Edit concept Question Editor Create issue ticket

多発性骨髄腫


提示

  • Palumboらは年齢による各種抗骨髄腫治療薬の減量規準を提案しており 3) ,この中にデキサメタゾンの減量案も提示されている。しかし,これはエビデンスに基づいた規準ではなく,経験的なものであり慎重に用いるべきである。 参考文献 1)Rajkumar SV, et al.[jshem.or.jp]
腎不全
  • この抗体が腎臓を傷害して不全を引き起こすことが高頻度にみられます。血液腫瘍の一種ですが、血液腫瘍としては最も進行のゆっくりした病気です。 多発性骨髄腫 診断のポイント 典型的な症状は、貧血を伴う難治性の腰痛や原因不明の不全です。 診断は、血液検査や尿検査でMタンパクの有無を検査することから始まります。 Mタンパクが存在すれば、全て多発性骨髄腫というわけではありません。 Mタンパクが検出されたら、次に骨髄検査と骨の異常を見るためのX線検査をおこない、これらを総合して診断します。[chukyo.jcho.go.jp]
  • 目次 最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 84 / 血液10 多発性骨髄腫 (畠 清彦 編集) 多発性骨髄腫の治療法は2000年以前まではMP療法,VAD療法,移植しか治療法がなく,肺炎などの感染症,不全,疾患の進行で死亡し,2年生存率は50%程でした.その後,サリドマイド,ボルテゾミブ,レナリドミドのプロテアソーム阻害薬が3剤承認され,単剤,2剤併用,3剤併用といった治療法の選択の幅も拡がり,更にビスホスホネート剤の登場によりQOLも改善し,慢性疾患になったともいえる状況です.[saishin-igaku.co.jp]
  • 急性不全も慢性不全も起こりうる。その一般的な原因としては、高カルシウム血症や、腫瘍細胞から異常産生されるグロブリン軽鎖による腎尿細管障害がある。 その他の原因として、繰り返す腎盂腎炎、腫瘍細胞浸潤などがある。M蛋白のうち軽鎖部分はアミロイドを形成しやすく,腎糸球体へのアミロイド蛋白沈着(アミロイドーシス)による腎障害も起こり得る. 骨髄腫患者の50%以上に腎障害が出現するといわれている. 骨髄腫で認められる貧血は一般的には正球性・正色素性貧血である。[ja.wikipedia.org]
  • IMWG(International Myeloma Working Group)診断基準の症候性骨髄腫 血清M蛋白3g以上 もしくは/とともに 骨髄におけるクローナルな形質細胞比率10%以上 臓器障害あり※ ※臓器障害とは 高カルシウム血症 11mg/dlまたは基準値より1mg/dlを超える上昇 不全 Cre 2mg/dl 貧血 Hbが基準値より2g/dl以上低下または10g/dl未満 骨病変 溶血病変または圧迫骨折を伴う骨粗鬆症(MRI,CT) 過粘稠症候群、アミロイドーシス、年2回以上の細菌感染症[shonankamakura.or.jp]
骨の痛み
  • 1_痛み この病気になると骨の中心にある骨髄(赤血球、白血球、血小板を造っている)で骨髄腫細胞が周りの骨を破壊しながら増え続けるため、痛みを感じるようになり、全身のいたるところの骨が弱く折れやすくなります。痛みの場所が移動するのも特徴のひとつです。 2_身体のだるさ、めまい、動悸、頭痛 これは骨髄の中で骨髄腫細胞が増え、正常の造血機能が障害されるためにあらわれる貧血による症状です。[uwajima-mh.jp]
  • 痛みや骨折が発生することが多く、腎臓障害、免疫機能の低下(易感染状態)、筋力低下、錯乱などがみられることもあります。 血液検査や尿検査で各種の抗体の量を測定することで診断が下され、骨髄生検によって確認されます。 治療では、化学療法薬やコルチコステロイドがよく使用されます。 多発性骨髄腫患者の平均年齢は約65歳です。原因は明らかではないものの、近親者での発生率が高いことから、遺伝の関与が疑われています。ベンゼンなどの有機溶剤への接触と同様に、放射線への曝露も有力な原因と考えられます。[msdmanuals.com]
骨粗鬆症
  • 骨粗鬆症 多発性骨髄腫の合併症として骨がもろくなっている。 この治療に関してはゾメタという静脈注射で治療を行っている。 4月22日に整形外科で CT スキャンを行い骨密度の検査を行った。 骨密度は1年前とほぼ同じで20才男性平均との比較で77%、同年代比較で83%とのことである。 激しい運動や、腰などに負荷のかかる運動や作業は十分注意する必要がある。 頭髪 少しは伸びているが、まだまだ短い。 ほっぺたの顔髭はあまり成長してないが、口の周りのヒゲは一センチ程度伸びている。[tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp]
