Edit concept Question Editor Create issue ticket

外因性アレルギー性肺胞炎


提示

発熱
  • 症状は咳や発熱が中心で主に胸部X線写真での所見や血液での抗体検査で抗原を確定します。進行すると呼吸不全になるため、治療と予防では原則として抗原を極力吸い込まない様に環境調整します。ただし重症例ではステロイド剤を処方します。 【 外因性アレルギー性肺胞炎の症状 】 外因性アレルギー性肺胞炎の主な症状は、悪寒・発熱、全身倦怠、咳、息切れ、呼吸困難など、風邪によく似た症状です。[hospita.jp]
  • 【症状】 乾いたせき(痰を伴わないことが多い)、息切れ、発熱が見られます。また抗原を回避した場合(入院したり、職場を休んだりする)に症状が改善します。 【診断】 胸部エックス線、胸部CTでの淡い陰影(スリガラス陰影)が認められます (資料1) 。血液中など抗原に対する抗体が検出されます。 さらに入院して一旦よくなった症状が、自宅や職場に行って、抗原を再び曝露することにより症状が悪化することが特徴的です。[jrs.or.jp]
  • 昭和63年9月にかびた乾草を大量に扱った後, 咳, 痰, 発熱, 息切れが出現. 胸部X線写真では症例1よりも微細なびまん性粒状影を認め, BAL, 沈降反応, 病理像は症例1とほぼ同様の所見であった. 農夫肺は条件次第では本邦のいかなる地域でも発症し得る疾患と考えられる.[doi.org]
体重減少
  • 労作時呼吸困難、湿性咳嗽、疲労、体重減少が数カ月から数年かけて現れる。慢性過敏性肺炎は特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonia ; IIP)、中でも特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fi-brosis ; IPF)や非特異性間質性肺炎(nonspecifi interstitial pneumonia ; NSIP)と類似した臨床像を示す。抗原から隔離しても治癒せず、肺の線維化や気腫化が進行し予後不良で COPDに至る。[ja.wikipedia.org]
  • はじめに 1 医学生としていかに学ぶか 2 基本的な病歴聴取の方法 3 身体診察 臨床症候 循環器疾患 4 胸痛 5 浮腫 6 動悸 7 下肢痛 8 心雑音 9 ショック 呼吸器疾患 10 息ぎれ,咳,喀血 11 喘鳴 12 胸水 13 気胸 消化器疾患 14 意図しない体重減少 15 便秘と排便習慣の変化 16 下痢:急性と慢性 17 嘔吐と消化管閉塞 18 吐血とメレナ 19 直腸出血 20 嚥下困難 21 腹痛と消化不良 22 黄疸 23 腹部腫瘤 24 腹水 腎疾患 25 多尿と乏尿 26[medsi.co.jp]
  • 進行例では肺高血圧症や右心不全、低酸素血症、虚血性心疾患、食欲不振、体重減少、筋力低下、貧血、骨粗鬆症、うつなどの全身症状の合併もみられる。 むしろ、COPD は全身性の疾患として最近は位置づけられている。 検査・診断 最も重要で診断の決め手となる検査は、肺機能検査である。1 秒量と 1 秒率の低下が認められ、気管支拡張薬を投与しても 1 秒率が 70 %未満であれば閉塞性障害が存在していると判定され、他疾患が除外される場合は COPD と診断される。[nurseful.jp]
倦怠感
  • 【症状】 ・悪寒 ・発熱 ・倦怠 ・チアノーゼ ・血痰 ・胸痛 【治療法】 原因となる対象から離れることが一番の治療である。対症療法として、ステロイド剤の投与を行う。 [メニューへ戻る] [HOMEへ戻る] [前のページに戻る][mh.rgr.jp]
  • 咳、悪寒、発熱、息切れ、全身倦怠といった風邪のような症状が現れます。アレルギー反応が激しい場合は、呼吸困難を伴うこともあります。過去に、加湿器が肺炎の原因のレジオネラ菌を放出し、使っていた人が肺炎で死亡したケースも報告されています。 呼吸器の病気「過敏性肺臓炎」って 過敏性肺臓炎(外因性アレルギー性肺胞隔炎)は、肺にある肺胞(小さな空気の袋)や細気管支(細い気道)の内部や周辺に発生する一種の炎症のこと。 過敏性肺臓炎は3タイプ 夏型過敏性肺炎… 西日本を中心に高温多湿の日本の夏に発生する。[dr-guide.net]
