Edit concept Question Editor Create issue ticket

幼児の下痢


提示

  • 後で写真を提示しますが、間欠的な腹痛が特徴です。非常に強い腹痛を訴えていて、腸の蠕動(ぜんどう)がその場を去るとケロッとして何もない、そしてまた起こってくるという間欠的な腹痛と、反射的な嘔吐があることと血便を伴っていること、そして生後5カ月を考えるとやはり腸重積症が疑われます。すぐに連れてきてください。 * こんな場合(6) * 生後1カ月と20日の幸子ちゃんが午後2時頃からぐずりだし * ました。熱を測ると38.5 ありました。熱以外に咳や鼻水、嘔 * 吐、下痢はみられません。[www2.kmu.ac.jp]
腹痛
  • 腹痛が、さっきまでと違う、転げ回る 強い反復性のある腹痛、嘔吐、血便などを認めるときには、すぐに病院に連絡を仰ぎましょう。 【こんな時は来院!】 1.嘔吐が止まらない 2.下痢がひどく排尿減少した。 3.活気がなくなった。 4.けいれんを伴った場合 5.どうしていいか、わからなくなった・・・。6.急に転げ回る、反復する強い腹痛 7.血便が出た 8. お薬を飲まない top top 診療時間外の救急対応について 当院は24時間救急を行っています。[oita-min.or.jp]
  • など)が汚染食品であることが多い 幼児や学童に多いアレルギー性紫斑病でも激しい腹痛を認めるが、多くは下肢中心に出血斑(湿疹との鑑別は湿疹部を押さえる 消えれば湿疹、押さえても消えない発疹は出血斑)・紫斑を認める 乳幼児において、食欲がある・元気が良い・腹痛がない・発熱がないなどで2週間以上続く下痢は慢性下痢(長引く下痢)で機能性下痢とも呼ばれ、腸のリズム失調であり、感染性は無いので特に問題視する必要はない 表8 知っておくと便利なポイント(消化器系疾患) そういう突然の発症、しかも腸というのはぜん[glico.co.jp]
  • ・1日10回以上の下痢 ・眼が落ち込んでいたり、舌や皮膚が乾燥している、おしっこの量が少ないなどといった脱水症状がみられる ・便に血液が混じっている ・意識がもうろうとしている、ぐったりしている ・高熱が出ている ・尋常でない強い腹痛があったり、嘔吐(おうと)が繰り返し見られる、お腹が異常に膨らんでいる、触ると痛がる 上に示したような症状を示したら一刻を争う病気である可能性もあるため、場合によっては救急車などの利用も考慮した方がよいでしょう。[benesse.jp]
  • におい・・・・腐ったようなにおい・すっぱいにおい 性状・・・・・赤っぽい・白っぽい、どろ状・水様状 1日の回数 嘔吐・腹痛・熱はありますか 機嫌はどうですか 食欲はありますか 水分は一回量を少なく回数を多くしましょう 下痢がひどい時は固形物を与えない方が良いでしょう 回数が1日5回以内 おしっこが普段と変わりなく出ている 熱もなく機嫌も良い しばらく 様子を みましょう 水分や食事がとれている 回数が多く(1日6回以上)ぐったりしている 病院へ 高熱・嘔吐・強い腹痛がともなっている 便に血が混じっている[kamoto-med.or.jp]
  • 腹痛のケア 子供が訴える腹痛の種類は多く、また必ずしもお腹の異常だけが原因とは限りません。 子供は腹痛をうまく表現する事が出来ず、お腹が痛くても、他の所を指さしたり、逆に「ポンポンが痛い」といっていても、違う場所を痛がっている事もあります。 乳児期の腹痛(0 1歳) 言葉をうまく話せない乳児の腹痛の判断は難しいのですが、次のような症状がある時は、腹痛の可能性もあります。[www5e.biglobe.ne.jp]

精密検査

  • そういうときには髄膜炎の疑いを持って精密検査を始めます。 ( slide No. 9 ) 次に嘔吐の話です。嘔吐にもいろいろな原因があります。回数・量が少ない場合、他に異常がなければ放っておいてもかまいません。 回数と量が多くなると、新生児期で問題になってくるのは生後3週頃から始まる噴水状の嘔吐で、やや特異な嘔吐です。赤ちゃんの顔にどろっとかかるのではなくて文字通り噴水状にほんとうにピューと飛びます。それが起きると肥厚性幽門狭窄症を疑います。[www2.kmu.ac.jp]

