Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性膵炎


提示

激痛
  • 腹部、背部の激痛があり-鎮痛剤がきかない事が多い 2. 重症となると、腹部、背部の激痛に加え、呼吸困難、血圧低下、意識障害がひき起こされる。 3. 腸が麻痺して、腹部が膨隆する。下痢などがおきるが便秘になることもある。 4.腹腔内で出血が起こる。 5. 胸水が貯まる。 # 危険な徴候 (1) 血清アミラーゼは初期に上昇するが、2、3日で正常化するので、これだけで重症かどうかは判断できない。 (2) 発熱や白血球数増加は感染を起こしている徴候で危険。[med.teikyo-u.ac.jp]
  • これだけでも激痛をともないますが、膵液が総胆管の外に漏れると、臓器の周囲の粘膜を溶かすので被害は甚大です。“おなかのやけど”と呼ばれる一大事で、腹膜炎や多臓器不全を起こして命を落とす危険性もある」 と語るのは、東京医科大学病院消化器内科主任教授の糸井隆夫医師。 アルコールと脂っこい食べ物で十二指腸乳頭部が詰まる 十二指腸乳頭部が詰まる原因は大きく二つある。一つは冒頭で挙げた「アルコールと脂っこい食べ物」だ。[msn.com]
  • 「膵臓痛」 膵臓の痛みの度合いは、急性膵炎のような激痛から鈍痛までさまざまで、 上腹部のあたりがジクジク痛むなどの鈍痛が2、3日続くこともあります。 消化吸収障害(下痢など)、糖尿病の合併などもあり、 患者さんの苦痛と不安は大変なものです。 膵臓痛などの症状は、鎮痛剤が効きにくい。 漢方のほうが早く効くと思います。 「慢性膵炎」 膵臓に繰り返し炎症が起こり、肝硬変と同じ様に細胞が壊されて、 膵臓全体が硬くなって萎縮し膵臓の本来の働きが失われるのを「慢性膵炎」。[seihouen.ne.jp]
腹痛
  • 消化器内科医 加藤則廣氏 急激な腹痛を来す病気の一つに、膵臓(すいぞう)に急に炎症を来す急性膵炎があります。今回は急性膵炎についてお話しします。 膵臓は胃の後ろにあります。膵臓の主な役割は食物を消化する膵液を作って十二指腸内に出す「外分泌機能」と、ホルモンであるインスリンを生成・分泌する「内分泌機能」です。インスリンが不足したり、十分に効果が発揮できない状態になると糖尿病を発症します。 急性膵炎の主な症状は、急に腹痛が出現して吐き気や嘔吐(おうと)、発熱、背部痛を来します。[gifu-np.co.jp]
  • 症状 自覚症状は、腹痛が90%以上にみられ、悪心・嘔吐が20%、背部痛が15%にみられます。また、前屈みの姿勢になると腹痛が軽減する傾向があります。他には食欲不振、発熱、腹部膨満感などがみられることもあります。 診断および治療 急性膵炎が疑われる場合は、まず血液検査、腹部超音波検査、Ⅹ線CTなどの検査を行います。さらに膵炎の原因や重症度などによっていくつかの追加の検査が必要になります。 急性膵炎は通院では治療困難であり、緊急入院となる場合がほとんどです。[nakanohp.com]
  • 毎日腹痛があるような患者さんは、「絶対禁酒」です。 超音波検査で大きな異常がなく、腹痛も全くないなら、 月1回、乾杯のビール1杯は大丈夫です。 飲酒が「たまの過量」や「毎日」になるのなら、最初から「禁酒」すべきです。 腹痛が激しい場合は、脂肪だけではなく蛋白も0.5 0.8g/kg体重に制限します。 急性増悪を繰り返す場合、 1回の食事量を少なくし、回数を1日に4 5回摂取するようにしましょう。 「慢性膵炎の治療法」 慢性膵炎は進行性の疾患ですから、進行をくいとめるのが第一です。[seihouen.ne.jp]
嘔吐
  • まろん   9歳 ダックスフンド 「突然、嘔吐が続き、昨日から動かなくなった」主訴で、他院の先生よりご紹介をいただきました。 まずは、身体検査で重度の脱水(粘膜乾燥、心拍増加、皮膚弾力の低下)があると思われました。 血液検査では、軽度の総白血球の増加、ALPの上昇、電解質の異常、CRP(急性炎症:6.9)の増加がみられました。 触診では、上腹部の痛みは感じられませんでしたが、急性膵炎と仮診断し膵特異リパーゼの測定と超音波検査を行いました。[ishizaki-ah.jp]
