Edit concept Question Editor Create issue ticket

延髄外側症候群


提示

めまい
  • ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)について 延髄と呼ばれる部位に 発症 する、 脳梗塞 の1種 延髄の外側に血液を送る動脈( 椎骨 動脈や後下小脳動脈)が閉塞することで起こる 感覚障害、めまい、飲み込みの障害などが起こる 感覚障害は顔面と首から下で左右反対側に出るのが特徴 ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)の症状 典型的な症状 病側( 脳梗塞 のあった側)の顔面感覚障害 病側と反対側の体の感覚障害 飲み込みの障害 回転性(ぐるぐるするような)めまい 運動 失調 (手足を伸ばすとその方向が定まらない[medley.life]
  • 障害側と 同側 に 嘔吐 、 悪心 幻暈 ( めまい )、 眼振 これらは 前庭神経核 (聴神経(Ⅷ)感覚核)の障害による。 球麻痺 ( 嚥下障害 、構音障害、 嗄声 ) カーテン徴候 これらは 疑核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害による。 味覚 障害 孤束核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害による。 上下肢の 小脳 症状 下小脳脚 の障害による。 ホルネル症候群 交感神経下行路の障害による。 顔面の温痛覚障害 三叉神経脊髄路核 の障害による。[ja.wikipedia.org]
  • 三叉神経脊髄路 顔面の温痛覚を伝える三叉神経線維は同側の脳幹を下降、 三叉神経脊髄路核 を通ってから交叉し再び上行、大脳皮質の感覚野へ 左側の三叉神経脊髄路核の障害では左側( 同側 )の 顔面の温痛覚障害 が起きる 交叉しないもの 交感神経路 交叉せずそのまま上行 左側の障害では左側( 同側 )の Horner症候群 脊髄小脳路 筋紡錘や腱からの情報(意識できない深部感覚)は、 交叉せず 、同側を通る 左側の障害では左側( 同側 )の 小脳失調 前庭神経(Ⅷ) 左側の障害では左側( 同側 )の眼振・めまい[okotono.net]
構音障害
  • 球麻痺 ( 嚥下障害 、障害、 嗄声 ) カーテン徴候 これらは 疑核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害による。 味覚 障害 孤束核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害による。 上下肢の 小脳 症状 下小脳脚 の障害による。 ホルネル症候群 交感神経下行路の障害による。 顔面の温痛覚障害 三叉神経脊髄路核 の障害による。 -顔面の温痛覚は 三叉神経 から 三叉神経脊髄路 を下り、その後シナプスを介し対側へ入り上行する。[ja.wikipedia.org]
  • 嘔吐、悪心 幻暈(めまい)、眼振 嚥下障害、障害 嗄声 味覚障害 そして、 障害側と同側に小脳症状 、顔面の温痛覚障害、 ホルネル症候群 さらに、 障害側の対側に見られる 、、頸部以下、体幹・上下肢の温痛覚障害です。 ーーーーーーー ワレンベルグ症候群は脳幹の椎骨動脈や後下小脳動脈の梗塞によって引き起こされる神経学的状態です。 症状は嚥下障害、嗄声、めまい、吐き気、嘔吐、急速で不随意な眼の運動(つまり眼振)、そしてバランスおよび歩行の調整の困難が含まれています。[kiyosawa.or.jp]
  • 球麻痺(嚥下障害、障害、嗄声)カーテン徴候;疑核(舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害。 味覚障害;孤束核(舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害。 上下肢の小脳症状;下小脳脚の障害。 ホルネル症候群;交感神経下行路の障害。 顔面の温痛覚障害;三叉神経脊髄路核の障害。 障害側と対側に 頸部以下、体幹・上下肢の温痛覚障害;外側脊髄視床路の障害。 内側を通る錐体路(運動系の経路)や内側毛帯(深部覚の経路)は障害されないことが特徴。[llc-crad.com]
