Edit concept Question Editor Create issue ticket

女性の尿道狭窄


提示

  • 号 平成16年10月発行 第11回日本排尿機能学会 プログラム・抄録集 日本排尿機能学会誌 第14巻第2号 平成15年12月20日発行 一般外科病棟入院患者のLower Urinary Tract Symtoms(LUTS)の有訴実態とQOL(小竹佐智代) 自己導尿患者における精神状態とQuality of lifeについての検討(田島純子) 本邦学童児における昼間尿失禁の疫学調査(梶原充) 在宅要介護高齢者の排尿管理向上に向けたモデル事業(本間之夫) 尿失禁症状質問票の作成(第一報):質問票の提示[japanese-continence-society.kenkyuukai.jp]
排尿障害
  • 下部尿路機能障害(排尿障害,頻尿・尿失禁) A.排尿機能外来 診療日:毎週金曜日(午前) 診療担当医:窪田医員、水流助教 頻尿・尿失禁や排尿困難などの排尿障害(下部尿路機能障害)の原因を病状に応じた適切な方法を用いて診断し,最良の治療法を選択することによって病状の改善を目指します。[sumsuro.jp]
  • 神経因性膀胱について詳細はこちら 女性の排尿障害とは 排尿障害の検査 女性泌尿器Q&A 女性排尿障害センター総合案内[twmu.ac.jp]
  • に対するプラセボを対照とした二重盲検比較試験(安田耕作) 第3回日本神経因性膀胱学会学術大会抄録 日本神経因性膀胱学会誌 第7巻1号 平成8年7月1日発行 ラット初代培養膀胱細胞における細胞内カルシウム濃度変動の検討(影山慎二) 前立腺肥大症におけるα、β-adrenoceptorの変化(森田隆) 第2回日本神経因性膀胱学会学術大会抄録 日本神経因性膀胱学会誌 第5巻2号 平成6年12月5日発行 脳疾患と排尿障害:動物実験から(菅谷公男) 脳疾患と排尿障害:疾患および病変部位と排尿障害の関係(山西友典[japanese-continence-society.kenkyuukai.jp]
  • この溢流性尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害がかならず前提にあります。排尿障害とは、膀胱や尿道などの病気で、尿の流れが阻まれるものです。 排尿障害になる疾患は、男性の患者さんが多いことから(前立腺に関わるもの:男性のみ、尿道狭窄:女性はまれ)、溢流性尿失禁の患者さんは男性が多くなっています。 排尿障害になる疾患と原因 疾患 原因 前立腺肥大症 尿道の抵抗が増して、引き起こされます。 前立腺がん 尿道狭窄(にょうどうきょうさく) 糖 尿 病 膀胱の収縮不全により引き起こされます。[e-chiken.com]
  • 排尿障害 コリン作動薬を使用します。 リング等の器具 性器脱の治療に使用する器具ですが、尿失禁に対しても有効な事があります。 手術治療 TVT手術 腹圧性尿失禁が一番の適応であり、局所麻酔で行う事も可能で、短期入院での治療が可能です。 その他 他にも様々な手術方があり、状態に合わせて選択します。[kawahp.net]
排尿困難
  • 豆知識 泌尿器科系の主な症状 血尿 排尿痛 頻尿 残尿感 排尿困難 尿が出ない(尿閉・乏尿・無尿) 尿失禁 尿がにごる(膿尿) 血精液症 勃起障害 主な症状 血尿 腎実質または尿路のいずれかの部位から出血があり、尿中に血液が混濁している状態です。 出血量が少ない場合、尿の外観は正常と変わりなく、顕微鏡検査で尿中の赤血球を認めることがあります(顕微鏡的血尿)。 これに対して外観で血液の混濁が認められるものを肉眼的血尿といいます。[harahospital.jp]
  • 女性に比べて尿道が長い男性では、排尿困難がよくみられますが、そのおもな原因は前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)と尿道狭窄です。排尿困難を治療しないと尿路全体に尿の停滞による障害がおこるので、適切な診断と治療が必要です。 [検査と診断] 検尿などの一般検査のほか、前立腺の病気と区別するため、肛門(こうもん)から指で前立腺を触れる触診、超音波で前立腺をみる検査なども必要です。 尿道がせばまっている位置や程度は、尿道造影(造影剤を使ったX線撮影)で知ることができます。[kotobank.jp]
  • 最も多い症状は、排尿困難感である。 原因として、淋菌性尿道炎や騎乗型損傷、骨盤外傷、経尿道的手術の既往や尿道カテーテルの使用歴が挙がる 尿道造影により、狭窄部位、狭窄程度、狭窄範囲を確認する。膀胱鏡を用いて狭窄部を観察する。 超音波検査により、水腎症や残尿の有無を確認し、骨盤部MRIにより、尿道癌や尿道憩室の有無を確認する。 尿道造影(正常): 図表 尿道造影(球部尿道狭窄): 図表 後部尿道損傷: 図表 治療法は、狭窄長、部位、再発回数により異なる。[clinicalsup.jp]
溢流性尿失禁
  • 泌尿器に炎症を起こす病気:膀胱炎、膀胱がん、膀胱結石、尿道結石など 3)溢流性(いつりゅうせい)尿失禁 ダムの水が溢れるように、ぱんぱんにふくれた膀胱から尿が溢れるため、尿失禁と呼んでいます。 この尿失禁では、尿が出にくくなる排尿障害がかならず前提にあります。排尿障害とは、膀胱や尿道などの病気で、尿の流れが阻まれるものです。 排尿障害になる疾患は、男性の患者さんが多いことから(前立腺に関わるもの:男性のみ、尿道狭窄:女性はまれ)、尿失禁の患者さんは男性が多くなっています。[e-chiken.com]
  • 尿検査(尿路感染のチェック) 尿失禁では残尿や膀胱過拡張状態のため、尿路感染が起こりやすいので、尿沈渣や尿培養などの尿検査を施行する。 尿路感染が認められれば、適切な抗菌剤により尿路感染の治療を行う。 腎機能のチェック 合併症としての腎機能障害のチェックのため、血液検査により血清クレアチニンのチェックを行う。 薬物治療 (8) 参照 自覚症状が軽度(国際前立腺症状スコア 7点)、残尿量 50ml、夜間排尿回数 3回といった軽症例では、無治療経過観察あるいは薬物治療による経過観察でよい。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 尿失禁 尿が出にくくなる病気があり、膀胱に尿が貯まっても排泄できずに、最終的に漏れだしてきてしまう尿失禁の状態です。 おおもとの原因は、尿がでにくくなる排尿障害にあり、前立腺肥大症、前立腺癌、尿道狭窄、糖尿病が疑われます。 機能性尿失禁 排尿機能には異常はなく、身体運動の障害や低下、認知症が原因でおこる尿失禁です。 体が動かせないためトイレに間に合わなかったり、認知症のために排尿していい場所かどうか、わからなかったりして、排尿してしまう等です。[kawahp.net]
  • また、他の失禁として、 機能性尿失禁 (移動が不自由なためトイレにたどり着く前に漏れる)、 真性尿失禁 (尿路の奇形や他臓器との新たな交通が生じたため漏れる)、 尿失禁 (尿が膀胱内に充満しているのに排尿出来なくなり、膀胱容量を超えた尿があふれて出る状態)があります。 ・排尿後尿滴下(尿をした後に数滴が下着にたれる) 中高年の男性に多くみられます。 尿道海綿体周囲の筋肉の低下が主な原因といわれております。[kobari.or.jp]
  • 生理的食塩水潅流経尿道的前立腺切除術:bipolar TURP / ホルミウムレーザー前立腺核出術(HoLEP) /経尿道的バイポーラ電極前立腺核出術 (TUEB)/開放手術(被膜下前立腺腺腫核出術)/レーザー前立腺蒸散術 (PVP、HoLAP)/組織内レーザー凝固術 (ILCP)/高密度焦点式超音波治療 (HIFU)/経尿道的マイクロ波高温度治療術 (TUMT)/ 尿道ステント (Memokath) 神経因性膀胱(男性女性)・尿失禁(男性) 症状 排尿障害(排尿困難・尿勢低下・尿意減弱・尿閉・尿失禁[hospital.iuhw.ac.jp]

