Edit concept Question Editor Create issue ticket

家族性高アルドステロン症 2型


提示

疲労
  • このページのトップへ 甲状腺機能低下症(特に慢性甲状腺炎(橋本病)) 主な症状 全身倦怠感(体がだるい、しんどい)、易疲労感(疲れやすい)、体重増加、むくみ(特に目の周囲や下肢など)、便秘、脱毛など。慢性甲状腺炎では自覚症状がないことも多く、甲状腺腫大(甲状腺が大きくはれる)のみの場合もあれば、肩こり、頭痛、めまい、ほてりなどの不定愁訴がでることもあります。 解説 まず甲状腺とは、首の前方下部の皮下に気管を全面から囲むように存在し、人体に必須のホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌している臓器です。[kanden-hsp.jp]
  • 一部の例では、易疲労性が認められ、後に慢性的な筋力低下が起きることがある。 hyperPPおよび低カリウム性周期性四肢麻痺(HOPKPP)の両者が別の遺伝子( KCNE3 )の変異、あるKチャネルのベータサブユニット(MiRP2)のp.Arg83His置換、により生じると報告された。その後の研究によりp.Arg83Hisは正常人口の1%以上に認められる正常多型であることが判明し、 KCNE3 は周期性四肢麻痺の原因ではない。[grj.umin.jp]
体重増加
  • このページのトップへ 甲状腺機能低下症(特に慢性甲状腺炎(橋本病)) 主な症状 全身倦怠感(体がだるい、しんどい)、易疲労感(疲れやすい)、体重増加、むくみ(特に目の周囲や下肢など)、便秘、脱毛など。慢性甲状腺炎では自覚症状がないことも多く、甲状腺腫大(甲状腺が大きくはれる)のみの場合もあれば、肩こり、頭痛、めまい、ほてりなどの不定愁訴がでることもあります。 解説 まず甲状腺とは、首の前方下部の皮下に気管を全面から囲むように存在し、人体に必須のホルモン(甲状腺ホルモン)を分泌している臓器です。[kanden-hsp.jp]
栄養失調
  • 疾患 急性間欠性ポルフィリア 伝染性肝炎 骨髄腫 膠原病 甲状腺機能低下症 TBG 産生肝癌 重症疾患・栄養失調 ネフローゼ症候群 蛋白喪失性腸炎 肝硬変 先端巨大症(活動期) 甲状腺機能亢進症 クッシング症候群 骨粗鬆症の治療 (1). エストロダーム(エストロゲン製剤) 1). エストロゲン療法の禁忌 a. 絶対禁忌 イ. 乳癌(既往者も含む)、子宮内膜症患者 ロ. 血栓症、塞栓症の既往歴 ハ. 体内水分貯留・浮腫のある者(心不全・腎疾患・肝疾患) ニ. 肝機能障害 ホ.[ibaraisikai.or.jp]
多毛症
  • 【経験すべき病態】(下線は必須) (A)男性性腺疾患 (B)女性性腺疾患 無月経の鑑別 、 多毛の鑑別 (C)性の分化異常 (7)その他、下記の内分泌疾患の病態を述べ、必要な診断法を用い、その結果を解釈し、 適確な治療法を選択することができる。[kyumed.jp]
脱毛症
  • 195 加齢黄斑変性症(AMD) 196 うち滲出型加齢黄斑変性 197 外眼部感染症 198 うち結膜炎 199 ドライアイ 200 角結膜上皮障害 201 遷延性角膜上皮欠損(PED) 202 眼瞼痙攣 203 通年性アレルギー性鼻炎 204 季節性アレルギー性鼻炎・花粉症 205 難聴 206 うち突発性難聴 207 アトピー性皮膚炎 208 じんましん 209 そう痒症 210 乾癬 211 うち尋常性乾癬 212 うち関節症性乾癬 213 口唇ヘルペス 214 帯状疱疹 215 男性型脱毛[ssri.com]
頭痛
  • 85 うち片頭痛 86 うち群発性頭痛 87 てんかん 88 パーキンソン病 89 メニエール病 90 めまい 91 線維筋痛症 92 神経障害(糖尿病性以外) 93 三叉神経痛 94 帯状疱疹後神経痛(PHN) 95 自律神経失調症 96 多発性硬化症 97 神経筋障害およびミオパシー 98 むずむず脚症候群(RLS) 99 痙性斜頸 100 重症筋無力症 101 統合失調症 102 うつ病・うつ状態 103 双極性障害 104 不安障害 105 うち全般性不安障害(GAD) 106 うち社会不安障害[ssri.com]
  • 血圧上昇 による症状として、 高血圧 、 めまい 、 動悸 、 頭痛 なども見られる。 検査 [ 編集 ] 身体基本検査 血圧 : Aldは RAA系 を介して血圧を上昇させる働きがある。血漿 アルドステロン 濃度 血圧 。 血液検査 血漿アルドステロン濃度 (PAC) : 原発性にPACが上昇する。PACが正常範囲内だとしても、血漿レニン活性(PRA)が抑制されている場合も本症の可能性が否定されないため、PAC/PRAの比で判断する。[ja.wikipedia.org]
  • 褐色細胞腫 アドレナリンが不必要に分泌される病気で、動悸や発汗、頭痛、高血圧、糖尿病の原因となります。血液・尿検査、画像検査で診断し、手術や薬物治療を行います。 副腎腫瘍(がんを含む) 副腎にできる腫瘍は良性腫瘍やがん、血管腫など様々な種類のものがあります。良性の腫瘍でも、副腎のホルモンを過剰に分泌するものもあり、手術が必要となることがあります。血液・尿検査や画像検査で診断を行います。[hosp.hyo-med.ac.jp]
  • 腫瘍からはカテコラミンというホルモンが分泌され、このホルモンの作用で発作的な血圧上昇、発汗、動悸、頭痛などさまざまな症状が現れます。 治療はαブロッカーの服用、腫瘍摘出術です。 視床下部・下垂体疾患 視床下部下垂体は生命の中枢であり、あらゆるホルモンの司令塔でもあります。視床下部・下垂体の疾患は複数のホルモン異常を来します。ですので、下垂体疾患の治療はすべてのホルモンの関する知識を総動員して治療に当たらなければなりません。[naramed-u.ac.jp]