  • 症状は激しい嘔吐、腹痛。 参考文献 [ 編集 ] 急性膵炎診療ガイドライン2010 ISBN 9784307202688 関連項目 [ 編集 ] 慢性膵炎 消化器学 外部リンク [ 編集 ] mymed急性膵炎 急性膵炎診療ガイドライン2010 日本膵臓学会 急性膵炎における初期診療のコンセンサス改訂第3版 膵臓 Vol.26 (2011) No.6 P651-683[ja.wikipedia.org]
  • 症状としては、激しい嘔吐、食欲低下、腹痛、下痢などが認められます。さらに、重度の急性膵炎では、活性化した膵酵素や炎症性サイトカインの影響により、DICやショック、急性腎障害など重篤な合併症が引き起こされ、最悪死に至ることもあります。 このポーズは、『祈りの姿勢』と呼ばれ、お腹が痛いときに見られるポーズです。 診断は? 症状や血液検査(膵特異的リパーゼといった特殊検査も含め)、腹部超音波検査などから総合的に診断します。[agr.miyazaki-u.ac.jp]
吐き気
  • 病名 急性膵炎、慢性膵炎、慢性膵炎急性増悪 症状など 急性膵炎:腹痛、背部痛、吐き気など 慢性膵炎:脂肪食後の下痢、腹痛、糖尿病など 主な検査 腹部CT検査 、 腹部超音波検査 、血液検査 治療方法 軽症の場合は、1から2週間程度の絶食と点滴で改善します。重症だと多臓器不全におちいることが多く、集中治療室での治療が必要です。炎症が強い場合は、動脈からの薬剤注入も行います。 診療部門 消化器病センター(消化器内科) ※ 個人によって現れる症状はさまざまです。[sk-kumamoto.jp]
  • 1.症状 急な上腹部や背中の痛みや吐き気が見られ、時に黄疸、熱などを伴うこともあります。 2.原因・病態 膵液に含まれる消化酵素により自らの膵臓が消化されてしまった状態が急性膵炎です。日本での発症は年々増加傾向にあります。膵炎になる人は、女性は70歳代、男性は60歳代の方が多く、比較的男性に多い傾向があります。 膵臓には大きくわけて二つの働きがあります。一つはインスリンやグルカゴンという体内の血糖値を調節する「ホルモン」を作る内分泌という働きです。[todai-tansui.com]
腹部膨満
  • […] l 悪心・嘔吐 l 腹部感 : 膵炎に伴う麻痺性イレウス、腹水、腹部腫瘤などによる。 l 発熱 l 黄疸 : 胆石や腫大した膵による膵内胆管の閉塞による胆汁うっ滞、膵酵素による肝障害、胆道感染などによる。 l 皮膚症状 u Grey-Turner 徴候 : 左側腹部の皮膚が暗赤色 u Cullen 徴候 : 臍周囲の皮膚が暗赤色となることで、血性滲出液の腹腔内貯留による。[kanazawa-med.ac.jp]
  • 他には食欲不振、発熱、腹部感などがみられることもあります。 診断および治療 急性膵炎が疑われる場合は、まず血液検査、腹部超音波検査、Ⅹ線CTなどの検査を行います。さらに膵炎の原因や重症度などによっていくつかの追加の検査が必要になります。 急性膵炎は通院では治療困難であり、緊急入院となる場合がほとんどです。絶食で、大量の点滴を連日行うとともに、いくつかの膵炎の治療薬を投与します。重症例では外科手術や血液濾(ろ)過透析が必要な場合もあります。[nakanohp.com]
  • 症状は激しい 上腹部 の疼痛,吐き気, 嘔吐 ,腹部感で始り,不安と 苦悶 が著しい。重症では 絶望感 を伴い, 冷汗 , 頻脈 ,ショックを起すことがある。治療としては,絶食,輸血, 輸液 を行い,適正な循環血液量を維持する。 抗コリン剤 , 抗生物質 , 副腎皮質ホルモン などが使われるが,特効的な薬剤はほとんどない。血液や尿の アミラーゼ ( 膵臓 から出る酵素の一つ) が著しく上昇していれば診断は容易である。[kotobank.jp]
