Edit concept Question Editor Create issue ticket

家族性非神経障害アミロイド症


提示

背部痛
  • (承認時) その他の副作用 3%以上 1〜3%未満 1%未満 感覚器 回転性めまい 眼痛、高眼圧症、上強膜炎、聴力低下、網脈絡膜症、眼乾燥 肝臓 γ-GTP増加、肝機能検査値上昇 肝酵素上昇、肝腫大、血中ビリルビン増加、肝臓うっ血 筋・骨格系 背部、四肢痛 筋攣縮、筋痙縮、頚部痛、腱痛、関節炎、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、筋力低下、骨折 血液 貧血 赤血球増加症、国際標準比(INR)増加、血小板減少症 呼吸器 上咽頭炎、咳嗽 しゃっくり、咽頭炎、気管支炎、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、口腔咽頭痛、睡眠時無呼吸症候群[kegg.jp]
皮疹
  • 、斑状丘疹状)、そう痒症 感染性皮膚潰瘍、四肢膿瘍、色素沈着障害、蕁麻疹、脱毛症、皮膚病変、多汗症 腎臓 血中クレアチニン増加、血中尿素増加 その他 末梢性浮腫、甲状腺機能低下症 インフルエンザ様疾患、リンパ腫、血中コレステロール増加、血中テストステロン減少、倦怠感、髄膜炎、体重減少、インフルエンザ、発熱、無力症、疲労、体液貯留、基底細胞癌、血中尿酸増加、女性化乳房、蜂巣炎 妊婦、産婦、授乳婦等への投与 妊婦 [1] [2] 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している[kegg.jp]
蕁麻疹
  • 胃食道逆流性疾患、胃腸炎、歯感染、歯肉腫脹、消化管運動障害、食道炎、肛門出血、早期満腹、口内乾燥、排便回数増加、痔核 精神・神経系 頭痛 失神、不眠症、浮動性めまい、神経痛 異常感覚、一過性脳虚血発作、下肢静止不能症候群、感覚消失、気分変化、傾眠、平衡障害、味覚消失、うつ病、感覚鈍麻、緊張性頭痛、錯感覚、味覚異常、記憶障害 泌尿器・生殖器 尿路感染 血尿、勃起不全 外陰部腟カンジダ症、尿閉、腟感染、膀胱炎 皮膚 発疹(湿疹、皮疹、斑状丘疹状皮疹)、そう痒症 感染性皮膚潰瘍、四肢膿瘍、色素沈着障害、蕁麻疹[kegg.jp]
湿疹
  • 消化不良、上腹部痛、腹痛、便秘、嘔吐、鼓腸、食欲減退、腹部膨満、腹部不快感 胃炎、胃食道逆流性疾患、胃腸炎、歯感染、歯肉腫脹、消化管運動障害、食道炎、肛門出血、早期満腹、口内乾燥、排便回数増加、痔核 精神・神経系 頭痛 失神、不眠症、浮動性めまい、神経痛 異常感覚、一過性脳虚血発作、下肢静止不能症候群、感覚消失、気分変化、傾眠、平衡障害、味覚消失、うつ病、感覚鈍麻、緊張性頭痛、錯感覚、味覚異常、記憶障害 泌尿器・生殖器 尿路感染 血尿、勃起不全 外陰部腟カンジダ症、尿閉、腟感染、膀胱炎 皮膚 発疹(湿疹[kegg.jp]
斑状丘疹状皮疹
  • 上腹部痛、腹痛、便秘、嘔吐、鼓腸、食欲減退、腹部膨満、腹部不快感 胃炎、胃食道逆流性疾患、胃腸炎、歯感染、歯肉腫脹、消化管運動障害、食道炎、肛門出血、早期満腹、口内乾燥、排便回数増加、痔核 精神・神経系 頭痛 失神、不眠症、浮動性めまい、神経痛 異常感覚、一過性脳虚血発作、下肢静止不能症候群、感覚消失、気分変化、傾眠、平衡障害、味覚消失、うつ病、感覚鈍麻、緊張性頭痛、錯感覚、味覚異常、記憶障害 泌尿器・生殖器 尿路感染 血尿、勃起不全 外陰部腟カンジダ症、尿閉、腟感染、膀胱炎 皮膚 発疹(湿疹、皮疹、斑状[kegg.jp]
咽頭痛
  • (承認時) その他の副作用 3%以上 1〜3%未満 1%未満 感覚器 回転性めまい 眼痛、高眼圧症、上強膜炎、聴力低下、網脈絡膜症、眼乾燥 肝臓 γ-GTP増加、肝機能検査値上昇 肝酵素上昇、肝腫大、血中ビリルビン増加、肝臓うっ血 筋・骨格系 背部痛、四肢痛 筋攣縮、筋痙縮、頚部痛、腱痛、関節炎、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、筋力低下、骨折 血液 貧血 赤血球増加症、国際標準比(INR)増加、血小板減少症 呼吸器 上咽頭炎、咳嗽 しゃっくり、咽頭炎、気管支炎、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、口腔咽頭、睡眠時無呼吸症候群[kegg.jp]
上腹部痛
  • 血中ビリルビン増加、肝臓うっ血 筋・骨格系 背部痛、四肢痛 筋攣縮、筋痙縮、頚部痛、腱痛、関節炎、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、筋力低下、骨折 血液 貧血 赤血球増加症、国際標準比(INR)増加、血小板減少症 呼吸器 上咽頭炎、咳嗽 しゃっくり、咽頭炎、気管支炎、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、口腔咽頭痛、睡眠時無呼吸症候群、呼吸困難 循環器 起立性低血圧、低血圧、房室ブロック 高血圧、上室性期外収縮、心室性頻脈、心電図異常、頻脈、不整脈、左脚ブロック、心不全、僧帽弁閉鎖不全症 消化器 下痢、悪心 消化不良、腹部[kegg.jp]
しゃっくり
  • (承認時) その他の副作用 3%以上 1〜3%未満 1%未満 感覚器 回転性めまい 眼痛、高眼圧症、上強膜炎、聴力低下、網脈絡膜症、眼乾燥 肝臓 γ-GTP増加、肝機能検査値上昇 肝酵素上昇、肝腫大、血中ビリルビン増加、肝臓うっ血 筋・骨格系 背部痛、四肢痛 筋攣縮、筋痙縮、頚部痛、腱痛、関節炎、関節痛、筋肉痛、筋肉疲労、筋力低下、骨折 血液 貧血 赤血球増加症、国際標準比(INR)増加、血小板減少症 呼吸器 上咽頭炎、咳嗽 しゃっくり、咽頭炎、気管支炎、鼻炎、副鼻腔炎、扁桃炎、口腔咽頭痛、睡眠時無呼吸症候群[kegg.jp]

