Edit concept Question Editor Create issue ticket

後天性捻転毛髪症候群


提示

  • 本症の診断基準は厚生省特定疾患研究班(班長:渡辺勈)からも提示されている。研究班の基準は疫学的調査を目的として作 成されている。本報告で提示した診断基準は臨床的診断を目的とし、病歴より疑診を行い、検査で確診を行う点が特徴である。両者の特徴、差異を充分理解して 使用する必要がある。 メニエール病に関し現在、内リンパ水腫の成因に関する基礎的研究、疫学的研究などが行われているが、臨床的には治療、特にめまい発作制御、その 治療効果の評価、予後の推定が課題である。[tokushima-u.ac.jp]
筋萎縮症
  • メインクーン 肥大心筋症 脊髄性萎縮 多発性のう胞腎 股関節異形成症 毛玉・毛球症 予防法 被毛が長いメインクーンは毛球症になりやすいため、ブラッシングは毎日行うようにしましょう。 また、長毛腫のため暑さには弱く熱中症になりやすいため、暑い日はクーラーや扇風機を使い涼しい室温を保ちましょう。 猫全般 被毛が長いメインクーンは毛球症になりやすいため、ブラッシングは毎日行うようにしましょう。[pet-okuribito.com]
  • ,1型[ウェルドニッヒ・ホフマン〈Werdnig-Hoffman〉病] G121 その他の遺伝性脊髄性萎縮 G122 運動ニューロン疾患 G128 その他の脊髄性萎縮および関連症候群 G129 脊髄性萎縮,詳細不明 G20 パーキンソン〈Parkinson〉病 G210 悪性症候群 G211 その他の薬物誘発性続発性パーキンソン〈Parkinson〉症候群 G212 その他の外因による続発性パーキンソン〈Parkinson〉症候群 G213 脳炎後パーキンソン〈Parkinson〉症候群[e-stat.go.jp]
ミオパチー
  • 〈シ〉ー G713 ミトコンドリア(性)ミオパチ〈シ〉ー,他に分類されないもの G718 その他の原発性筋障害 G719 原発性筋障害,詳細不明 G720 薬物誘発性ミオパチ〈シ〉ー G721 アルコール性ミオパチ〈シ〉ー G722 その他の毒性物質によるミオパチ〈シ〉ー G723 周期性四肢麻痺 G724 炎症性ミオパチ〈シ〉ー,他に分類されないもの G728 その他の明示されたミオパチ〈シ〉ー G729 ミオパチ〈シ〉ー,詳細不明 G800 けい〈痙〉性四肢麻痺型脳性麻痺 G801 けい〈痙〉[e-stat.go.jp]
脊柱前弯
  • )(症) M405 (脊柱)(症),詳細不明 M410 乳児特発性(脊柱)側弯(症) M411 若年性特発性(脊柱)側弯(症) M412 その他の特発性(脊柱)側弯(症) M413 胸郭原性(脊柱)側弯(症) M414 神経筋性(脊柱)側弯(症) M415 その他の続発性(脊柱)側弯(症) M418 その他の型の(脊柱)側弯(症) M419 (脊柱)側弯(症),詳細不明 M420 若年性脊椎骨軟骨症〈骨端症〉 M421 成人脊椎骨軟骨症〈骨端症〉 M429 脊椎骨軟骨症〈骨端症〉,詳細不明[e-stat.go.jp]
筋力低下
  • 病態としては 1)椎骨動脈屈曲症、コイル形成 2)椎骨動脈の起始部圧迫によるめまいと患側上肢のしびれを伴う Powers 症候群(椎骨動脈間歇的圧迫症候) 3)アテローム硬化により上肢運動に伴うめまい発作と筋力低下を来す鎖骨下動脈盗血症候群(subclavian steal syndrome) 4)頸椎の変形症に伴う椎骨動脈の圧迫によるめまい(頸性めまいの一種) に分けられる。[tokushima-u.ac.jp]
偽腫瘍
  • ぎまくせいちょうえん pseudomembranous enterocolitis偽膜性小腸結腸炎ぎまくせいしょうちょうけっちょうえん pseudomonas infection緑膿菌感染症りょくのうきんかんせんしょう pseudomyxoma peritonei腹膜偽粘液腫ふくまくぎねんえきしゅ pseudopolyp偽ポリープぎぽりーぷ pseudopolyposis偽ポリープ症ぎぽりーぷしょう pseudopolyposis coli大腸偽ポリポーシスだいちょうぎぽりぽーしす pseudotumor腫瘍[coloproctology.gr.jp]
脱毛症
