Edit concept Question Editor Create issue ticket

対麻痺


提示

尿閉
  • 排尿機能の問診も重要であり、尿が疑われるときは、膀胱過伸展による後遺症を起こさないために、膀胱超音波検査and/or膀胱カテーテル検査を行う。  対麻痺を認める場合、1) 3)に追加し 、 診察の結果フォーカスを絞った部位の4) 6)を追加する。その後上述の記述に従い鑑別疾患に基づき7) 2 8 )を追加する。特に炎症性・感染性疾患を疑う場合は 1 9 ) 21 )を追加する。[clinicalsup.jp]
発熱
  • 発熱および限局性炎症 術後ほとんどの患者さんで、ステントグラフト留置部位に炎症がおこり、発熱します。3 5日程度で軽快します。 ステントグラフト内挿術後に必要なこと ステントグラフト内挿術を受けた後は定期的に検査を受け、瘤が大きくなっていないか、大動脈瘤内への血液の流入(エンドリーク)がないか、ステントグラフトの移動・閉塞・破損などが生じていないかをCTスキャンやエックス線写真撮影 エコー検査により観察します。 退院後、医師の指示に従って以下の時期に定期検査を受ける必要があります。[kyoto-u-cardio.jp]
  • 対象としている症例 下肢痙縮に伴う尖足 痙性斜頸 過緊張状態で、日常生活に支障をきたしている場合(不眠・発汗・発熱・痛みなど) その他 局所の筋肉の収縮を抑える必要性がある場合 副作用 下肢への治療: 痛みや脱力が2%程度で報告されています。 頸部への治療: 飲み込みにくい、唾液がふえる、吸引が頻回となることがあります。2週間以内に改善していきます。 効果持続は3-4カ月といわれます。効果が1-2カ月でピークとなり、徐々に低下していきます。[kcmc.jp]
歩くことができない
  • 拘縮ともいうらしいですが、その違いについては今の時点に於いて私には分かりません)が強くなり、膝を曲げないで歩くようになる。つまり竹馬の様な歩き方になります。 (c)内反足状態になる(両足がカニ挟み状態になり開脚ができなくなります)。 (d)上記(a) (c)が重複し、症状が酷くなると杖若しくは車椅子を使って移動することになります。 痙性対麻痺の患者にとって、リハビリは大変重要で進行を遅らせたり、進行によって生じた障害を改善することができます(私の場合です)。[mixi.jp]
  • 歩行障害の特徴としては、少し歩いただけで足がしびれてきて歩けなくなるが、休むとまた歩けるようになると訴える患者さんが多いようです(間歇跛行)。 脊椎脊髄外科 譲原雅人、久保田基夫 Copyright (C) 2006 Kameda Medical Center. All Rights Reserved 脊椎脊髄外科診療内容[kameda.com]
  • 内腸骨動脈を閉塞した場合に、殿筋(おしりの筋肉)への血流が低下し、跛行(歩くとおしりがだるくなる症状)が出現することがあります。通常1 3ヶ月の経過で改善します。 性機能障害 男性では内腸骨動脈(骨盤内を栄養する血管)を閉塞した場合に、骨盤内臓器の血流が低下し、性機能障害が出現することがあります。[kyoto-u-cardio.jp]
自律神経障害
  • 現在、失調症状、自律神経障害などに対して様々な対症療法が可能です。重度の痙縮に対しては経口抗痙縮薬や、経口抗痙縮薬の効果が不十分な場合や眠気などの副作用が出現して困る場合のITB療法もその治療の一つです。 筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 及び原発性側索硬化症 (PLS) 病因 大脳、脊髄、末梢神経のうち特に運動神経が徐々に脱落する神経変性疾患です。原因としては、グルタミン酸および酸化ストレスによる神経細胞傷害やTDP-43あるいはFUSといわれる蛋白が発症の原因と考えられています。[itb-dsc.info]
  • 小径線維優位型AδおよびC線維の表在感覚や自律神経障害が目立ち、痛みを伴うことが多い。これは アミロイドーシス や一部の糖尿病で見られている。痛みのメカニズムは内部リンク 疼痛 に詳しい。 後根神経節 に病変があると考えられる場合は シェーグレン症候群 や 傍腫瘍症候群 (PNS)を考える。後根神経節の障害では経過が長くともaxonal aproutingが認められないのが特徴である。 entrap syndorome 手根管症候群や胸郭出口症候群である。[ja.wikipedia.org]
錐体路徴候
  • 痙縮は筋緊張の亢進(受動的に動かしたときに正常よりも抵抗が大きい状態)であり、 錐体路障害 によって現れる症状であるので、他の 徴候 も伴っている。 上位運動ニューロン 障害である。後述のように対麻痺の原因疾患は脊髄障害が多いので、 脊髄 前角 細胞よりも中枢の障害である上位運動ニューロン障害となりやすく、そのため対麻痺の多くは痙性対麻痺となる。[ja.wikipedia.org]
知覚障害
  • 円錐上部症候群(L4〜S2) 円錐症候群(S3〜) 馬尾症候群 自発痛 知覚障害 下肢 会陰部 会陰部、下肢 運動障害 下肢(下垂足、筋萎縮、線維束攣縮) - 下肢(下垂足、筋萎縮) 深部腱反射 膝蓋腱反射(-)〜( )、アキレス腱反射(-)〜( ) 膝蓋腱反射( )、アキレス腱反射( ) 膝蓋腱反射(-)、アキレス腱反射(-) 病的反射 バビンスキー反射( ) バビンスキー反射(-) バビンスキー反射(-) 表在反射 肛門反射(-) 肛門反射(-) 膀胱直腸障害 間欠性跛行 - - 神経根症 [[ja.wikipedia.org]
痙性麻痺
  • 階段を下るとき辛いというのは下肢の麻痺や運動失調を強く疑うエピソードである。上りが辛いという場合は筋力低下は疑えるものの診断学的価値はかなり低い情報となってしまう。怒責や咳、くしゃみによって 放散痛 が生じることも脊髄病変では特徴的である。脊髄病変を起こしやすい職業歴として柔道、ラグビー、レスリングの選手やタクシーの運転手が多いということも念頭に置くべきである。 多発神経炎 脊髄病変を疑えるエピソードがない場合は 多発神経炎 (ポリニューロパチー)を考える。[ja.wikipedia.org]
便秘
  • 症状 歩行のふらつきや手足の震えなどの小脳失調症状、立ちくらみや便秘などの自律神経症状に加えて、特に遺伝性痙性対麻痺や一部の遺伝性脊髄小脳変性症では手足の突っ張りなどの痙縮症状が出現して歩行障害の原因となります。 患者数 10万人に5-10人程度に発症すると言われていますが、本邦では3万人以上が特定疾患医療受給者として登録されています。そのうち、強い痙縮が見られるのは遺伝性痙縮対麻痺、および一部の遺伝性脊髄小脳変性症が中心です。[itb-dsc.info]

