Edit concept Question Editor Create issue ticket

急性白血病


提示

関節痛
  • またこの時期には発熱や関節などの症状を伴うこともよく経験されます。定義上は以下の条件が認められれば疑うこととなっています。 薬剤抵抗性に白血球増多( 1万/mm 3 )もしくは脾臓腫大。[kanden-hsp.jp]
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • 白血病の症状 貧血、だるさ、感染症にかかりやすい、出血しやすい、リンパ節の腫れ、関節など。 白血病の検査 (1)血液検査 (2)骨髄検査 (3)画像検査 検査の説明 (1)血液検査 白血病細胞が血液中に出現していないか、貧血(赤血球の減少)や血小板の減少が起きていないかなどを調べる。 (2)骨髄検査 白血病の診断に必須の検査。腰の骨から骨髄液を引き抜いて検査をする。検査技術の向上により、今は遺伝子レベルの細かい特徴もとらえられるようになってきている。[opendoctors.jp]
貧血
  • 「池江選手は、1月頃から、 疲れが取れない、体が重い、息切れ といった 貧血症状 がみられ、成績不振に悩んでいたようです。さらに、 微熱 が続いていたというのは、正常な 白血球の減少 が疑われる症状です」と濱木医師。 (TBS「Nスタ」2019.2.12) 久住医師も、「 肩で息をするような状態 というのは、 貧血 が起きていたということ。つまり白血病細胞が大量に作られ、酸素を運ぶ赤血球が正常に作られなくなっていたと考えられます。これは急性白血病の典型的な症状です。[navitasclinic.jp]
  • 早期発見のポイント 1 貧血症状:顔面蒼白、全身倦怠感、動作時の動悸・息切れなど 2 感染症状:発熱、咽頭痛、下痢など 3 出血症状:紫斑、鼻出血、歯茎からの出血など 白血病は正常な血液細胞が減っていくため、さまざまな症状が現れます。 酸素を運ぶ赤血球が減ると、貧血になったり、全身がだるく感じ、疲れやすくなります。ちょっとした動作で動悸や息切れが見られるようになり、それまで歩いていた距離が歩けなくなることもあります。さらに、顔面蒼白も特徴的な症状の一つです。[saiseikai.or.jp]
  • その他の血液シリーズ 血液1 血液疾患合併感染症(改訂第2版) 血液2 骨髄異形成症候群 血液3 慢性骨髄性白血病 血液5 潜伏感染ウイルスによる血液疾患 血液6 静脈血栓症・肺塞栓症とDIC 血液7 血小板減少症・増加症 血液8 再生不良性貧血 血液9 悪性リンパ腫 血液10 多発性骨髄腫 別冊タイトル一覧に戻る HOME[saishin-igaku.co.jp]
発熱
  • 早期発見のポイント 1 貧血症状:顔面蒼白、全身倦怠感、動作時の動悸・息切れなど 2 感染症状:発熱、咽頭痛、下痢など 3 出血症状:紫斑、鼻出血、歯茎からの出血など 白血病は正常な血液細胞が減っていくため、さまざまな症状が現れます。 酸素を運ぶ赤血球が減ると、貧血になったり、全身がだるく感じ、疲れやすくなります。ちょっとした動作で動悸や息切れが見られるようになり、それまで歩いていた距離が歩けなくなることもあります。さらに、顔面蒼白も特徴的な症状の一つです。[saiseikai.or.jp]
倦怠感
  • 早期発見のポイント 1 貧血症状:顔面蒼白、全身倦怠、動作時の動悸・息切れなど 2 感染症状:発熱、咽頭痛、下痢など 3 出血症状:紫斑、鼻出血、歯茎からの出血など 白血病は正常な血液細胞が減っていくため、さまざまな症状が現れます。 酸素を運ぶ赤血球が減ると、貧血になったり、全身がだるく感じ、疲れやすくなります。ちょっとした動作で動悸や息切れが見られるようになり、それまで歩いていた距離が歩けなくなることもあります。さらに、顔面蒼白も特徴的な症状の一つです。[saiseikai.or.jp]
疲労