運動失調
  • ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)について 延髄と呼ばれる部位に 発症 する、 脳梗塞 の1種 延髄の外側に血液を送る動脈( 椎骨 動脈や後下小脳動脈)が閉塞することで起こる 感覚障害、めまい、飲み込みの障害などが起こる 感覚障害は顔面と首から下で左右反対側に出るのが特徴 ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)の症状 典型的な症状 病側( 脳梗塞 のあった側)の顔面感覚障害 病側と反対側の体の感覚障害 飲み込みの障害 回転性(ぐるぐるするような)めまい 運動 失調 (手足を伸ばすとその方向が定まらない[medley.life]
  • ワレンベルグ症候群とは、別名、延髄外側症候群(えんずいがいそくしょうこうぐん)と呼ばれ、感覚障害、運動失調( 注11 )が主な症状で、運動マヒにはならないのが特徴です。 血圧の管理を主体に、動脈解離に対する治療を行うこともありますが、確立した治療法はまだありません。 注10 クモ膜下出血 脳動脈のこぶ(脳動脈瘤)の破裂ほかにより、脳の表面を包むクモ膜の下に出血が生じる重篤な病気。 注11 運動失調 筋力低下がないのに、運動、姿勢、身体のバランスが上手にコントロールできない状態。[minds.jcqhc.or.jp]
感覚鈍麻
  • (5) 一般には前駆痛   急性帯状疱疹痛(皮疹随伴時・ 3か月以内・侵害受容性   神経障害性疼痛)   帯状疱疹後神経痛(皮疹消褪後・3か月以降・神経障害性疼痛で60歳以上は50%頻度・疼痛部位には通常異痛症や痛覚過敏や感覚鈍麻が存在)の経過となる。[uchimichi-cl.jp]
嚥下障害
  • 球麻痺 ( 嚥下障害 、構音障害、 嗄声 ) カーテン徴候 これらは 疑核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害による。 味覚 障害 孤束核 (舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害による。 上下肢の 小脳 症状 下小脳脚 の障害による。 ホルネル症候群 交感神経下行路の障害による。 顔面の温痛覚障害 三叉神経脊髄路核 の障害による。 -顔面の温痛覚は 三叉神経 から 三叉神経脊髄路 を下り、その後シナプスを介し対側へ入り上行する。[ja.wikipedia.org]
  • 嘔吐、悪心 幻暈(めまい)、眼振 嚥下障害、構音障害 嗄声 味覚障害 そして、 障害側と同側に小脳症状 、顔面の温痛覚障害、 ホルネル症候群 さらに、 障害側の対側に見られる 、、頸部以下、体幹・上下肢の温痛覚障害です。 ーーーーーーー ワレンベルグ症候群は脳幹の椎骨動脈や後下小脳動脈の梗塞によって引き起こされる神経学的状態です。 症状は嚥下障害、嗄声、めまい、吐き気、嘔吐、急速で不随意な眼の運動(つまり眼振)、そしてバランスおよび歩行の調整の困難が含まれています。[kiyosawa.or.jp]
  • 脊髄小脳路 筋紡錘や腱からの情報(意識できない深部感覚)は、 交叉せず 、同側を通る 左側の障害では左側( 同側 )の 小脳失調 前庭神経(Ⅷ) 左側の障害では左側( 同側 )の眼振・めまい 舌咽神経(Ⅸ)、迷走神経(Ⅹ) 延髄の運動核がやられることを 球麻痺 と呼ぶ 疑核 … 運動神経 成分 咽頭・喉頭の運動 孤束核 … 感覚神経 成分 咽頭・喉頭の感覚、舌の後ろ3分の1の味覚 迷走神経背側核 … 副交感神経 成分 唾液(耳下腺・Ⅸ)の分泌 左側の障害では左側( 同側 )の球麻痺( 嗄声 、 嚥下障害[okotono.net]
