Edit concept Question Editor Create issue ticket

後天性免疫不全症候群


提示

発熱
  • 症状 HIV/AIDSの感染後、1 3週間で発熱やリンパ節の腫れといった症状がでますが、1 2週間でおさまります。感染後3 8週間は、感染していてもエイズ抗体検査で陽性にはなりません。その後、徐々に免疫機能が低下していき、結核や肺炎などの感染症にかかります。 その他の性行為感染症は、病気により症状もさまざまですが、性器の潰瘍や痛み、排尿の異常、帯下が主な症状です。また、同じ病気でも、男性と女性で症状の異なるものがあり、注意が必要です。[forth.go.jp]
  • 無症状 症状はなく、今まで通りの生活ができる 感染後、数週間内にかぜ様症状がでることがある エイズ関連症候群 発熱 下痢 体重減少 リンパ節腫脹 エイズ 日和見感染症(カリニ肺炎、食道カンジタ症等)特殊ながん(悪性リンパ腫等) 神経症状 認知症など ※ 感染 から エイズ まで約10年間 エイズの感染経路は? HIVに感染している人の体液の中で、HIVが最も多く含まれているのは、 血液 や 精液 、 膣分泌液 です。これらの体液が他の人の皮膚の傷や粘膜に直接触れることによって感染します。[city.kitakyushu.lg.jp]
  • その後、次第に免疫機能が低下してくると、寝汗や1ヶ月以上続く発熱、リンパ節の腫れ、体重の急激な減少、下痢が続き食欲がなくなる、口の中に白い斑点ができるなどの症状を現す「エイズ関連症候群期」の段階に入ります。 さらに進行し免疫機能が低下すると、日和見感染症、悪性腫瘍、神経障害などを伴うようになります。 この段階を「エイズ」と呼びます。 日和見感染症 健康な人ではほとんど影響がない弱い病原体にも感染しやすくなり、カンジタ症、カリニ肺炎などがあります。[iph.pref.hokkaido.jp]
  • やがて宿主の免疫が低下し、CD4陽性 T細胞 数が減少すると、持続性全身性リンパ節腫脹症となり、続いて 発熱 、体重減少、倦怠感、 下痢 を発症する。この時期を エイズ 関連症候群(ARC)と呼ぶ。さらに免疫低下すると、ニューモシスチスカリニ肺炎、 結核 、性器ヘルペスなどの日和見感染症やカポジ肉腫などを発症して エイズ と診断される。感染から発症までの期間は、一般に数年から10年以上までと長い。この間に、 ウイルス は T細胞 やマクロファージに感染して徐々に免疫不全に至る。[pharm.or.jp]
  • 急性感染期: HIV感染直後の発熱、リンパ腺腫大、皮疹、咽頭炎、筋肉痛、関節炎等の症状。通常1 2週間で軽快します。 無症候期: リンパ腺腫大の持続、その他特に自覚、他覚症状はありません。 エイズ発症期: エイズ動向委員会で定められた診断基準を示す症状疾患です。 検査室診断 血液のHIV抗体検査(酵素抗体法、粒子凝集法、免疫クロマト法、ウエスタンブロット法、蛍光抗体法)。 血漿中HIV-RNA検査でHIVの活動性を判断します。[www1.pref.shimane.lg.jp]
カンジダ症
  • 指標疾患(Indicator Disease) A.真菌症 1.カンジダ(食道、気管、気管支、肺) 2.クリプトコッカス症(肺以外) 3.コクシジオイデス症 (1) 全身に播種したもの (2) 肺、頚部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの 4.ヒストプラズマ症 (1) 全身に播種したもの (2) 肺、頚部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの 5.ニューモシスティス肺炎 (注)P. cariniiの分類名がP. jiroveciに変更になった B.原虫症 6.トキソプラズマ脳症(生後1か月以後[mhlw.go.jp]