  • 全身骨X線所見は4段階で評 価され、 0:正常、1:骨粗鬆症、2:骨融解病、3:多発性骨融解病変 に分類されていま す。骨病変評価において問題となるのは高齢者における骨粗鬆症と骨髄腫の骨病変と の鑑別となります。また単純X検査では治療後の骨病変の評価が困難であり、最近では CT(マルチスライスCTにより全身撮影が1度で可能)あるいはMRI(全身骨評価は1度で は困難)による評価が同時に施行されております。 (2)腎障害 多発性骨髄腫症例の約25%に診断時 血清クレアチニン上昇 が認められます。[med.osaka-cu.ac.jp]
  • IMWG(International Myeloma Working Group)診断基準の症候性骨髄腫 血清M蛋白3g以上 もしくは/とともに 骨髄におけるクローナルな形質細胞比率10%以上 臓器障害あり※ ※臓器障害とは 高カルシウム血症 11mg/dlまたは基準値より1mg/dlを超える上昇 腎不全 Cre 2mg/dl 貧血 Hbが基準値より2g/dl以上低下または10g/dl未満 骨病変 溶血病変または圧迫骨折を伴う骨粗鬆症(MRI,CT) 過粘稠症候群、アミロイドーシス、年2回以上の細菌感染症[shonankamakura.or.jp]
背部痛
  • 特に胸椎や腰椎などの脊椎では、重力により押しつぶされる骨折(圧 迫骨折)が起こりやすく、背部や腰痛が生じます。さらに、背骨が強く変形すると、背骨の中を通っている脊髄という神経が圧迫されてしまい、手足のしびれ や麻痺、排尿や排便の障害等の非常に重篤な症状が起こります。また骨髄腫細胞が骨髄での造血を妨げることにより、倦怠感や息切れ、易感染性、出血傾向等の 症状が現れます。さらにM蛋白は腎臓などの臓器にも悪影響を及ぼすことがあり、腎の機能が低下してしまいます(むくみなどの症状がでます)。[kanden-hsp.jp]
紫斑病
  • 播種性血管内凝固症候群 (DIC) 特発性血小板減少性紫斑 (ITP) (ICD-10: D69.3) 治療 大量免疫グロブリン静注 を行う。大量免疫グロブリン静注とは、大量の 免疫グロブリン を静脈内注射すること。 血栓性血小板減少性紫斑 溶血性尿毒症症候群 (HUS) 病態 腸管出血性大腸菌感染症 に続発する。 統計 乳幼児や老人に多い。 検査 末梢血塗沫標本 では、ボロボロになった破砕赤血球が認められる。[ja.wikipedia.org]
貧血
  • 三大症状は、①貧血、②骨痛や骨折、③腎臓機能の悪化(むくみが出たり尿が減る)、です 患者さんによって症状はさまざまですが、一般的に、①血球(赤血球、血小板、白血球)が減少し、貧血などの症状が起こる、②骨に障害が起こり、腰痛が起きたり、骨折しやすくなる、③腎臓の機能が悪くなり、むくみが出たり尿が減る、というのが三大症状です (図4) 。 図4 多発性骨髄腫ではさまざまな症状があらわれます では、なぜ血球が減少するのでしょう。[kotsuzuishu.jp]
  • さらに骨髄腫細胞が増えると正常な血液細胞が作られなくなり、貧血や出血、病原菌に対する抵抗力がなくなり感染症を引き起こすなどの症状も出てきます。 血液の働きを損なう ガン細胞が骨髄を占領してしまい、正常な血液細胞が造られなくなる。それにより貧血や出血傾向など血液の異常による症状も起こるようになります。 だるさ、息切れ、動悸などの貧血症状 出血しやすくなる(青アザ、鼻血など) ガン細胞がM蛋白という特殊なたんぱくを作るため血液中の総たんぱく量が増える。[sk-blood.com]
疼痛
  • 2.放射線治療 骨髄腫細胞は一般に放射線に感受性が高く、腫瘍縮小や疼痛(とうつう)緩和のために放射線治療が用いられます。 1)疼痛緩和を目的とする場合 限局的な骨病変による疼痛に対しては、多くの場合、少量の局所放射線照射(20Gy[グレイ]程度)で十分な効果が得られます。 2)腫瘤の消失・縮小を目的とする場合 腫瘤(しゅりゅう)の消失や縮小を目的とする場合、必要な放射線総量は疼痛緩和よりも多い35 40Gyが用いられます。[ganjoho.jp]