治療

  • 妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠 糖代謝異常妊娠の患者さんに対しては、食事療法などの生活指導を行い、必要に応じてインスリン治療を行います。内科だけではなく、産科婦人科、小児科、臨床栄養部などとも密に連携を取りながら、患者さんごとに治療方針を決定し、安心して出産にいどんでいただけるよう取り組んでいます。 低血糖症 低血糖症の多くは糖尿病薬物治療の副作用として現れることが多く、糖尿病の薬物治療を受けておられる方は低血糖に対する注意が必要です。[hosp.hyo-med.ac.jp]
  • :糖尿病、肥満症、内分泌 川村 光信 専門治療:糖尿病、肥満症、内分泌、脂質異常症、動脈硬化 東田 寿子 専門治療:糖尿病、妊娠糖尿病 (2019年4月1日現在) 主な治療方法・クリティカルパス 糖尿病教育入院 肥満症治療入院 メタボリックシンドローム治療入院 糖尿病合併症治療入院 肥満症合併症治療入院 短期糖尿病教育入院 週末短期糖尿病教育入院 内分泌疾患精査入院 主な治療の入院日数・料金 疾患名 パス名 入院日数 料金(3割負担) 糖尿病 糖尿病教育入院 9日 130,000円 病的肥満症 メタボリックシンドローム[hospital.japanpost.jp]
  • 40)低血糖の治療 41)糖尿病細小血管合併症(神経障害、網膜症、腎障害)の治療 42)糖尿病大血管合併症の治療 43)妊娠糖尿病、糖尿病合併妊娠の治療 44)肥満症の食事、運動、行動療法 45)肥満症の薬物療法 46)高脂血症の薬物療法 47)高尿酸血症の薬物療法 48)代謝症候群の生活指導および薬物療法 (5)その他(患者教育など)の経験すべきこと 1)糖尿病教室、生活習慣病教室などの教育活動 2)学会報告、論文執筆など。[kyumed.jp]

