Edit concept Question Editor Create issue ticket

幼年期非小細胞肺癌


提示

頭痛
  • リムパーザを投与された患者さんを対象としたOl ymp iAD試験における主な 副作用 (回答率20%以上のもの)は、吐き気(58%)、貧血(40%)、倦怠感(無力症を含む)(37%)、嘔吐(30%)、好中球減少(27%)、気道感染(27%)、白血球減少(25%)、下痢(21%)、頭痛(20%)でした。投与を中止した患者さんの割合は、リムパーザ投与群で5%、化学療法群で8%でした。 進行乳がんについて 進行/転移乳がんとは ステージ III およびIVの乳がんを指します。[news.nicovideo.jp]
吐き気
  • リムパーザを投与された患者さんを対象としたOl ymp iAD試験における主な 副作用 (回答率20%以上のもの)は、吐き気(58%)、貧血(40%)、倦怠感(無力症を含む)(37%)、嘔吐(30%)、好中球減少(27%)、気道感染(27%)、白血球減少(25%)、下痢(21%)、頭痛(20%)でした。投与を中止した患者さんの割合は、リムパーザ投与群で5%、化学療法群で8%でした。 進行乳がんについて 進行/転移乳がんとは ステージ III およびIVの乳がんを指します。[news.nicovideo.jp]
  • 毒性に関しては,主な毒性としてニボルマブ群で倦怠感,吐き気,食欲低下,ドセタキセル群で好中球減少,倦怠感,脱毛などであり,Grade 3以上の毒性はニボルマブ群で有意に少なかった(10% vs 54%)。一方,ニボルマブ群で肺臓炎,甲状腺機能障害,大腸炎,肝機能障害,皮疹,Ⅰ型糖尿病などの免疫関連の毒性が報告されており,免疫関連の毒性管理には注意が必要である 27) 。[haigan.gr.jp]
  • 主な毒性としてニボルマブ群で倦怠感,吐き気,食欲低下,DTX群で好中球減少,倦怠感,脱毛などであり,Grade3以上の毒性はニボルマブ群で有意に少なかった(10% vs 54%)。一方,ニボルマブ群で肺臓炎,甲状腺機能障害,大腸炎,肝機能障害,皮疹,1型糖尿病などの免疫関連の毒性が報告されており,免疫関連の毒性管理には注意が必要である。ペムブロリズマブはPD-L1 1%を対象として臨床開発が行われているため,PD-L1 1%を対象としたデータはない。[haigan.gr.jp]
  • 主な毒性としてニボルマブ群で倦怠感,吐き気,食欲低下,DTX群で好中球減少,倦怠感,脱毛などであり,Grade 3以上の毒性はニボルマブ群で有意に少なかった(10% vs 54%)。一方,ニボルマブ群で肺臓炎,甲状腺機能障害,大腸炎,肝機能障害,皮疹,Ⅰ型糖尿病などの免疫関連の毒性が報告されており,CheckMate017試験同様,免疫関連の毒性管理には注意が必要である。[haigan.gr.jp]
嘔吐
  • リムパーザを投与された患者さんを対象としたOl ymp iAD試験における主な 副作用 (回答率20%以上のもの)は、吐き気(58%)、貧血(40%)、倦怠感(無力症を含む)(37%)、嘔吐(30%)、好中球減少(27%)、気道感染(27%)、白血球減少(25%)、下痢(21%)、頭痛(20%)でした。投与を中止した患者さんの割合は、リムパーザ投与群で5%、化学療法群で8%でした。 進行乳がんについて 進行/転移乳がんとは ステージ III およびIVの乳がんを指します。[news.nicovideo.jp]
  • 主な毒性は悪心(82%),下痢(75%),嘔吐(65%),倦怠感(47%),肝機能障害(35%)であった。また,クリゾチニブならびにプラチナ併用療法後に増悪したALK遺伝子転座陽性例を対象とした単アームの第Ⅱ相試験において,ORR 38.6%,PFS 5.7カ月の成績が報告されている 25) 。本邦で行われた第Ⅰ相試験においては,クリゾチニブ既治療の9例中5例でPRの効果が得られた 26) 。[haigan.gr.jp]
便秘
  • 主な毒性は,ペムブロリズマブ併用群で嘔気,貧血,倦怠感,便秘などであり,Grade 3以上の毒性はプラチナ製剤群と比較し頻度は同等であった(67.2% vs 65.8%)。ただし,ペムブロリズマブ併用群で急性腎障害が5.2%にみられることに加え,Grade 3以上の免疫関連毒性が8.9%と報告され,そのうち肺臓炎により3例の治療関連死が報告されており,それらの毒性管理には注意が必要である。[haigan.gr.jp]
喀血
  • 現在のところ,扁平上皮癌や空洞を有する症例,大血管への浸潤や隣接を認めるもの,その他喀血・コントロール不能な高血圧,重篤な大血管病変や消化管における活動性出血の既往があるものなどが高リスク群と考えられており 42) ,ベバシズマブは扁平上皮癌に対して行わないよう勧められる。 〈投与期間〉 e.[haigan.gr.jp]
喀血
  • 現在のところ,扁平上皮癌や空洞を有する症例,大血管への浸潤や隣接を認めるもの,その他喀血・コントロール不能な高血圧,重篤な大血管病変や消化管における活動性出血の既往があるものなどが高リスク群と考えられており 42) ,ベバシズマブは扁平上皮癌に対して行わないよう勧められる。 〈投与期間〉 e.[haigan.gr.jp]

治療

  • 標準的ファーストライン化学療法と交差耐性がないと考えられているため,ファーストラインの治療成績も踏まえ,EGFR遺伝子変異のある非小細胞肺癌1次治療EGFR-TKI未使用のPS 3-4の2次治療においてゲフィチニブ単剤の投与を考慮する。しかし,ILDの発症リスクを含め慎重に症例を選択する必要がある。 6-3.非扁平上皮癌,EGFR遺伝子変異陽性 1次治療EGFR-TKI使用の2次治療:PS 0-1 推 奨 進行期非小細胞肺癌の初回治療:PS 0-1で推奨されるレジメンを行うよう勧められる。[haigan.gr.jp]
  • すべての転移乳がんの患者さん(全体の71%) において、転移乳がんに対する化学療法による前治療は多くとも2次治療までであり、 ホルモン 受容体陽性乳がんの患者さんにおいては、 ホルモン 療法が不適切であると考えられる疾患を有していない限り、少なくとも1回の ホルモン 療法(術後補助療法または転移がんに対する治療)を受け、治療中に病勢進行が見られました。[news.nicovideo.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!