  • 軟毛化とは:写真提供 伊藤泰介先生より AGAとの鑑別が難しい脱毛は少ない-AGAと円形脱毛を合併することがある AGAの診断は決して難しいものではありません。特に男性の場合は、抜け方のパターンによって判断しやすいため、他の脱毛(円形脱毛など)とも容易に見分けることができます。 ただし、少数ですが、同じ部分にAGAと円形脱毛を合併していることがあり、この場合はどこがAGAでどこが円形脱毛か区別することは困難になります。[medicalnote.jp]
  • 緑内障 、グルタチオン赤血球、小赤血球症 ジャックラッセルテリア; 魚鱗癬、黒色被毛毛胞形成不全、皮膚糸状菌症、マラセチア皮膚炎、脈管炎、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、先天性門脈シャント、重症複合免疫不全症、第Ⅹ因子欠乏、膝蓋骨脱臼、重症筋無力症、大腿骨骨頭壊死、下垂体腫瘍、皮膚組織球種、遺伝性運動失調、先天性難聴、異所性睫毛、水晶体脱臼、 緑内障 、 白内障 、肺線維症 シュナウザー; 心内膜症、僧帽弁の粘液腫性変化、洞不全症候群、動脈管開存、肺動脈弁狭窄、アトピー、角質下膿疱性皮膚症、季節性腹部脱毛[hal-ah.com]
  • 先天性脱毛ないし無毛症 541 2. 多毛症 541 3. 連珠毛 541 4. 結節性裂毛 542 5. 毛縦裂症 542 6. 縮毛 542 7. 結毛症〔毛結節症〕 542 8. 捻転毛 543 9. 白輪毛 543 10. 角質内巻毛症 543 11. 白毛 543 12. 円形脱毛 544 13. 壮年性脱毛,男性型脱毛 545 14. 粃糠性脱毛 546 15. 結髪性脱毛 546 16. 抜毛狂〔毛髪痒感狂,抜毛症〕 546 17. 瘢痕性脱毛 547 18. [rnavi.ndl.go.jp]
  • アレルギー 感染症 代謝性疾患 心因性 顔そう痺症 食物アレルギー 耳疥癬 自己免疫疾患 腫瘍 脱毛全般 毛包の炎症 感染症 ニキビダニ 皮膚糸状菌 毛周期の変化 休止期脱毛 内分泌疾患 その他 先天的異常 自己免疫疾患 顔そう痺症 食物アレルギー 耳疥癬 自己免疫疾患 腫瘍 左右対称性脱毛 ポメラニアンの脱毛 成長ホルモン反応性 去勢反応性 偽クッシング ポメラニアンの脱毛 クッシング症候群 甲状腺機能低下症 猫の対称性脱毛 後躯体幹脱毛 ノミアレルギー皮膚炎 猫の対称性脱毛 雌性化症候群[asahi-no.com]
肝腫大
  • 外側からの圧迫 前縦隔腫瘤 気管気管支虚脱 肺門リンパ節腫脹 浅速呼吸困難(吸気・呼気性)  下部気道と肺実質の障害 気管支疾患 慢性気管支炎 アレルギー性気管支炎 好酸球性肺炎(PIE症候群) 喘息 肺虫症 肺炎 肺水腫 左心不全 低アルブミン血症 その他 肺血栓症 心糸状虫症 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) その他 肺の創傷 肺線維症 肉芽腫性肺炎 深部真菌症 肺腫瘍 拘束性 気胸 胸水 心裏水貯留 横隔膜ヘルニア 縦隔・胸壁の腫瘍 胸壁の揖傷(フレイルチェスト) 過度の肥満 高度の[asahi-no.com]
  • ,他に分類されないもの R161 脾腫,他に分類されないもの R162 脾腫を伴う,他に分類されないもの R17 詳細不明の黄疸 R18 腹水 R190 腹腔内および骨盤内腫脹,腫瘤〈mass〉および塊〈lump〉 R191 腸音異常 R192 ぜん〈蠕〉動可視 R193 筋性防御〈筋防衛〉 R194 排便習慣の変化 R195 その他の異常便 R196 口臭 R198 消化器系および腹部に関するその他の明示された症状および徴候 R200 皮膚の知覚〈感覚〉脱失 R201 皮膚の知覚〈感覚〉低下[e-stat.go.jp]
心不全
  • パルポウイルス 菌血症 腫瘍 特発性心筋症 うっ血性心不全 毒素血症 胃稔転 菌血症 膵炎 腹膜炎 低酸素 貧血 うっ血性心不全 肺疾患 薬物 ジギタリス アドリアマイシン 麻酔薬 ケタミン 抗不整脈薬 代謝障害 尿毒症 低カリウム血症 甲状腺機能亢進症 頚静脈圧上昇と頚静脈拍動 うっ血性右心不全 肺動脈狭窄(先天性) 三尖弁閉鎖不全(先天性,後天性) 心筋症 肺性心 肺高血圧 心糸状虫症 慢性僧帽弁閉鎖不全 右心室流入障害 心のう水貯留 心膜収縮(腫瘍性) 心基部腫瘍 心臓内腫瘍 右心房粘液腫[asahi-no.com]
