Edit concept Question Editor Create issue ticket

家族性瞼黒色腫


提示

卵管炎
  • 若い女性のクラミジア感染症(さらに上行感染して 肝周囲炎)も。腹痛の部位を考慮しないこと(膿瘍・炎症の波及)。ひどい糖尿病で 腹痛が主訴のことがある。 ※下腹部痛:女性では必ず婦人科疾患を想起する。 ※狭心症、心筋梗塞、心筋炎、感染性心内膜炎など心疾患も考慮 四肢しびれ感・全身脱力感:肺癌(Eaton-Lambert syndrome)Guillain-Barre syndrome など末梢神経障害 も考える。甲状腺機能を調べる。[ibaraisikai.or.jp]
  • および卵巣炎 N701 慢性および卵巣炎 N709 および卵巣炎,詳細不明 N710 子宮の急性炎症性疾患 N711 子宮の慢性炎症性疾患 N719 子宮の炎症性疾患,詳細不明 N72 子宮頚(部)の炎症性疾患 N730 急性子宮傍(結合)組織炎および骨盤蜂巣炎〈蜂窩織炎〉 N731 慢性子宮傍(結合)組織炎および骨盤蜂巣炎〈蜂窩織炎〉 N732 詳細不明の子宮傍(結合)組織炎および骨盤蜂巣炎〈蜂窩織炎〉 N733 女性急性骨盤腹膜炎 N734 女性慢性骨盤腹膜炎 N735 女性骨盤腹膜炎[e-stat.go.jp]
アミロイドーシス
  • 〈アミロイド症〉 E851 ニューロパチ〈シ〉ー性遺伝性家族性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E852 遺伝性家族性アミロイドーシス〈アミロイド症〉,詳細不明 E853 続発性全身性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E854 臓器〈器官〉限局性アミロイドーシス〈アミロイド症〉 E858 その他のアミロイドーシス〈アミロイド症〉 E859 アミロイドーシス〈アミロイド症〉,詳細不明 E86 体液量減少(症) E870 高浸透圧および高ナトリウム血症 E871 低浸透圧および低ナトリウム血症 E872[e-stat.go.jp]
再発性多発軟骨炎
  • 神経線維腫症/神経鞘腫/視神経膠腫/視神経鞘髄膜腫/悪性リンパ腫/Histiocytosis X, Langerhans細胞組織球症/涙腺腫瘍/副鼻腔悪性腫瘍/転移性眼窩腫瘍/眼球陥凹,義眼床陥凹/義眼 17 全身性眼疾患 アトピー性皮膚炎/ホモシスチン尿症/Marfan症候群/Weill-Marchesani症候群/細菌性心内膜炎/伝染性軟属腫/強直性脊椎炎/全身性エリテマトーデス/結節性多発動脈炎/多発性筋炎/Reiter症候群/関節リウマチ/若年性特発性関節炎(若年性関節リウマチ)/強皮症/再発多発軟骨[igaku-shoin.co.jp]
