壊によるものに分けられる.白血病細胞が骨髄を占拠するために正常造血が抑制され,骨髄機能の低下をきたす. 1)貧血: 全身倦怠感や体動時息切れ,頭痛,耳鳴り,浮腫など,貧血に伴う症状が生じる. 2)感染症: 白血球減少,免疫能の低下から感染症を併発し,発熱をきたす.細菌感染症の起因菌はGram陰性桿菌とともにGram陽性球菌が多い.白血球数の減少が長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる[kotobank.jp]
脾腫
  • また、白血病細胞が各臓器に浸潤しているとに伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。 患者さんの年齢 急性骨髄性白血病のタイプ 患者さんが他のがんに対して化学療法を受けているかどうか 骨髄異型性症候群などの血液障害の既往歴があるかどうか 白血病細胞が中枢神経系まで拡がっているかどうか がんが以前に治癒されているか、また再発しているかどうか これらを考慮して治療法が選択されます。[kango-oshigoto.jp]
  • 肝臓が大きくなることを肝腫大と言い、脾臓が大きくなることを 大と言う。肝腫大と大を併せて肝と言う。 合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄 が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。血液を造る場所(造血の場)である骨髄が線維化を起こすので、代わりに肝臓や脾臓が造血の場となる(骨髄以外の造血が増加することを髄外造血亢進と言う)。髄外造血亢進によって肝が起こる。[ja.wikipedia.org]
  • 長く続くと,カンジダやアスペルギルスによる真菌感染症も起こりやすくなる. 3)出血: 血小板減少により出血を生じやすくなる.急性前骨髄球性白血病では凝固線溶異常が起こることが多く,播種性血管内凝固症の併発などにより重篤な出血をきたしやすい. 4)腫瘍崩壊症候群: 白血病細胞の崩壊により腫瘍崩壊症候群をきたし,凝固線溶異常,播種性血管内凝固症,高尿酸血症や腎障害を招くことがある. 5)臓器浸潤: 白血病細胞は中枢神経や皮膚,消化管,肝臓,脾臓など,さまざまな臓器に浸潤しうる.その結果,歯肉腫脹,肝[kotobank.jp]
下痢
  • 一般的な副作用は、骨髄抑制や吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、口内炎、脱毛、発熱などです。 1)骨髄抑制 使用される薬の種類によっても異なり、個人差もありますが、抗がん剤治療後の7 14日ごろに、赤血球や血小板、白血球(特に感染を防御する重要な役割を持つ好中球)が減少します。[ganjoho.jp]
  • また、抗がん剤による悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、口内炎、脱毛、発熱等の副作用がありますが、おのおのに対して可能な限り副作用を軽減させ、対策を立てて治療を行います。 b.慢性白血病 慢性白血病は慢性骨髄性白血病と慢性リンパ性白血病に分けられます。 ①慢性骨髄性白血病 比較的ゆっくり進行する血液のがんで、造血幹細胞ががん化して起こります。特徴はフィラデルフィア染色体という特異な染色体をもっており、この染色体の異常が病態の原因です。[okayamamc.jp]
腹痛
  • また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部膨満感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。 患者さんの年齢 急性骨髄性白血病のタイプ 患者さんが他のがんに対して化学療法を受けているかどうか 骨髄異型性症候群などの血液障害の既往歴があるかどうか 白血病細胞が中枢神経系まで拡がっているかどうか がんが以前に治癒されているか、また再発しているかどうか これらを考慮して治療法が選択されます。[kango-oshigoto.jp]
腹部膨満
  • また、白血病細胞が各臓器に浸潤していると脾腫に伴う腹部感や腹痛、歯茎の腫れや痛み、腰痛や関節痛、頭痛等が見られます。 治療法の選択 治癒の可能性とと治療法の選択は患者さんの状態によって変わります。 患者さんの年齢 急性骨髄性白血病のタイプ 患者さんが他のがんに対して化学療法を受けているかどうか 骨髄異型性症候群などの血液障害の既往歴があるかどうか 白血病細胞が中枢神経系まで拡がっているかどうか がんが以前に治癒されているか、また再発しているかどうか これらを考慮して治療法が選択されます。[kango-oshigoto.jp]
咳嗽
  • 症状 正常な血液細胞が減少することによる貧血症状(ふらつきや息切れなど)、白血球(主に好中球)が減少することによって発症する感染症による症状(発熱や咳嗽など)、血小板減少による出血傾向が、急性白血病の主な症状となります。時には肝臓、脾臓、中枢神経(脳や髄膜)、歯肉、皮膚などに白血病細胞が浸潤することがあり、腹部飽満感、頭痛や神経麻痺、歯肉腫脹、皮疹などを自覚することもあります。 診断 血液および骨髄検査とその他の検査 骨髄穿刺、末梢血検査で白血病細胞の増殖を確認することで診断します。[kompas.hosp.keio.ac.jp]

