Edit concept Question Editor Create issue ticket

小児期のカルチノイド腫瘍


提示

  • 多田 正大/藤盛 孝博/五十嵐 正広 【ISBN】 978-4-88875-191-9 【本体価格】 8,800円 【刊行年月】 2007年 01月 【版組】 B5判 【ページ数】 240ページ 【在庫】 なし 全文公開 大腸疾患NOW 2007 全文公開 2006年は大腸疾患に関する研究の当たり年と言ってよい.癌に関する内容の大多数が大腸癌研究会のプロジェクト研究,研究会時のアンケート調査の成果に基づいた報告なので,オリジナリティーが高く,しかも多数例の分析から得られた臨床的に大変有用なデータが提示[nmckk.jp]
  • スクリーニング 《証拠の概要》 [連続表示] 《意義》 《罹患率,死亡率および危険因子》 [連続表示] 《有益性の証拠》 《スクリーニングの理論的根拠》 [連続表示] 《α-フェトプロテイン(AFP)》 [連続表示] 《肝臓の超音波》 [連続表示] 《コンピュータ断層撮影法》 [連続表示] 《スクリーニング(検診)と監視プログラムの効果》 [連続表示] 膀胱癌のスクリーニング 《証拠の概要》 [連続表示] 《意義》 《発生率と死亡率》 [連続表示] 《危険因子》 [連続表示] 《遺伝》 [連続表示] 《臨床提示[mcl-corp.jp]
血尿
  • 》 [連続表示] 《単回血尿検査》 [連続表示] 《反復血尿検査》 [連続表示] 《特別な集団》 [連続表示] 食道癌のスクリーニング 《証拠の概要》 [連続表示] 《便益》 [連続表示] 《害悪》 [連続表示] 《意義》 《自然史,罹患率と死亡率》 [連続表示] 《危険因子》 [連続表示] 《便益の証拠》 《扁平上皮癌》 [連続表示] 《食道の腺癌》 [連続表示] 《有害性の証拠》 [連続表示] 腫瘍学国際文献引用集【 目次 】 [ ] 【 目次 】予防 子宮頸癌の予防 《証拠の概要》 [連続表示[mcl-corp.jp]
関節炎
  • 3.炎症等の良性疾患への集積 FDGは炎症で糖の利用亢進(免疫担当細胞、顆粒球、マクロファージが解糖系をエネ ルギーとしているため)と血流の増加・拡散のため、集積します(脳炎、副鼻腔炎、上咽 頭炎、扁桃腺炎、歯周囲炎、橋本病、肺炎、結核、逆流性食道炎、乳腺症、心膜炎、急 性胃炎、憩室炎、肝炎、膵炎、胆嚢炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、脂肪織炎、関節 、骨髄炎、サルコイドーシス、皮膚移植片対宿主病など)。[med.osaka-cu.ac.jp]
皮膚病変
  • Kakoら の報告によると41例のNK/T細胞リンパ腫のうち皮膚に限局した病変を有する5例につ いてはFDG-PETはこの皮膚病変を検出できなかったと報告しております。また41例中 病理学的にリンパ腫と診断された14例中7例については皮膚病変(紅斑状病変)は検出 されず、検出された7例はいずれも腫瘤病変であったと報告しました( Ref )。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • ポイント 7 遺伝カウンセリング (1) 総合的遺伝医療の立場から (2) 小児科の立場から 第3章 主要症候,病態からの鑑別診断 1 意識障害 2 視力障害 3 筋力低下 4 過食 5 低血圧 6 高血圧 7 低ナトリウム血症 8 低カリウム血症 9 高カルシウム血症 10 低カルシウム血症 11 低リン血症 12 高リン血症 13 浮腫 14 口渇,多飲,多尿 15 多汗症 16 乳汁分泌 17 低身長 18 肥満 19 食欲不振 20 体重減少 21 低血糖 22 脱毛 23 多毛症 24 皮膚病変[shindan.co.jp]
  • MEN1に伴う非内分泌腫瘍 以下の 皮膚病変 が含まれる[Darlingら1997,Thakkerら2012]. 血管と結合組織で構成される良性腫瘍である顔面血管線維腫は罹患者の約85%に認められる[Thakkerら2012].これらは消退しないざ瘡様丘疹からなり,口唇縁に沿って広がる.[grj.umin.jp]
発熱
