Edit concept Question Editor Create issue ticket

家族性ピロリン酸カルシウム沈着


提示

  • (秋田県 F) 【回答】 興味深い症例をご提示頂きましたが,1つ教えて頂きたい点があります。経過は突然の発症だったでしょうか。急性発症の単関節痛であれば,石灰沈着症や滑液包炎がより示唆されます。もちろん今回の“高齢者”“圧痛の部位にX線で石灰化が認められる”“炎症反応高値”“ステロイドで劇的に改善した”というエピソードも,ご指摘の通り,「ピロリン酸カルシウムによる偽痛風」などの石灰沈着症を鑑別疾患の上位に押し上げるかと考えます。[jmedj.co.jp]
皮疹
  • (特に手掌の)、発熱、みかん狩りの病歴より日本紅斑熱を疑い、MINO LVFXで治療開始。投与開始後2日で解熱し、も消退した。LVFXは3日で終了。経過順調にて第16病日に退院となった。 国立感染症研究所に抗体検査を依頼し、Rickettsia japonica IgG 320倍、IgM 640倍との結果で日本紅斑熱の診断となった。 ポイント:が診断の手がかりとなった日本紅斑熱の症例。[tm.nagasaki-u.ac.jp]

治療

  • 高尿酸血症治療薬フェブキソスタット(フェブリク )は、 甲状腺機能低下症 悪化の危険性。サイアザイド系降圧利尿薬・喘息治療薬テオフィリン・骨粗しょう症治療薬の副甲状腺ホルモン製剤(フォルテオ )は高尿酸血症を誘発。 偽痛風 は関節内にピロリン酸カルシウム結晶ができ、 副甲状腺機能亢進症 ・ 甲状腺機能低下症 が原因の事も。[nagasaki-clinic.com]
  • このような膝関節の病気(膝関節症)を診断・治療するには、関節穿刺(関節に麻酔をして針を刺す)をおこなって膝の関節液を抜き出して調べて、痛みの原因を特定します。 このほか、レントゲン写真撮影(X線)やMRI(電磁波を使った膝の断面撮影)などの画像検査もおこないます。 その後の診断・治療・リハビリテーションは 図2 をご参照ください。 図2 膝の痛みの診断と治療 変形性膝関節症 変形性膝関節症とは加齢や筋力低下、肥満などで膝に負担がかかり、関節軟骨がすり減って関節の変形がすすむ病気です。[min-iren.gr.jp]

疫学

  • 要旨 最新醫學 診断と治療のABC 105 高尿酸血症・痛風 第1章 概念・定義と疫学 痛風と高尿酸血症の定義と歴史 鎌谷 直之 東京女子医科大学 膠原病リウマチ痛風センター 要旨 痛風は,高尿酸血症を基礎に,体内に尿酸が蓄積して起きる病気であり,急性関節炎などの多彩な症状を伴う.エジプトのミイラにも見られる古い疾患であり,原因の究明や治療法の開発も古くから行われてきた.メンデル型の遺伝病のように遺伝的要因のみで起きる場合もあるが,ほとんどの場合,遺伝と環境の両方が影響する.治療薬としては急性関節炎[saishin-igaku.co.jp]
  • 疫学 わが国の痛風患者は2010年度の国民生活基礎調査で95.7万人と推定され,25年前の調査と比較して4倍近くに増加している.圧倒的に男性患者が多い.特発性のCPPD結晶沈着症は高齢者に多く,有病率は65 75歳で10 15%,85歳以上では30 50%と加齢とともに増加する.性差はみられない.遺伝性や代謝疾患に合併したCPPD沈着症は55歳以下に多い.偽痛風はCPPD沈着症の25%にみられる.[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • キーワード 疫学 高尿酸血症 痛風 若年者 高齢者 目次に戻る 第2章 病因と病態生理 高尿酸血症・痛風の原因 1.尿酸産生過剰型 細谷 龍男 東京慈恵会医科大学 慢性腎臓病病態治療学 教授 西尾 信一郎 東京慈恵会医科大学 腎臓・高血圧内科 要旨 従来より,高尿酸血症・痛風の病型分類は,尿中尿酸排泄量(EuA)を尿酸産生量と見なし,腎臓の尿酸クリアランス(CuA)を尿酸排泄能と見て,尿酸産生過剰型と尿酸排泄低下型に分類してきた.しかし,ATP結合カセット輸送体G2(ABCG2)の同定,研究が進み[saishin-igaku.co.jp]

予防

  • 日常生活上の注意、予防法は 最後に生活上の注意、膝関節痛の予防法をお話しします。 (1)スポーツやウオーキング前の全身ストレッチは必須。また、膝関節周辺の筋肉を使いすぎると筋肉や腱のバランスを崩し、痛みの原因に。 (2)スポーツは年齢に応じた限界を知り、準備体操をしっかり。「昔取った杵柄」はむしろ害悪です。 (3)冠婚葬祭の正座と過剰な「立ち居振る舞い」に注意を。「まかない手」のときに厳粛な雰囲気に呑まれて無理し、失敗することがあります。 (4)体重が重い人は減量。[min-iren.gr.jp]
  • (2)非発作時:発作を繰り返す場合 コルヒチン(白血球の機能を抑える)を1日に1-2錠、症状の軽減や発作の予防のために内服してもらうことがあります。慢性、多関節型の場合は、非ステロイド系抗炎症剤で治療しますが、症状の強い時期には、しばらくの間、ステロイド剤を少量内服してもらうこともあります。 注意点 発作の誘発因子として、関節への外傷、肺炎や心筋梗塞、外科手術など体に大きな侵襲が生じた際に生じることがあるのもこの病気の特徴の一つです。[doh-racenter.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!