Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性眼内炎


提示

  • 鑑別の具体的指針、病原微生物の同定法、生体反応や続発症への対応も含めた治療の実際などをシンプルかつビジュアルに提示した。感染症の経験が少ない眼科医にとっても明日からすぐに使える、明快かつシンプルな「究極の実践書」を目指した必携書。 序 文 眼科臨床エキスパートシリーズ 刊行にあたって / 序 眼科臨床エキスパートシリーズ 刊行にあたって 近年,眼科学の進歩には瞠目すべきものがあり,医用工学や基礎研究の発展に伴って,新しい検査機器や手術器具,薬剤が日進月歩の勢いで開発されている.眼科医は元...[igaku-shoin.co.jp]

治療

  • この病気は、発病後の早い時期にしっかり治療して慢性化させないことが、とくに大切です。治療開始が遅れると再発を繰り返し、失明に至るケースもないわけではありません。 治療上の注意点 発病直後は入院して集中的な治療を受けます。慢性化した場合は、なるべく炎症がひどくならないように、根気よく治療を続けていきます。 ベーチェット病の口内炎 ベーチェット病 全身の皮膚や粘膜に発作性の炎症が繰り返し起こる慢性の病気です。原因はわかっていません。[dm-net.co.jp]

疫学

  • 疫学 世界規模の疫学調査、あるいは本邦での疫学調査はなされていない。2007年に本邦の大学病院眼科を対象におこなわれたぶどう膜炎疫学調査では、急性網膜壊死はぶどう膜炎患者全体のわずか1%前後であった(Jpn J Ophthalmol, 2007;51:41-4)。 3. 原因 ヒトヘルペスウイルスの網膜感染による。なかでも、単純ヘルペス1型(HSV-1)、同2型(HSV-2)、並びに水痘帯状ヘルペス(VZV)が主要原因ウイルスとして同定されている。 4.[nanbyou.or.jp]
  • 手術 過去:さらなる炎症を引きするので禁忌 現在:低侵襲、ステロイド併用で行う 安全か 視力低下はなし 手術で診断できるぶどう膜炎、類縁疾患 疫学:ぶどう膜炎原因疾患 原因不明 3割以上 *CD4/CD8が3.5以上ならサルコイドーシス内眼炎の可能性が高い! 肺胞洗浄よりも感度が高い。(pureな細胞がとれる) ぶどう膜炎において硝子体手術、細胞採取、解析 UMIN000004980 下方に病変が強い サルコイドーシスに特徴的。眼底でははっきりとした滲出斑が出る。[tdc-eye.com]
  • 年に一回は定期検診を受けましょう 2000 2001年に多治見市で一般市民を対象に緑内障疫学調査が行われ、その結果、40歳以上の人口のうち緑内障患者は5.0%、20人に1人と予想以上に多いことがわかりました。全国では約200万人と推定されています。ところが、その内の 80%の人達が自身では緑内障に気づいていない潜在患者であることもわかりました。 緑内障は、失明原因の1位になっています。悪化する前にできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。[nikaido-ganka.com]
性別分布
年齢分布

予防

  • 残念ながら視覚回復不可能な緑内障に関しては、治療目的が視覚維持ではなく、疼痛緩和・眼球拡大などの合併症予防となります。その場合、強膜内シリコンボールインプラント術(眼内義眼)などが適応となります。 水晶体脱臼 老化や白内障などが原因で水晶体が正常位置から外れてしまうことです。 前方および後方脱臼がありますが、前方に脱臼した場合は多くの場合に眼圧上昇などを併発するため水晶体を摘出する手術が必要となります。[next-ah.com]
  • 白内障の濁りが軽く、初期の場合には点眼薬で進行を予防することもありますが、完全に進行を阻止するものではありません。 手術方法は? 濁った水晶体を取り除いて人工のレンズ(眼内レンズ)を入れます。 1)目に細い針を入れ、水晶体の前方の膜(前嚢)に円形の穴を開けます。 2)超音波の器械を入れ、水晶体の濁った中身を吸い出していきます。 3)きれいになったところで、眼内レンズを挿入します。 4)眼内レンズを水晶体の袋の中に固定して終了です。[machida-hp.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!