  • 39人のプラセボ投与群のうちSEGAの効果を認めた患者はいませんでした(0%,5% CI:0,9 p ランダム化試験中に、エベロリムス錠投与群に最も多かった有害事象(出現率20%以上)は、口内炎、呼吸器感染症、発熱、嘔吐、発疹、不安感や攻撃性などを含む行動障害です。最も多かったグレード3 4の有害事象(出現率2%以上)は、口内炎、発熱、肺炎、胃腸炎、攻撃性、興奮、無月経でした。[cancerit.jp]
  • 主な副作用は、悪心、頭痛、ガンマグルタミントランスファーゼ値上昇、うつ病、鼓腸、食欲不振、発熱など。便秘を起こす可能性があり、特に便通が1日4回未満の患者の場合、便秘を悪化させる恐れがある。 同剤は、米バイオベンチャーLexicon Pharmaceuticals社(本社:テキサス州ウッドランド)が販売する。 Lexicon社のLonnel Coats社長兼CEOは、「我々は、この画期的な希少疾病薬を発見し、開発したことを誇りに思っている。[mixonline.jp]
  • 高齢男性の膵頭部や体部に… 続きを読む 溶連菌性咽頭炎 (2018.07.02更新) A群β溶連菌により惹起される溶連菌性咽頭炎は多くの細菌感染症の特徴でもある比較的突然の発熱で発症しますが、小児では咽頭痛は必発の症状ではなく腹痛を訴えることも少なくありません。[ohashinaika.jp]
  • 胸部の痛みや圧迫感 せき、喘鳴、呼吸困難、肺炎による発熱などの呼吸器症状 上大静脈の圧迫による症状(上大静脈症候群):上半身のチアノーゼ、むくみ、呼吸困難、頭痛など 末梢神経の圧迫による症状:嗄声(声枯れ)、むせ込み、呼吸困難、しゃっくり、まぶたが開きにくくなるなどの目の症状、発汗異常など 脊髄の圧迫による症状:手足の麻痺や感覚の異常など 食道の圧迫による症状:食べたものが胸でつかえるなど 一般に、悪性病変は良性病変よりも症状を呈する傾向がはるかに高いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
  • [ 1 ] IFN-αでは、カルチノイドの治療について研究されている他の インターフェロン (例、IFN-γおよびヒト白血球 インターフェロン )と同様に、脱毛、食欲不振、疲労、体重減少、発熱、インフルエンザ様症候群、骨髄抑制など、かなりの有害作用が生じる;しかしながら、IFN-αはソマトスタチンアナログよりも高い抗腫瘍活性を示すことがある。[cancerinfo.tri-kobe.org]
錯乱
  • [ 1 ] カルチノイドクリーゼは重度の紅潮、極度な血圧変動、気管支収縮、リズム障害、および数時間 数日間持続する錯乱または昏迷によって現われ、麻酔導入または侵襲的放射線手技によって引き起こされることがある。 [ 18 ] [ 31 ] この潜在的に致死性の病態は、腫瘍塊への処置(ベッドサイドでの触診を含む)、化学療法の実施、または肝動脈塞栓後に起こる場合がある。[cancerinfo.tri-kobe.org]
動悸
  • ともっとも多く,虫垂は8 11%である 4 ) 5 ) .虫垂腫瘍の中での虫垂カルチノイドの頻度は32 85%で,切除虫垂の0.02 1.5%,剖検例の0.009 0.17%とされる 4 ) 6 ) 7 ) .虫垂の神経内分泌細胞は成長とともに増加し30歳代をピークに漸減していくので,虫垂カルチノイドは新生児・乳児期を除く全年齢で発症し,好発年齢は30 40歳前後となる 8 ) .性別はやや女性に多く発生すると報告されている 3 ) .虫垂カルチノイドの臨床症状として特異的なものはなく,顔面紅潮,動悸[jstage.jst.go.jp]
  • カウンセリング (1) 総合的遺伝医療の立場から (2) 小児科の立場から 第3章 主要症候,病態からの鑑別診断 1 意識障害 2 視力障害 3 筋力低下 4 過食 5 低血圧 6 高血圧 7 低ナトリウム血症 8 低カリウム血症 9 高カルシウム血症 10 低カルシウム血症 11 低リン血症 12 高リン血症 13 浮腫 14 口渇,多飲,多尿 15 多汗症 16 乳汁分泌 17 低身長 18 肥満 19 食欲不振 20 体重減少 21 低血糖 22 脱毛 23 多毛症 24 皮膚病変 25 動悸[shindan.co.jp]
チアノーゼ
