Edit concept Question Editor Create issue ticket

尿管憩室


提示

肉眼的血尿
  • 血尿 初回にお伝えしたように肉眼血尿と顕微鏡的血尿があります。 肉眼血尿:見た目の色調が赤色、あきらかな血尿だと分かる 眼で見てはっきりと血尿だと分かる 顕微的血尿:見た目の色調は正常尿、顕微鏡レベルでの確認が必要 膀胱がんでは、肉眼血尿が最も多く見られる症状です。言い換えると、肉眼血尿が見られたら膀胱がんを疑い、早めに受診することが大切だということです。ただし、 前回のブログ でお伝えした、尿管結石も肉眼血尿を伴うことも多いとされますが、その際は、激しい腰痛や側腹部痛を伴います。[office-purej.com]
  • ①スペースが狭く限られている ②常に水(尿)があるため、腹部エコーと尿細胞診で侵襲無くスクリーニング検査が容易 ③ポリープの90%はがんである そのため膀胱鏡の適応となる病態として、 ❶持続性かつ難治性の肉眼血尿がある ❷既に他の画像検査で膀胱内に病変(結石や腫瘍など)が証明されている ❸前立腺肥大症の膀胱内への肥大程度を確認する ❹持続性かつ難治性の膀胱炎症状があり、間質性膀胱炎の疑いがある などの場合であり、以上より 本検査は膀胱がん確定診断に不可欠の検査 となります。[tokyo-bayside-cl.jp]
  • 膀胱潰瘍 間歇的肉眼血尿、顕微鏡的血尿の持続、排尿困難、排尿痛、頻尿はみられない、抗生物質、止血剤に反応しない 慢性膀胱炎を経過したものにみられることが多い。 膀胱腫瘍 重度の持続的全血尿(褐色であることが多い) 通常排尿困難、排尿痛はみられない 膀胱へルニア 特に血尿がみられるが消失、その後排尿時間の延長がみられたり、尿失禁を示すなど多彩な臨床を示す。 交通事故に合併症しやすい。 尿道損傷 骨盤骨折に合併しやすい カテーテルによる医原性の場合も多い。[angele-jp.com]

治療

  • このような転移例の場合にも、抗がん剤治療の効果をみて、手術や放射線治療を追加することもあります。 抗がん剤の効果と副作用には個人差があるため、効果と副作用の両方を評価しながら抗がん剤治療を行います。 【化学療法(抗がん剤治療)の副作用について】 治療中の主な副作用は、白血球減少、血小板減少、腎機能障害(腎臓の機能が低下すること)、さらに抗がん剤による吐き気・嘔吐、食欲不振、脱毛などがあります。抗がん剤の副作用を軽減するために、連日、栄養剤や体液維持液の点滴注射が行われます。[ganjoho.jp]
  • 治療 原因となる病気によって治療法も異なります。 尿道ポリープ 尿道カルンクルともいわれ、更年期を過ぎた女性にみられることが多い病気です。尿道出口の6時方向(肛門よりの側)にでき、大きくなると出血したり、すれて痛んだり、尿がでにくくなることがあります。小さなものは症状がないことが多く、その場合は治療は不要です。 診断 内診をして診断します。 治療 出血や痛みがある場合は手術をすることもありますが、内服治療や行動療法(いきむような動作を避ける)で手術をしない場合もあります。[twmu.ac.jp]
  • 治療としては薬物治療、排尿指導、骨盤底筋体操、電気刺激療法などがあります。 混合性尿失禁: 腹圧性と切迫性の両方の症状がある場合です。手術治療と薬物治療の双方を考慮する必要があります。 4.過活動膀胱 最近、マスメデイアによって認知度が上昇している疾患の一つです。[naramed-u.ac.jp]

予防

  • 食事の改善だけではなく、FUSの予防、再発予防にはビタミンCは必須です。 5歳以上の犬猫や体質的に罹りやすい体質の子にはユッカなども食餌にプラスしましょう。 血尿、頻尿など発症症状のあるときには、他のサプリメントも必要となりますので、 ご相談 ください。[angele-jp.com]
  • 勃起不全症、射精障害) クリニックについて 水尾院長ご挨拶 みずおクリニック特色・方針 診療時間・アクセス お知らせ サイトマップ Menu 現在位置: ホーム / 診療案内 / 各種検査 / 尿道造影(UG) 尿道造影(UG) 対応する泌尿器科の主な疾患 尿失禁 前立腺がん 神経因性膀胱 血尿・尿潜血 前立腺肥大症 急性膀胱炎・腎盂腎炎 STD(性感染症) 夜尿症(おねしょ) ED(勃起不全症、射精障害) 膀胱がん 慢性腎不全 尿路結石 対応する内科の主な疾患 生活習慣病 健康診断 インフルエンザ予防注射[mizuo-clinic.com]
  • また、腎機能が悪いために、腎臓の摘出が行えない場合、表在がんの治療や再発予防のためにBCGを使用する場合もありますが、治療効果についての評価は定まっていません。 副作用としては、発熱のほかに、結核菌が血液によって運ばれ、多臓器に結核病変が形成される重症結核症があります。 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!