  • 球麻痺(嚥下障害、構音障害、嗄声)カーテン徴候;疑核(舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)運動核)の障害。 味覚障害;孤束核(舌咽神経(Ⅸ)・迷走神経(Ⅹ)感覚核)の障害。 上下肢の小脳症状;下小脳脚の障害。 ホルネル症候群;交感神経下行路の障害。 顔面の温痛覚障害;三叉神経脊髄路核の障害。 障害側と対側に 頸部以下、体幹・上下肢の温痛覚障害;外側脊髄視床路の障害。 内側を通る錐体路(運動系の経路)や内側毛帯(深部覚の経路)は障害されないことが特徴。[llc-crad.com]
吐き気
  • (2) 延髄 外側症候群 ( ワレンベルグ症候群 ともいう) めまいと平衡障害,吐き気と嘔吐,嚥下障害と構音障害, 吃逆 ( しゃっくり ) ,ときに複視および病変部位と同側または反対側の不全麻痺,または顔面のしびれや痛み。他覚的には,片側に ホルネル症候群 ( 縮瞳 , 眼瞼下垂 ,同側の眼球陥没) ,顔面半分の 温覚 と 痛覚 の鈍麻,角膜反射の消失, 軟口蓋 と咽頭筋の麻痺,上下肢の半側小脳症状と,病変部位と反対側の頸部以下の温覚と痛覚の鈍麻がある。[kotobank.jp]
眼瞼下垂
  • 前の文献 次の文献 特集 耳鼻咽喉科領域における症候群 Wallenberg症候群 大藤, 大和田 pp.1339-1341 発行日 1967年12月20日 Published Date 1967/12/20 DOI PDF (2173KB) 有料閲覧 文献概要 1ページ目 1895年にWallenbergは後下小脳動脈の閉塞によって同側(半側)の喉頭,口蓋帆麻痺,めまい,眼振,共同運動障害,側突進症,上下肢失調,眼球陥没,仮性眼瞼下垂,顔面半麻痺,躯幹四肢の反対側温痛覚麻痺などの症候を呈することを[webview.isho.jp]
  • 他覚的には,片側に ホルネル症候群 ( 縮瞳 , 眼瞼下垂 ,同側の眼球陥没) ,顔面半分の 温覚 と 痛覚 の鈍麻,角膜反射の消失, 軟口蓋 と咽頭筋の麻痺,上下肢の半側小脳症状と,病変部位と反対側の頸部以下の温覚と痛覚の鈍麻がある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報 Yahoo!辞書 コトバンクは、Yahoo!辞書と技術提携しています。 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。[kotobank.jp]
  • 片側性 血管障害 両側性 MS、梅毒 Locked-in 症候群 橋腹側と延髄の障害 四肢麻痺、無言 意識清明、垂直眼球運動可能 延髄 Horner 症候群 交感神経の麻痺 縮瞳 (瞳孔散瞳麻痺) 眼瞼下垂 (軽度) 眼球陥没 顔面、結膜の血管拡張 発汗障害 Wallenberg 症候群 延髄外側の障害(延髄外側症候群) 嘔吐 嚥下障害 嗄声 Horner症候群 小脳症状 同側顔面温痛覚障害 対側首から下温痛覚障害 Dejerine 症候群 延髄正中部の障害(延髄傍正中症候群) 対側運動麻痺 対側深部感覚[med.akita-u.ac.jp]
  • ホルネル症候群では、散瞳、眼瞼下垂、眼球陥没の三大特徴を認め、その他、顔面の発汗低下と皮膚の赤みを呈するようになります。 より詳しい情報は、 こちら をご覧ください 検査・診断 ワレンベルグ症候群は血管性病変として発症することが多く、このことを確認するためにCT検査やMRI、MRA検査が行われることになります。血管性病変をよりいっそう明確にするため、造影剤を用いた検査を行うこともあります。嚥下機能に障害を受けることもある疾患であるため、嚥下造影検査も行われます。[medicalnote.jp]
複視
  • (2) 延髄 外側症候群 ( ワレンベルグ症候群 ともいう) めまいと平衡障害,吐き気と嘔吐,嚥下障害と構音障害, 吃逆 ( しゃっくり ) ,ときにおよび病変部位と同側または反対側の不全麻痺,または顔面のしびれや痛み。他覚的には,片側に ホルネル症候群 ( 縮瞳 , 眼瞼下垂 ,同側の眼球陥没) ,顔面半分の 温覚 と 痛覚 の鈍麻,角膜反射の消失, 軟口蓋 と咽頭筋の麻痺,上下肢の半側小脳症状と,病変部位と反対側の頸部以下の温覚と痛覚の鈍麻がある。[kotobank.jp]