治療

  • なかには病気が原因で、早期に治療が必要な下痢もあります。いざというときに適切な対応ができるように、子どもの下痢の原因や受診の目安、ホームケアのポイントを小児科の先生に聞きました。 幼児の下痢の原因は? 胃腸炎などの病気や食物アレルギーなどさまざまな原因が考えられます うんちの状態(やわらかさや色など)、量や回数は個人差が大きいものです。下痢とは、その子の「ふだんのうんち」とくらべて、あきらかにやわらかく、量も回数も多い状態です。[woman.excite.co.jp]
  • 治療】 根本的な治療はありません。脱水の予防が中心の対処療法だけになります。 感染性胃腸炎によい治療の9つの柱 1)脱水の水分補正には経口補液剤(ORS)を用いる。 2)使用ORSは低張液(Na 60mEq/l, ブドウ糖74〜111mEq/l)。 3)ORSによる脱水補正は急速に(3〜4時間)で行う。 4)食事の再開は早く行い、固形食を含む正常食とする。 5)治療乳は不要。 6)希釈乳は不要。 7)母乳栄養児では母乳を続ける。 8)治療中の水分喪失はORSで補正する。[tsudashonika.com]
  • 原因がわからない場合も多い…症状に応じた治療を 腹痛、下痢といったお腹の不調の原因をきたすものはとても多くて原因を特定するのは非常に難しいことが少なくありません。 原因究明よりむしろ重要なのはそれぞれの症状に合わせて治療を行うことです。治療といっても、薬とは限りません。休息をとる、食べ物や飲み物を調整する、脱水を防ぐなどがとても大切です。 お腹を壊した際には、程度が軽ければ自宅などで様子を見ても大丈夫ですが、次のような場合は病院へ行き、適切な診断と治療を受けることが必要になります。[benesse.jp]
  • 治療法 ほぼ100%の子どもが、2歳までに1度はRSウィルスに感染すると言われているほど、感染力が強いです。 ただ、RSウィルスに直接効くお薬はないので、熱やセキなどの症状を和らげる治療をして、病気が治るのを待ちます。 通常は、数日 1週間で治ります。[iwase-kodomo.com]
  • なぜなら、嘔吐や下痢の原因がノロウイルスでも、アデノウイルスでも、ロタウイルスでも、治療方針は変わりませんし、特効薬もないからです。 ウイルス性胃腸炎に限らず、小児科では治療方針を変える可能性が低いと考えられる 検査は、お子さんに負担がかかるので積極的には行いません。 インフルエンザや溶連菌感染症など、検査の結果で治療薬が変わる病気については、 お子さんに負担がかかっても検査することをお勧めします。[hanshink-kodomoqq.jp]

予防

  • 予防するにはどうしたらいいの? ウイルスはとても小さいため、目には見えません。『ウイルスに汚染されたおそれのある場所、物』や『ウイルスを排泄しているかもしれないこと』を想定して感染予防対策を行いましょう。 食品や手指に食中毒をおこす菌やウイルスがいないか、いたとしても食中毒を起こす量まで増えていなければ発生しません。食中毒を予防するために、特に次の3つの基本的な衛生習慣を守りましょう。 予防策は? まず、ウイルスを口に入れないことが重要です。[seiyuukai.or.jp]
  • 「生もの用」と「生もの以外用」で調理器具を分けるのも、感染予防に効果的です。 ・予防接種を受けるという手も? ロタウイルスには、任意ですが予防接種があります。2回または3回に分けて接種するもので、 いずれも1回目の接種を生後6週目から14週目までに済ませる必要があります。 予防接種が推奨されているのは、1型糖尿病や小児麻痺といった先天性の疾患を持っている子供です。予防接種について気になる方は、かかりつけのお医者さんに相談してみると良いでしょう。[eonet.jp]
  • どんなとき病院へ行くか、救急車を呼ぶか 1)けいれんが長く続く(15分以上) 2)何度もけいれんが繰り返す 3)いつものけいれんと違う 特に右と左で手足の動きが違うとき 予防は 抗けいれん剤の坐薬を使う予防法があります。主治医とよく相談してください。 熱性けいれんがあっても予防接種は主治医の判断・指示のもとで受けることが可能です。[myclinic.ne.jp]
  • 現在利用できる2つのロタウイルスワクチンはともに重症ロタウイルス胃腸炎に対する予防効果は先進国において90%、あるいはそれ以上である。 CQ17 :小児急性胃腸炎では、手洗いの徹底、そしてオムツや汚染された衣類の次亜塩素酸消毒剤などによる消毒が感染拡大防止の基本であり最も重要である。 対処法に関しては 「ノロウイルス感染〜予防法と対処法〜」 を参考にしてください。[tsudashonika.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!