Edit concept Question Editor Create issue ticket

多発性骨髄腫


提示

腎不全
  • 急性不全も慢性不全も起こりうる。その一般的な原因としては、高カルシウム血症や、腫瘍細胞から異常産生されるグロブリン軽鎖による腎尿細管障害がある。 その他の原因として、繰り返す腎盂腎炎、腫瘍細胞浸潤などがある。M蛋白のうち軽鎖部分はアミロイドを形成しやすく,腎糸球体へのアミロイド蛋白沈着(アミロイドーシス)による腎障害も起こり得る. 骨髄腫患者の50%以上に腎障害が出現するといわれている. 骨髄腫で認められる貧血は一般的には正球性・正色素性貧血である。[ja.wikipedia.org]
骨の痛み
  • 多発性骨髄腫と異なり痛みは多くありません。しかし肝臓や脾蔵が腫れたり、しばしばリンパ節が腫れます。病気が進行してM蛋白がふえてくると血液の粘ちょう性が増し流れにくくなるため、先に述べた症状が強くなったり 、めまい、頭痛、難聴などの神経症状があらわれます。 診断 1)多発性骨髄腫 臨床症状から多発性骨髄腫が疑われる場合には、血液や尿の検査を行います。血清中や尿中にM蛋白が陽性で、骨髄穿刺液中に骨髄腫細胞が10%以上認められ、さらにレントゲン写真で多数の骨破壊病変が認められれば診断がつきます。[niigata-cc.jp]
骨粗鬆症
  • 骨粗鬆症 多発性骨髄腫の合併症として骨がもろくなっている。 この治療に関してはゾメタという静脈注射で治療を行っている。 4月22日に整形外科で CT スキャンを行い骨密度の検査を行った。 骨密度は1年前とほぼ同じで20才男性平均との比較で77%、同年代比較で83%とのことである。 激しい運動や、腰などに負荷のかかる運動や作業は十分注意する必要がある。 頭髪 少しは伸びているが、まだまだ短い。 ほっぺたの顔髭はあまり成長してないが、口の周りのヒゲは一センチ程度伸びている。[tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp]
貧血
  • Durie & Salmonの分類 I期:骨髄腫細胞が比較的少ない状態で、以下の項目をすべて満たす場合 貧血でない(ヘモグロビン 10g/dl) 高カルシウム血症がない(血清カルシウム 12mg/dl) レントゲン写真上、骨に異常がないか、あっても孤立性の形質細胞腫のみ M蛋白の量が少ない(IgG 5g/dl、IgA 3g/dlなど) II期:I期ならびにIII期の条件を満たさない場合 III期:骨髄腫細胞が非常に多い状態で、以下の項目のうち1つ以上を満たす場合 貧血が強い(ヘモグロビン 8.5g[niigata-cc.jp]
疼痛
  • *4 脊髄圧迫症状:脊椎が変形して神経が圧迫されるために生じる疼痛(とうつう)・手足のしびれ・麻痺、排尿・排便の障害などの症状を指す。 3.原因 骨髄腫細胞にはさまざまな遺伝子や染色体の異常が生じていることが知られていますが、その原因ははっきりしていません。 40歳未満での発症は非常にまれで、年齢が進むにつれて発症数が増加し、性別では男性にやや多い傾向があります。わが国では1年間に人口10万人あたり5人発症するといわれています。[ganjoho.jp]
  • 腫瘍細胞が脊柱管浸潤に浸潤すると、脊髄圧迫による根性疼痛・膀胱直腸障害がおこり、さらに進行すると麻痺を生ずる。また、アミロイド蛋白の蓄積によって末梢神経障害を生ずることもある(アミロイドーシス)。 蛋白分画 免疫電気泳動 蛋白尿 ベンス ジョーンズ蛋白 クレアチニン・クリアランス X線単純撮影: 骨に「打ち抜き像 (punched out lesion)」と呼ばれる骨融解像がみられる。[ja.wikipedia.org]
歯肉出血
  • また血小板が減少することにより、出血しやすくなるため、皮下 出血、鼻出血、歯肉出血などもみられます。その他食飲不振、体重減少、むくみなどが初発症状となることもあります。 最近では病気の治療中や検診などで偶然に発見されることが多くなっていますが、この場合は無症状のことがほとんどです。 病気が進行すると骨折したり、背が低くなったりします。また骨が溶けだすことにより血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。[niigata-cc.jp]
頭痛
  • 4)血漿交換療法 M蛋白が非常に多く、血液の粘ちょう性が増して、出血、視力低下、めまい、頭痛、しびれ、息切れなどの症状が強い場合には血液中のM蛋白量を急速に減らすために血漿交換(血液型の同じ健康なヒトの血漿ととりかえる)を行う場合があります。 病期(ステージ)別の治療法 治療は腫瘍のタイプと病期、年齢、全身状態などを考慮して行われます。[niigata-cc.jp]
めまい
  • 4)血漿交換療法 M蛋白が非常に多く、血液の粘ちょう性が増して、出血、視力低下、めまい、頭痛、しびれ、息切れなどの症状が強い場合には血液中のM蛋白量を急速に減らすために血漿交換(血液型の同じ健康なヒトの血漿ととりかえる)を行う場合があります。 病期(ステージ)別の治療法 治療は腫瘍のタイプと病期、年齢、全身状態などを考慮して行われます。[niigata-cc.jp]
末梢神経障害
  • また、アミロイド蛋白の蓄積によって末梢神経障害を生ずることもある(アミロイドーシス)。 蛋白分画 免疫電気泳動 蛋白尿 ベンス ジョーンズ蛋白 クレアチニン・クリアランス X線単純撮影: 骨に「打ち抜き像 (punched out lesion)」と呼ばれる骨融解像がみられる。[ja.wikipedia.org]
鼻出血
  • また血小板が減少することにより、出血しやすくなるため、皮下 出血、出血、歯肉出血などもみられます。その他食飲不振、体重減少、むくみなどが初発症状となることもあります。 最近では病気の治療中や検診などで偶然に発見されることが多くなっていますが、この場合は無症状のことがほとんどです。 病気が進行すると骨折したり、背が低くなったりします。また骨が溶けだすことにより血液中のカルシウム濃度が上昇(高カルシウム血症)し、意識障害などが出現することもあります。[niigata-cc.jp]