  • 吐き気、おう吐、腹部感、食欲不振などを伴うこともあり、これらの症状が徐々に進行する場合もあり、症状の出方は一様ではありません。 [検査や治療について] 症状が、胆石症、胃や十二指腸の疾患に似ているため、これらと区別することが先決です。上腹部の圧痛を確認し、膵臓から分泌されるアミラーゼやリパーゼなどの消化酵素が血中、尿中に漏れているかどうかの検査、また超音波やCTなどの画像診断で膵炎特有の炎症を観察します。 治療にあたっては飲食を禁止し膵臓を安静にします。[eisai.jp]
急性腹症
  • 診断 急性膵炎臨床診断基準があり、以下のうち2項目以上を満たし、ほかの膵臓疾患や急性を除外したものを急性膵炎としています。 1.上腹部に急性腹痛発作と圧痛がある。 2.血中、尿中、あるいは腹水中に膵酵素の上昇がある。 3.画像(腹部CT検査や腹部超音波検査)で膵臓に急性炎症に伴う異常がある。 急性膵炎は時々刻々と変化するので重症であるかどうかの診断を早期に行って、適切な治療法の選択を行うことが大切です。 治療 治療の原則は以下の4つです。 1.絶飲食とし、膵臓の安静をはかります。[onaka-kenko.com]
  • 上記3項目中2項目以上満たし、他の膵疾患および急性を除外したものを急性膵炎と診断する。但し、慢性膵炎の急性増悪は急性膵炎に含める。 急性膵炎と診断した場合は重症度に関係なく、入院治療を行う 。重症度によって治療を行う医療機関が異なるため搬送が必要となる場合がある。 重症度 [ 編集 ] 重症度評価には主に以下のものがある。日本では 特定疾患 である「重症急性膵炎」への適応判断のために 厚生労働省 作成の重症度判定基準が一般的に用いられる。発症より48時間以内で評価を行うこととされる。[ja.wikipedia.org]
  • 急性※」とも言われ、重症の場合は命に関わることもある。現代の医学では、膵炎は一度発症すると二度と治ることがなく、 一生厳しい食餌制限(ジャーキーなど、高脂肪、高蛋白の食べ物は一切NG)が必要になる 、犬にとっても飼い主にとってもつらい病気なのだ。 【急性膵炎と慢性膵炎】 突発的に嘔吐や下痢、激しい腹痛が見られ、食事を一切食べなくなるのが、急性膵炎の大きな特徴。慢性膵炎は嘔吐や下痢などの症状が長期間にわたって繰り返されることが多い。 ※急性 急激に発症して激しい腹痛を伴う疾患の総称。[inubiyori.jp]
胸水
  • 腹水や胸水がみられることもあり、胆嚢や総胆管に結石があれば、これが原因であるといえます。腹腔内に炎症が波及すると腸間膜脂肪織の炎症、腸管の動きも悪くなり、腸閉塞に似た腸管の拡張がみられます。 腎機能が悪くなく、ヨードアレルギーや喘息がなければ必ず造影CTを行い、膵臓の壊死の程度、周囲への炎症の波及を評価し、膵炎の重症度を判定することが大切です。 MRI CTと同様な所見が認められるが、通常、緊急時には使用されない。膵臓の浮腫の状態、膵管や胆管の状態の把握、総胆管結石の有無の診断に有用です。[tobu-hp.or.jp]
  • 胸水が貯まる。 # 危険な徴候 (1) 血清アミラーゼは初期に上昇するが、2、3日で正常化するので、これだけで重症かどうかは判断できない。 (2) 発熱や白血球数増加は感染を起こしている徴候で危険。 (3) 症状が増強したり、持続する場合は危険。 #これに加えてヘリカルCTやMRIが診断に重要であり、単に診断を確定するだけでなく、患者さんの病状がよい方向か否かをしっかり判断することが大切です。 重症度診断 は、上記の症状とX線CT, MRIによる重症度分類を用いて診断を行います。[med.teikyo-u.ac.jp]
  • を早期に診断する. e)SIRS徴候:SIRS診断基準に従って,各項目の有無を評価する. 2)画像検査: a)胸・腹部単純X線:急性膵炎患者の臨床経過の評価や,鑑別診断のために必須である.腹部X線所見として,イレウス像,炎症の波及による限局性空腸麻痺のため,左上腹部の局所的なアーチ状の小腸拡張像(sentinel loop sign)や,横行結腸の拡張と脾湾曲部での急激な途絶像(colon cut-off sign),後腹膜ガス像,石灰化胆石,膵石像などが認められることがある.胸部X線所見として胸水貯留像[kotobank.jp]