  • 若年性骨軟骨症〈骨端症〉 M925 脛骨および腓骨の若年性骨軟骨症〈骨端症〉 M926 足根骨の若年性骨軟骨症〈骨端症〉 M927 中足骨の若年性骨軟骨症〈骨端症〉 M928 その他の明示された若年性骨軟骨症〈骨端症〉 M929 若年性骨軟骨症〈骨端症〉,詳細不明 M930 大腿骨頭すべり症(非外傷性) M931 成人のキーンベック病 M932 離断性骨軟骨炎 M938 その他の明示された骨軟骨障害 M939 骨軟骨障害,詳細不明 M940 肋軟骨骨結合症候群[ティーツェ〈Tietze〉病] M941 再発多発軟骨[e-stat.go.jp]
皮膚潰瘍
  • 以前の手術による変形の治療も多く手がけております。 慢性皮膚潰瘍・難治性瘻孔 外科手術のほかに、アルコール注入療法、局所陰圧閉鎖療法、その他最新の創傷被覆材や薬剤を組み合わせて、短時間で体の負担の少ない方法で治します。 年間患者数 外来患者数 約900名/年 入院患者数 約300名/年 手術件数 中央手術室 約350件/年 外来手術室 約600件/年 病床数 10床[ndmc.ac.jp]
  • 他に、ヒト乳頭腫ウイルス、やけどや外傷の瘢痕、慢性膿皮症(臀部などの治りにくいおでき)、治りにくい皮膚潰瘍、放射線療法後の慢性放射線皮膚炎、砒素(ひそ)化合物、タール類などが発生に関与するといわれています。 5)検診 皮膚がんの住民検診はありません。皮膚は体表にあるので、本人あるいは家族が、結節や腫瘤が急にできたり、潰瘍や出血が起ったり、瘢痕の部分に潰瘍ができたり、何らかの異常に気づいた場合は医療機関を受診することが大切です。 2.症状 形の不整な紅色をした皮膚の腫瘤が一般的です。[ogaki-mh.jp]
擦過傷
  • 擦過傷(すりきず)皮膚の表面が擦り取られた傷 皮膚をこすりつけることにより、すりむけた状態のキズです。多くの場合縫合せずに治ります。しかし、細かい砂、ゴミなどが皮膚のなかに残ってしまう場合があります。浅い創傷であれば、初期治療時に患部を十分に洗浄し、清潔にして軟膏を塗ります。ガーゼをせずに早く乾かすこともあります。深い創傷のときは、創傷被覆材を使用して上皮化を促進します。 裂挫創(皮膚が裂けたきず) ものがぶつかったことにより生じた損傷で、キズのまわりにも損傷があります。[akaiwahihukakeiseigeka.com]
  • の脱臼 S031 鼻中隔軟骨の脱臼 S032 歯の脱臼 S033 頭部のその他および部位不明の脱臼 S034 顎の捻挫およびストレイン S035 頭部のその他および部位不明の関節および靭帯の捻挫およびストレイン S040 視神経および視路の損傷 S041 動眼神経損傷 S042 滑車神経損傷 S043 三叉神経損傷 S044 外転神経損傷 S045 顔面神経損傷 S046 聴神経損傷 S047 副神経損傷 S048 その他の脳神経損傷 S049 詳細不明の脳神経損傷 S050 結膜損傷および角膜擦過傷[e-stat.go.jp]