  • (うっ血性)を伴う高血圧性心疾患 I119 心不全(うっ血性)を伴わない高血圧性心疾患 I120 腎不全を伴う高血圧性腎疾患 I129 腎不全を伴わない高血圧性腎疾患 I130 心不全(うっ血性)を伴う高血圧性心腎疾患 I131 腎不全を伴う高血圧性心腎疾患 I132 心不全(うっ血性)および腎不全の合併を伴う高血圧性心腎疾患 I139 高血圧性心腎疾患,詳細不明 I150 腎血管性高血圧(症) I151 その他の腎障害による二次性〈続発性〉高血圧(症) I152 内分泌障害による二次性〈続発性〉[e-stat.go.jp]
胸水
  • 疾患 45 喉頭麻痺 46 喉頭炎 47 喉頭および気管の腫瘍 48 気管虚脱 49 伝染性気管気管支炎 50 原発性線毛運動不全症 51 イヌの慢性気管支炎 52 ネコ喘息および気管支炎 肺実質の疾患 53 細菌性肺炎 54 誤嚥性肺炎 55 ウイルス性肺炎 56 真菌性肺炎 57 好酸球性気管支肺炎 58 肺線維症 59 肺水腫 60 気管支および肺の腫瘍 61 肺葉捻転 62 肺血栓塞栓症 63 肺の寄生虫 胸膜および縦隔の疾患 64 気胸および気縦隔症 65 横隔膜ヘルニア 66 漏出性胸水[pharm-p.com]
  • 喉頭炎 喉頭浮腫 喉頭麻痺 喉頸痙攣 外傷による損傷 虚脱 気管/気管支内異物または腫瘤 気管気管支の外側からの圧迫 前縦隔腫瘤 気管気管支虚脱 肺門リンパ節腫脹 浅速呼吸困難(吸気・呼気性)  下部気道と肺実質の障害 気管支疾患 慢性気管支炎 アレルギー性気管支炎 好酸球性肺炎(PIE症候群) 喘息 肺虫症 肺炎 肺水腫 左心不全 低アルブミン血症 その他 肺血栓症 心糸状虫症 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) その他 肺の創傷 肺線維症 肉芽腫性肺炎 深部真菌症 肺腫瘍 拘束性 気胸 胸水[asahi-no.com]
  • 詳細不明の外的因子による呼吸器病態 J80 成人呼吸窮〈促〉迫症候群〈ARDS〉 J81 肺水腫 J82 肺好酸球症,他に分類されないもの J840 肺胞性および肺胞周囲性病態 J841 肺線維症を伴うその他の間質性肺疾患 J848 その他の明示された間質性肺疾患 J849 間質性肺疾患,詳細不明 J850 肺のえ〈壊〉疽およびえ〈壊〉死 J851 肺炎を伴う肺膿瘍 J852 肺炎を伴わない肺膿瘍 J853 縦隔膿瘍 J860 瘻(孔)を伴う膿胸(症) J869 瘻(孔)を伴わない膿胸(症) J90 胸水[e-stat.go.jp]
呼吸窮迫
  • 例 2014 第15回日本獣医がん学会 Acetabulectomyによる後肢断脚術をおこなった骨肉腫の犬の1例 2016 第16回日本獣医がん学会 総胆管閉塞をきたした膵臓リンパ腫の猫の1例 2017 疋田 哲也 動物臨床医学会年次大会 ホスホフルクトキナーゼ欠損症に類似した溶血性貧血を呈した日本スピッツの1例 2015 西峯 健介 第35回 動物臨床医学会年次大会 排便困難を呈した前立腺平滑筋腫の犬の1例(2014) 動物臨床医学会年次大会 尿管結石による尿管閉塞および破裂に対する術後に急性呼吸窮迫症候群[mah.jp]
  • […] idiopathic megacolon特発性巨大結腸症とくはつせいきょだいけっちょうしょう idiopathic megarectum特発性巨大直腸症とくはつせいきょだいちょくちょうしょう idiopathic pseudo-obstruction特発性偽性閉塞症とくはつせいぎせいへいそくしょう idiopathic pseudo-obstruction特発性偽性腸閉塞症とくはつせいぎせいちょうへいそくしょう idiopathic respiratory distress syndrome特発性呼吸窮迫症候群[coloproctology.gr.jp]
喘鳴
  • 〈stridor〉 R062 喘鳴〈wheezing〉 R063 周期性呼吸 R064 過呼吸 R065 口呼吸 R066 しゃっくり〈吃逆〉 R067 くしゃみ R068 その他および詳細不明の呼吸の異常 R070 咽喉痛 R071 呼吸時の胸痛 R072 前胸部痛 R073 その他の胸痛 R074 胸痛,詳細不明 R090 窒息 R091 胸膜炎 R092 呼吸停止 R093 喀痰異常 R098 循環器系および呼吸器系に関するその他の明示された症状および徴候 R100 急性腹症 R101 上腹部[e-stat.go.jp]