治療

  • 治療 原因となる病気によって治療法も異なります。 尿道ポリープ 尿道カルンクルともいわれ、更年期を過ぎた女性にみられることが多い病気です。尿道出口の6時方向(肛門よりの側)にでき、大きくなると出血したり、すれて痛んだり、尿がでにくくなることがあります。小さなものは症状がないことが多く、その場合は治療は不要です。 診断 内診をして診断します。 治療 出血や痛みがある場合は手術をすることもありますが、内服治療や行動療法(いきむような動作を避ける)で手術をしない場合もあります。[twmu.ac.jp]
  • がんの診断治療に関しては、特に信頼のおける施設にご紹介させていただきます。 40歳男性です。性交渉後しばらくして、最近排尿時の痛みと、尿道から膿がでます。 尿道炎の可能性があります。性病ですので検査、治療が必要です。また、パートナーも治療が必要です。治療が不十分であると、後に治療困難な尿道狭窄(尿道が狭くなり、それによって排尿障害を生じるもの)となる場合もあります。 注意事項はありますか? 診察前に採尿をさせていただきますので、直前のお手洗いはご遠慮下さい。 子供は連れて行けますか?[nishida-urology.com]
  • その他の泌尿器科疾患 主な疾患とその検査法・治療法 ※治療法の中で、赤背景 のものは当院で実施している治療です。[hospital.iuhw.ac.jp]
  • 尿路感染が認められれば、適切な抗菌剤により尿路感染の治療を行う。 腎機能のチェック 合併症としての腎機能障害のチェックのため、血液検査により血清クレアチニンのチェックを行う。 薬物治療 (8) 参照 自覚症状が軽度(国際前立腺症状スコア 7点)、残尿量 50ml、夜間排尿回数 3回といった軽症例では、無治療経過観察あるいは薬物治療による経過観察でよい。[med.nagoya-u.ac.jp]