精密検査

胸水
  • 腹水や胸水がみられることもあり、胆嚢や総胆管に結石があれば、これが原因であるといえます。腹腔内に炎症が波及すると腸間膜脂肪織の炎症、腸管の動きも悪くなり、腸閉塞に似た腸管の拡張がみられます。 腎機能が悪くなく、ヨードアレルギーや喘息がなければ必ず造影CTを行い、膵臓の壊死の程度、周囲への炎症の波及を評価し、膵炎の重症度を判定することが大切です。 MRI CTと同様な所見が認められるが、通常、緊急時には使用されない。膵臓の浮腫の状態、膵管や胆管の状態の把握、総胆管結石の有無の診断に有用です。[tobu-hp.or.jp]
  • 胸水が貯まる。 # 危険な徴候 (1) 血清アミラーゼは初期に上昇するが、2、3日で正常化するので、これだけで重症かどうかは判断できない。 (2) 発熱や白血球数増加は感染を起こしている徴候で危険。 (3) 症状が増強したり、持続する場合は危険。 #これに加えてヘリカルCTやMRIが診断に重要であり、単に診断を確定するだけでなく、患者さんの病状がよい方向か否かをしっかり判断することが大切です。 重症度診断 は、上記の症状とX線CT, MRIによる重症度分類を用いて診断を行います。[med.teikyo-u.ac.jp]
  • を早期に診断する. e)SIRS徴候:SIRS診断基準に従って,各項目の有無を評価する. 2)画像検査: a)胸・腹部単純X線:急性膵炎患者の臨床経過の評価や,鑑別診断のために必須である.腹部X線所見として,イレウス像,炎症の波及による限局性空腸麻痺のため,左上腹部の局所的なアーチ状の小腸拡張像(sentinel loop sign)や,横行結腸の拡張と脾湾曲部での急激な途絶像(colon cut-off sign),後腹膜ガス像,石灰化胆石,膵石像などが認められることがある.胸部X線所見として胸水貯留像[kotobank.jp]

