Edit concept Question Editor Create issue ticket

尿路出血


提示

排尿痛
  • 症状は、尿道出血(紙に血がつく、下着に点状の出血跡)、頻尿、排尿、性交時の疼痛と出血、性器出血、婦人科診察(内診)で偶然見つかるもの等があります。 外観は、外尿道部から突出する米粒大から大豆大の腫瘤で鮮紅色から暗赤色、表面は、浮腫状・平滑なもの、また2次感染を起こすこともあります。 治療は手術が必要な事があり、また高齢者では悪性腫瘍との鑑別が必要な事もあり専門医の診察を必要とします。 お問い合わせ *****このページは一般的な事例をまとめたものです。[pref.chiba.lg.jp]
  • 排尿 排尿中、排尿後に痛みがある 頻度が多い病気 膀胱炎、尿道炎(淋菌性・クラミジア・それ以外の病原菌)、前立腺炎、膀胱結石 など 膀胱炎などの尿路感染症の場合は、次のような病気で原因で発症している場合がありますので、詳しく診断が必要です。[hiramatsu-uro.com]
  • 上皮内癌の場合は頻尿、排尿、残尿感といった膀胱炎と同様な症状をきたします。 腎盂・尿管癌 最も多いのが肉眼的血尿です。随伴症状を伴わず 突然尿に血が混ざることが特徴です。膀胱炎などでは排尿や頻尿、残尿感などの 症状を伴って血尿がみられますが、これらの随伴症状がなければ 尿路のがんを疑わなければなりません。 腎細胞癌 以前は血尿と疼痛と腫瘤が3大症状とされていました。 しかし最近では症状が無いのに、人間ドックなどで発見 される偶発癌が過半数を占めるようになりました。[med.nihon-u.ac.jp]
尿路出血
  • 既往歴 頭蓋内出血既往 3ヵ月以内の脳梗塞(TIAは含まない) 3ヵ月以内の重篤な頭部脊髄の外傷あるいは手術 21日以内の消化管あるいは尿出血 14日以内の大手術あるいは頭部以外の重篤な外傷 臨床所見 痙攣 くも膜下出血 全身出血の合併(頭蓋内出血・消化管出血・尿出血・後腹膜出血・喀血) 頭蓋内腫瘍 脳動脈瘤 脳動静脈奇形 もやもや病 収縮期血圧(適切な降圧療法後も185mmHg以上) 拡張期血圧(適切な降圧療法後も110mmHg以上) 血液所見 血糖異常(50mg/dl以下、400mg/dl[ims.gr.jp]
  • 保険適応は、全身性および局所性 線溶 亢進が関与すると考えられる出血傾向であり、通常は手術中・術後の全身性・局所異常出血、肺・腎・鼻・性器・尿出血等に止血薬として使用される。血栓性疾患( 脳梗塞 等)では血栓増悪の可能性があり、腎排泄のために腎機能不全症例では慎重投与が必要である。体外循環下手術症例および人工透析症例では痙攣発現の報告があり、投与に際しての注意が必要である。尿出血では血栓形成による尿路閉塞の可能性も指摘されている。[jsth.org]
下肢の浮腫
  • 下肢浮腫を認めない。骨盤部超音波写真を下に示す。膀胱の横径は 120mm、前後径は 90 mmおよび上下径は 130mmである。 この患者にまず行うのはどれか。 a 膀胱穿刺 b 経尿道的カテーテル挿入 c α1遮断薬投与 d 静脈路確保 e 利尿薬投与 正解: b 11. 5歳の女児。繰り返す尿路感染症の精査のため来院した。1歳5か月ころから時々高熱をきたし、近医で尿路感染症の診断で保存的治療を続けている。排尿時膀胱尿道造影(写真)を下に示す。 この症例・疾患で正しいのはどれか。[kyorin-u.ac.jp]
発達遅延
  • その他、目の虹彩が欠けている無虹彩、泌尿器系の形態異常、精神発達遅延など先天の異常や染色体異常をともなうことがあるとのことです。 1-2 血尿を見たら、膀胱がんを疑う?! 膀胱がんは、膀胱壁粘膜の粘膜上皮から発生します。その他筋肉や脂肪組織から発生した悪性腫瘍は、肉腫とされます。膀胱がんの主な症状は血尿です。 膀胱がんも以前のブログ でまとめています。合わせてお読みいただければと思います。 【膀胱がんとは?】 膀胱がんが発見のきっかけは、血尿です。[office-purej.com]
慢性下痢
  • […] a 腎動静脈ろう b 悪性腎硬化症 c 長期臥床 d 尿細管性アシドーシス e 脂肪便を伴う慢性下痢 正解: c d e 6. 頻尿の原因で 誤っている のはどれか。 a 膀胱結核 b 前立腺肥大症 c 間質性膀胱炎 d 過活動膀胱 e 膀胱尿管逆流 正解: e 7. 36歳の男性。6年前モトクロス競技中に転倒し、胸腰椎移行部を骨折し、下半身不随となった。その後、車椅子に乗り、バスケットボールなどの運動をしていた。排尿は用手で可能であった。[kyorin-u.ac.jp]

