Edit concept Question Editor Create issue ticket

小腸閉鎖症


精密検査

  • 病変を直接カメラで観察でき、腸管内部の組織を取って、精密検査をすることもできます。 血管造影 造影剤を血管内に注入して血液の流れを見る検査で、腸間膜動脈血栓症を疑うときに おこないます。診断確定すること、血栓を溶かして治療することが目的です。ただし血栓症では、受診時すでに腸管壊死、腹膜炎を起こしていることも多く、 ちょうどよい条件下で検査できる例は少ないと思われます。 MRI 電磁波を使って人体の断面を自由に撮影できる検査です。[min-iren.gr.jp]

治療

  • しかし、多くの病気はきちんと治療すると問題なく成長して行く事が出来ます。 対象年齢 原則として15歳未満の小児を対象としています。同じ病気でも、年齢が15歳を越えた場合は、成人外科での治療となります。ただ、小児外科で一度治療を受けられた方は、その疾患の特殊性から成人期になっても小児外科で治療を継続することが多いです。 年齢区分 胎児 多くの病気が胎児期に診断されています。[med.niigata-u.ac.jp]
  • しかし、術後に抜管できたのは34例(50%)で、約半数は気管切開をおいて呼吸管理をしており、今後の治療法のさらなる工夫に努力しています。 2)小児腫瘍 小児の腫瘍は、成人のがんとは異なり腫瘍摘出・生検などの外科的治療を含めた集学的治療によりその多くは治療可能です。 小児外科で治療する腫瘍は、神経芽腫、肝芽腫、ウィルムス腫瘍、胚細胞性腫瘍(奇形腫)、横紋筋肉腫などが挙げられ、手術件数は年間およそ20件で、全国でも最も多く手術をしている病院のひとつです。[hyogo-kodomo-hosp.com]

予防

  • 予防の基礎知識 突然起こって早期に死へ至りやすいため、普段から予防を心がけることが大切です。 脳梗塞 や 心筋梗塞 と同じように、原因は動脈が詰まることなので、動脈硬化などの血管病や 不整脈 などの心疾患がある高齢者は特に注意が必要です。 まずは、水分を適宜とって、脱水にならないようにすることが大切です。定期的に検診を受け、コレステロールや中性脂肪などをチェックし、動脈硬化の進行を防ぐことも重要です。[saiseikai.or.jp]
  • 一般的な予防法なく 腸閉塞には多様な原因があるため一般的な予防法はありませんが、腹部の手術を受け たことがある人は、単純性イレウスを起こさないよう、消化のよい食事をとる、下剤を使って便通を調整する、整腸効果があるとされる漢方薬(大建中湯)を内 服するなど、医師と相談してください。 しかし、これらの工夫をおこない、十分気をつけていても、起こるときには起きます。過度に神経質にならず生活することも必要です。 元になる疾患により治療後の経過は異なります。全国集計によれば、腸閉塞での死亡率は6・7%です。[min-iren.gr.jp]
  • 小腸腺がんについては根治手術(手術所見で明らかな腫瘍の取り残しがなく切除できた状態)後の再発予防を目的とした術後治療の有効性は確立されていないことから、手術後は追加治療を行わずに慎重に経過観察(手術単独療法)を行うことが一般的です。現在、世界各国で根治手術後の小腸腺がんを対象とした術後化学療法の第III相 臨床試験 が実施されており、日本でも試験が進行中です。 またステージIVや手術後の再発の場合には、全身に腫瘍が及ぶ病態と考え化学療法による全身への治療が行われます。[ncc.go.jp]
  • 気管のチューブを調整してもリスクが解決できない場合には、予防的な外科手術として腕頭動脈離断術を考慮します。ただし、腕頭動脈離断により頭部の血流が乏しくなる可能性があるので、頭部の血管を画像検査でチェックし、手術のメリットとデメリットを十分比較検討して手術適応を決定します。手術は心臓血管外科医と合同で行っています。 診療実績 診療統計 入院患者数850名に対して、814件、日帰り手術患者数227名に対して227例の手術を行った。全手術件数は1041件であった。[hyogo-kodomo-hosp.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!