Edit concept Question Editor Create issue ticket

外傷性脳損傷


提示

聴覚障害
  • 関連項目 [ 編集 ] 転倒 記憶障害 / 健忘 / 失語症 アフガニスタン紛争 (2001年-) イラク戦争 パープルハート章 爆傷 参考文献・外部リンク [ 編集 ] MTBI仲間の会 脳外傷とは(米国脳外傷協会のホームページを翻訳したもの) 日本における診断基準など(大阪脳損傷リハビリネットワーク) 軽度外傷性脳損傷患者家族会 軽度外傷性脳損傷友の会 アメリカ兵の被害報道の取りまとめ(移動支援フォーラム) 表 話 編 歴 言語聴覚士 対象障害 言語障害 失語症 ・ 失読症 ・ 言語発達遅滞 聴覚障害[ja.wikipedia.org]
疲労
  • 6週間程度で脳神経伝達物質の代謝は正常化するが、正常化後も「注意・集中力の低下」「記憶障害」等の神経心理学的症状(認知機能障害)や目眩、疲労感、頭痛、睡眠障害など様々な脳震盪後症候群症状(IDC-10)が現れる事がある。 脳震盪を繰り返すことで、数年後に慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy, CTE)に至る事がある。[ja.wikipedia.org]
記憶障害
  • これら兵士が帰還後に 記憶障害 や歩行障害に苦しむ例が増えたため、アメリカ政府は 2009年 に診断基準を変更、 2001年 から2009年10月まで約14万人が受傷したとの結果をとりまとめている [4] 。 木に正面衝突した交通事故の例 即席爆発装置に使われる爆発物の例 防具を着用するアメフト 脚注 [ 編集 ] Rehman T, Ali R, Tawil I, Yonas H (2008).[ja.wikipedia.org]
頭痛
  • 頭痛軽度のものでは発症しないこともあるが、重度の場合 数ヶ月間に渡り運動に伴い痛むこともある。 6週間程度で脳神経伝達物質の代謝は正常化するが、正常化後も「注意・集中力の低下」「記憶障害」等の神経心理学的症状(認知機能障害)や目眩、疲労感、頭痛、睡眠障害など様々な脳震盪後症候群症状(IDC-10)が現れる事がある。 脳震盪を繰り返すことで、数年後に慢性外傷性脳症(chronic traumatic encephalopathy, CTE)に至る事がある。[ja.wikipedia.org]
健忘
  • あなたの健康百科、外傷性脳損傷(株)メディカルトリビューン 毎日新聞2009年12月13日朝刊 米兵脳損傷問題:14万人に アフガン・イラク派遣の7%(2010年2月3日 毎日新聞) [ リンク切れ ] 関連項目 [ 編集 ] 転倒 記憶障害 / 健忘 / 失語症 アフガニスタン紛争 (2001年-) イラク戦争 パープルハート章 爆傷 参考文献・外部リンク [ 編集 ] MTBI仲間の会 脳外傷とは(米国脳外傷協会のホームページを翻訳したもの) 日本における診断基準など(大阪脳損傷リハビリネットワーク[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 目次 1 疫学 2 脚注 3 関連項目 4 参考文献・外部リンク 疫学 [ 編集 ] TBIの原因。多い順に、転倒、交通事故、殴打、武器、不明、その他、自転車、その他、自殺 外傷性脳損傷の発症原因の多くは、 交通事故 や 階段 からの転落などの 事故 と目されているが [2] 、 アメリカ合衆国 では、 兵士 が 交戦 時に負傷する例で知られている。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 認識促進と予防 BIAは世間一般の認知促進、予防、それに教育などのプログラムを通じて、多くの人々が脳損傷の重大な影響や、ケアや治療のための費用、そして予防のための方法を理解することを手助けしています。BIAは次のようないくつかの全国的な啓蒙キャンペーンに貢献しています。 ・キャンペーン セーフ アンド ソバー 適切にヘルメットを着用して脳の安全を護ることを呼びかける公共事業を展開し、普及させるための高速道路交通安全事業団(NHTSA) との共同事業です。[e-net.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!