Edit concept Question Editor Create issue ticket

後頭孔脳脱出症


治療

  • の画像診断、生理的検査など)入院 一般病院では実施困難な重度知的障害、強度行動障害のある患者に対する身体疾患(高度肥満症、糖尿病治療、水中毒、呼吸器感染症、腎不全治療、高血圧治療など)に関わる入院治療 子どものこころ科(児童精神科・小児心療科) 精神及び行動の障害が疑われる子どもの診断・治療 精神及び行動の障害を持つ子どもの心理検査・心理療法 精神及び行動の障害を持つ子どもの親に対するサイコエデュケーション、ペアレントトレーニング 精神及び行動の障害を持つ子どもの入院治療 強度行動障害などを有する[pref.aichi.jp]
  • 特殊なタイプのヘルニアもありますので、椎間板ヘルニアに対しては脊椎脊髄病専門の整形外科専門医(脊椎脊髄病学会指導医)の診断と治療が必要です。通常は手術をせずに 保存的治療 (薬、注射、理学療法など)で軽快しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の麻痺が進行する場合や前述の排尿、排便障害がでてくるような場合には、 手術 が必要です。[jssr.gr.jp]

疫学

  • 疫学:人口10万人当たり 1.9 6.5世界各地でもほぼ同様。ただし以下の多発地域が ある。 1)マリアナ群島グアム 2)紀伊半島南部;古座川町、三重県渡会郡南勢町穂原 3)西ニューギニア、グルートアイランド 歴史 Charcot & Joffroy (1869年)が ALSの疾患単位を確立。すなわち臨床・病理学的 観点から脊髄前角と側索の両方が障害されることによって筋萎縮が発症し、経過の早 い症例群を一つの疾患単位として確立。[wakayama-med.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 治療 1)興奮性アミノ酸仮説に基づくリルゾール経口投与 2) 呼吸障害に対する治療(鼻マスク、気管切開、人工呼吸器) 3) 嚥下障害に対する治療(経鼻栄養、 PEG) 4) 意志の疎通に関する療法(文字盤、コンピュータなど) 5) 適度な運動による筋力保持と関節拘縮の予防 6) その他、患者および家族への病名告知の問題、在宅・施設療養支援 文献 1)豊倉康夫編集:神経内科学書,1996,朝倉書店 2)水野美邦編集:神経内科ハンドブック鑑別診断と治療第2版,1999, 医学書院[wakayama-med.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!