  • 真菌症 カンジダ(食道、気管、気管支または肺)・・・カビが原因で食道炎や気管支炎、肺炎を起こす( 主な日和見感染症参照 ) クリプトコッカス症(肺以外)・・・ハトの糞などにより感染し、髄膜炎や前身感染症(骨随、肝臓、血液)を起こす ニューモシスチス肺炎( 主な日和見感染症参照 ) コクシジオデス症 ヒストプラスマ症(全身性または肺外) 原虫症 トキソプラズマ脳症・・・ネコなどが原因で脳に感染巣が出現し、けいれんや意識障害、神経症状が起きる クリプトスポリジウム症(1ヶ月以上下痢の続く慢性腸炎)・・・[kyumed.jp]
  • さらに進行してエイズと診断される状態になると、カリニ肺炎や食道カンジダなどの日和見感染症、カポジ肉腫などの腫瘍、あるいは痴呆などの神経症状といった様々な症状が現れます。 「エイズ」の感染経路について HIVの感染力は弱いので、性行為以外では日常の生活の中でうつる心配はありませんし、身のまわりにHIVに感染した人がいても心配する必要はありません。 HIVの主な感染経路は 1.性的接触 2.血液感染 3.母子感染 の3種類です。[okhotsk.pref.hokkaido.lg.jp]
体重減少
  • 無症状 症状はなく、今まで通りの生活ができる 感染後、数週間内にかぜ様症状がでることがある エイズ関連症候群 発熱 下痢 体重減少 リンパ節腫脹 エイズ 日和見感染症(カリニ肺炎、食道カンジタ症等)特殊ながん(悪性リンパ腫等) 神経症状 認知症など ※ 感染 から エイズ まで約10年間 エイズの感染経路は? HIVに感染している人の体液の中で、HIVが最も多く含まれているのは、 血液 や 精液 、 膣分泌液 です。これらの体液が他の人の皮膚の傷や粘膜に直接触れることによって感染します。[city.kitakyushu.lg.jp]
  • やがて宿主の免疫が低下し、CD4陽性 T細胞 数が減少すると、持続性全身性リンパ節腫脹症となり、続いて 発熱 、体重減少、倦怠感、 下痢 を発症する。この時期を エイズ 関連症候群(ARC)と呼ぶ。さらに免疫低下すると、ニューモシスチスカリニ肺炎、 結核 、性器ヘルペスなどの日和見感染症やカポジ肉腫などを発症して エイズ と診断される。感染から発症までの期間は、一般に数年から10年以上までと長い。この間に、 ウイルス は T細胞 やマクロファージに感染して徐々に免疫不全に至る。[pharm.or.jp]
  • 3.エイズの発症 免疫機能が低下し、発熱、寝汗、だるい、体重減少、下痢などがおこってきます。さらに免疫機能の低下が進むと、日和見(ひよりみ)感染症、悪性腫瘍といった症状が現れます。これが「エイズ」という状態です。 ※日和見(ひよりみ)感染症とは 免疫機能の低下によって、健康な時には感染しないような病原微生物に感染しておこる様々な感染症のこと。 HIVに感染 することと エイズを発症 することは 違うことです ! HIV感染症を完治させる薬の開発はまだされていません。[city.nishitokyo.lg.jp]
倦怠感
  • やがて宿主の免疫が低下し、CD4陽性 T細胞 数が減少すると、持続性全身性リンパ節腫脹症となり、続いて 発熱 、体重減少、倦怠、 下痢 を発症する。この時期を エイズ 関連症候群(ARC)と呼ぶ。さらに免疫低下すると、ニューモシスチスカリニ肺炎、 結核 、性器ヘルペスなどの日和見感染症やカポジ肉腫などを発症して エイズ と診断される。感染から発症までの期間は、一般に数年から10年以上までと長い。この間に、 ウイルス は T細胞 やマクロファージに感染して徐々に免疫不全に至る。[pharm.or.jp]
  • 第2期梅毒では、上半身を中心とした梅毒特有の皮疹や、発熱、倦怠などの症状が現れ、晩期梅毒では、ゴム腫、心血管症状や神経症状などが起こります。 性器クラミジア感染症 男性では尿道炎を起こし、排尿痛などが見られます。女性では子宮頸管炎などを引き起こし、おりものの増加などが見られますが、自覚症状の乏しい場合が多く、知らないうちに炎症が広がり、骨盤内付属器炎や肝周囲炎となり、不妊症の原因となることがあります。 淋菌感染症 男性では尿道炎を起こし、黄白色の分泌液が多量に出て、強い排尿痛があります。[pref.tochigi.lg.jp]