精密検査

  • 最近では、健診や人間ドックの血液検査で異常が発見され、精密検査で多発性骨髄腫と診断されることが増えています。 【参考文献】 日本骨髄腫学会編:多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月);文光堂 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版);日本血液学会 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]

治療

  • 【参考文献】 日本骨髄腫学会編:多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月);文光堂 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版);日本血液学会 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]
  • 手指のこわばりについて、治療を受けてる医院の整形と血液内科の医師に相談したが、このような例はないらしく、これといった内容はなくよく分かりませんということであった。 骨粗鬆症 多発性骨髄腫の合併症として骨がもろくなっている。 この治療に関してはゾメタという静脈注射で治療を行っている。 4月22日に整形外科で CT スキャンを行い骨密度の検査を行った。 骨密度は1年前とほぼ同じで20才男性平均との比較で77%、同年代比較で83%とのことである。[tahatuseikotuzuisyu.sblo.jp]

疫学

  • 鈴木憲史「我が国における多発性骨髄腫の疫学的動向」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 57-62頁。 中路重之、高橋一平、佐藤論、秋元直樹、村下公一「多発性骨髄腫の疫学:国際比較」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 63-67頁。 片山雄太、坂井晃、板垣充弘、麻奥英毅「多発性骨髄腫の危険因子 MGUS/SMMから症候性骨髄腫進展のリスク因子」『日本臨牀』第74巻増刊号5、2016年7月20日、 77-83頁。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!