精密検査

  • (5) 精密検査にはポリソムノグラフィー(脳波・酸素飽和度・呼吸運動・筋電図・眼球運動・胸郭および腹部運動の感知・監視)を施行する(1泊入院)。 慢性硬膜下血腫 (1) 外傷後1 3か月後に発症する。なお意識されない軽微な例も多い。 (2) 硬膜(頭蓋骨内面側)と、くも膜(脳表)との間の硬膜下腔に貯留する。 (3) 中年以降の男性飲酒家に多いが、最近は若年者(スノーボード愛好者等)にも見られる。 (4) 認知症状態・頭痛・片麻痺発症で脳卒中様(急性)経過も多い。[uchimichi-cl.jp]

治療

  • どんな治療法があるか? ワレンベルグ症候群の患者の治療は対症的なものだけである。嚥下が非常に困難な場合には、栄養チューブが必要になる場合がある。 発声や嚥下に対する訓練が有益であるかもしれない。 或る症例では、薬が痛みを軽減または除去するために使用されることがある。慢性の痛みを訴える患者には一部の医師が、抗てんかん薬のガバペンチンが効果的な薬のように見えることを報告している。 予後は?[kiyosawa.or.jp]
  • 画像所見では、病変の広がり、他病変の存在、DWI での信号強度などが鑑別の情報となる ワレンベルグ症候群の治療法 対症療法が主体 ワレンベルグ症候群の予後 梗塞範囲の大きさに依存する。 数週間または数ヶ月以内に症状の軽減を自覚するものもいれば、年余に亘って重篤な神経学的障害が残ることもある。[llc-crad.com]
  • 治療 メニエール病はめまい発作を繰り返すことにより次第に難聴が進行することがあります。そのためメニエール病の治療の目的はめまい発作を制御して内耳障害の進行を防ぐことになります。 保存的治療としては内リンパ水腫を治療するため、利尿剤を使います。急速に難聴が進む場合にはステロイドを使うこともあります。 保存的治療によりめまい発作が抑制されない場合は外科的治療が適応となります。内リンパ水腫を改善するために内リンパ嚢開放術といった手術を行っています。[toku-oto.umin.jp]

疫学

  • ワレンベルグ症候群の疫学 若年に多い(解離が原因であることが多いため) 脳幹梗塞に伴う症候群 medial midbrain syndrome(Weber’ s syndrome) paramedian midbrain syndrome superolateral pontine syndrome medial pontine syndrome(Millard-Gubler syndrome, Gubler syndrome) inferolateral pontine syndrome(Fovi[llc-crad.com]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 後交通動脈の動脈瘤 第3脳神経の虚血(糖尿病で生じるような小血管病による),または中脳における第3脳神経線維束の虚血 頭蓋内腫瘤(例,硬膜下血腫,腫瘍,膿瘍)によるテント切痕ヘルニア 滑車神経(第4脳神経) 上斜筋を介して眼球を内下方へ動かす 麻痺 しばしば特発性 頭部外傷 小血管病による梗塞(例,糖尿病) テント髄膜腫 松果体腫 上斜筋のミオキミア(典型的には主観的な視野のちらつき,眼球の振動,および/または視野の傾きを生じる短時間の眼球運動発作) 血管ループによる滑車神経の絞扼(三叉神経痛の病態生理[msdmanuals.com]

予防

  • する 血栓溶解薬:血栓を溶かす その他:治療に脳保護薬(エダラボン)を使用したという報告もある リハビリテーション 運動方法の習得や転倒予防などのために行う ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)のタグ ワレンベルグ症候群(延髄外側症候群)に関わるからだの部位[medley.life]
  • (3) ビタミンE(野菜・果物)は認知症予防になる報告有り。 (4) コレステロールの酸化予防(動脈硬化予防)になる。 (5) 最近、ブドウの皮・赤ワインに含有のポリフェノール成分レスベラトロールが長寿遺伝子(SIR2遺伝子)発現を介して、抗老化・抗メタボ効果が期待されている。(動物実験では確認) 有酸素運動 (1) 酸素をとりながらじっくりと行う運動 (例:ウォーキング・水泳・サイクリング・ダンス・エアロビクス) 反対語に無酸素運動が有り。[uchimichi-cl.jp]
  • 発見された動脈瘤に対して破裂を予防する処置(手術、コイル治療を含めて)を施行するかどうかは、今後コンセンサスを作って行く必要があります。 出血以外で発症するものでは、動脈硬化による脳梗塞のように発作を繰り返すものは殆どありませんが、発症3週間以内に、動脈瘤の形状が変化したり、そのまま解離を生じた動脈ごと閉塞したりする例が約90%見られるという報告があります( 文献 8 )。[showa-u.ac.jp]
  • そして血圧コントロールや禁煙で、梗塞の再発を予防することも大切です。 10月22日(木) 第2回 患者の訴え「頭が痛い おなかも…」 頭痛、高熱、下痢に悩まされていたにもかかわらず、遊園地に行くという息子との約束を果たそうと無理をした40代の男性。しかし、とうとう倒れてしまう。症状を見ると普通の感染症ではない!患者は東南アジアへの渡航歴がある。潜伏期間から考えると、まさか日本での感染?研修医たちは大混乱。病名を突き止めたと思った途端、患者の病状が…。[www4.nhk.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!