  • *4 脊髄圧迫症状:脊椎が変形して神経が圧迫されるために生じる疼痛(とうつう)・手足のしびれ・麻痺、排尿・排便の障害などの症状を指す。 3.原因 骨髄腫細胞にはさまざまな遺伝子や染色体の異常が生じていることが知られていますが、その原因ははっきりしていません。 40歳未満での発症は非常にまれで、年齢が進むにつれて発症数が増加し、性別では男性にやや多い傾向があります。わが国では1年間に人口10万人あたり5人発症するといわれています。[ganjoho.jp]
  • 腫瘍細胞が脊柱管浸潤に浸潤すると、脊髄圧迫による根性疼痛・膀胱直腸障害がおこり、さらに進行すると麻痺を生ずる。また、アミロイド蛋白の蓄積によって末梢神経障害を生ずることもある(アミロイドーシス)。 蛋白分画 免疫電気泳動 蛋白尿 ベンス ジョーンズ蛋白 クレアチニン・クリアランス X線単純撮影: 骨に「打ち抜き像 (punched out lesion)」と呼ばれる骨融解像がみられる。[ja.wikipedia.org]
  • 骨病変に対して疼痛緩和の目的にて25Gyほど行います。 支持療法 骨病変 骨関連事象を防ぐためにビスフォスフォネートを使用します。 ゾメタ4mg NS100 15分以上かけて点滴 月1回の点滴 腎障害では減量が必要。また特殊な副作用として顎骨壊死があります。 抜歯を含めた歯の治療には注意が必要となります。[shonankamakura.or.jp]
倦怠感
  • ・ボルテゾミブ(ベルケイド) 副作用: 末梢神経障害、間質性肺炎、帯状疱疹、Plt低下 ・カーフィルゾミブ(カイプロリス) 副作用: 倦怠、貧血、血小板減少 ・イクサゾミブ(ニンラーロ) 副作用: 血小板減少、皮疹、下痢・吐き気 ②免疫調整剤 血管新生因子(VEGF) 、炎症性サイトカイン(TNFα・IL-6 )、NK細胞・細胞障害性T細胞を活性化します。[med.oita-u.ac.jp]
  • 貧血による倦怠、腎機能低下も頻度の高い症状です。この4つの症状は骨髄腫の代表的な症状で、頭文字(CalciumのC、Renal insufficiency 腎障害のR、Anemia 貧血のA、Bone lesion 骨病変のB)をとってCRABと呼ばれます。CRABの他、体の免疫力が低下して感染症にかかりやすくなる、血液中のM蛋白が増えて血液がドロドロになり血行障害を来す過粘稠症候群などの症状も見られます。[kurume-u-blood.net]
  • また骨髄腫細胞が骨髄での造血を妨げることにより、倦怠や息切れ、易感染性、出血傾向等の 症状が現れます。さらにM蛋白は腎臓などの臓器にも悪影響を及ぼすことがあり、腎の機能が低下してしまいます(むくみなどの症状がでます)。 検査 骨髄穿刺(こつずいせんし)という検査を行い、骨髄の造血の状態と骨髄腫細胞の割合および特徴を調べます。顕微鏡で観察される形態のほかに、細胞の表面に出ているマーカーの検査から、骨髄腫細胞の成熟 度について判定します。[kanden-hsp.jp]
発熱
  • 3_発熱、出血傾向 発熱の主な原因は正常の抗体がつくられにくくなるために細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり感染症を合併しやすくなるためですが、多発性骨髄腫の病気自体のために発熱を伴うこともあります。血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。 4_その他 食飲不振、体重減少、むくみ、あるいは手足のしびれなどの神経症状も認めます。また、腫瘤を触れることで見つかる場合もあります。[uwajima-mh.jp]
  • その他に、発熱、発疹、胃腸障害(便秘、下痢、悪心)などが起こることがあります。また、副作用としてボルテゾミブの投与中に帯状疱疹(たいじょうほうしん) ※1 を発症することがあるため、予防のために抗ウイルス薬(アシクロビル)を内服します。 ※1帯状疱疹:水痘(水ぼうそう)を引き起こすウイルスが体内に潜伏し、免疫力が低下したときに再び感染症を引き起こす疾患で、神経痛や水ぶくれを伴う。症状があらわれるのは体の片側だけであり、発症後早期の治療介入が重要。[ganjoho.jp]
  • 急に発熱したり、胸が痛んだり、しつこい咳や息切れなどを感じたら、すぐに担当医に連絡しましょう。 【日和見(ひよりみ)感染症について】 日和見感染症とは、健康な人には害のないような弱い細菌や真菌(カビ)、ウイルスなどにより感染症を発症することです。血液がんにより、あるいは治療中に起こりやすい感染症で、重症化する場合もあります。 人はさまざまなウイルスや細菌、真菌などから感染を受けながら、体の中の状態を維持しています。[ganjoho.jp]