  • 疲労 くりかえす感染症 脱力 食欲不振 過剰な出血 痛みや傷がなかなか治らない 歯肉の腫れまたは変色 アザができやすい 骨や関節の痛み(特に肋骨と胸骨) 高熱 これらの症状は、白血病細胞が引き起こすものと正常な白血球、赤血球、血小板が少なくなることで生じるものがあり、症状によっては白血病以外の病気でもみられます。そのため、急性骨髄性白血病(AML)の診断には、症状からだけでなく、血液・骨髄検査を行って診断を確認する必要があります。[ganclass.jp]
  • 成人AMLを疑う症状としては発熱、疲労感、易出血性、出血があります。 AMLの早期徴候はインフルエンザや他の一般的な風邪により誘発される徴候と似ていることがあります。以下の症状がひとつでもみられた際には医師の診察を勧めます: 発熱。 息切れ。 易出血性または出血。 点状出血(出血による皮下の平らで点状のしみ)。 脱力感または疲労感。 体重減少または食欲不振。 成人AMLを発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。[imic.or.jp]
  • GlasdegibとLDACの併用群およびLDAC単独群で最も多く(患者さんの30%以上)認められた有害事象(AE)は、貧血(併用群45% vs 単独群42%)、発熱性好中球減少症(同36% vs 27%)、嘔気(同36% vs 12%)、食欲減退(同32% vs 12%)、疲労感(同31% vs 20%)、血小板減少症(同30% vs 27%)でした。[pfizer.co.jp]
  • AMLのリスク因子としては以下のものが考えられます: 成人AMLの徴候や症状には、発熱や疲労感のほか、あざや出血が生じやすくなるなどがあります。 AMLの初期の徴候や 症状 は、インフルエンザなどの一般的な疾患によるものと類似している場合があります。以下の症状が1つでも認められた場合は、医師の診察を受けてください: 発熱 。 息切れ。 あざや出血が生じやすい。 点状出血 (皮下の出血によって生じる平坦で小さな斑点)。 衰弱または疲労感。 体重減少または 食欲 不振。[cancerinfo.tri-kobe.org]
蒼白
  • 早期発見のポイント 1 貧血症状:顔面蒼白、全身倦怠感、動作時の動悸・息切れなど 2 感染症状:発熱、咽頭痛、下痢など 3 出血症状:紫斑、鼻出血、歯茎からの出血など 白血病は正常な血液細胞が減っていくため、さまざまな症状が現れます。 酸素を運ぶ赤血球が減ると、貧血になったり、全身がだるく感じ、疲れやすくなります。ちょっとした動作で動悸や息切れが見られるようになり、それまで歩いていた距離が歩けなくなることもあります。さらに、顔面蒼白も特徴的な症状の一つです。[saiseikai.or.jp]
  • 赤血球減少(貧血)による症状:顔面蒼白、息切れ、動悸、全身倦怠感など。 血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。 また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。 診断 上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。[niigata-cc.jp]
点状出血
  • 出血(出血による皮下の平らで点状のしみ)。 脱力感または疲労感。 体重減少または食欲不振。 成人AMLを発見し診断するために、血液、骨髄を調べる検査が行われます。 以下の試験や手法が用いられます: 理学的所見および既往歴: 全身を調べて、しこりや何か異常にみえるものなど疾患徴候を含めた一般的健康状態をチェックします。また患者さんのこれまでの生活習慣や過去の疾患および治療の病歴についても調べます。[imic.or.jp]
