Edit concept Question Editor Create issue ticket

大結節性肝硬変


提示

体重減少
  • 肝硬変が進行すると、体重減少、 手掌紅斑 (palmer erythema、掌の小指側の紅潮)が見られる場合もある。腹部超音波検査などで肝硬変に至った肝臓を見た場合、本来は比較的滑らかな表面をしているはずの肝臓は、表面に凹凸が見られるようになる。肝硬変はヒト以外の動物にも起こり得る病変であり、動物種によって肝臓の形状にこそ違いはあるものの、肝硬変になると肝臓の表面に凹凸が現れるのは共通である。なお、肝硬変に至ったヒトの肝臓は、左葉が腫大し、右葉が萎縮した形状に変化しているのが観察される。[ja.wikipedia.org]
黄疸
  • 黄疸 老廃赤血球は処理されてビリルビンという物質になりますが、それが過剰に蓄積された状態をいいます。通常は軽度の黄疸のみです。急に増悪したり、いよいよどうにもならなくなったときには、黄疸は高度になってきます。つまり、黄疸の増強・急速な進行は 急性増悪劇症化 のサインともいえます。 浮腫・腹水 殆ど必発の症状です。主な原因として、肝臓の合成力が低下することによって血漿浸透圧が低下し、血管内に水分を保持できなくなった結果、血管外への水分の浸出が増えてしまいます。[fujimoto.or.jp]
  • 検査と診断 身体症状 アルコール性肝炎では発熱、黄疸、肝腫大に伴う圧痛など。 肝硬変に至れば、肝硬変特有の症状もみられる。 重症アルコール性肝炎に至れば、劇症肝炎と同様の症状がみられる。 問診 飲酒の習慣について詳しくたずねる。 血液検査 黄疸、白血球数、γ-GTP、AST・ALTなど。 超音波検査・CT検査 脂肪肝などの診断に有用。 肝生検 肝障害の程度、病型などの診断に有用。 治療法 生活指導 禁酒によって肝障害の改善がみられる。[nurseful.jp]