低血圧
  • 入浴時血圧:入浴後、末梢血管が拡張し、血圧反応を起こし、矢神する こともある。 5. 透析血圧:一過性の透析時血圧と慢性の非透析時血圧に分けられる。 6. 症候性(二次性)血圧血圧を引き起こす原因疾患があり、そのため 血圧になってしまうもの。[ibaraisikai.or.jp]
  • (症) I951 起立性血圧(症) I952 薬物による血圧(症) I958 その他の血圧(症) I959 血圧(症),詳細不明 I970 心(臓)切開後症候群 I971 心臓手術に続発するその他の機能障害 I972 乳房切断後リンパ浮腫症候群 I978 循環器系のその他の処置後障害,他に分類されないもの I979 循環器系の処置後障害,詳細不明 I99 循環器系のその他および詳細不明の障害 J00 急性鼻咽頭炎[かぜ]〈感冒〉 J010 急性上顎洞炎 J011 急性前頭洞炎 J012 急性篩骨洞[e-stat.go.jp]
結膜浮腫
  • 眼瞼疾患 麦粒腫(外麦粒腫,内麦粒腫)/霰粒腫/瞼板腺梗塞/瞼板腺炎(マイボーム腺炎)/眼瞼膿瘍/眼瞼炎/アレルギー性眼瞼炎/ヘルペス性眼瞼炎/眼瞼けいれん/眼瞼下垂/眼瞼皮膚弛緩症/閉瞼不全/瞼球癒着/眼瞼内反・睫毛内反/眼瞼外反/睫毛乱生/眼瞼腫瘍/眼瞼悪性腫瘍/眼瞼良性腫瘍/眼瞼浮腫・眼瞼気腫 4 涙器疾患 涙液分泌不全(ドライアイ)/Sjögren症候群/涙腺炎/涙液分泌過多(流涙)/先天性鼻涙道管閉塞/副涙点/ワニの涙症候群/涙道閉塞/新生児涙嚢炎/涙嚢炎/涙石症/涙小管炎 5 結膜疾患 結膜浮腫[igaku-shoin.co.jp]
かすみ目
  • 角膜障害 非小細胞肺がん イキサゾミブ ニンラーロ かすみ、視力低下(白内障)、など 多発性骨髄腫 カルフィルゾミブ カイプロリス かすみ、視力低下(白内障)、など 多発性骨髄腫 エロツズマブ エムプリシティ かすみ、視力低下(白内障) 多発性骨髄腫 イブルチニブ イムブルビカ かすみ、眼乾燥、視力低下、など 慢性リンパ性白血病(小リンパ球性リンパ腫を含む)、マントル細胞リンパ腫 ポナチニブ アイクルシグ 眼乾燥、かすみ、眼痛、など 慢性骨髄性白血病 フィラデルフィア染色体陽性急性リンパ[scchr.jp]
自然破水
  • 脊髄麻酔および硬膜外麻酔誘発性頭痛 O746 分娩における脊髄麻酔および硬膜外麻酔のその他の合併症 O747 分娩における挿管不成功または挿管困難 O748 分娩におけるその他の麻酔合併症 O749 分娩における麻酔合併症,詳細不明 O750 分娩における母体窮迫〈ジストレス〉 O751 分娩中または分娩に続発するショック O752 分娩における発熱,他に分類されないもの O753 分娩におけるその他の感染症 O754 産科手術および処置のその他の合併症 O755 人工破膜後の遷延分娩 O756 自然破水[e-stat.go.jp]