  • 胸部の痛みや圧迫感 せき、喘鳴、呼吸困難、肺炎による発熱などの呼吸器症状 上大静脈の圧迫による症状(上大静脈症候群):上半身のチアノーゼ、むくみ、呼吸困難、頭痛など 末梢神経の圧迫による症状:嗄声(声枯れ)、むせ込み、呼吸困難、しゃっくり、まぶたが開きにくくなるなどの目の症状、発汗異常など 脊髄の圧迫による症状:手足の麻痺や感覚の異常など 食道の圧迫による症状:食べたものが胸でつかえるなど 一般に、悪性病変は良性病変よりも症状を呈する傾向がはるかに高いです。[kompas.hosp.keio.ac.jp]
下痢
  • また、重症の下痢に悩む患者に通常の生活ができるようにこの薬剤を届けることができることを光栄に思っている」と話した。 FDA医薬品評価研究センター(CDER)のJulie Beitz医薬品評価第3部長は、「本日の承認は、カルチノイド症候群に伴う下痢を十分に管理できない患者に新たな治療選択肢を提供する」と同剤の登場を歓迎した。 カルチノイド症候群は、カルチノイド(神経内分泌)腫瘍の患者にしばしばみられる、皮膚の紅潮、喘鳴、下痢など一連の症候を指す。[mixonline.jp]
  • 下痢は,コデイン(15mg,4 6時間毎に経口),アヘンチンキ(0.6mL,6時間毎に経口),ロペラミド(4mgを負荷量として,下痢の度に2mg,最大16mg/日を経口),ジフェノキシレート(5mg,1日4回経口),またはシプロヘプタジン(4 8mg,6時間毎に経口)などの末梢セロトニン拮抗薬でもコントロールできる。 食物中のトリプトファンが腫瘍によってセロトニンに変換されるため,ペラグラを予防するためにナイアシンおよび十分なタンパク摂取が必要である。[msdmanuals.com]
  • カルチノイド症候群の人では紅潮が起きるほか、下痢を起こすこともあります。 尿中のセロトニン副産物の量が測定されます。 腫瘍の位置を特定するには、画像検査が必要です。 腫瘍を手術で摘出する場合があります。 薬による症状の管理が必要になる場合もあります。 カルチノイド腫瘍は通常、ホルモンを分泌する小腸の細胞や消化管のその他の部分から発生します。膵臓(すいぞう)や肺、またはまれに精巣や卵巣にも発生します。[msdmanuals.com]
腹痛
  • 高齢男性の膵頭部や体部に… 続きを読む 溶連菌性咽頭炎 (2018.07.02更新) A群β溶連菌により惹起される溶連菌性咽頭炎は多くの細菌感染症の特徴でもある比較的突然の発熱で発症しますが、小児では咽頭痛は必発の症状ではなく腹痛を訴えることも少なくありません。[ohashinaika.jp]
  • 腹痛。 多発性かつ再発性の消化性潰瘍による出血。 胃酸の産生過剰を原因とする胃食道逆流症。 高ガストリン血症による下痢。 最も一般的な症状は腹痛である;腹痛と下痢の合併は約50%の患者にみられる。通常は病変が孤立性の散発性ガストリノーマとは対照的に、MEN1-ZES患者におけるガストリノーマは通常は多発性で5mm未満である。 [ 5 ] ソマトスタチン産生D細胞腫瘍はファーター膨大部内および周辺領域にのみ発生し、D細胞カルチノイド患者の実に50%がNF1である。[cancerinfo.tri-kobe.org]
  • よくみられたグレード3‐4の有害事象は、感染症、呼吸困難、疲労、口内炎、脱水、肺炎、腹痛、無力症でした( 3%)。よくみられた検査所見異常は、貧血、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、高血糖、リンパ球減少、クレアチニン増加でした( 50%)。よくみられたグレード3‐4の検査所見異常は、リンパ球減少、高血糖、貧血、低リン酸血症、高コレステロール血症でした( 3%)。[cancerit.jp]
  • 例えば、食欲不振、全身倦怠感、浮腫(むくみ)、腹部膨満感、尿の濃染、黄疸(おうだん)、吐下血、突然の腹痛、貧血症状(立ちくらみやめまいなど)などが挙げられます。ですが、黄疸や腹水というのは末期に近い症状で、これらが出た時には、肝硬変あるいは肝細胞がんがかなり進行した段階にある可能性が高いのです。治療を受けて治るような状態で発見されるような肝細胞がんには、特に自覚症状はありません(図 I -10) 。 5) 肝臓がんの検査方法 では、どのようにして、肝細胞がんに注意しておくべきなのでしょうか。[kyumed.jp]