精密検査

  • その他の場合は精密検査が必要になってくるため、医療機関を受診する必要性が出てきます。 尿の出始めが正常な尿で、徐々に血尿に変化する場合 この場合は、尿の終わりで血が混じっているため、膀胱炎などの膀胱での病変があることがわかります。その他としては、膀胱がんといった腫瘍性病変が考えられるでしょう。どちらの病変も、医療機関への受診が必要です。 浮遊物も多いことからアセスメントするとどうなるか?[kango-oshigoto.jp]
  • また、水腎症があって精密検査した結果、腎盂尿管がんが発見されることもあります。 腎盂尿管がんの検査と診断 目で見て血尿があった場合、出血源を明らかにするために膀胱鏡検査を行い、また、がん細胞の有無を知るために尿細胞診検査、がんの広がりを調べる画像検査などを行います。 【膀胱鏡検査(内視鏡検査)】 膀胱鏡(膀胱の内視鏡)を尿道から膀胱へ挿入します。腎盂尿管がんよりも膀胱がんのほうが発生頻度は高いので、まず膀胱がんを疑って検査をします。[ganchiryo.com]
白血球減少
  • 強い白血球減少に対しては感染を防ぐために白血球増殖因子(血液を産生する骨髄に作用し、白血球を短期間で多くつくらせる薬)を投与します。 3)放射線療法 放射線の有害事象には放射線治療中に生じてくるもの(早期有害事象)と治療終了後数ヶ月以上経過してから生じてくるもの(晩期有害事象)とがあります。残念ながらこれらの障害の出方や強さをあらかじめ予測する方法はいまのところありません。 早期有害事象 は全身的なものと局所的なものがあります。[niigata-cc.jp]
  • 吐き気や食欲不振、脱毛、白血球減少、貧血、などの副作用がありますが、最近の新しいGC療法(ジェムザール シスプラチン)では副作用は格段に軽減しています。 前立腺がん 急カーブで増えています 近年の高齢化社会への突入や生活スタイルの欧米化、診断技術の向上などによって前立腺がんの患者数は急カープを描いて増えており、それに伴って死亡率も急激な伸びを示しています(下図)。私たちの身近な広島県に於いても例外ではありません(下図)。[home.hiroshima-u.ac.jp]