  • 赤血球、白血球、血小板が減ることにより、息切れや動悸、発熱、出血しやすいなどの症状が現れます。 (2) Mタンパクによる障害 Mタンパクには体を守る働きはなく、正常な免疫グロブリンが減ってしまい、免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなります。このMタンパクが大量に増えると血液の粘稠度が上がり、血液の循環が悪くなります(過粘稠度症候群)。頭痛やめまいなどの症状を生じます。腎臓に詰まると腎不全を来たし、むくみがでることもあります。[iwate-med.ac.jp]
疲労
  • 以下の障害がひとつでもみられた際には医師の診察を受けてください: 骨痛、特に背骨または肋骨 易骨折性の骨 原因不明の発熱や頻繁な感染症 内出血や出血が生じ易い 呼吸障害 四肢の脱力感 強い疲労感 腫瘍は骨を損傷し、高カルシウム血症(血液中のカルシウム過多)を誘発することがあります。高カルシウム血症は腎臓、神経、心臓、筋肉および消化器官を含む身体中の多くの器官に影響し、重大な健康障害を誘発することがあります。[imic.or.jp]
  • その他の副作用として、骨髄抑制(好中球減少、血小板減少)、皮膚障害、疲労、めまいがあります。 閉じる 3)サリドマイド(サレド) サリドマイドは、レナリドミドと同じく免疫調節薬であり、骨髄腫細胞の増殖を抑制します。1950年代に催眠鎮静薬として販売されましたが、妊娠中の女性が服用することにより胎児に重度の先天異常を引き起こしたため、世界各国で販売中止と回収が行われました。[ganjoho.jp]
歯肉出血
  • 血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。 4_その他 食飲不振、体重減少、むくみ、あるいは手足のしびれなどの神経症状も認めます。また、腫瘤を触れることで見つかる場合もあります。病気が進行すると骨が溶け出すことにより、血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。 貧血の程度、血清カルシウム濃度、骨X線写真による骨融解像の程度、およびMタンパクの量の4項目によりⅠ、Ⅱ、Ⅲ期に分類されます。[uwajima-mh.jp]
  • また血小板が減少することにより、出血しやすくなるため、皮下 出血、鼻出血、歯肉出血などもみられます。その他食飲不振、体重減少、むくみなどが初発症状となることもあります。 最近では病気の治療中や検診などで偶然に発見されることが多くなっていますが、この場合は無症状のことがほとんどです。 病気が進行すると骨折したり、背が低くなったりします。また骨が溶けだすことにより血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。[niigata-cc.jp]
肝脾腫
  • 肝腫大と脾腫大を併せてと言う。 合併症 白血病への移行や脾臓破裂等を合併する危険がある。 病態 骨髄 が線維組織に置き変わってしまう(別の組織が線維組織に置き変わってしまうことを線維化と言う)。血液を造る場所(造血の場)である骨髄が線維化を起こすので、代わりに肝臓や脾臓が造血の場となる(骨髄以外の造血が増加することを髄外造血亢進と言う)。髄外造血亢進によってが起こる。 検査 血液検査 血清生化学検査 好中球アルカリフォスファターゼが上昇する。[ja.wikipedia.org]
  • 表1 IMWGによる形質細胞腫瘍の診断規準 Non-IgM MGUS 非IgM型意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症 ①血清中非IgM型M蛋白 3g/dL ②クローナルな骨髄中形質細胞 10% ③臓器障害(CRABまたはアミロイドーシス)を認めない ①〜③のすべてを満たす IgM MGUS IgM型意義不明の単クローン性ガンマグロブリン血症 ①血清中IgM型M蛋白 3g/dL ②骨髄中リンパ形質細胞浸潤 10% ③次の症候を欠如(貧血,全身症状,過粘稠,リンパ節腫大,とそれ以外の臓器障害[jshem.or.jp]
頭痛
  • M蛋白が増えると血がドロドロになって血管の中を流れにくくなり、頭痛や目が見えにくいといった症状を引き起こすこともあります。 3. 治療 異常形質細胞が骨髄の細胞の10%を超え、M蛋白が3g以上あれば多発性骨髄腫と診断されます。ただし、それ以外の検査値異常や自覚症状がない場合は治療の必要はなく、3か月に1回程度の通院で経過観察します。貧血、骨の病変、腎臓の異常、血液中のカルシウム濃度が高いなど、多発性骨髄腫に関連する症状があれば抗がん剤と副腎皮質ステロイドによる治療を行います。[kanazawa-med.ac.jp]
