Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性胃腸炎


提示

血便
  • 下痢はウイルス性胃腸炎の場合は水溶便であることがほとんどだが、腸管出血性大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、カンピロバクター等の細菌が原因の場合は血便となることがしばしばある。 各症状の出現頻度には患者年齢や病原体による差もあるが、個人差が極めて大きいのも急性胃腸炎の特徴である。症状の持続期間も個人差が大きい。 一般的にウイルス性胃腸炎よりも細菌性腸炎のほうが重症になりやすく、しばしば激しい腹痛、血便、38 以上の高熱を伴う。[ja.wikipedia.org]
激しい腹痛
  • 一般的にウイルス性胃腸炎よりも細菌性腸炎のほうが重症になりやすく、しばしば激しい腹痛、血便、38 以上の高熱を伴う。 ほとんどの場合、数日 1週間程度で自然軽快するが、脱水症状には注意が必要である。また、細菌性腸炎では、ときに重篤な合併症を起こすこともある。 例えば、ベロ毒素を産生する腸管出血性大腸菌や赤痢菌に感染すると、溶血性尿毒症症候群を起こすことがある。 サルモネラ菌では敗血症を、カンピロバクターでは稀にギラン・バレー症候群を続発することがある。 嘔吐は1日以上続くことは少ない。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!