疫学

  • の作成(第二報):質問票妥当性の検討(本間之夫) 不死化神経幹細胞移植による脊髄損傷ラットの排尿機能の回復(三井貴彦) 前立腺全摘除術後の排尿機能の変化 -神経血管束温存例と非温存例の比較- (曽根淳史) 排尿に関する疫学的研究(本間之夫) 下部尿路機能に関する用語基準:国際禁制学会標準化部会報告 日本排尿機能学会誌 第13巻第1号 平成14年10月発行 第9回日本排尿機能学会 プログラム・抄録集 日本神経因性膀胱学会誌 第12巻第2号 平成13年12月31日発行 前立腺肥大症に伴う排尿障害に対する[japanese-continence-society.kenkyuukai.jp]
  • (国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター) 会長発言:「下部尿路機能障害の新薬展望」 9月28日(金) 11:40 12:00 第1会場(レセプションホール) 演者: 吉田 正貴 (国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 泌尿器外科) シンポジウム1:「LUTSとフレイル・サルコペニア」 9月27日(木) 8:40 10:10 第1会場(レセプションホール) 司会: 後藤 百万 ( 名古屋大学大学院医学研究科 泌尿器科学) 西村 かおる ( NPO法人 日本コンチネンス協会) 演者: 「疫学的観点[www2.convention.co.jp]
  • 田崎 新資 職位 学内講師 専門分野 慢性腎不全、前立腺癌 研究領域 ドコサヘキサエン酸の腎癌における抗腫瘍効果の解明 腎癌に対する全摘除術と部分切除術の使い分けの最適化 去勢抵抗性前立腺癌におけるアンドロゲンレセプターの発現量 局在の評価法の確立による治療の最適化 資格等 泌尿器科専門医・指導医 医学博士 所属学会 日本泌尿器科学会 日本泌尿器内視鏡学会 日本透析医学会 日本臨床腎移植学会 常勤医師 川口 真 職位 医学研究科医師 専門分野 泌尿器科全般、腎移植 研究領域 がんゲノム研究 遺伝疫学的解析[ndmc.ac.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 会陰部皮膚使用と発毛への対応」 三井 貴彦 (山梨大学大学院医学工学総合研究部 泌尿器科学・泌尿器科) 「尿道形成術後 再狭窄例に対するマネージメントについて」 堀口 明男 (防衛医科大学校 泌尿器科学講座) シンポジウム5:「低活動膀胱 (UAB):新しい疾患概念へのチャレンジ」 9月28日(金)14:05 15:35 第1会場(レセプションホール) 司会: 山口 脩 (日本大学工学部 生命応用化学講座) 吉田 正貴 (国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 泌尿器外科) 演者: 「UABの病態生理[www2.convention.co.jp]

予防

  • […] e治験.comトップページ 治験・モニターを探す 治験とは 病気事典 よくあるご質問 運営会社 トップページ 病気事典 泌尿器科・肛門科 尿失禁 尿失禁 気になる病気の症状・原因・予防 自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう尿失禁は、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性(いつりゅうせい)尿失禁、機能性尿失禁に分類されます。それぞれのタイプに応じた治療が行われます。[e-chiken.com]
  • 泌尿器科学) 特別講演2:「超高齢社会と健康長寿」 9月27日(木) 11:00 11:30 第1会場(レセプションホール) 演者: 大島 伸一 (国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター) 司会: 藤澤 正人 (神戸大学大学院医学研究科 腎泌尿器科学分野) 特別講演3:「次世代へ繋げる排尿障害の研究」 9月27日(木) 12:50 13:30 第1会場(レセプションホール) 演者: 山口 脩 (日本大学工学部 生命応用化学講座) 司会: 河邉 香月 (東京逓信病院) 特別講演4:「フレイルの考え方と予防[www2.convention.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!