Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性間質性腎炎


提示

  • 文献概要 1ページ目 参考文献 症例提示 症例1 86歳の女性.15年前より高血圧を指摘されるも放置していた.1週間前に腰痛が出現したため整形外科を受診したところ,変形性脊椎症の診断でロキソプロフェンナトリウム3錠/日を処方された.内服開始後5日目より下肢浮腫および食欲不振が出現した.徐々に増悪してきたため当科受診となった.[webview.isho.jp]

疫学

  • 疫学・統計的事項 Thadhani Rら(N Engl J Med, 334: 1448, 1996)によると,急性腎不全のうち約10%は間質性腎炎であると報告されている.また,Haas Mら(Am J Kidney Dis, 35: 433, 2000)らによると,急性腎不全で 腎生検 が行われた症例の18.6%は急性尿細管間質性腎炎,1.6%が急性腎盂腎炎であった.Baker RJら(Nephrol Dial Transplant, 19: 8, 2004)による急性尿細管間質性腎炎128例の[kotobank.jp]
  • 疫学 腎疾患における尿細管間質性腎炎の頻度は、施設、国の腎生検の適応基準などによってまったく異なります。 新潟大学第2内科での腎生検(1954 2000年)11131例のうち本症と診断されたのは、246例(2.2%)でした。 成因・病態生理 急性尿細管間質性腎炎の病因は下記の表①に示すように多彩です。[blogs.yahoo.co.jp]
  • その後、多くの疫学研究や臨床研究から、慢性腎臓病と心血管疾患とは相互に悪影響を及ぼし合っていることがわかってきました。 この両者の関係は「心腎連関(相関)」と呼ばれ、最近、特に重要視されるようになってきています。 腎機能が低下すると、それが心筋梗塞(心臓の血管が詰まる病気)や脳卒中といった心血管疾患の大きな危険因子となることが判明しているのです。 慢性腎臓病が進行すると、加速度的に心血管疾患の発症が増えます。[tokusengai.com]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 腫瘍性疾患に関連したもの 3.細胞性免疫の関与する過敏症 12)糸球体疾患に伴うもの 4.即時型(IgE型)過敏症 13)血管系疾患によるもの 4)尿路閉塞によるもの 14)その他 1.水腎症 1.放射線腎症 2.膿腎症 2.サルコイドーシス 5)膀胱尿管逆流現象に伴う腎症 3.原因不明 ・参考文献 1.内科レジデントマニュアル 第2版 医学書院 1987 2.内科レジデントマニュアル 文光堂 1989 3.Valtin H :腎臓-生理と機能 MEDSi 1985 4.Valtin H :腎臓病-病態生理[nms.co.jp]

予防

  • 治療・予防 原因の大部分を占める薬剤性のものでは,まず被疑薬剤を中止して保存的に経過をみることが原則である.薬剤性であっても発症1週間以内にステロイドを開始すると腎機能の回復が有意によいとする報告がなされている.また,免疫学的機序によるものは副腎皮質ステロイドや免疫抑制薬を使用する.なお,腎機能低下が高度の場合には,一時的に血液透析を行うことがある.[松尾清一] 文献 Praga M, Gonzalez E: Acute interstitial nephritis.[kotobank.jp]
  • 予防の基礎知識 軽い急性腎障害も、繰り返すことでどんどん状態が悪くなり、やがて慢性腎臓病に陥ることがあります。場合によっては人工透析が必要になることもあるので、早期発見、適切な治療はもちろん、予防することも極めて大切です。 高齢の方は、「早期発見のポイント」でも述べたように、脱水症状や過度な血圧低下などが急性腎不全の原因になります。こまめに水分補給を行うこと、体重測定をすることで早めに脱水に気づけるようにしましょう。 降圧薬を内服している方は、毎日血圧を測定することをおすすめしています。[saiseikai.or.jp]
  • 慢性腎不全では、失われた腎臓の機能が回復する見込みはほとんどないため、治療目標のひとつは、慢性腎不全の進行を予防し、少しでも透析療法への移行を遅らせることです。治療は、 薬物療法、食事療法 のほかに 日常生活での心がけ も必要となります。もうひとつの治療目標は合併症の予防です。慢性腎不全の進行に伴ってさまざまな合併症が現れる可能性があります。例えば、慢性腎不全によって高血圧が持続するような場合は、心臓病や脳卒中など生命にかかわる合併症の原因となります。[zjk.or.jp]
  • 腎臓病のもとになる糖尿病や高血圧を中心に、その予防、診断、治療、合併症、合併疾患の診療を行っています。かつては「腎臓病は治らない」と考えられていましたが、早期に発見し治療すれば、治癒させることも不可能ではなくなってきています。 腎炎やネフローゼ 症候群の診断のために必要な腎生検も積極的に施行しており、 早ければ翌日には診断がつく体制を取っています。日本腎臓学会の研修施設に認定されています。 末期腎不全における透析療法の導入・管理を行っています。日本透析医学会の認定施設となっています。[kyoto.hosp.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!