  • 出血 (皮下の出血によって生じる平坦で小さな斑点)。 衰弱または疲労感。 体重減少または 食欲 不振。 成人急性骨髄性白血病(AML)の発見と診断には、血液と骨髄を調べる検査法が用いられます。 以下のような検査法や手技が用いられます: 身体診察と病歴聴取 :しこりなどの通常みられない疾患の徴候に注意しながら、総体的に身体を調べる診察法。患者さんの健康習慣、過去の病歴、治療歴なども調べます。 全血球算定(CBC) :血液を採取して以下の項目について調べる検査法: 赤血球、白血球、血小板の数。[cancerinfo.tri-kobe.org]
歯肉出血
  • 血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。 また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。 診断 上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。血液検査が正常でなかった場合、さらに骨髄穿刺という骨髄検査を行います。[niigata-cc.jp]
肝脾腫
  • 悪性リンパ腫の症状は、リンパ節腫脹、大などに加えて、発熱、寝汗、体重減少などの全身症状を伴うことがあります。バーキットリンパ腫は腹部腫瘤で発症することが多く、腸重積でみつかることもあります。 診断について 白血病の診断 骨髄穿刺(骨盤の骨などに針を刺して、注射器で骨髄液を吸引する検査)を行い、骨髄液の標本を顕微鏡で観察して診断します。骨髄液の一部を利用して、白血病細胞の表面にある目印(細胞表面抗原/マーカーと呼びます)や染色体・遺伝子の異常を調べます。[ncc.go.jp]
肝腫大
  • 白血病細胞の髄外浸潤により,リンパ節腫脹,脾腫,,皮膚白血病(隆起したかゆみのない皮膚発疹)が生じることがある。特にAMLでは,歯肉増生が著明な場合がある。 診断 血算および末梢血塗抹標本 骨髄検査 組織化学検査,細胞遺伝学的検査,細胞表面マーカー検査,および分子生物学的検査 画像検査 血算および末梢血塗抹標本 が最初に行う検査であり,汎血球減少症および末梢血芽球は急性白血病を示唆する。末梢血塗抹標本の芽球は,白血球数の90%に達することがある。[msdmanuals.com]
  • 他にも骨痛や、 脾腫 、リンパ節腫脹が起こることもある。 骨髄穿刺 や 骨髄生検 という特殊な検査で診断されるので、疑わしい病歴にならない限り診断されないことが多い。 白血病 といわれるものは 骨髄 での腫瘍細胞の増殖、骨髄のバリアー機構の破綻から幼若細胞の 末梢血 への流出というのが特徴であり 悪性リンパ腫 、 多発性骨髄腫 などの差になるが進行すると他臓器浸潤を起こすことが知られている。肝臓、脾臓、髄膜、精巣、皮膚、歯肉、骨膜への浸潤が多い。[ja.wikipedia.org]
  • 静脈閉塞性肝疾患とは、肝臓の小さな血管が血栓でふさがれてしまい、機能が低下し、黄疸(おうだん)や、腹水などの症状が出現することです。重症化すると腎臓や心臓などの重要な臓器にも障害が起こるため、血液検査などで注意深く観察します。 閉じる 4.造血幹細胞移植 造血幹細胞移植が適応するかどうかは、染色体異常、病型、予後因子などによって決定されます。[ganjoho.jp]
頭痛
  • 時には肝臓、脾臓、中枢神経(脳や髄膜)、歯肉、皮膚などに白血病細胞が浸潤することがあり、腹部飽満感、頭痛や神経麻痺、歯肉腫脹、皮疹などを自覚することもあります。 診断 血液および骨髄検査とその他の検査 骨髄穿刺、末梢血検査で白血病細胞の増殖を確認することで診断します。急性白血病では多くの場合、白血球数は高値となりますが、低値となることも少なくありません。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
脾腫
  • CT,MRI,腹部超音波検査は,または他の臓器への白血病細胞の浸潤を評価するのに役立つことがある。 予後 特に若年患者では,ALLおよびAMLのいずれも治癒が現実的な目標である。乳児および高齢者,ならびに肝機能障害,腎機能障害,中枢神経系浸潤,精巣浸潤,骨髄異形成,または白血球数の高値(25,000/ μ Lを超える)を呈する患者は,予後不良である。急性白血病における無治療での生存期間は,一般的に3 6カ月である。[msdmanuals.com]