  • 2_身体のだるさ、めまい、動悸、頭痛 これは骨髄の中で骨髄腫細胞が増え、正常の造血機能が障害されるためにあらわれる貧血による症状です。 3_発熱、出血傾向 発熱の主な原因は正常の抗体がつくられにくくなるために細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり感染症を合併しやすくなるためですが、多発性骨髄腫の病気自体のために発熱を伴うこともあります。血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。[uwajima-mh.jp]
末梢神経障害
  • (2)POEMS症候群(Crow-Fukase [クロウ・フカセ] 症候群、高月病) POEMS症候群は、主な症状である多発神経炎(Polyneuropathy)による末梢神経障害、臓器腫大(Organomegaly)、内分泌異常(Endocrinopathy)、Mタンパク血症(Monoclonal Protein)、皮膚症状(Skin Changes)の頭文字を集めた症候群で、ほかに浮腫(ふしゅ)、胸腹水(きょうふくすい)などがみられる全身性の疾患です。[ganjoho.jp]
めまい
  • 2_身体のだるさ、めまい、動悸、頭痛 これは骨髄の中で骨髄腫細胞が増え、正常の造血機能が障害されるためにあらわれる貧血による症状です。 3_発熱、出血傾向 発熱の主な原因は正常の抗体がつくられにくくなるために細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まり感染症を合併しやすくなるためですが、多発性骨髄腫の病気自体のために発熱を伴うこともあります。血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、鼻出血、歯肉出血などがみられることもあります。[uwajima-mh.jp]
  • 頭痛やめまいなどの症状を生じます。腎臓に詰まると腎不全を来たし、むくみがでることもあります。 (3) 骨の症状 骨からカルシウムが溶け出し、骨がもろくなり骨折が起きやすくなります。また血液中のカルシウムが高くなり、高カルシウム血症になると口の渇きや意識障害などが現れます。脊椎の圧迫骨折では、神経が圧迫され、手足の麻痺といった重篤な症状が起こることがあります。 多発性骨髄腫の診断 多発性骨髄腫の診断と治療方針を決定するためには、いくつかの検査が必要です。[iwate-med.ac.jp]
  • 4)血漿交換療法 M蛋白が非常に多く、血液の粘ちょう性が増して、出血、視力低下、めまい、頭痛、しびれ、息切れなどの症状が強い場合には血液中のM蛋白量を急速に減らすために血漿交換(血液型の同じ健康なヒトの血漿ととりかえる)を行う場合があります。 病期(ステージ)別の治療法 治療は腫瘍のタイプと病期、年齢、全身状態などを考慮して行われます。[niigata-cc.jp]
錯乱
  • 骨の痛みや骨折が発生することが多く、腎臓障害、免疫機能の低下(易感染状態)、筋力低下、錯乱などがみられることもあります。 血液検査や尿検査で各種の抗体の量を測定することで診断が下され、骨髄生検によって確認されます。 治療では、化学療法薬やコルチコステロイドがよく使用されます。 多発性骨髄腫患者の平均年齢は約65歳です。原因は明らかではないものの、近親者での発生率が高いことから、遺伝の関与が疑われています。ベンゼンなどの有機溶剤への接触と同様に、放射線への曝露も有力な原因と考えられます。[msdmanuals.com]
  • 高カルシウム血症では以下の症状がみられることがあります: 食欲低下 悪心・嘔吐 口渇感 頻尿 便秘 強い疲労感 筋力低下 情動不安 精神的錯乱や思考障害 多発性骨髄腫と他の形質細胞腫瘍はアミロイドーシスと呼ばれる状態の原因となる可能性があります。 稀に、多発性骨髄腫により臓器不全の誘発されることがあり、これはアミロイドーシスと呼ばれる状態においてみられることがあります。抗体蛋白が増加して結合し腎臓や心臓などの臓器に集積すると臓器は硬化し機能不全となります。[imic.or.jp]