治療

  • 免疫療法についてもっと詳しく見る 陽子線治療 通常のX線の放射線治療ではがん局部の周囲の正常な細胞も傷つけてしまいますが、陽子線治療はがん局部だけを照射して周囲の正常な 細胞が傷つくことをより抑えることができます。また、痛みもほとんどなく、1日15 30分程度のため、身体への負担が少ない治療です。1日1回、週 3 5回行い、合計4 40回程度繰り返します。 陽子線治療についてもっと詳しく見る 重粒子線治療 陽子線治療と比べて、さらにがん局部を集中的に治療が可能となります。[ganchiryo.com]
  • 放射線、抗癌剤を組み合わせた集学的治療が必要です。 現段階での当院の治療方針 (2012,2) 基本の治療方針はまず腎尿管全摘術です。これに術前に抗癌剤、術後に抗癌剤または放射線治療を併用することがあります。術前にリンパ節転移を画像診断にて認めた時は術前抗がん剤治療がお勧めです。 摘出標本の病理診断にて転移を認めるときは、手術、放射線、抗癌剤を組み合わせた集学的治療が必要と思われます。[niigata-cc.jp]
  • 治療法の臨床試験とは、既存の治療法を改良したり、 がん の患者さんのための新しい治療法について情報を集めたりすることを目的とした 調査研究 です。複数の臨床試験で現在の標準治療より新しい治療法のほうが良好であることが明らかになった場合は、その新しい治療法が標準治療となります。患者さんは臨床試験への参加を検討してもよいでしょう。臨床試験の中にはまだ治療を始めていない患者さんのみを対象としているものもあります。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • 治療 [ 編集 ] メスナ は出血性膀胱炎の予防には有効であるが、出血してしまった状態では治療効果はない。放射線治療誘発性出血性膀胱炎の診断例に対しては治療薬はなく、時に死に至る 腎不全 を惹起し得る。 小児の出血性膀胱炎は通常数日で症状が消失する。 出血性膀胱炎の治療の第一段階は、血栓の排出である。膀胱の出口が閉塞すると、尿路性敗血症、膀胱破裂、腎不全が続発し得る。血餅の排出には内腔の広い膀胱カテーテルを用い、水または塩化ナトリウム水溶液で灌流する。[ja.wikipedia.org]
  • 治療 結石の部位、大きさ、症状の有無、などで治療方針は決定されます。結石があるからすべてこれを体内から除去しなければならないと言うわけではありません。腎結石だけに関しても3mm 程度の小さなものから6cm を超える大きな結石まであり、これらを同一の疾患として治療を考えることはできません。治療をするためには、何らかの副作用は必ずありますのでそれを上回る効果の得られるものしか治療の対象にはならないと言うことです。[med.kurume-u.ac.jp]

疫学

  • 4.疫学・統計 2008年における膀胱がんの年齢調整罹患(りかん)率は7.2(男性12.8、女性2.8)で、男性は女性に比べ4倍多いとされています。 年齢調整死亡率は2.1(男性3.6、女性1)となっており、過去10年間の中で大きな変化はありません。年齢別にみた膀胱がんの罹患率は、男女とも60歳以降で増加し、40歳未満の若年では低いです。 罹患率の国際比較では、膀胱がんは欧米白人で高く、日本人を含む東アジア系民族では、本国在住者、アメリカ移民ともに低い傾向があります。[ganjoho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 5.再発予防 尿路結石は繰り返しできやすい病気です。10年間に約60%の方が再発します。したがって、予防がきわめて重要です。予防対策は結石の成分によって多少異なりますので、結石が尿とともに出てきたときには、その結石を拾って病院までお持ちいただき成分の分析をしてもらいましょう。 1) すべての尿路結石に共通した注意点 第一に、水分を多く取り尿の量を増やすことで尿を薄めましょう。結石は尿に溶けている成分が固まりをつくってできるものですので、尿を薄くしておけば出来にくくなります。[jikei-ur.umin.jp]
  • したがって、前立腺肥大症でも自覚症状が軽度であれば、経過観察で様子をみればよいし、予防的に治療をする必要もありません。しかし、前立腺肥大症が進行すると、症状の悪化のみでなく、次のような様々な合併症を引き起こすことがあります。 肉眼的血尿 前立腺肥大のために、尿道粘膜の充血が起こり、前立腺部の尿道粘膜から出血して、血尿が出やすくなります。 尿路感染 排尿障害のために、膀胱内に残尿が残るようになると、尿路感染が起こりやすくなります。[asahikasei-pharma.co.jp]
  • 予防方法は 水分を多めにとる。 尿を我慢していると膀胱内に細菌が繁殖しやすくなるので、なるべく我慢しない。 性行為の後は排尿する。 腰まわりを冷やさないようにする。 排尿・排便後の拭き方に注意し、前から後ろに拭く。 温水洗浄便座は膣内の細菌を尿道に押し込むことがあるので、膀胱炎を繰り返しやすい人は使用を控える。[do-yukai.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!