  • 他にも骨痛や肝腫大、 、リンパ節腫脹が起こることもある。 骨髄穿刺 や 骨髄生検 という特殊な検査で診断されるので、疑わしい病歴にならない限り診断されないことが多い。 白血病 といわれるものは 骨髄 での腫瘍細胞の増殖、骨髄のバリアー機構の破綻から幼若細胞の 末梢血 への流出というのが特徴であり 悪性リンパ腫 、 多発性骨髄腫 などの差になるが進行すると他臓器浸潤を起こすことが知られている。肝臓、脾臓、髄膜、精巣、皮膚、歯肉、骨膜への浸潤が多い。[ja.wikipedia.org]
  • 悪性リンパ腫の症状は、リンパ節腫脹、肝大などに加えて、発熱、寝汗、体重減少などの全身症状を伴うことがあります。バーキットリンパ腫は腹部腫瘤で発症することが多く、腸重積でみつかることもあります。 診断について 白血病の診断 骨髄穿刺(骨盤の骨などに針を刺して、注射器で骨髄液を吸引する検査)を行い、骨髄液の標本を顕微鏡で観察して診断します。骨髄液の一部を利用して、白血病細胞の表面にある目印(細胞表面抗原/マーカーと呼びます)や染色体・遺伝子の異常を調べます。[ncc.go.jp]
吐き気
  • また、代表的な副作用である吐き気や一時的な脱毛、便秘、しびれなどの症状が出ることもある。 骨髄移植の場合、移植後に起こる特徴的な合併症として「移植片対宿主病(いしょくへんたいしゅくしゅびょう:GVHD)」が挙げられる。 合併症を防ぐために 抗がん剤による治療では、全く副作用が出ない人はほとんどいない。だが、その予防を行っておくことで、副作用の強さを抑えることができる。[opendoctors.jp]
  • 副作用には吐き気や脱毛などがあります。また、正常な血液細胞も減少して、感染、出血、貧血の症状が強くなります。 3.支持療法 支持療法は、白血病そのものによって、あるいは白血病に対する治療によって起こる感染症や出血や貧血に対する予防や対処です。抗菌薬の投与や輸血などがあります。 4.分子標的療法 最近の研究によって、白血病に関連したさまざまな分子の異常がわかってきました。分子標的療法薬は、この異常な部分にだけ働く薬です。また白血病細胞に発現している蛋白に対する抗体を使った治療も開発されています。[ntt-east.co.jp]
  • 一般的な副作用は、骨髄抑制や吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、口内炎、脱毛、発熱などです。 1)骨髄抑制 使用される薬の種類によっても異なり、個人差もありますが、抗がん剤治療後の7 14日ごろに、赤血球や血小板、白血球(特に感染を防御する重要な役割を持つ好中球)が減少します。[ganjoho.jp]
鼻出血
  • 早期発見のポイント 1 貧血症状:顔面蒼白、全身倦怠感、動作時の動悸・息切れなど 2 感染症状:発熱、咽頭痛、下痢など 3 出血症状:紫斑、出血、歯茎からの出血など 白血病は正常な血液細胞が減っていくため、さまざまな症状が現れます。 酸素を運ぶ赤血球が減ると、貧血になったり、全身がだるく感じ、疲れやすくなります。ちょっとした動作で動悸や息切れが見られるようになり、それまで歩いていた距離が歩けなくなることもあります。さらに、顔面蒼白も特徴的な症状の一つです。[saiseikai.or.jp]
  • 血小板が減少すると出血しやすくなり、青アザ(紫斑)、出血、歯ぐきからの出血などがおこります。 検査所見 静脈血採血による検査で、血球数や白血球分画(末梢血の白血球の種類)に著明な異常や複数の異常を認めます。確定診断は、胸骨や腸骨より骨髄穿刺という検査(局所麻酔をして、骨から少し太目の針を骨髄まですすめ、ほんの少し骨髄液を抜く検査で外来でも出来ます)をして、白血病細胞が増加していることにより行います。 分類 骨髄性とリンパ性に分類できます。[jscpt.jp]