  • 錯乱 または思考の障害。 多発性骨髄腫とその他の形質細胞腫瘍は、アミロイドーシスと呼ばれる病態を引き起こすことがあります。 まれに、多発性骨髄腫から末梢神経(脳や脊髄以外を走っている神経)障害や臓器不全に至ることもあります。これはアミロイドーシスと呼ばれる病態が原因と考えられます。この病態では、抗体蛋白が互いに結合し、末梢神経や腎臓や心臓などの臓器に蓄積します。こうなるとその神経や臓器は硬くなり、本来の機能を果たせなくなる可能性があります。[cancerinfo.tri-kobe.org]
知覚障害
  • 骨髄腫による脊髄圧迫(知覚障害や運動麻痺[まひ]など)がある場合には、MRIなどによる診断と、放射線照射・ステロイドによる治療をできるだけ速やかに(48時間以内に)開始する必要があります。 3.合併症に対する治療 多発性骨髄腫に伴う症状や合併症に対して、次のような治療が行われることがあります。 1)腎障害 多発性骨髄腫では、Mタンパクや高カルシウム血症、骨髄腫細胞の浸潤(しんじゅん)などが原因となり、腎障害が起きることがあります。[ganjoho.jp]
便秘
  • 1_抗がん剤の副作用 悪心、嘔吐、脱毛、造血障害、粘膜障害、心臓機能障害、手足のしびれ、精神症状、糖尿病、便秘等があります。悪心、嘔吐は制吐剤を投与することにより軽減できます。造血障害は一時的なもので1 2週間で回復しますが、遷延した場合には重症感染症を合併したり輸血が必要になることもあります。 またボルテゾミブによる造血障害や手足のしびれや呼吸器障害、レナリドマイドによる造血障害や血栓症、サリドマイドによる血栓症や眠気や便秘等があります。[uwajima-mh.jp]
  • その他に、発熱、発疹、胃腸障害(便秘、下痢、悪心)などが起こることがあります。また、副作用としてボルテゾミブの投与中に帯状疱疹(たいじょうほうしん) ※1 を発症することがあるため、予防のために抗ウイルス薬(アシクロビル)を内服します。 ※1帯状疱疹:水痘(水ぼうそう)を引き起こすウイルスが体内に潜伏し、免疫力が低下したときに再び感染症を引き起こす疾患で、神経痛や水ぶくれを伴う。症状があらわれるのは体の片側だけであり、発症後早期の治療介入が重要。[ganjoho.jp]
  • 共通の副作用: 催奇形成 ・サリドマイド(サレド) 副作用:しびれ、便秘、浮腫、深部静脈血栓症、皮疹 ・レナリドマイド(レブラミド) 副作用:血球減少、腎障害、深部静脈血栓症、二次発癌 ・ポマリドマイド(ポマリスト) 副作用:血球減少、深部静脈血栓症 ③抗体薬 骨髄腫細胞の表面にある物質に対し作用する抗体です。直接的に骨髄腫細胞を壊したり、骨髄腫細胞の表面にくっついた抗体が目印となってNK細胞などの免疫細胞が骨髄腫細胞を障害します。[med.oita-u.ac.jp]
吐き気
  • ・ボルテゾミブ(ベルケイド) 副作用: 末梢神経障害、間質性肺炎、帯状疱疹、Plt低下 ・カーフィルゾミブ(カイプロリス) 副作用: 倦怠感、貧血、血小板減少 ・イクサゾミブ(ニンラーロ) 副作用: 血小板減少、皮疹、下痢・吐き気 ②免疫調整剤 血管新生因子(VEGF) 、炎症性サイトカイン(TNFα・IL-6 )、NK細胞・細胞障害性T細胞を活性化します。[med.oita-u.ac.jp]
下痢
  • ・ボルテゾミブ(ベルケイド) 副作用: 末梢神経障害、間質性肺炎、帯状疱疹、Plt低下 ・カーフィルゾミブ(カイプロリス) 副作用: 倦怠感、貧血、血小板減少 ・イクサゾミブ(ニンラーロ) 副作用: 血小板減少、皮疹、下痢・吐き気 ②免疫調整剤 血管新生因子(VEGF) 、炎症性サイトカイン(TNFα・IL-6 )、NK細胞・細胞障害性T細胞を活性化します。[med.oita-u.ac.jp]
  • 下痢やおう吐などの消化器毒性があるため、副作用に応じて減量や制吐剤などによるコントロールが必要ですが、通院せずに治療ができるという経口薬の特徴を活かし、仕事をしている患者さんなど、個々の生活スタイルに合わせた治療ができる」と鈴木センター長は期待しています。 近年、多発性骨髄腫の治療にMRD(minimal residual disease)という新しい概念が用いられるようになってきました。[akiramenai-gan.com]
  • その他に、発熱、発疹、胃腸障害(便秘、下痢、悪心)などが起こることがあります。また、副作用としてボルテゾミブの投与中に帯状疱疹(たいじょうほうしん) ※1 を発症することがあるため、予防のために抗ウイルス薬(アシクロビル)を内服します。 ※1帯状疱疹:水痘(水ぼうそう)を引き起こすウイルスが体内に潜伏し、免疫力が低下したときに再び感染症を引き起こす疾患で、神経痛や水ぶくれを伴う。症状があらわれるのは体の片側だけであり、発症後早期の治療介入が重要。[ganjoho.jp]