精密検査

  • 視神経疾患、遺伝性眼疾患 多発性硬化症や視神経脊髄症、虚血性視神経症などの疾患に対し脳神経内科など他科と連携を図り、外来及び入院での精密検査と治療を行います。 網膜色素変性症や網膜ジストロフィーなど遺伝疾患に対し遺伝子検索を含めた精密検査を行い治療にあたります。 悪性黒色腫 眼内腫瘍,眼窩腫瘍に対しても適切な診断を行っています。悪性黒色腫に対して,重粒子線治療の必要な方には、充分なアドバイスを行い、最も信頼できる施設へ紹介いたします。[hosp-urayasu.juntendo.ac.jp]
ポリープ
  • 小児緑内障(発達緑内障) 13 外傷性緑内障 14 虹彩角膜内皮(ICE)症候群 15 脈絡膜剥離(低眼圧黄斑症) II 水晶体疾患 1 先天白内障 2 アトピー白内障 3 過熟白内障 4 人工的無水晶体眼(縫着術) 5 後発白内障 6 術中虹彩緊張低下症 7 白内障術後眼内炎 8 水晶体脱臼・亜脱臼 9 capsular block syndrome(CBS) 10 角膜内皮障害眼の白内障 III 後眼部疾患 (1)網膜・硝子体疾患 A.黄斑部疾患 1 中心性漿液性脈絡網膜症 2 加齢黄斑変性 3 ポリープ[hanmoto.com]
  • 12 先天緑内障(発達緑内障) 13 外傷性緑内障 14 虹彩角膜内皮(ICE)症候群 15 脈絡膜剥離(低眼圧黄斑症) II 水晶体疾患 1 先天白内障 2 アトピー性白内障 3 過熟白内障 4 人工的無水晶体眼(縫着術) 5 後発白内障 6 術中虹彩緊張低下症候群 7 白内障術後眼内炎 8 水晶体脱臼・亜脱臼 9 capsular block syndrome 10 内皮異常眼の白内障 III 後眼部疾患 1 網膜・硝子体疾患 A.黄斑部疾患 1 中心性漿液性脈絡網膜症 2 加齢黄斑変性 3 ポリープ[nankodo.co.jp]
  • N841 子宮頚(部)ポリープ N842 腟ポリープ N843 外陰ポリープ N848 女性性器のその他の部位のポリープ N849 女性性器のポリープ,詳細不明 N850 子宮内膜腺様のう〈嚢〉胞性増殖症 N851 子宮内膜腺腫性増殖症 N852 子宮肥大 N853 子宮復古〈退縮〉不全 N854 子宮の位置異常 N855 子宮内反(症) N856 子宮内癒着(症) N857 子宮留血症 N858 子宮のその他の明示された非炎症性障害 N859 子宮の非炎症性障害,詳細不明 N86 子宮頚(部)[e-stat.go.jp]
低ナトリウム血症
  • 原因不明の嘔吐:ナトリウムも考慮。 光視症・飛蚊症:網膜剥離を考える(次いで視野欠損を呈する)。霧視にも注目。 (光視症:目が光でピカッと輝いた様に見える状態) 元々便秘気味の人が、突然下痢した時:下痢の原因が何であろうとColonの検査をする。 結腸癌の可能性を否定出来ない。 下肢がだるい、体が弱くなった、力が萎えた:ALSなど神経変性症も考慮。 末梢神経炎(障害、例えばギラン・バレー)や甲状腺機能低下も考慮。 嗄声:呼吸障害に伴う種々の疾患も考える。[ibaraisikai.or.jp]
  • E872 アシドーシス E873 アルカローシス E874 混合型酸塩基平衡障害 E875 高カリウム〈K〉血症 E876 低カリウム〈K〉血症 E877 体液過負荷 E878 その他の電解質および体液障害,他に分類されないもの E880 血漿たんぱく〈蛋白〉代謝障害,他に分類されないもの E881 リポジストロフィー〈脂肪異栄養症〉,他に分類されないもの E882 リポマトーシス〈脂肪腫症〉,他に分類されないもの E888 その他の明示された代謝障害 E889 代謝障害,詳細不明 E890[e-stat.go.jp]

治療

  • 治療法の臨床試験とは、既存の治療法を改良したり、 がん の患者さんのための新しい治療法について情報を集めたりすることを目的とした 調査研究 です。複数の臨床試験で現在の標準治療より新しい治療法のほうが良好であることが明らかになった場合は、その新しい治療法が標準治療となります。患者さんは臨床試験への参加を検討してもよいでしょう。臨床試験の中にはまだ治療を始めていない患者さんのみを対象としているものもあります。[cancerinfo.tri-kobe.org]

予防

  • 予防的に所属リンパ節の郭清手術(リンパ節をすべて取ること)やセンチネルリンパ節生検が行われます。 また、腫瘍の再発や転移を予防するために抗がん剤による化学療法や、インターフェロン療法と化学療法の併用療法が行われます。 Ⅲ期: 初発部位の腫瘍辺縁より3cm離して広汎切除手術を行い、所属リンパ節の郭清手術が行われます。 皮膚転移や皮下転移に対しては大きめに切除したり、インターフェロンを注射したり、放射線治療を行ったりします。[ogaki-mh.jp]
  • ・ 避けるべき因子や環境 : 原発症状予防の項を参照のこと。 ・リスクのある親族の検査 : 出来るだけ早期にスクリーニングや予防的処置を始めることで利益を受けられるように、リスクのある家系内において見かけ上無症状の年配または若年近親者の遺伝状態を BAP1 病的変異の分子遺伝学的検査で明らかにする。 遺伝カウンセリング BAP1 -TPDSは常染色体優性遺伝する。[grj.umin.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!