治療

  • 予後因子3点以上になった場合は集中治療が可能な施設に搬送する。「重症急性膵炎」と診断される場合、 ショック ・ 播種性血管内凝固症候群 ・ 多臓器不全 を呈し、致死率が極めて高くなり、予後も不良である。 治療 [ 編集 ] 基本的に以下の治療を行っていく。重症急性膵炎の場合は集中治療管理が必要となってくる。 絶食・大量輸液投与・安静 絶食・絶対安静とし、循環血漿量の維持のため 輸液 投与を行っていく。[ja.wikipedia.org]
  • 急性膵炎の治療 -1 症状が 比較的軽い もの 1.食事の中止 2.点滴(脱水の改善) 3.栄養補給は、静脈からの高カロリー輸液またはチューブを用いての経腸栄養法 4.薬:膵臓の消化ホルモンをブロックする薬や細菌感染予防のための抗生物質 急性膵炎の治療 -2 症状が 重い もの 1. 集中治療:血圧、脈拍、熱、尿排泄、血液検査成績や画像診断所見などを 集中的にチェックし治療対策する。 2.[med.teikyo-u.ac.jp]

予知

  • 最近になり経口摂取開始後の膵炎の再燃を予知する指標として血清リパーゼの有用性が報告されており( 参考文献8-3-19 )、今後経口摂取の開始時期を決定する指標として期待される。 おわりに AP、特にSAPに対する栄養管理法は今後も議論の対象となるものと考えられる。ENはBT対策のみならず、安全性、経済性の面でメリットが多く、理想的な栄養投与法である。一方で、SAPの早期にはENが施行困難な症例も存在する。[nutri.co.jp]

疫学

  • 原因・疫学 急性膵炎の原因は、アルコール過飲が約40%と最も多く、胆石が約25%、特発性(原因不明のことです)が約20%と言われています。 男女比は1:0 . 4 5 で男性に多く、男性は50歳代に最も多く発症し、女性は70歳代に最も多く発症しています。 症状 自覚症状は、腹痛が90%以上にみられ、悪心・嘔吐が20%、背部痛が15%にみられます。また、前屈みの姿勢になると腹痛が軽減する傾向があります。他には食欲不振、発熱、腹部膨満感などがみられることもあります。[nakanohp.com]
  • 疫学について 【急性膵炎】 厚生労働省の「難治性膵疾患に関する調査研究班」により数年に1回の頻度で急性膵炎の全国調査が施行されています。最新の2011年の調査では、2011年の1年間に急性膵炎として受療した患者数は63,080人でした。急性膵炎の患者さんの数は近年増加傾向にあります。男女比は1.9:1で男性に多く認めました。年齢は、男性では60歳代が最も多く(平均年齢58.5 16.9歳)、女性は70歳代が最も多く認めました。(平均年齢65.3 19.6歳)。[kango-oshigoto.jp]
  • 疫学・発生率・統計的事項 2007年1年間の急性膵炎受療患者数は57560人と推定されており,近年急速に増加している.男女比は2:1で男性に多く,平均発症年齢は59.3 18.0歳だった.発症のピークは男性では50歳代に,女性では70歳代とより高齢層にみられる.重症例は急性膵炎全体の21.6%を占めた(厚生労働省難治性疾患克服研究事業 難治性膵疾患に関する調査研究班,2008).[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • よって急性期ではむしろTPNが適応となる場合が多くなるが、合併症が多いことも事実であり、安全に施行するためにはこの合併症を予防する対策を講じる必要がある。 TPN EN 長所 厳密な水分出納管理が可能 十分なエネルギー投与が可能 膵外分泌抑制効果 腸管機能の維持 BT予防 比較的安価 短所 高血糖 BT発症の危険性 比較的高価 厳密な水分出納管理が困難 十分なエネルギー投与が困難 腸管合併症の危険性 膵外分泌刺激 表Ⅰ SAPに対するTPNとENの長所と短所 3 合併症対策 A.[nutri.co.jp]
  • 軽症例では胆管炎の合併がなければ予防的抗菌薬投与は不要であるが重症例では予防的に投与する。イミペネムやメロペネムといったカルバペネム系がよく用いられる。必要に応じて静注ではなく、動注を行うこともある。 持続的血液透析ろ過療法(CHDF) 急性膵炎により惹起された炎症性物質( サイトカイン )が、全身の炎症を起こし、多臓器不全の原因になるため、 血液透析 により炎症性物質を除去することで、急性膵炎の重症化を防ぐ。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!