鼻出血
  • 血小板が減少することにより出血しやすくなるため、皮下出血、出血、歯肉出血などがみられることもあります。 4_その他 食飲不振、体重減少、むくみ、あるいは手足のしびれなどの神経症状も認めます。また、腫瘤を触れることで見つかる場合もあります。病気が進行すると骨が溶け出すことにより、血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。 貧血の程度、血清カルシウム濃度、骨X線写真による骨融解像の程度、およびMタンパクの量の4項目によりⅠ、Ⅱ、Ⅲ期に分類されます。[uwajima-mh.jp]
  • また血小板が減少することにより、出血しやすくなるため、皮下 出血、出血、歯肉出血などもみられます。その他食飲不振、体重減少、むくみなどが初発症状となることもあります。 最近では病気の治療中や検診などで偶然に発見されることが多くなっていますが、この場合は無症状のことがほとんどです。 病気が進行すると骨折したり、背が低くなったりします。また骨が溶けだすことにより血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。[niigata-cc.jp]
呼吸困難
  • 血液学的毒性を除くGrade 3以上の有害事象として,CFZ DEX群では血圧上昇(15%)と呼吸困難(6%)が多く,BOR DEX群では下痢(9%)と末梢神経障害(6%)が多い傾向であった。サブ解析において高リスク染色体異常を有する例の全奏効割合(ORR)は,CFZ DEX群は72.2%,BOR DEX群は58.4%,PFS中央値はそれぞれ8.8カ月と6.0カ月であり,高リスク群においてもCFZ DEX群の優位性が示された。[jshem.or.jp]

精密検査

  • 最近では、健診や人間ドックの血液検査で異常が発見され、精密検査で多発性骨髄腫と診断されることが増えています。 【参考文献】 日本骨髄腫学会編:多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月);文光堂 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版);日本血液学会 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]
  • 最近では、健診や人間ドックの血液検査で異常が発見され、精密検査で診断されることが増えています。 診断 診断のための検査 多発性骨髄腫の診断と治療方針を決めるためには、何種類かの検査が行われます。 検査の目的は骨髄腫細胞を確認するだけでなく、全身の臓器について合併症の有無などを確認することにあります。必要な検査は、血液検査、尿検査、骨髄検査、骨のX線検査やCT、MRI、PETなどの画像検査などです。[daidohp.or.jp]
正球性正色素性貧血
  • 末梢血液検査では, 色素貧血 ,赤血球の連銭形成(rouleaux formation),軽度の白血球減少,血小板減少を認めることが多い.形質細胞白血病では,末梢血中に形質細胞を多数認める.骨髄穿刺検査では,CD138 で形態学的に異型性のある形質細胞を認める(図14-10-25).CD38とCD19との発現を検索すると,単クローン性の形質細胞はCD38 2 CD19 であることが報告されている(Haradaら,1993).[kotobank.jp]

治療

  • 手指のこわばりについて、治療を受けてる医院の整形と血液内科の医師に相談したが、このような例はないらしく、これといった内容はなくよく分かりませんということであった。 骨粗鬆症 多発性骨髄腫の合併症として骨がもろくなっている。 この治療に関してはゾメタという静脈注射で治療を行っている。 4月22日に整形外科で CT スキャンを行い骨密度の検査を行った。 骨密度は1年前とほぼ同じで20才男性平均との比較で77%、同年代比較で83%とのことである。[tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp]
  • 【参考文献】 日本骨髄腫学会編:多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月);文光堂 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版);日本血液学会 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]

