Edit concept Question Editor Create issue ticket

後天性部分型リポジストロフィー


治療

  • 医療費の自己負担の軽減(特定疾患治療研究事業対象56疾患) 指定疾患の一覧 難治性疾患克服研究事業(臨床調査研究分野対象疾患) 130疾患 (2009年4月1日現在)。厚生労働省による原因究明・治療法などの研究が行われる。患者の自己負担分を公費で負担するのは、特定疾患治療研究事業対象疾患のみである。 (作成中) この節の加筆が望まれています。 特定疾患治療研究事業対象疾患 56疾患 (2009年10月1日現在)。[wikiwand.com]
  • 現時点で脂肪萎縮症を効果的に予防又は治療する手段は無く、効果的な予防薬又は治療薬の出現が望まれている。糖尿病カレントライブラリー 7 脂肪細胞と脂肪組織,門脇孝等,株式会社文光堂,2007,5,15,p.220〜223 上記のような現状の下、本発明は、脂肪萎縮症の予防及び/又は治療に有効な手段の開発に有用なスクリーニングシステム、及びそれを用いた脂肪萎縮症の予防及び/又は治療に有効な薬剤のスクリーニング方法を提供することを主な目的とする。[biosciencedbc.jp]
  • こういった欠乏症の治療に医療用医薬品としてカルニチンの価値があることは、研究者の大多数が認めている[ 2 ]。 現時点におけるカルニチンの論点・争点 カルニチンは、エネルギーの産生にとって重要であり、忍容性が良好で一般的に安全な治療薬のため、広く研究されてきた[ 7 ]。アセチル‐L-カルチニンはL-カルチニンよりも小腸からの吸収がよく、血液脳関門を効率よく通過するため(脳組織まで届く)、研究者は研究でアセチル‐L-カルチニンを使用することを好む[ 8 ]。[ejim.ncgg.go.jp]
  • 【MixOnline】パンくずリスト 【MixOnline】記事詳細 米FDA 脂肪異栄養症治療薬メトレレプチンを承認 公開日時 2014/03/05 03:50 米食品医薬品局(FDA)は2月25日、先天性および後天性全身性リポジストロフィー(脂肪異栄養症)患者におけるレプチン欠損症の合併症に対する食事療法に加える補充療法として、注射剤・Myalept(一般名:メトレレプチン)を承認した。同剤は、遺伝子組み換えによるレプチンのアナログである。[mixonline.jp]

疫学

  • 白質ジストロフィーの有病率 白質ジストロフィーの頻度に関する疫学データは全体的に限られている[Heim et al 1997, Bonkowsky et al 2010]. さらに,これらの研究から特定の白質ジストロフィーの相対頻度を確実に推定することは困難である.[grj.umin.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 現時点で脂肪萎縮症を効果的に予防又は治療する手段は無く、効果的な予防薬又は治療薬の出現が望まれている。糖尿病カレントライブラリー 7 脂肪細胞と脂肪組織,門脇孝等,株式会社文光堂,2007,5,15,p.220〜223 上記のような現状の下、本発明は、脂肪萎縮症の予防及び/又は治療に有効な手段の開発に有用なスクリーニングシステム、及びそれを用いた脂肪萎縮症の予防及び/又は治療に有効な薬剤のスクリーニング方法を提供することを主な目的とする。[biosciencedbc.jp]
  • 小児科療養指導料 てんかん指導料 難病外来指導管理料 皮膚科特定疾患指導管理料 外来栄養食事指導料 入院栄養食事指導料 集団栄養食事指導料 心臓ペースメーカー指導管理料 在宅療養指導料 高度難聴指導管理料 慢性維持透析患者外来医学管理料 喘息治療管理料 慢性疼痛疾患管理料 小児悪性腫瘍患者指導管理料 削除 糖尿病合併症管理料 耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料 がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者カウンセリング料 外来緩和ケア管理料 移植後患者指導管理料 植込型輸液ポンプ持続注入療法指導管理料 糖尿病透析予防指導管理料[wikiwand.com]
  • カルニチンと薬物相互作用 カルニチンは、尿路感染症の長期予防に使用されるピバンピシリンなどのピバリン酸抱合を受けた抗生物質と相互作用を示す[ 51 ]。これらの抗生物質を長期にわたって投与すると、ピバロイルカルニチンの排出が増加し、カルニチン欠乏状態になる。しかし、脂肪酸酸化を制限されるほど組織内のカルニチン濃度が著しく低下する可能性があるものの、カルニチン欠乏による疾患の症例は報告されていない[ 1-6 ]。[ejim.ncgg.go.jp]
  • 一次症状の予防:いくつかの常染色体劣性運動失調症に対する治療法があります:AVEDに対するビタミンE療法、脳腱黄色腫症に対するchenodeoxycholic acid、CoQ10欠乏症に対するCoQ10、およびRefsum病に対するフィタン酸の食事制限. 調査中の治療UnderwoodおよびRubinsztein 79は、トリヌクレオチド反復拡大に関連する運動失調症の治療のための潜在的戦略をレビューしている.[laurarodriguezsa.over-blog.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!