  • 【症状】 主な症状は、 いびき 日中の眠気 夜間の頻尿 倦怠 熟睡感が無い 起床時の頭痛 ED(勃起不全) 集中力や記憶力の低下 などがあげられます。 日中の眠気は、作業効率の低下、居眠り運転事故や労働災害の原因にもなります。 【 睡眠時無呼吸症候群の簡易検査 】 前記のような症状があり、問診で睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合には、ご自宅で専用機器を使って行う「簡易検査」を実施します。手の指や鼻の下にセンサーをつけて、いびきや呼吸の状況を調べる検査です。[kaminakaifamily.com]
  • 症状 自覚症状がまったくなく、結核と同じで咳や痰、血痰・喀血、全身倦怠などです。進行した場合は、発熱、呼吸困難、食欲不振、やせなどが現れます。 結核のように重症化すると数年で死亡するということはありませんが、10年や20年という年月をかけて進行していくと、呼吸状態が悪くなってしまい亡くなることもあります。 治療 治療は基本的には薬を使いますが、薬剤による治癒率は非常に低いのが現状です。[klc-familyland.jp]
  • 症状 病気の進行に伴って咳嗽、血痰、胸痛、呼吸困難、発熱、全身倦怠、体重減少などがみられるようになる。さらに、次のような症状がみられることもある。 *嗄声・誤嚥 :反回神経麻痺により出現する。 *バチ状指 :軟部組織の腫大により出現する。 *上大静脈症候群 :上大静脈の閉塞により顔面浮腫、頸静脈の怒張、上腕の浮腫・チアノーゼなどが出現する。 *イートン-ランバート症候群 :カルシウム流入が阻害されることにより四肢近位筋の脱力をみる筋無力症様症状が出現する。[nurseful.jp]
悪寒
  • 【 外因性アレルギー性肺胞炎の症状 】 外因性アレルギー性肺胞炎の主な症状は、悪寒・発熱、全身倦怠、咳、息切れ、呼吸困難など、風邪によく似た症状です。しかし、抗原の量により症状の出方が異なり、比較的大量の抗原にさらされて発症した場合は、4 6時間の潜伏期間の後、発熱・咳・呼吸困難を発症します。中等量以下の抗原で発症した場合は、咳を発症し、次いで発熱・呼吸困難が進行します。慢性的に抗原にさらされていた場合は、咳・呼吸困難が慢性化します。[hospita.jp]
  • 【症状】 ・悪寒 ・発熱 ・倦怠感 ・チアノーゼ ・血痰 ・胸痛 【治療法】 原因となる対象から離れることが一番の治療である。対症療法として、ステロイド剤の投与を行う。 [メニューへ戻る] [HOMEへ戻る] [前のページに戻る][mh.rgr.jp]
  • 咳、悪寒、発熱、息切れ、全身倦怠感といった風邪のような症状が現れます。アレルギー反応が激しい場合は、呼吸困難を伴うこともあります。過去に、加湿器が肺炎の原因のレジオネラ菌を放出し、使っていた人が肺炎で死亡したケースも報告されています。 呼吸器の病気「過敏性肺臓炎」って 過敏性肺臓炎(外因性アレルギー性肺胞隔炎)は、肺にある肺胞(小さな空気の袋)や細気管支(細い気道)の内部や周辺に発生する一種の炎症のこと。 過敏性肺臓炎は3タイプ 夏型過敏性肺炎… 西日本を中心に高温多湿の日本の夏に発生する。[dr-guide.net]
疲労
  • 数日から数週間の咳嗽、呼吸困難、疲労、食欲不振が現れる。時に慢性型の症状と急性型の症状が重なった形で現れる。なお、亜急性を定義づける 慢性 Chronic hypersensitivity pneumonitis(CHP) 低濃度の抗原への曝露が数カ月から数年と継続的に続く人に生じ、炎症が慢性化し肺が硬くなる(線維化)。労作時呼吸困難、湿性咳嗽、疲労、体重減少が数カ月から数年かけて現れる。[ja.wikipedia.org]
  • 主な症状 発熱 咳、鼻水、喉の痛み お腹の調子が悪い(腹痛、便秘・下痢など) お腹が張る 吐き気、嘔吐 胸やけ 食欲不振 胸痛、胸部圧迫感 頭痛 立ちくらみ 動悸 息切れ むくみ 喉の渇き 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど) 発疹 疲労感 急な体重の増減 など 主な診療内容 一般内科では、せき、たん、のどの痛み、急な発熱、腹痛、下痢や吐き気、めまいなどの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、幅広く内科系疾患全般に対応いたします。[klc-familyland.jp]
チアノーゼ
  • 【症状】 ・悪寒 ・発熱 ・倦怠感 ・チアノーゼ ・血痰 ・胸痛 【治療法】 原因となる対象から離れることが一番の治療である。対症療法として、ステロイド剤の投与を行う。 [メニューへ戻る] [HOMEへ戻る] [前のページに戻る][mh.rgr.jp]
