Edit concept Question Editor Create issue ticket

心不全


提示

疲労
  • 安静時には無症状だが、普通の行動で疲労・動悸・呼吸困難・狭心痛を生じる。 NYHA III 心疾患患者で日常生活が高度に制限されるもの。安静時は無症状だが、平地の歩行や日常生活以下の労作によっても症状が生じる。 NYHA IV 心疾患患者で非常に軽度の活動でも何らかの症状を生ずる。安静時においても心不全・狭心症症状を生ずることもある。[ja.wikipedia.org]
肝腫大
  • そのほか、腹水、、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。治療薬にコルホルシンダルパートがある。 右心不全のみを起こすのは、肺性心、肺梗塞など、ごく限られた疾患のみである。 急性・慢性心不全の区別は、主として、治療内容の決定に使用される。[ja.wikipedia.org]
心不全
  • 急性心不全に当てはまるのは例えば心筋梗塞に伴う心不全であり、慢性心不全に当てはまるのは例えば心筋症や弁膜症に伴う心不全である。 念のため付け加えると、急性心不全が終末期状態としての心不全を指しているわけではない(急性心不全は治療により完全に回復する可能性がある)。 最近では、心臓の収縮機能は正常であるが拡張期機能が低下した心不全 (HF-PEF) の病態の把握や治療方法の確立が急がれている。[ja.wikipedia.org]
  • 図5 心不全が進行すると 坂道を上ったり重い物を持ったりすれば息苦しくなる 体を少し起こすと楽になる 心不全の治し方 症状が安定しているかどうかによって、心不全は大きく二つに分類されます。というのは、症状が同じでも治療は本質的に異なるからです。 安定した状態から急激に悪化する場合を「急性心不全」、それなりに体全体のバランスがとれ、状態が安定している場合を「慢性心不全」といいます。 風邪、過労、ストレスが引き金になって急性心不全が起こることがよくあります。[ncvc.go.jp]
動悸
  • 血液を送り出す能力の低下による症状 心拍出量が減ったのが原因で、「疲れやすい」「だるい」「動悸がする」など。 血液のうっ滞によって起こる症状 血液を送り出す能力が低下すると、心臓から前方へ血液が進みにくくなり、心臓の後方、血液を受け取る側で血液のうっ滞が起こります。 肺に血液うっ滞が起こると、息苦しさを生じ、体の各部分にうっ滞が起こると、むくみが生じます。肝臓に血液がうっ滞すると、とくに食後におなかがはったり、鈍痛をおぼえたりする場合もあります。[ncvc.go.jp]
  • 安静時には無症状だが、普通の行動で疲労・動悸・呼吸困難・狭心痛を生じる。 NYHA III 心疾患患者で日常生活が高度に制限されるもの。安静時は無症状だが、平地の歩行や日常生活以下の労作によっても症状が生じる。 NYHA IV 心疾患患者で非常に軽度の活動でも何らかの症状を生ずる。安静時においても心不全・狭心症症状を生ずることもある。[ja.wikipedia.org]
チアノーゼ
  • 血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。 左心不全は、さらに肺血流の停滞を経由し、右心系へも負荷を与えるため、左心不全を放置したとき、右心不全を合併するリスクが高くなる。[ja.wikipedia.org]
咳嗽
  • 血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。 左心不全は、さらに肺血流の停滞を経由し、右心系へも負荷を与えるため、左心不全を放置したとき、右心不全を合併するリスクが高くなる。[ja.wikipedia.org]
呼吸困難
  • 血圧低下の症状頻脈、チアノーゼ、尿量低下、血圧低下、手足の冷感、意識レベルの低下肺うっ血の症状肺高血圧、胸水、労作時呼吸困難、発作性夜間呼吸困難、咳嗽、チェーンストークス呼吸、湿性ラ音など胸部X線画像においては、 心陰影の拡大 肺うっ血 Kerley's B lineが見られる。 左心不全は、さらに肺血流の停滞を経由し、右心系へも負荷を与えるため、左心不全を放置したとき、右心不全を合併するリスクが高くなる。[ja.wikipedia.org]
起座呼吸.
  • これを呼吸(きざこきゅう、orthopnea)という。 右心不全 右心不全は、右心系の機能不全にともなう一連の病態のことであり、静脈系のうっ血が主体となる。この場合、液体が過剰に貯留するのは体全体、特に下肢であり、心不全徴候としての下腿浮腫は有名である。そのほか、腹水、肝腫大、静脈怒張など、循環の不良を反映した症状をきたす。 右心不全の多くは、左心不全に続発して生じるかたちとなる。左心不全で肺うっ血が進行し、肺高血圧をきたすまでに至ると、右室に圧負荷がかかり、右心不全を起こす。[ja.wikipedia.org]

治療

  • 現在はうっ血性心不全などの治療でも、周知不足もあってその効用を知る人が少なく鍼灸を利用する人はほとんどいない。 原疾患によって治療方針が大きく異なる。一般的には、心不全に対して適切な治療がなされていれば、長期生存も可能である。 心臓弁膜症 - 重症であれば手術など。 不整脈 - 薬物治療やカテーテルアブレーションなどが行われる。 脚気 - ビタミンB1の投与で劇的に改善する。 病理学上「心不全」は「心臓の機能が不十分である」という意味でしかない。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!