精密検査

肝細胞癌
  • 》 《治療法の選択肢》 [連続表示] 《病期IIIの小児肝癌》 《術後病期IIIと術前病期PRETEXT病期4の肝芽細胞腫》 《標準治療法の選択肢》 [連続表示] 《臨床評価段階にある治療法の選択肢》 [連続表示] 《病期IIIの細胞》 [連続表示] 《病期IV の小児肝癌》 《病期IVの肝芽細胞腫》 [連続表示] 《標準治療法の選択肢》 [連続表示] 《臨床評価段階にある治療法の選択肢》 [連続表示] 《代替療法》 [連続表示] 《病期IVの細胞》 [連続表示] 《再発小児肝癌》 《再発肝芽細胞腫[mcl-corp.jp]

治療

  • 治療により改善しなかった腫瘍かどうか。 治療選択肢の概要 消化管カルチノイドの患者さんには様々な治療法が存在します。 消化管カルチノイドの患者さんには様々な治療法があります。その中には 標準治療 (現在使用されている治療法)もあれば、 臨床試験 において検証中のものもあります。治療法の臨床試験とは、既存の治療法を改良したり、 がん の患者さんのための新しい治療法について情報を集めたりすることを目的とした 調査研究 です。[cancerinfo.tri-kobe.org]

疫学

  • 産生腫瘍 7 カルチノイド症候群 8 ホルモン受容体異常症 9 下垂体関連遺伝子疾患 10 副腎関連遺伝性疾患 11 下垂体腺腫 12 副腎腫瘍における体細胞変異 第12章 肥満症 1 摂食,エネルギー代謝の基礎知識 2 脂肪細胞の基礎知識 3 肥満症―総論 4 二次性肥満症(内分泌性,薬剤など) 5 遺伝性肥満症 6 メタボリックシンドローム 7 非アルコール性脂肪肝炎 8 肥満症の治療 9 肥満外科 第13章 糖尿病 1 糖代謝―総論 2 糖尿病医療学 3 糖尿病の分類と成因―概略 4 糖尿病の疫学[shindan.co.jp]
  • 一部の疫学研究および臨床研究では、カルチノイドと低分化神経内分泌がんなど、他のNETに関するデータが集約されているため、別個に検討することが困難になっている。14を超える細胞型が消化管の至るところに非ランダムに発生し、それらが異なるホルモンを産生する。 [ 7 ] (詳しい情報については、本要約の 消化管カルチノイドの細胞分類および病理学的分類 のセクションを参照のこと。)[cancerinfo.tri-kobe.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 》 [連続表示] 《カドミウム暴露》 [連続表示] 《ダイオキシン暴露》 [連続表示] 《予防の見込み》 《ホルモンによる予防》 [連続表示] 《果物,野菜および低脂肪食による予防》 [連続表示] 《化学的予防》 [連続表示] 《ビタミンE (α-トコフェロール)による化学的予防》 [連続表示] 《セレンによる化学的予防》 [連続表示] 《リコペンによる化学的予防》 [連続表示] 口腔癌の予防 《証拠の概要》 [連続表示] 《喫煙》 [連続表示] 《飲酒》 [連続表示] 《食物因子》 [連続表示][mcl-corp.jp]
  • 最初に発症する病変の予防 生殖細胞系列の RET 病的変異が同定された患者に対して最初に行うべき予防的治療法は、予防的甲状腺全摘術である[Cohen & Moley 2003、米国甲状腺学会ガイドライン作業部会2009]。 予防的甲状腺全摘術はすべての年齢層において安全な方法であるが、手術の時期については議論がある[Moleyら1998]。[grj.umin.jp]
  • 晩期合併症と長期フォローアップの問題点 (1) 盛田大介・小岩井慶一郎(信州大学) 晩期合併症と長期フォローアップの問題点 (2) 盛田大介・宮本強・小岩慶一郎・岡賢二(信州大学) 小児・AYA世代のがん患者・家族に対する支援(1) e-learningクラウド代替講義 小児・AYA世代のがん患者・家族に対する支援(2) e-learningクラウド代替講義 オンコロジーセミナー等に参加 各大学持ち回りで開催 ライフステージに応じたがん医療特論 【e-Learning】 ライフステージに応じたがん予防[kanazawa-med.ac.jp]
  • 新しい治療法および予防は現在、臨床試験で有効性を検証中です。 このまとめのセクションでは、現在臨床試験を行っている治療法について触れますが、最新の臨床試験をすべて網羅できていない可能性があります。実施されている臨床試験についての情報はインターネットで NCI Web site にアクセスすれば、入手できます。 化学予防 化学予防は、薬剤、ビタミン剤、その他の物質を用いて、がんが発生するリスク、またはがんが再発する(再び生じる)リスクを軽減する方法です。[imic.or.jp]
  • フェントラミン( α 遮断薬)5 15mg静注は,実験的に誘発される紅潮を予防した。コルチコステロイド(例,プレドニゾン5mg,6時間毎に経口)は,気管支カルチノイドが原因の重度紅潮に有用な場合がある。[msdmanuals.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!