精密検査

  • 胆管腫瘍 (たんかんしゅよう) 肝外胆管(肝臓から十二指腸への胆汁の通り道)にできた腫瘍であり黄疸をきたすことがあるため早急に精密検査が必要です。 胆管壁肥厚 (たんかんへきこう) 胆管の壁が厚くなった状態であり炎症や腫瘍が疑われます。精密検査を受けて下さい。 胆泥 (たんでい) 濃縮胆汁や感染に伴う炎症性産生物のことですが、胆嚢がんなどの腫瘍と紛らわしい超音波像を示すため精密検査が必要です。 胆嚢気腫 (たんのうきしゅ) 胆嚢内にガス像を認める状態です。[ningen-dock.jp]
グロブリンの増加
  • 肝硬変が進行すると、血小板数の減少、タンパク質であるアルブミン値の低下、γ (ガンマ) ‐グロブリン(免疫グロブリン)の増加、血液凝固検査におけるプロトロンビン時間(血液凝固因子を加えたときの血漿 (けっしょう) が固まる時間)の延長、コリンエステラーゼ(酵素)の低下などの検査異常が出てくる。脾腫 (ひしゅ) が高度となると脾機能亢進症となり、血小板数、ついで白血球数、さらに肝硬変が進行すると赤血球数が低下してくる。[kotobank.jp]
肝細胞癌
  • 現在の保険適用の疾患は、 先天性胆道閉鎖症 進行性肝内胆汁うっ滞症(原発性胆汁性肝硬変と原発性硬化性胆管炎を含む) アラジール症候群 バッドキアリー症候群 先天性代謝性疾患(家族性アミロイドポリニューロパチーを含む) 多発嚢胞肝 カロリ病 肝硬変(非代償期) 劇症肝炎(ウイルス性、自己免疫性、薬剤性、成因不明を含む) 細胞(肝硬変に合併し、遠隔転移と血管侵襲を認めない。[med.nagoya-u.ac.jp]
  • 急激に進行するI型と難治性腹水などを伴い比較的緩除に進行するⅡ型に分けられる. 7)細胞: 【 9-12-1)】 経過・予後 肝硬変の経過や予後は病因によって多様である.肝硬変の3大死因は,肝不全,消化管出血,細胞であるが,細胞による死亡の割合が増加し,細胞の合併が予後を規定する因子となっている.これは,肝不全や消化管出血に対する治療が進歩したことによるものと考えられる.[kotobank.jp]
  • 肝癌(細胞) 現場で役立つポイント 原発性肝癌 の約90%が 細胞 (下図)であり、その原因として C型肝炎 が多く、次いで B型肝炎 となる。 C型肝硬変 、 B型肝硬変 の患者さんは細胞のハイリスク群となるため、経過に十分注意する。 肝癌は、他の癌に比べて 再発率が高い 。ウイルス性肝炎から肝癌を発症した患者さんは、特に注意が必要である。必ず定期検査を受けるよう説明する。 肝S5 :肝右葉前下区域。 どんな疾患・病態?[nurseful.jp]
肝生検
  • [ 編集 ] では、再生結節を伴う線維化した肝組織を認める。再生結節の大きさが3 mmより小さいものは小結節性肝硬変と分類され、アルコール性肝硬変に多くみられる。3 mm以上のものは大結節性肝硬変と分類され、ウイルス性肝硬変に多く見られる。ただし、超音波検査や腹部CT検査などの非侵襲的な画像診断技術の進歩に伴い、侵襲的なは、肝硬変に診断において意義が薄れつつある。が必要とされるのは、肝硬変に伴って肝がんと見られる腫瘍組織らしきものが画像診断で発見された時である。[ja.wikipedia.org]
  • 超音波検査CT検査 治療法 治療法は、年齢やウイルス量、進行度によって決まる。 抗ウイルス療法 ウイルスの増殖を抑える。インターフェロン(IFN)、ラミブジンなどを用いる。 肝庇護療法 肝臓の破壊を防ぎ、肝機能を改善させる。ウルソデオキシコール酸などを用いる。 C型慢性肝炎 現場で役立つポイント C型慢性肝炎 とは、 C型肝炎ウイルス(HCV) の感染によって発症する疾患であり、肝硬変、肝癌へと進行する。[nurseful.jp]

治療

  • 治療法 血栓に対する治療として血管拡張術、直達手術(血栓除去術)、血管形成術、肝移植手術が行われている。基礎疾患を伴う症例では基礎 疾患の治療を併用する。また、肝機能障害、門脈圧亢進症に対しては対症療法が行われ、とくに食道胃静脈瘤に対しては内視鏡的治療などの予防治療が行われ る。 7. 研究班 非ウイルス性鬱血性肝硬変の病態解析・治療法確立に関する研究[nanbyou.or.jp]
  • 肝硬変の治療は、主として合併症(肝不全、肝性脳症、腹水や食道・胃静脈瘤)に対する治療が中心です。それぞれの合併症にどのような治療法があるのかみてみましょう。 肝不全に対する治療 アミノ酸製剤(リーバクト顆粒、アミノレバン) 肝硬変患者が不足しがちなアミノ酸を供給することにより、肝臓でのたんぱく合成を助ける。 高アンモニア血症の治療 モニラック、カロリールゼリー、ポルトラック、ピアーレなど。 腹水や浮腫の治療 アルダクトンA、ラシックス、ダイアートなどの利尿剤。[okunoclinic.com]
  • 治療成績 治療開始前 陽子線治療の線量分布 国立がん研究センター東病院では、2007年7月までに60名の原発性肝細胞癌の治療を行いました。 初回治療としてお受けいただいた方は24名、再発後の治療としては36名でした。腫瘍の大きさは平均4.5センチメートル、最大10センチメートルでした。 陽子線治療後に再発なく3年生存された方は18%でしたが、ラジオ波や動脈塞栓術などの再発に対する治療によって再び治癒が得られ、3年後に生存しておられた方は56%でした。[ncc.go.jp]

