Edit concept Question Editor Create issue ticket

小脳失調早期発症


治療

  • きちんとした診断が大切 脊髄小脳変性症は、根本的な治療法はありません。しかし、きちんと診断をつけることが必要です。 その理由は第1に、脊髄小脳変性症以外にも、小脳や脊髄が萎縮する病気があり、治療できるものがあるからです。 アルコール、トルエン、抗てんかん薬な どによるもの、 肺がん、卵管がんによるもの、 甲状腺機能低下症、ビタミン欠乏など代謝が原因のもの、 ウイルスが原因のものなどです。 第2に、脊髄小脳変性症といっても、種類によって進行の度合いや治療の見通しが大きく変わります。[min-iren.gr.jp]
  • 脊髄小脳変性症におけるリハビリ治療―あらゆる薬物治療よりも効果がある 薬物で脊髄小脳変性症の症状を治療するには限界があるため、並行してリハビリテーションを行うことが非常に重要です。 実際に、リハビリテーションを継続している方としていない方では、継続している方のほうが運動失調の程度が軽減されることが知られています。 また、筋力をつけることも重要なポイントといえます。これは筋力トレーニングで賄えますから、リハビリテーションの中でも比較的単純な治療といえます。[medicalnote.jp]

病態生理

  • 2019年度 A-T研究助成金公募のお知らせ 毛細血管拡張性運動失調症(A-T)病態生理・治療法開発に関する研究を行う研究者の方へ、助成金を交付致します。詳細はバナーまたは こちら をクリックしてください。 「毛細血管拡張性運動失調症プロジェクト」とは 毛細血管拡張性運動失調症(A-T)の臨床研究に携わる大学・団体への研究助成を通じて、医学の進歩発展に寄与するとともに、この病気に苦しむ人々やご家族と支え合い勇気づけ合うことを目的としたプロジェクトを行っています。[double-rainbow.jp]

予防

  • 脳血管障害の再発防止と転倒・肺炎等の予防に努めながらリハビリテーションに取り組むことができれば、機能の回復と維持が可能です。 そのためにも、血圧や血糖などをコントロールするなど医療との継続的なかかわりが必要なほか、麻痺や失語症など幅広い症状が併発するため、理学療法士、言語聴覚士など、多様なリハビリテーション職の支援も多く必要になります。 薬 脳血管障害再発予防のため、高血圧薬や脳血流改善薬などを継続して服薬することになります。[kaigo.homes.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!