治療

  • 治療法 [ 編集 ] 原因疾患に応じた治療法が行われる。各疾患の項目を参照されたい。対症療法として(亜急性連合性脊髄変性症の場合は根本治療であるが) ビタミンB12 錠剤の投与も有効である。慢性の経過をたどる疾患に伴う対麻痺の場合は、 リハビリテーション を実施するとともに、歩行の補助・リハビリを目的として長下肢装具、あるいは短下肢装具が用いられることがある。 関連項目 [ 編集 ] 片麻痺 四肢麻痺 両麻痺 単麻痺 痺れ (しびれ) 圧迫性脊髄麻痺 脊髄腫瘍 動脈瘤 装具 下肢装具[ja.wikipedia.org]
  • 鑑別疾患: (鑑別疾患のリスト: ) 下記の疾患が頻度が高い疾患、重篤な疾患、まれな治療可能な疾患である。 頻度の高い疾患: 詳細情報 頚椎症・頚椎椎間板ヘルニア、感染性ないし炎症性脊髄炎・多発性硬化症 重篤な疾患: 詳細情報 脊椎外傷、後縦靱帯骨化症(OPLL)、脊髄梗塞・脊髄出血、脊髄硬膜外出血、視神経脊髄炎 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。症状・病態に応じて適宜変更してください。 ポイント: 脊髄病変の原因は外科的・内科的に多岐にわたる。[clinicalsup.jp]
  • ステントグラフト内挿術の合併症 ステントグラフトを用いた治療ではカテーテルを使用する一般的な血管内治療で起こる可能性のある不具合・有害事象に加えて、この治療に特有な不具合・有害事象が起こる可能性があります。また、不具合が発生した場合、手術中や手術後に追加の治療が必要になり、緊急で開腹外科手術が必要となる場合もあります。 動脈瘤の術中破裂・死亡・開腹手術への移行 患者さんによっては動脈瘤の壁が非常にもろい場合があり、カテーテル操作によって動脈瘤の壁が傷つき、動脈瘤が破裂するおそれがあります。[kyoto-u-cardio.jp]

予防

  • また、再発を予防する目的でインターフェロンの自己注射や免疫抑制剤の内服を行います。痛み、しびれ感、排尿障害などの後遺症に対しては対症療法を行います。 免疫療法によって症状の改善、治癒が望める疾患ですのでが、十分な免疫療法を行っても重度の痙縮が残存する場合、あるいは治療効果の乏しい進行型の場合は痙縮を軽減する目的でITB療法が用いられます。 注意点としては、症状が変動する場合があること、投与量が多いとかえって筋力低下が強く出現する可能性などがあり、定期的な投与量の調整が必要となります 。[itb-dsc.info]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!