Edit concept Question Editor Create issue ticket

嫌色素性腎細胞癌


治療

  • 特徴的な治療法 分子標的治療 近年、画像診断の進歩と予防医学の普及により早期に発見される腎細胞癌(以下腎癌)は増加し、腎癌全体の治療成績は改善しています。しかし、腎癌は抗癌剤・放射線が効きにくく、転移を伴うような進行性の腎癌の治療成績を改善することが課題とされてきました。現在までに用いられてきたサイトカイン療法(インターフェロン・インターロイキン2)は、15 20%程度の症例に有効といわれています。現在、新しい治療として注目を浴びているのが、分子標的治療です。[keio-urology.jp]
  • この結果をもって、このセッティングにおける標準治療はテムシロリムス単剤とされている。 (2)セカンドライン治療(表4) セカンドライン治療は、前治療の種類によって、サイトカイン療法後、VEGF阻害剤後、mTOR阻害剤後の 3つに分けられる。[medical.nikkeibp.co.jp]

予知

  • について 乳頭腫の変遷について papillary urothelial neoplasia with low grade malignant potential(PUNLMP) 扁平上皮癌および扁平上皮化生の変遷について 腺癌および腺上皮化生の変遷について 小細胞癌,肉腫様癌の変遷について 2 腫瘍播種と多中心性発生 分子貴女に基づいた治療戦略 尿路上皮腫瘍の異所性,異時性の多発の分子病理 従来の臨床病理学的データからの推論 分子遺伝学的解析による多発尿路腫瘍の期限 現状での仮説 膀胱内再発の予知[rr2.nakayamashoten.co.jp]

疫学

  • 腎癌の疫学 1. 我が国における腎発生癌の疫学調査 2. 腎癌研究会による疫学調査結果 3. 腎癌の発症と予防 4. 腎癌の臨床 - 診断 5. 腎癌の臨床 - 治療 6. 自施設における腎癌調査結果 II. 腎腫瘍性病変の放射線画像診断 1. 質的診断の手順 2. 各疾患の画像所見 III. 腎腫瘍性病変の進行期と治療方針・予後 IV. 家族性腫瘍症候群への対応 1. ヒト腎癌の組織学的分類とヒト遺伝性腎癌の分類 2. von Hippel - Lindau ( VHL ) 病 3.[molcom.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 腎細胞癌は男性5.6/100,000人、女性4.1/100,000人の確率で見られる。20歳までに見られることは稀で、小児科腎腫瘍では2%を占めるのみである。40歳以降、特に60代から70代にかけて好発する。von Hippel-Lindau病などの遺伝病との関係も示唆されているが定かではない。 喫煙は本症の主要な危険因子であり,30%増大させる。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学について 腎細胞癌は大人が罹患する癌の2 3%を占めます。男性では7番目、女性では9番目に多い癌です。世界で毎年209,000例が罹患し、102,000例が死亡しています。ここ数年、腎癌に罹患する患者数は増加していますが、早期癌だけでなく進行癌も増加しており、死亡数も増えています。危険因子として喫煙、肥満、高血圧が報告されています。 好発年齢は高齢者になるほど頻度が高くなります。 腎細胞癌のうちの2 3%は家族性に発生します。[tokushima-u-uro.jp]
  • 四国がんセンター:病院をご利用の方へ 部署案内:診療科・各診療部門案内:泌尿器科:がん情報:腎がん 診断 腎がんについて 診断 治療 治療法の選択に関して 疫学 日本における腎がん(上部尿路がん含む)の推定罹患率は、2008年で人口10万人あたり男性:20.5人、女性:9.2人と報告されています(国立がん研究センターがん対策情報センター)。この罹患率は男女ともに年々増加しています。男女比は約2:1で男性に多く、高齢になるほど発生頻度も高くなります。[shikoku-cc.go.jp]
  • A 疫学・診断 1.疫学 2.診断 3.病期分類(ステージング)(AJCC第 7版、2009) B 治療 1.切除可能な限局性腎細胞がん 2.転移性腎細胞がん 文献 1.疫学 1)罹患数・死亡数 「がんの統計 ’11」では、腎臓がんは、膀胱、前立腺を除くその他の尿路系臓器と含めて集計されており必ずしも純粋な腎がんだけの統計ではないが、2010年の腎がんの罹患数は 1万 4886人で悪性新生物全体の 2.1%であった。死亡数は 7560人で悪性新生物よる死亡全体の 2.1%であった [ 1 ]。[medical.nikkeibp.co.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 特徴的な治療法 分子標的治療 近年、画像診断の進歩と予防医学の普及により早期に発見される腎細胞癌(以下腎癌)は増加し、腎癌全体の治療成績は改善しています。しかし、腎癌は抗癌剤・放射線が効きにくく、転移を伴うような進行性の腎癌の治療成績を改善することが課題とされてきました。現在までに用いられてきたサイトカイン療法(インターフェロン・インターロイキン2)は、15 20%程度の症例に有効といわれています。現在、新しい治療として注目を浴びているのが、分子標的治療です。[keio-urology.jp]
  • 目次に戻る 第2章 膀胱がん 管理・治療 5.再発予防 雑賀 隆史 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器病態学 准教授 要旨 本稿では膀胱がんの再発予防としての薬剤投与に関して解説した.筋層非浸潤性膀胱がんの経尿道的膀胱腫瘍切除(TURBT)術後再発予防としては,再発様式,リスク分類に応じて術直後の抗がん剤膀胱内注入療法と BCG 注入療法が適切に選択される必要がある.また,浸潤がんに対する術後補助療法としての多剤併用療法は M-VAC 療法が主体であるが,副作用の少ない GC 療法,GCP 療法[saishin-igaku.co.jp]
  • の変遷について papillary urothelial neoplasia with low grade malignant potential(PUNLMP) 扁平上皮癌および扁平上皮化生の変遷について 腺癌および腺上皮化生の変遷について 小細胞癌,肉腫様癌の変遷について 2 腫瘍播種と多中心性発生 分子貴女に基づいた治療戦略 尿路上皮腫瘍の異所性,異時性の多発の分子病理 従来の臨床病理学的データからの推論 分子遺伝学的解析による多発尿路腫瘍の期限 現状での仮説 膀胱内再発の予知・早期発見と予防[rr2.nakayamashoten.co.jp]
  • 腎癌の発症と予防 4. 腎癌の臨床 - 診断 5. 腎癌の臨床 - 治療 6. 自施設における腎癌調査結果 II. 腎腫瘍性病変の放射線画像診断 1. 質的診断の手順 2. 各疾患の画像所見 III. 腎腫瘍性病変の進行期と治療方針・予後 IV. 家族性腫瘍症候群への対応 1. ヒト腎癌の組織学的分類とヒト遺伝性腎癌の分類 2. von Hippel - Lindau ( VHL ) 病 3. 遺伝性乳頭状腎癌1型と2型 4. Birt - Hogg - Dube ( BHD ) 症候群 5.[molcom.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!