疫学

  • を明らかにするための多施設共同後方視的臨床研究 研究責任者 川野充弘 研究期間 2015年08月17日 2020年03月31日 シェーグレン症候群合併の関節リウマチ患者における、アバタセプト投与による有用性の検討 研究責任者 川野充弘 研究期間 2015年08月19日 2018年12月31日 関節リウマチ患者における慢性腎臓病の影響を明らかにするための多施設共同後方視的臨床研究 研究責任者 川野充弘 研究期間 2015年09月01日 2020年03月31日 腎病変合併シェーグレン症候群症例の記述疫学研究[intmed2.w3.kanazawa-u.ac.jp]
  •  アルドステロンの分泌調節 宮森 勇 5 ミネラルコルチコイド受容体の活性化 柴田洋孝他 6 アルドステロンの腎作用 瀬田公一 7 アルドステロンの心血管作用 吉本貴宣他 8 アルドステロンの非ゲノム作用 西山 成他 9 心血管アルドステロン合成系 武田仁勇他 10 アルドステロン・ブレイクスルー 田辺晶代他 11 アルドステロンによる心血管障害のメカニズム〜MRノックアウトマウスの表現型解析から〜 横田健一 Ⅱ 臨床編 第1章 総論 1 原発性アルドステロン症発見の歴史と変遷 平田結喜緒 2 疫学[shindan.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 病態生理 本症の病態はアルドステロンの過剰分泌により説明される.アルドステロンは腎臓の皮質集合管細胞に存在するミネラルコルチコイド受容体(MR)に作用して,Naの再吸収を亢進させ,循環血液量が増加する.総末梢血管抵抗は不変または増加するため,血圧は上昇する.体液量の増加が一定レベルに達すると,腎灌流圧の上昇や心房性Na利尿ペプチド(atrial natriuretic peptide:ANP)の増加によって,Naの再吸収が抑制される「エスケープ現象」が起こり,Na貯留が減弱する.一方で循環血液量の[kotobank.jp]

予防

  • 二次的症状の予防 正常体温を保つ、血清カリウム濃度を低く維持する、低血糖を避けるなどの手術前の予防策が発作予防に有用である。 注:発作に伴う全身性の筋スパスムは体温の上昇に至ることから、hyperPP1の罹患者は悪性高熱になりやすいと考えられてきた。悪性高熱が疑われる麻酔関連副作用は、おそらく非常に強いミオトニー反応によるものであろう。 経過観察 予防的治療中は、利尿剤による著明な低カリウム血症を避けるため、年2回程度カリウム濃度を測定。値は3.0から3.5 mMの間であるべきである。[grj.umin.jp]
  • チエノピリジン誘導体内服患者および低用量アスピリンとワルファリン併用内服患者における胃ESDの後出血予防としての晩期フォローアップ内視鏡の検討に関する臨床試験(略称:ESDフォローアップ内視鏡Hokuriku Study) 研究代表者 市立敦賀病院 米島學 共同研究機関 金沢大学附属病院、他、日本消化器内視鏡学会北陸支部関連施設 試験期間 2015年年2月20日〜2018年2月28日 要約 チエノピリジン誘導体内服患者および低用量アスピリンとワルファリン併用内服患者における胃ESD後の晩期フォローアップ[intmed2.w3.kanazawa-u.ac.jp]
  • また妊婦さんに関しましては、流産・早産予防のために軽い甲状腺機能低下症の時も、甲状腺ホルモン補充療法を行うことがあります。 甲状腺腫瘍(がんを含む) 甲状腺の腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。甲状腺超音波検査、甲状腺穿刺吸引細胞診や種々の画像診断を用いて、検査を進めます。 副甲状腺機能亢進症 血液中のカルシウムが増加する病気です。首の甲状腺の裏にある副甲状腺という小さな腺が腫瘍などで腫れて、副甲状腺ホルモンが過剰につくられます。[hosp.hyo-med.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!