疫学

  • 疫学 年間約300人前後通院あるいは入院しており、有病率は人口100万人当たり2.4人 3. 原因 肝静脈あるいは肝部下大静脈の先天的な血管形成異常や、後天的な血栓等が原因として考えられているが、約70%は原因不明。基礎疾 患として、血液疾患、経口避妊薬の服用、妊娠・出産、腹腔内感染、血管炎、血液凝固異常等を合併している症例があるが、単一の病因として指摘されているも のはない。欧米では、血液凝固異常に関する遺伝子異常の報告があるが、我が国の症例では明確な関連がない。[nanbyou.or.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] ウイルス性肝炎 ( B型肝炎 、 C型肝炎 など)、 アルコール性肝疾患 、 原発性胆汁性胆管炎 、 原発性硬化性胆管炎 、 鉄の過剰 による臓器損傷 [1] 、 自己免疫性肝炎 、 ウィルソン病 などの慢性肝疾患が原因となり、あるいはこれらの疾患が進行した終末像である [2] 。2002年現在、日本には約40万人の肝硬変患者がおり、60%がC型肝硬変、15%がB型肝硬変、12%がアルコール性肝硬変である [3] 。[ja.wikipedia.org]
  • 疫学 わが国の肝硬変患者は約40万 50万人,男女比は約2:1と推定されている.原発性肝癌による死亡(年間32765人)を除く肝疾患死亡者数は16216人であり,その大半が肝硬変による死亡と考えられる(厚生労働省平成22年人口動態統計).肝硬変患者の死因は70 80%が 肝細胞癌 によるものであり,続いて肝不全,消化管出血となる.[kotobank.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • [予防] 予防法もそれぞれの原因によって、当然、異なります。 肝硬変は、ウイルス性肝炎から進展することが多いので、ウイルス性肝炎にかからないことが予防の第一歩です。 肝硬変に進展するのは、B型肝炎とC型肝炎です。両方とも、血液、体液を介して感染するので、このウイルスに感染している人の血液や体液に触れないことが必要です。それ以外の一般的な日常生活の接触で感染することは、まずありません。 慢性肝炎からの進展を防ぐこともたいせつです。そのためには、なるべく肝細胞が壊されないことが望まれます。[kotobank.jp]
  • また、肝機能障害、門脈圧亢進症に対しては対症療法が行われ、とくに食道胃静脈瘤に対しては内視鏡的治療などの予防治療が行われ る。 7. 研究班 非ウイルス性鬱血性肝硬変の病態解析・治療法確立に関する研究[nanbyou.or.jp]
  • そのために、門脈圧を低下させる薬(β-受容体拮抗薬であるプロプラノロールなど)を投与して肝静脈圧を12mmHg以下に保つことによって食道静脈瘤破裂を予防することが可能になります。 図1 肝硬変での門脈圧亢進症 肝硬変になると食道、胃に静脈瘤ができ、ときに破裂して出血することがあります。 図2 食道静脈瘤と静脈瘤破裂との関係 (Bosch Jら、Semin Liver Dis、2008より) 肝硬変はいろいろな原因によって生じた肝障害が治癒することなく、長い経過を経た慢性肝障害の終末期の状態です。[okunoclinic.com]
  • 便秘予防に配慮し、食物繊維を十分に摂取して便通をよくすることも必要となります。栄養状態の悪い肝硬変の場合は吸収のよいアミノ酸製剤を使用される場合もあります。 このように病状によって食事内容が異なるため、医師の指導のもと、管理栄養士に相談しながら食事療法を進めていくことが必要となります。 (管理栄養士 村上 智子) 診療科の特色 消化器科 現在消化器科は5人のスタッフと2人のレジデントが勤務し、毎日の外来診療、検査(上部・下部消化管内視鏡、腹部超音波)、病棟診療を行っています。[nho-kumamoto.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!