  • そして高熱が続きはじめ、咳、痰、呼吸困難、胸の痛み、顔面紅潮(がんめんこうちょう)、 チアノーゼ(唇や爪が青黒くなる)などの症状が現れます。 しかし、高齢者の場合には、あまり激しい症状が出ないこともあり、気がついたときには悪化していたということもあります。 過敏性肺炎(外因性アレルギー性胞隔炎)の種類[sickness-online.com]
  • 症状 初期には特異的な症状はないが、進行するにつれて呼吸困難、動悸、胸痛、喀血、チアノーゼ、浮腫、肝腫大が出現する。肺高血圧が高度になると、グラハムスティール雑音も聴取できる。予後は不良で、症状を訴えてから数年以内に死亡する症例が多い。 検査・診断 心電図にて右軸偏位、右室肥大、肺性Pなどの右心負荷所見がみられ、胸部X線にて心陰影拡大、肺動脈主幹部の拡張、肺野血管狭小化が指摘され、右心カテーテルにて肺動脈圧の上昇が認められるが、肺動脈楔入圧は正常である。[nurseful.jp]
  • 対象疾患 高度慢性呼吸不全例 肺高血圧症 慢性心不全の対象患者 チアノーゼ型先天性心疾患 群馬県内では、平成29年現在、計14のがん診療連携拠点病院、がん診療連携推進病院を中心にがん診療を行っています。がん治療後の診察、検査スケジュールを記載した診療計画書にしたがい、がん診療連携拠点病院と地元の医療機関とで連携して診療を行うシステムのことを「地域連携クリティカルパス」といいます。[kaminakaifamily.com]
胸痛
  • 【症状】 ・悪寒 ・発熱 ・倦怠感 ・チアノーゼ ・血痰 ・胸痛 【治療法】 原因となる対象から離れることが一番の治療である。対症療法として、ステロイド剤の投与を行う。 [メニューへ戻る] [HOMEへ戻る] [前のページに戻る][mh.rgr.jp]
  • 症状 初期には特異的な症状はないが、進行するにつれて呼吸困難、動悸、胸痛、喀血、チアノーゼ、浮腫、肝腫大が出現する。肺高血圧が高度になると、グラハムスティール雑音も聴取できる。予後は不良で、症状を訴えてから数年以内に死亡する症例が多い。 検査・診断 心電図にて右軸偏位、右室肥大、肺性Pなどの右心負荷所見がみられ、胸部X線にて心陰影拡大、肺動脈主幹部の拡張、肺野血管狭小化が指摘され、右心カテーテルにて肺動脈圧の上昇が認められるが、肺動脈楔入圧は正常である。[nurseful.jp]
  • はじめに 1 医学生としていかに学ぶか 2 基本的な病歴聴取の方法 3 身体診察 臨床症候 循環器疾患 4 胸痛 5 浮腫 6 動悸 7 下肢痛 8 心雑音 9 ショック 呼吸器疾患 10 息ぎれ,咳,喀血 11 喘鳴 12 胸水 13 気胸 消化器疾患 14 意図しない体重減少 15 便秘と排便習慣の変化 16 下痢:急性と慢性 17 嘔吐と消化管閉塞 18 吐血とメレナ 19 直腸出血 20 嚥下困難 21 腹痛と消化不良 22 黄疸 23 腹部腫瘤 24 腹水 腎疾患 25 多尿と乏尿 26[medsi.co.jp]
  • 初期症状としては激しく咳き込んだり、強い胸痛が起こり炎症により狭くなった気管支になって呼吸をするたびにヒューヒューという風切音のような音がします。 治療 発作には気管支拡張薬が用いられるとともに、日ごろから気管支の炎症を十分に抑えてコントロールするために病気の初期から吸入ステロイド薬による抗炎症治療が大切です。 重量になると入院してかなり長時間にわたり点滴を行うなどしなくてはなりません。[klc-familyland.jp]
呼吸困難
  • 【 外因性アレルギー性肺胞炎の症状 】 外因性アレルギー性肺胞炎の主な症状は、悪寒・発熱、全身倦怠、咳、息切れ、呼吸困難など、風邪によく似た症状です。しかし、抗原の量により症状の出方が異なり、比較的大量の抗原にさらされて発症した場合は、4 6時間の潜伏期間の後、発熱・咳・呼吸困難を発症します。中等量以下の抗原で発症した場合は、咳を発症し、次いで発熱・呼吸困難が進行します。慢性的に抗原にさらされていた場合は、咳・呼吸困難が慢性化します。[hospita.jp]
肺疾患
  • 肺高血圧、肺がん 過敏性肺炎 MSDマニュアル プロフェッショナル版 稲瀬直彦、過敏性肺炎の最近の動向 日本内科学会雑誌 105巻 (2016) 6号 p.991-996, doi:10.2169/naika.105.991 びまん性疾患 アレルギー性疾患 過敏性肺炎 日本呼吸器学会[ja.wikipedia.org]