疫学

  • 放射線被ばくに伴う多発性骨髄種に関する疫学調査は、 (1) 広島・長崎の原爆被爆者を対象にした疫学調査 (2) 原子力施設の作業者を対象にした疫学調査 (3) 核実験に参加した作業者(ベテラン)を対象にした疫学調査 (4) 放射線診療を受けた患者を対象にした疫学調査 (5) 原子力施設等の周辺住民を対象にした疫学調査 に大別される。 上記の疫学調査の結果の概要を以下に示す。なお、多発性骨髄腫に関する文献と各文献の概要を 表1 に示す。[mhlw.go.jp]
  • 多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫の疫学 多発性骨髄腫の症状 多発性骨髄腫の診断 多発性骨髄腫の病期分類 多発性骨髄腫の予後 多発性骨髄腫の治療 多発性骨髄腫とは 多発性骨髄腫は、形質細胞のがんです。形質細胞はBリンパ球が成熟した段階の細胞で、免疫グロブリンというタンパク質をつくっています。この細胞ががん化して骨髄で増えることにより正常の造血が妨げられ、貧血、出血傾向や感染症などが生じます。[iwate-med.ac.jp]
  • 鈴木憲史「我が国における多発性骨髄腫の疫学的動向」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 57-62頁。 中路重之、高橋一平、佐藤論、秋元直樹、村下公一「多発性骨髄腫の疫学:国際比較」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 63-67頁。 片山雄太、坂井晃、板垣充弘、麻奥英毅「多発性骨髄腫の危険因子 MGUS/SMMから症候性骨髄腫進展のリスク因子」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 77-83頁。[ja.wikipedia.org]
  • 訳注: 《実施組織》一般社団法人 日本癌医療翻訳アソシエイツ(JAMT:ジャムティ)『海外癌医療情報リファレンス』( )宮武洋子 翻訳、吉原哲(兵庫医科大学病院、輸血・細胞治療科)監訳[2016.08.10]《注意》この日本語訳は、臨床医、疫学研究者などによる翻訳のチェックを受けて公 開していますが、訳語の間違いなどお気づきの点がございましたら、コクラン日本支部までご連絡ください。[cochrane.org]
  • 疫学・統計 40歳未満での発症は非常にまれで、年齢が進むにつれて発症数が増加し、性別では男性にやや多い傾向があります。わが国では1年間に人口10万人あたり2 3人発症するといわれています。 最近では、健診や人間ドックの血液検査で異常が発見され、精密検査で診断されることが増えています。 診断 診断のための検査 多発性骨髄腫の診断と治療方針を決めるためには、何種類かの検査が行われます。 検査の目的は骨髄腫細胞を確認するだけでなく、全身の臓器について合併症の有無などを確認することにあります。[daidohp.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 骨折予防にビスフォスフォネート製剤の点滴を併用します。 (3)自家末 梢血幹細胞移植: 非高齢者の方を対象に施行される治療法です。抗がん剤治療を何回か施行した後、自己の造血幹細胞を血球分離装置を用いて採取します。その後、造血幹細胞で 造血をサポートしながら大量の抗がん剤を投与して骨髄腫細胞にダメージを与えるという方法です。 (4)新規薬剤: サリドマイドやボルテゾミブといった骨髄腫に対する新しい薬剤が認可され骨髄腫の治療は格段に進歩しました。ただし特徴的な副作用が両方ともあり注意が必 要です。 [kanden-hsp.jp]
  • ・パノビノスタット(ファリーダック) 副作用:血小板減少、下痢 *それぞれの薬剤で特徴的な副作用がありますが、適切に対策をすることで重度の副作用を予防していきます。 65歳以上 MP療法(従来型の細胞障害性抗がん剤) ボルテゾミブ(MPB)、MP サリドマイド(MPT)が推奨治療とされていますが、その他レナリドマイド デキサメサゾン(Rd)療法、ボルテゾミブ デキサメサゾン(BD)療法などが選択されます。[med.oita-u.ac.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!