精密検査

無気肺
  • P281 その他および詳細不明の新生児 P282 新生児のチアノーゼ発作 P283 新生児原発性睡眠時無呼吸 P284 新生児のその他の無呼吸 P285 新生児の呼吸不全 P288 新生児のその他の明示された呼吸器病態 P289 新生児の呼吸器病態,詳細不明 P290 新生児心不全 P291 新生児心調律障害 P292 新生児高血圧(症) P293 胎児循環持続〈遺残〉 P294 新生児の一過性心筋虚血 P298 周産期に発生したその他の心血管障害 P299 周産期に発生した心血管障害,詳細不明[e-stat.go.jp]
結腸狭窄
  • […] colonic neurogenic tumor結腸神経原性腫瘍けっちょうしんけいげんせいしゅよう colonic obstruction結腸閉塞けっちょうへいそく colonic perforation結腸穿孔けっちょうせんこう colonic polyp大腸ポリープだいちょうぽりーぷ colonic pseudodiverticulum結腸偽憩室けっちょうぎけいしつ colonic pseudo-obstruction結腸偽性閉塞症けっちょうぎせいへいそくしょう colonic stenosis結腸狭窄[coloproctology.gr.jp]
胸水
  • 疾患 45 喉頭麻痺 46 喉頭炎 47 喉頭および気管の腫瘍 48 気管虚脱 49 伝染性気管気管支炎 50 原発性線毛運動不全症 51 イヌの慢性気管支炎 52 ネコ喘息および気管支炎 肺実質の疾患 53 細菌性肺炎 54 誤嚥性肺炎 55 ウイルス性肺炎 56 真菌性肺炎 57 好酸球性気管支肺炎 58 肺線維症 59 肺水腫 60 気管支および肺の腫瘍 61 肺葉捻転 62 肺血栓塞栓症 63 肺の寄生虫 胸膜および縦隔の疾患 64 気胸および気縦隔症 65 横隔膜ヘルニア 66 漏出性胸水[pharm-p.com]
  • 喉頭炎 喉頭浮腫 喉頭麻痺 喉頸痙攣 外傷による損傷 虚脱 気管/気管支内異物または腫瘤 気管気管支の外側からの圧迫 前縦隔腫瘤 気管気管支虚脱 肺門リンパ節腫脹 浅速呼吸困難(吸気・呼気性)  下部気道と肺実質の障害 気管支疾患 慢性気管支炎 アレルギー性気管支炎 好酸球性肺炎(PIE症候群) 喘息 肺虫症 肺炎 肺水腫 左心不全 低アルブミン血症 その他 肺血栓症 心糸状虫症 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群) その他 肺の創傷 肺線維症 肉芽腫性肺炎 深部真菌症 肺腫瘍 拘束性 気胸 胸水[asahi-no.com]
  • 詳細不明の外的因子による呼吸器病態 J80 成人呼吸窮〈促〉迫症候群〈ARDS〉 J81 肺水腫 J82 肺好酸球症,他に分類されないもの J840 肺胞性および肺胞周囲性病態 J841 肺線維症を伴うその他の間質性肺疾患 J848 その他の明示された間質性肺疾患 J849 間質性肺疾患,詳細不明 J850 肺のえ〈壊〉疽およびえ〈壊〉死 J851 肺炎を伴う肺膿瘍 J852 肺炎を伴わない肺膿瘍 J853 縦隔膿瘍 J860 瘻(孔)を伴う膿胸(症) J869 瘻(孔)を伴わない膿胸(症) J90 胸水[e-stat.go.jp]