  • Last Update:2017年2月3日 呼吸器の病気一覧へ戻る C-02 アレルギー性疾患 かびんせいはいえん 過敏性肺炎 【概要】 肺にある小さな空気の袋(肺胞)や最も細い気道(細気管支)の内部や周囲に発生する炎症で、細菌やウィルスなどの病原体が原因でなく、有機物の粉塵や化学物質(これらを抗原と呼びます)を繰り返し吸い込んだことによるアレルギー反応が原因となります。[jrs.or.jp]
  • 鑑別診断は幅広く, 環境性疾患 , サルコイドーシス ,閉塞性細気管支炎,結合組織疾患に伴う疾患,および他の間質性疾患などがある。[msdmanuals.com]
  • 91 気管支拡張症 92 嚢胞性線維腫症 93 サルコイドーシスと肉芽腫性疾患 94 外因性アレルギー性肺胞隔炎 95 特発性線維性肺胞隔炎 96 肺好酸球増加症と血管炎 97 真菌症と肺 98 職業病性疾患 99 薬物誘発性疾患 100 器質化肺炎を伴う閉塞性細気管支炎と急性呼吸促迫症候群 101 肺原発腫瘍 消化器疾患 102 食中毒と消化管感染症 103 逆流と食道裂孔ヘルニア 104 消化性潰瘍 105 憩室疾患 106 鉄欠乏 107 肝機能検査異常 108 炎症性腸疾患 109[medsi.co.jp]
  • 好酸球性疾患 好酸球性疾患とは 好酸球は骨髄由来の顆粒球系の白血球で、全白血球の 2 4 %を占める。好酸球性疾患とは、この好酸球が肺胞腔および間質に浸潤が認められる、原因が多岐にわたる疾患の総称である。 分類 好酸球性疾患はその多様性のために種々の分類がなされているが、下記に病因による分類を示す。 *原因不明(特発性) :発症から 1週間以内に呼吸不全を呈する急性(AEP)と、亜急性に発症して再燃を繰り返す慢性(CEP)に分けられる。[nurseful.jp]
風邪
  • 【 外因性アレルギー性肺胞炎の症状 】 外因性アレルギー性肺胞炎の主な症状は、悪寒・発熱、全身倦怠、咳、息切れ、呼吸困難など、風邪によく似た症状です。しかし、抗原の量により症状の出方が異なり、比較的大量の抗原にさらされて発症した場合は、4 6時間の潜伏期間の後、発熱・咳・呼吸困難を発症します。中等量以下の抗原で発症した場合は、咳を発症し、次いで発熱・呼吸困難が進行します。慢性的に抗原にさらされていた場合は、咳・呼吸困難が慢性化します。[hospita.jp]
  • 過敏性肺臓炎って 冬はどうしても室内が乾燥しがち、子どもや高齢者がいる家庭では、風邪やインフルエンザの予防にと、加湿器を利用している方も多いのでは!?正しい使い方をしないと別の病気にかかる恐れが。 肺炎による死亡例も 空気の乾燥を防ぎ、風邪やインフルエンザの予防に効果的とされる加湿器も、使い方を誤ると思わぬトラブルを招きます。加湿器の普及とともに、問題となっているのが「加湿器病(加湿器肺、加湿器熱)」と呼ばれるアレルギー性の肺の病気です。[dr-guide.net]
  • 上気道炎といわれる、いわゆる風邪でも、咽喉の痛みなどと一緒に咳、痰が出てきます。 したがって、一般健康人でも体験する出現頻度の高い症状のひとつといえます。 喀痰についての記載は、古代ギリシャの時代からいろいろあるようです。 ヒポクラテスは、痰を燃やしてみたり、水に浮かべてみたりして、 中に含まれる膿の成分の研究をしたと伝えられています。[igl.or.jp]
咳嗽
  • 乾性咳嗽や呼吸困難などの症状に対しては鎮咳薬や去痰薬による対症療法、また禁煙や呼吸リハビリテーションなどを行うが、マスク着用など粉塵を吸入しないための予防と定期的な塵肺健診の受診が最重要となる。 塵肺法 事業者および粉塵作業に従事する労働者に対し、塵肺健診を 行うよう義務づけるための法律である。塵肺健診、X 線所見に よる管理区分と措置は次のとおりである。[nurseful.jp]
湿性咳嗽
  • 労作時呼吸困難、湿性咳嗽、疲労、体重減少が数カ月から数年かけて現れる。慢性過敏性肺炎は特発性間質性肺炎(idiopathic interstitial pneumonia ; IIP)、中でも特発性肺線維症(idiopathic pulmonary fi-brosis ; IPF)や非特異性間質性肺炎(nonspecifi interstitial pneumonia ; NSIP)と類似した臨床像を示す。抗原から隔離しても治癒せず、肺の線維化や気腫化が進行し予後不良で COPDに至る。[ja.wikipedia.org]