精密検査

赤血球減少
  • 表1 急性骨髄性白血病の主な症状 原因 主な症状 造血機能の障害 赤血球減少 (貧血)息切れ、動悸、倦怠感など 白血球減少 (感染)発熱など 血小板減少 (出血)あざ、赤い点状の出血斑、鼻血、歯ぐきからの出血など 白血病細胞が臓器に浸潤 肝臓や脾臓の腫れ お腹が張る、腹部の腫瘤・痛み 歯肉腫脹 歯ぐきの腫れ・痛み 骨痛 腰痛、関節痛 髄膜への浸潤 頭痛 3.原因 染色体や遺伝子の異常が原因の急性前骨髄球性白血病や、過去に化学療法(抗がん剤治療)や放射線治療を受けた後に発症する二次性白血病以外は、明[ganjoho.jp]
  • 赤血球減少(貧血)による症状:顔面蒼白、息切れ、動悸、全身倦怠感など。 血小板減少による症状:皮下出血、粘膜出血、歯肉出血、消化管出血、性器出血、脳出血など。 また、その他に白血病細胞の増殖により肝臓や脾臓が大きくなったり、骨や関節の痛みが出たり、歯肉がはれたり、全身に腫瘤(できもの)を作ったりします。しかし、急性骨髄性白血病のみに特徴的な症状はありません。 診断 上記のような症状があった場合、まず血液検査(採血)を行い各種血液細胞を数え、異常細胞の有無をチェックします。[niigata-cc.jp]

治療

  • また、これらの治療によって起こる様々な副作用に対して行われる支持療法があります。 (1) 化学療法 抗がん剤による治療を行います。白血病細胞を可能な限りゼロにするために様々な薬剤を組み合せて治療を行います。最初に行う治療を寛解(かんかい)導入療法といいます。これにより見かけ上、正常の人と変わりない血液の状態になります(寛解状態)。ただしここで治療をやめてしまうと、白血病細胞がまた増殖し、再発してしまいますので、寛解後に地固め療法という寛解後治療を2〜3回行います。[iwate-med.ac.jp]
  • 急性白血病における無治療での生存期間は,一般的に3 6カ月である。患者年齢,核型,治療に対する反応性,およびPS(performance status)などの多くの変数により,予後が異なる。 治療 治療目標は,異常な臨床的特徴の消失,正常な血算値および正常な造血(骨髄中の芽球が5%未満)への改善,白血病性クローンの消失などの完全寛解である。ALLおよびAMLの治療における基本原則は同様であるが,薬剤レジメンは異なる。[msdmanuals.com]