精密検査

  • 初めてめまいの発作が生じた場合は,脳神経外科を受診し、CTやMRIなど精密検査を受けることをお勧めします。 めまいQ&A TOP 外来受診のときに必要な情報は? 1. どういう性質ものか? 2. 随伴症状があるか? めまいは大きく分けて、回転性めまい(Vertigo)と浮動性めまい(Dizziness)にわけられます。いわゆる、目が回る・くるくるまわるといった感じのめまいが回転性のめまいで、フワフワする・立ちくらみがするが浮動性めまいとです。[osaka-med.ac.jp]

治療

  • 慶應義塾大学病院での取り組み 病型や障害臓器によって、多数の診療科が共同して治療にあたります。当院リウマチ・膠原病内科では、関節リウマチなどに合併するAAアミロイドーシスに対する治療に取り組んでおります。 さらに詳しく知りたい方へ 文責: リウマチ・膠原病内科 最終更新日:2019年3月5日[kompas.hosp.keio.ac.jp]

疫学

  • 医学のあゆみ, 258: 631-638, 2016 植田光晴, 内木宏延, 福島若葉, 山下太郎, 安東由喜雄: アミロイドーシスの疫学.病理と臨床, 34: 460-465, 2016 植田光晴, 安東由喜雄: アミロイド蛋白質の免疫組織化学的・蛋白質生化学的同定法. 医学のあゆみ, 258: 639-643, 2016 柊中智恵子, 安東由喜雄: 家族性アミロイドポリニューロパチー.[www2.kuh.kumamoto-u.ac.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • そして、本発明ののペプチドは広範なヒトの HLA—DRのハプロタイプに 拘束されるため、多くのヒト、とりわけ、予防接種などにより、免疫記憶の成立したヒト に、アルツハイマー病をはじめとする神経変性疾患などの各種疾患の予防,治療に 有効な A βに対する抗体産生を誘導するペプチドワクチンとして使用することができ る。[patents.google.com]
  • 特に糖尿病はアルツハイマー病の危険因子でもあり、予防が重要です。 Q5.最近「めまい」や「耳鳴り」がすることが多いのですが・・・ めまいは大きくわけて回転性と非回転性(動揺性)の2つがあり、回転性の場合は耳鼻科的疾患によることも多く、内耳にある前庭(三半規管)の異常で起こります。めまいの救急で多いのは内耳性(回転性)で、一般に症状は激烈で嘔吐を伴い、景色がグルグル回って見えることが特徴です。多くは頭位変換性めまいや、前庭神経炎で、一過性のめまいであり、長くても数十秒 数分程度でおさまってきます。[nakatsu.saiseikai.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!