精密検査

  • 簡易検査の結果精密検査が必要と判断した場合は、ご相談の上入院による精密検査を手配いたします。 【 治療】 治療法は、原因や症状の程度に応じて、下記のような方法のなかから選択されます。 CPAP療法(経鼻的持続陽圧呼吸療法)は、鼻に装着したマスクから圧力を加えた空気を送り込むことによって、気道の閉塞を予防して無呼吸を防ぐ治療法です。中程度以上の症状の患者さんにとても効果的です。現在、最も重要な治療法として、日本でも広く普及しています。[kaminakaifamily.com]
好酸球増加
  • 73 大動脈解離 74 心不全 75 大動脈弁疾患 76 僧帽弁疾患 77 心臓心筋症 78 心膜疾患 79 肺塞栓症 80 心臓感染症 81 頻脈性不整脈 82 徐脈性不整脈 83 先天性心疾患 呼吸器疾患 84 呼吸機能検査 85 睡眠時無呼吸 86 呼吸不全 87 下気道感染症:肺炎 88 上気道感染 89 喘息 90 慢性閉塞性肺疾患 91 気管支拡張症 92 嚢胞性線維腫症 93 サルコイドーシスと肉芽腫性肺疾患 94 外因性アレルギー性肺胞隔炎 95 特発性線維性肺胞隔炎 96 肺増加[medsi.co.jp]
  • 全身疾患に伴うものは、アレルギー性肉芽腫性血管炎(Churg-Strauss症候群)、特発性増加症候群があげられる。 *原因が特定されるもの :薬物性(抗菌薬、消炎薬、抗癌剤など)、寄生虫関連(フィラリア症、糞線虫など)、真菌感染症(気管支肺アスペルギルス症など)などがあげられる。 *時に好酸球浸潤を伴う呼吸器疾患 :気管支喘息、特発性間質性肺炎、サルコイドーシス、Langerhans 細胞組織球症、移植肺、悪性腫瘍随伴好酸球性肺炎などがあげられる。[nurseful.jp]