  • エイズ関連症候群(AIDS-Related Complex;ARC) 長い無症候期の後、「エイズ関連症候群(AIDS-Related Complex;ARC)」といわれる状態になり、リンパ節の腫脹、発熱、下痢、体重減少、倦怠や寝汗等が、1か月以上続きます。[city.yokohama.lg.jp]
伝染性単核球症
  • 急性感染 (Acute seroconversion) - 伝染様あるいはインフルエンザ様症状 無症候性感染 持続性全身性リンパ節腫脹 (PGL) その他の疾患合併上記以外にも、突然の全身性の斑状丘疹状の発疹(maculopapular rash)や、ウイルス量が急激に増加し重症化する例では、多発性神経炎、無菌性髄膜炎、脳炎症状などの急性症状を示す場合もある。[ja.wikipedia.org]
下痢
  • A.真菌症 1.カンジダ症(食道、気管、気管支、肺) 2.クリプトコッカス症(肺以外) 3.コクシジオイデス症 (1) 全身に播種したもの (2) 肺、頚部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの 4.ヒストプラズマ症 (1) 全身に播種したもの (2) 肺、頚部、肺門リンパ節以外の部位に起こったもの 5.ニューモシスティス肺炎 (注)P. cariniiの分類名がP. jiroveciに変更になった B.原虫症 6.トキソプラズマ脳症(生後1か月以後) 7.クリプトスポリジウム症(1か月以上続く下痢[mhlw.go.jp]
  • 無症状 症状はなく、今まで通りの生活ができる 感染後、数週間内にかぜ様症状がでることがある エイズ関連症候群 発熱 下痢 体重減少 リンパ節腫脹 エイズ 日和見感染症(カリニ肺炎、食道カンジタ症等)特殊ながん(悪性リンパ腫等) 神経症状 認知症など ※ 感染 から エイズ まで約10年間 エイズの感染経路は? HIVに感染している人の体液の中で、HIVが最も多く含まれているのは、 血液 や 精液 、 膣分泌液 です。これらの体液が他の人の皮膚の傷や粘膜に直接触れることによって感染します。[city.kitakyushu.lg.jp]
  • 例えば、体内に入ってくる病原体が、腸炎を起こすようなものであれば、腹痛や下痢をしやすくなりますし、かぜのウイルスが体内に入ってきた場合は、微熱や咳が出たりすることもあります。 つまり、さまざまな病気にかかりやすくなるため、特定の症状を挙げることが困難なのです。 ちなみに、他の性感染症に感染していると、感染していない人に比べて数倍も感染しやすいともいわれます。 なお、免疫力の低下が進行し続けると、結核などの感染症やカポジ肉腫などの悪性腫瘍を併発します。この段階をエイズといいます。 治療方法は?[city.kagoshima.lg.jp]
  • その後、次第に免疫機能が低下してくると、寝汗や1ヶ月以上続く発熱、リンパ節の腫れ、体重の急激な減少、下痢が続き食欲がなくなる、口の中に白い斑点ができるなどの症状を現す「エイズ関連症候群期」の段階に入ります。 さらに進行し免疫機能が低下すると、日和見感染症、悪性腫瘍、神経障害などを伴うようになります。 この段階を「エイズ」と呼びます。 日和見感染症 健康な人ではほとんど影響がない弱い病原体にも感染しやすくなり、カンジタ症、カリニ肺炎などがあります。[iph.pref.hokkaido.jp]
  • やがて宿主の免疫が低下し、CD4陽性 T細胞 数が減少すると、持続性全身性リンパ節腫脹症となり、続いて 発熱 、体重減少、倦怠感、 下痢 を発症する。この時期を エイズ 関連症候群(ARC)と呼ぶ。さらに免疫低下すると、ニューモシスチスカリニ肺炎、 結核 、性器ヘルペスなどの日和見感染症やカポジ肉腫などを発症して エイズ と診断される。感染から発症までの期間は、一般に数年から10年以上までと長い。この間に、 ウイルス は T細胞 やマクロファージに感染して徐々に免疫不全に至る。[pharm.or.jp]