精密検査

白血球減少
  • 骨髄において白血病細胞が異常に増殖する結果、正常な造血機能が阻害され、白血球減少、貧血、血小板減少に伴う様々な症状を呈する。適切な治療がなされない場合には、感染症や出血により致死的となる重篤な疾患である。 AMLの治療法としては、強力な化学療法としてアントラサイクリン系薬とシタラビン( キロサイド 他)などの多剤併用療法を用いた寛解導入療法と寛解導入後療法が中心となっている。また、化学療法で良好な長期予後が得られない場合には、同種造血幹細胞移植が適応となる。[medical.nikkeibp.co.jp]
  • 3_正常白血球減少時の感染症 病気そのものにより、または抗がん剤の副作用で生じます。予防的には抗菌剤(抗カリニ、抗真菌)の内服、手洗い、およびうがいの励行などがありますが、実際に生じた場合には十分な抗生物質の投与を行います。また白血球数を増加させる薬剤を皮下注射します。 4_貧血・血小板減少 白血病自体でも生じますが、抗がん剤によってもおこり、貧血症状や出血症状が出ます。場合によっては致命的になることもありますので十分な治療が必要です。[uwajima-mh.jp]
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
赤血球減少
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • 赤血球減少(貧血)による症状:顔面蒼白、息切れ、動悸、全身倦怠感など。 血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。 また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。 診断 上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。[niigata-cc.jp]
好酸球増加
  • AML1-ETO: FAB分類ではM2に認められ,急性骨髄性白血病の10%を占める.t(8;21) をもつ症例では,分化傾向をもつ骨髄芽球が増殖する.t(8;21) 転座によりAML1-ETOキメラ遺伝子が形成される.AML1はRUNX1ともよばれ,造血細胞の分化に重要な役割を果たす転写因子である.AML1-ETOはAML1機能の阻害などを通して白血病発症に寄与する. 2)inv(16),t(16;16):CBFβ–MYH11: inv(16)(16番逆位)やt(16;16)はFAB分類M4E(増加[kotobank.jp]

治療

  • これらの薬剤の増量または多剤の追加は、治療成績が向上せず有害事象が多くなるため推奨されない。 1回の寛解導入療法では寛解に至らない場合、同じ治療法をもう1回行う。 大量シタラビン療法AML:t(8;21)(q22;q22);RUNX1-RUNX1T1とAML:inv(16)(p13.1q22) または t(16;16)(p13.1;q22):CBFB-MYH11では、下記の治療方法よりも成績が良いので標準的な治療法となる。 ただし感染症や有害事象が多い。[ja.wikipedia.org]
  • 1)急性骨髄性白血病の治療:若年者 若年者(65歳以下、小児を除く)の場合はまず、複数の薬剤を使用した化学療法を行い寛解(かんかい)を目指します。寛解後の治療は、予後に関連する因子の1つである染色体異常などから予後分類を行い、その後の治療方針を決定します。 【治療について、さらに詳しく】 図5は、治療の流れを大まかに示した図です。担当医と治療方針について話し合うときの参考にしてください。[ganjoho.jp]
  • 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 更新・確認日:2015年05月20日 [ 履歴 ] 履歴 2015年05月20日 内容を更新しました。タブ形式に変更しました。 2006年10月01日 掲載しました。 1.経過観察と検査 治療後の通院の間隔は、病型(病気の種類)、治療の内容とその効果、継続して行う治療の有無、合併症や副作用の内容、治療後の回復の程度など、患者さんの状態によって異なります。担当医によく確認しておきましょう。[ganjoho.jp]

疫学

  • 目次に戻る 第1章 概念・分類と疫学 疫 学 松尾恵太郎 愛知県がんセンター研究所疫学予防部 室長 要旨 本邦のデータを用いた白血病の記述疫学情報を示した.急性骨髄性白血病(AML)は 50 歳以上に好発するが,一方急性リンパ性白血病(ALL)は幼児期,高齢者の双方に好発する.年齢調整罹患率は,AML,ALL 共に 1993 2005 年の間大きな変化を示していない.[saishin-igaku.co.jp]
  • 疫学・統計 小児から成人までのどの年齢層にも発生しますが、主に小児に多く、成人での1年間の発症率は約10万人に1人とされています。 診断 急性骨髄性白血病 治療方針を決定する上で非常に重要となる分類は、病型分類と呼ばれ、国際的にFAB分類とWHO分類の2種類が用いられています。 急性骨髄性白血病の診断と治療方針を決めるためには、さまざまな検査が行われます。検査は白血病細胞を確認するだけでなく、病型分類の決定や、発症に伴うさまざまな異常や合併症の有無を確認する目的もあります。[daidohp.or.jp]
  • この「腫瘍学」のページで扱う事柄を次に示す: 癌の診断 非外科的治療法(例えば化学療法、放射線療法あるいはその他の療法 - 日本では" 集学的治療 "( multidisciplinary therapy )という語が好んで使用される) 治療が成功した癌患者のフォローアップ(術後定期健診) 終末期患者における疼痛緩和治療 癌治療を取り巻く倫理上の問題 癌検診 集団検診 患者親族への疫学調査(特に乳癌) 米国のoncologistは時として、理学療法、精神カウンセリング、臨床遺伝学など、患者の集学的治療[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 場合によっては、脳や脊髄中の白血病細胞を消失させるために(または予防するために)、脳脊髄液中に抗がん剤を入れることもあります。 抗がん剤治療には大きく分けて寛解導入療法と寛解後療法があります。 1_寛解導入療法とは 最初に行う治療で、この治療の結果が予後を決定する可能性が高いとされています。この治療により約1 1.5ヵ月後に正常造血が回復し、骨髄中の白血病細胞が消失(見かけ上の治癒であるが白血病細胞は残存している状態)した状態を完全寛解といいます。[uwajima-mh.jp]
  • 閉じる 5.支持療法 支持療法とは、白血病細胞そのものを減少や死滅させる治療ではありませんが、症状や合併症、治療に伴う副作用を予防、軽減させる治療で、血液のがんの治療を効果的に進めていく上で重要になります。 具体的には、治療に伴う白血球減少に備え、感染しやすい場所(口の中、気道、肛門周囲など)の治療やケア、白血球減少の状況での感染症の予防や治療のための抗生物質、抗ウイルス薬、抗真菌(カビ)薬の投与、貧血や血小板の減少に対する輸血、その他血液製剤や吐き気止めの使用などです。[ganjoho.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!