治療

  • 【 外因性アレルギー性肺胞炎の治療方法 】 外因性アレルギー性肺胞炎の治療法は、抗原を吸い込まないこと、薬物療法などがあります。家庭環境の影響で、外因性アレルギー性肺胞炎になってしまった場合は、風通しを良くしたり、室内の掃除、消毒などで対応すると良いです。薬物療法の場合は、ステロイド薬が効果的ですが、使いやすいと副作用があるので注意が必要といえます。基本的には様子を見ながら対応していったほうが良いです。 閲覧履歴 まだ病院情報は閲覧していません。 病院情報を閲覧すると、ここに履歴が表示されます。[hospita.jp]
  • 喘息、特発性肺線維症 治療法は無く悪化を防ぐための方法が選択される。 慢性型、亜急性型、急性型 環境を改善し、抗原を吸引しない。急性型または亜急性型 炎症を抑える為の投薬としてはステロイド投与が一般的であるが、予後に影響しないとする報告がある。[ja.wikipedia.org]
  • 治療】 程度が軽い場合には、抗原を避けるだけで、改善しますが、より重症になると酸素やステロイド薬を要することがあります。再燃予防として、転居・大掃除や転職と行った環境を整えることが必要です。 【予後】 長期間の抗原に曝露することにより、慢性化することもあります。この状態になると完全に回復させることは難しく、適切な処置をしないと呼吸不全が進行することがあります。[jrs.or.jp]
  • 治療法】 気管支喘息患者さんの気道は症状がない時にも慢性的に炎症を起こしているため、日頃から「炎症を鎮める」治療を続けておくことが、症状をコントロールするためにとても大切です。 そのため、治療の基本は、長期管理薬と発作治療薬を使用した薬物治療になります。 長期管理薬とは、発作が起こらないように毎日続ける薬で、発作治療薬とは発作が起こったときに発作をしずめるための薬です。 喘息治療でよく使われる薬には、以下のようなものがあります。[kaminakaifamily.com]

疫学

  • 疫学】 30 50才代の人に多い傾向にあります。季節は春から秋に多く、特に夏に多く見られます。 【発病のメカニズム】 抗原として頻度は高いものに、カビ(中でもトリコスポロンというカビが原因のことが多いです)が挙げられます。そのほかに、細菌の一種、鳥類の排泄物に含まれるタンパク質、キノコの胞子、ポリウレタンの原料となるイソシアネートなどがあります。これら抗原に反応するリンパ球が肺内に増えることにより炎症がおこり、酸素の取り込み低下やせきを誘発していると考えられます。[jrs.or.jp]
  • 感染症の基本 33 感染症の診断 34 発熱と感染が疑われる患者の評価 35 入院患者の発熱と感染症 36 不明熱 37 発熱と発疹 38 HIV感染患者の発熱 39 腟帯下(おりもの)と尿道炎 40 旅行後の発熱 血液疾患 41 貧血 42 リンパ節腫脹および脾腫の臨床的アプローチ 43 異常出血あるいは紫斑(青あざ)のある患者 44 白血球減少症 腫瘍 45 腫瘍に関連する救急疾患 神経疾患 46 神経学的診断の手引き 1 47 神経学的診断の手引き 2 48 神経学的診断の手引き 3:神経疫学[medsi.co.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 過敏性肺炎は,病態生理が異なる他の疾患と臨床的に類似している。 例えば,有機粉塵による中毒症候群(pulmonary mycotoxicosis,grain fever)は,発熱,悪寒,筋肉痛,および呼吸困難から成る症候群であるが,事前の感作を必要とせず,真菌が産生した毒素または有機塵による汚染物質の吸入によって引き起こされると考えられている。[msdmanuals.com]

予防

  • 進行すると呼吸不全になるため、治療と予防では原則として抗原を極力吸い込まない様に環境調整します。ただし重症例ではステロイド剤を処方します。 【 外因性アレルギー性肺胞炎の症状 】 外因性アレルギー性肺胞炎の主な症状は、悪寒・発熱、全身倦怠、咳、息切れ、呼吸困難など、風邪によく似た症状です。しかし、抗原の量により症状の出方が異なり、比較的大量の抗原にさらされて発症した場合は、4 6時間の潜伏期間の後、発熱・咳・呼吸困難を発症します。[hospita.jp]
  • 過敏性肺臓炎って 冬はどうしても室内が乾燥しがち、子どもや高齢者がいる家庭では、風邪やインフルエンザの予防にと、加湿器を利用している方も多いのでは!?正しい使い方をしないと別の病気にかかる恐れが。 肺炎による死亡例も 空気の乾燥を防ぎ、風邪やインフルエンザの予防に効果的とされる加湿器も、使い方を誤ると思わぬトラブルを招きます。加湿器の普及とともに、問題となっているのが「加湿器病(加湿器肺、加湿器熱)」と呼ばれるアレルギー性の肺の病気です。[dr-guide.net]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!