治療

  • 基本的に、世界的に広く感染している「HIV-1」に対する治療について主に記述する。「HIV-2」に関しては同じような治療であるがNNRTIは効果が薄い等の違いがある。 「アメリカ合衆国保健福祉省(US DHHS)の治療ガイドライン」における推奨レジメンは以下の通りである。 日本の「HIV感染症治療研究会によるHIV感染症治療の手引き」における推奨レジメンは以下の通りである。 キードラッグ(NNRTI or PI)とバックボーンドラッグ(2-NRTI)から1つずつ選択し併用する。[ja.wikipedia.org]
  • 治療について 3種類以上の抗HIV薬を組み合わせて服用する、多剤併用療法を行います。飲み忘れや不規則な服用によって、薬の効果がみられなくなる恐れがあります。近年、治療の進歩により、より少ない服薬回数での治療が可能になりましたが、生涯にわたって規則正しい服薬が必要なことから、やはり治療の負担は大きい現状があります。 予防・早期発見のために HIVに感染した段階では、症状が現れないことが多く、検査が唯一、確実な感染の確認法です。全国のほとんどの保健所などで無料・匿名で検査を受けることが可能です。[eiken.pref.kanagawa.jp]
  • 6.治療 現在、HIVを完全にとりのぞく治療法はありませんが、HIVの増殖を抑える薬物療法が開発され、エイズの発症を遅らせることが可能になっています。 HIVに感染しても、きちんと予防したり治療を受けることで、以前と変わらない生活を送っている人達がいます。 早期発見、早期治療が大事です。 エイズ予防情報ネット 関連情報 エイズ・性感染症の相談検査[city.miyazaki.miyazaki.jp]
  • 治療法 AIDSでは、エイズ治療薬や種々の感染症に対する治療が主なものになります。 その他の性行為感染症では、それぞれ病気の原因菌やウイルスなどに対応した抗菌薬の投与などが必要となります。医師の診断を受け適切な治療を受ける必要があります。 予防等 コンドームの使用が予防において重要です。[forth.go.jp]

予防

  • 曝露前予防内服(PrEP)は、ゲイ・バイセクシュアル男性において、高い予防効果と安全性が報告されており、怠薬なく毎日の服用を続ける事ができれば、90%以上の予防効果があると考えられている。 なお、曝露前予防内服(PrEP)も曝露後予防内服(PEP)も「ツルバダ (Truvada)」という商品名の抗HIV薬(テノホビル・エムトリシタビン合剤薬剤)を1日一回内服する方法が用いられる。 HIVはHIV感染症ないしAIDSとして知られる連続性を持つ疾患の病原体である。[ja.wikipedia.org]
  • 厚生省告示第二百十七号 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成十年法律第百十四号)第十一条第一項の規定に基づき、後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針を次のように作成したので、同条第二項の規定に基づき、公表する。 平成十一年十月四日 厚生大臣 宮下 創平 後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針 後天性免疫不全症候群や無症状病原体保有の状態(HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染しているが、後天性免疫不全症候群を発症していない状態をいう。)[mars.dti.ne.jp]
  • ※ 過去の特定感染症予防指針(平成24年1月19日)は こちら 関連ファイル 後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針の全部改正について(PDF:120 KB)[acc.ncgm.go.jp]
  • HIVに感染しても、きちんと予防したり治療を受けることで、以前と変わらない生活を送っている人達がいます。 早期発見、早期治療が大事です。 エイズ予防情報ネット 関連情報 エイズ・性感染症の相談検査[city.miyazaki.miyazaki.jp]
  • 詳しい情報は、エイズ予防情報ネットにてご案内しています。 エイズ予防情報ネットへ フリーダイヤル 0120-177-812 エイズ相談・検査 全国の保健所でも検査・相談を行なっています。 各保健所により曜日、時間帯が異なりますので事前に確認してください。 奈良市保健所保健予防課 0742–93–8397 (電話相談・検査予約:平日9:00 17:00)[tezukayama-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!