治療

  • およびインターフェロンγの投与を実施した進行性腎細胞癌の犬の1例 SAC, No.184 2016 10月 共立製薬株式会社 第9回日本獣医腎泌尿器学会学術集会・総会 猫の尿管閉塞に対するSUB設置術の治療成績40例(53尿管)(2016) 第17回 日本獣医がん学会 外科的治療(幽門保存胃切除術)を実施した胃の組織球性肉腫の犬の1例 2017 講師・インストラクター 動物臨床医学会年次大会 パネルディスカッション;インスリノーマの多発肝転移に対して肝動注化学療法を実施した犬の1例 2009 第9[mah.jp]

疫学

  • 本症の疫学的調査において、スウェーデンでは1年間の初診数が10万人あたり45名、日本では厚生省特定疾患研究班調査にて有病率は人口10万人対16 17人(病院のみ)である。 本症の診断基準は厚生省特定疾患研究班(班長:渡辺勈)からも提示されている。研究班の基準は疫学的調査を目的として作 成されている。本報告で提示した診断基準は臨床的診断を目的とし、病歴より疑診を行い、検査で確診を行う点が特徴である。両者の特徴、差異を充分理解して 使用する必要がある。[tokushima-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • パグ 角膜潰瘍 壊死性髄膜脳炎 鼻腔狭窄 軟口蓋過長症 膝蓋骨脱臼 皮膚炎 予防法 パグのように目が少し飛び出ているような犬種は目のケガや病気に注意が必要です。 枝に軽くぶつかっただけでも角膜が傷つきその傷が原因で角膜潰瘍を発症します。 また乾燥し涙が少なくなると角膜潰瘍に発展しやすいので、予防として点眼をおすすめします。 パピヨン 眼瞼内反症 進行性網膜萎縮 膝蓋骨脱臼 予防法 パピヨンの眼瞼内反症と進行性網膜萎縮は遺伝的な病気です。[pet-okuribito.com]
  • 治療後も難聴を予防できないこともある。高度障害型の予後は不良。 7.疾患についての説明 抗生物質の進歩により、近年の顕性梅毒患者は減少しているが、内耳梅毒と診断される症例は現在なおめまいや難聴を訴えて受診する患者の5%前後 と多い。また、本疾患は種々の臨床像をとり、診断が困難であるため他の疾患と誤診され適切な治療がなされないまま症状の進行する症例も間々見受けられると いう。[tokushima-u.ac.jp]
  • 結節性結核性静脈炎 655 3 結核・らい以外のミコバクテリウム感染症 655 皮膚非定型抗酸菌症 655 35章 ハンセン病またはらい〔癩〕 病型分類 659 皮膚症状 660 その他の症状 662 組織所見 663 予後 663 らい反応 663 診断 664 鑑別診断 665 治療 665 予防 666 36章 スピロヘータ・原虫・動物性皮膚疾患 1. ライム病 669 2. 熱帯フランベジア 672 3. 鼠咬症 672 4. 皮膚レイシュマニア症 672 5. 恙虫病 673 6. [rnavi.ndl.go.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!