疫学

  • 疫学・統計 小児から成人までのどの年齢層にも発生しますが、主に小児に多く、成人での1年間の発症率は約10万人に1人とされています。 診断 急性骨髄性白血病 治療方針を決定する上で非常に重要となる分類は、病型分類と呼ばれ、国際的にFAB分類とWHO分類の2種類が用いられています。 急性骨髄性白血病の診断と治療方針を決めるためには、さまざまな検査が行われます。検査は白血病細胞を確認するだけでなく、病型分類の決定や、発症に伴うさまざまな異常や合併症の有無を確認する目的もあります。[daidohp.or.jp]
  • 主要目次 1 白血病はなぜ起こるのか 1.環境要因 2.遺伝要因 3.白血病の分子病態 2 白血病の種類と分類 1.FAB分類とWHO分類の基本的相違点 2.急性白血病のWHO分類 3.急性白血病と鑑別を必要とする疾患群とWHO分類 3 白血病の疫学 1.白血病の記述疫学 2.白血病の危険因子 4 染色体と白血病 1.染色体とは 2.染色体研究の歴史 3.染色体の分子構造 4.染色体各部の名称とバンドの特定法 5.核型表記法 6.白血病によくみられる染色体異常 7.染色体検査の限界と「正常核型」の[nagaishoten.co.jp]
  • 系統不明な急性白血病は症例が少なすぎて発症率などの疫学、病態、治療法などデータ不足で不明な部分の多い白血病であるが、一般に予後は悪いとされる [1] 。 急性未分化白血病あるいは系統不明確な急性白血病 Acute undifferentiated leukemia (AUL) 白血病細胞(芽球)にはリンパ系のマーカー(CD3やCD19など)も骨髄系の証であるミエロペルオキシターゼの発現もない。[ja.wikipedia.org]
  • 谷口 修一 先生 虎の門病院 血液内科 1 急性リンパ性白血病とは (疫学、原因、診断、分類など) 2 成人(25歳 60歳)Ph陰性の 急性リンパ性白血病 水田 秀一 先生 金沢医科大学 血液免疫内科 昭和61年に佐賀医科大学を卒業後、県西部浜松医療センター血液科、東京都立駒込病院輸血科医員を経て名古屋大学第一内科に帰局。安城更生病院血液内科総括部長として5年間ひたすら臨床に没頭した後に平成15年から藤田保健衛生大学血液内科准教授。平成30年1月から金沢医科大学血液免疫内科教授。[cancernet.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 関連項目 [ 編集 ] 染色体異常 フローサイトメトリー 出典 [ 編集 ] a b c 押味『WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』p153-159 参考文献 [ 編集 ] 押味和夫 監修 木崎昌弘,田丸淳一編著『WHO分類第4版による白血病・リンパ系腫瘍の病態学』中外医学社、2009年、 ISBN 978-4-498-12525-4 新病態生理できった内科学 血液疾患 ISBN 9784871634076 クリニカルアイ 血液造血器 ISBN 9784872118087 標準血液病学[ja.wikipedia.org]
  • […] iMedicine. 5』リブロ・サイエンス、2010年、ISBN 978-4-902496-31-4 放射線被曝者医療国際協力推進協議会 編集『原爆放射線の人体影響』改訂第2版、文光堂、2012年、ISBN 978-4-8306-3741-4 松下 正幸 著『医学用語の成り立ち』榮光堂、1997年、ISBN 978-4-900410-16-9 宮内 潤、泉二 登志子 編『骨髄疾患診断アトラス : 血球形態と骨髄病理』中外医学社、2010年、ISBN 978-4-498-12562-9 村川 裕二 総監修『新・病態生理[ja.wikipedia.org]

予防

  • 血小板が10,000/ μ Lを下回る場合は,予防的に血小板輸血を施行する;化学療法に起因する三徴(発熱,播種性血管内凝固症候群,および粘膜炎)がみられる患者には,より高い閾値(20,000/ μ L)を採用する。貧血(ヘモグロビン8g/dL未満)がある場合は,濃厚赤血球を輸血する。顆粒球輸血は,好中球減少症でグラム陰性菌による感染症またはその他の重篤な感染症の患者で役立つ場合があるが,予防投与の有益性は確立されていない。[msdmanuals.com]
  • したがって、発症にかかわる危険因子や予防法も明らかではありません。 疫学・統計 小児から成人までのどの年齢層にも発生しますが、主に小児に多く、成人での1年間の発症率は約10万人に1人とされています。 診断 急性骨髄性白血病 治療方針を決定する上で非常に重要となる分類は、病型分類と呼ばれ、国際的にFAB分類とWHO分類の2種類が用いられています。 急性骨髄性白血病の診断と治療方針を決めるためには、さまざまな検査が行われます。[daidohp.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!