Edit concept Question Editor Create issue ticket

咽頭炎

咽頭痛


提示

紅斑
  • 伝染性とは? ヒトパルボウイルスB19による感染症です。両頬がリンゴのように赤くなることから「リンゴ病」とも呼ばれています。夏季に患者数が増加し,約5年毎の周期で発生数の増加がみられています。 週別定点あたりの発生動向(感染症発生動向調査11月29日現在) 潜伏期:4 15日 症状:両頬の蝶形に続き,手足にレース様のが出現します。発疹の他には,発熱,咽頭痛,リンパ節腫脹等が見られ,成人では関節痛や頭痛等を伴うことがあります。[pref.ibaraki.jp]
  • また、A群溶血性レンサ球菌が産生する発熱毒素に免疫がない人は猩紅熱といわれる全身症状 (発熱開始後12 24時間すると点状様、日焼け様の針頭大皮疹が出現)を呈します。 また、リウマチ熱や急性糸球体腎炎などの合併症を起こすこともあります。 治療 第1選択薬はペニシリン系抗生物質で、その他セフェム系やマクロライド系も使用されます。 合併症を予防するためには医師が処方した日数(少なくとも10日間)確実に服用する必要があります。 予防 主に患者の鼻咽頭分泌物により飛沫感染します。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp]
  • まれに、リウマチ熱、腎炎などを続発し、菌の毒素により顔や体に点状の(こうはん)や皮疹(ひしん)が出現する「猩紅熱(しょうこうねつ)」を起こす場合があります。 感染を予防するには この疾患は、患者との接触によって感染しますので、患者との濃厚な接触を避けることが重要です。看護の際は、マスクを着用するなど注意が必要です。また、日常の手洗い・うがいの励行など一般的な予防法も有効です。 かかってしまったら 抗生物質が有効で、特にペニシリン系薬剤がよく使われます。[city.sagamihara.kanagawa.jp]
  • まれに、菌の毒素により顔や身体に点状のや皮膚湿疹が出る「猩紅熱」を起こしたり、リウマチ熱や腎炎を続発することもあります。 治療は、抗生物質の服用になりますが、主治医とよく相談し、指示通りに服用しましょう。 また、家庭では、安静と水分摂取を心がけましょう。 喉の痛みのために、飲食が不十分にならないよう刺激の少ない物を摂るようにし、酸っぱい物や味の濃いものは避けましょう。 予防するには? 感染者との濃厚接触は避けましょう。 手洗い、うがいを徹底しましょう。[e-kanoya.net]
  • リウマチ熱の症状としては心炎、多発性関節炎、舞踏病、有縁性、皮下結節(ここまでが大基準)、関節痛、発熱、血沈やCRP上昇、PR延長(ここまでが小基準)などが知られている。小児期のリウマチ熱発症は老年期に心臓弁膜症(特に 僧帽弁狭窄症 )を起こし 心房細動 、血栓症(特に脳梗塞)を起こすことが知られており、予防が重要である。[ja.wikipedia.org]
発熱
  • 迅速診断キットは発症(大抵は発熱)後12時間経過していないと偽陰性率が高いことが知られている。発症後48時間ならば抗インフルエンザ薬が効果的である。治療薬として オセルタミビル や ザナミビル が有名である。インフルエンザにはA型、B型の2種類が知られているがこれらはどちらにでも効く。[ja.wikipedia.org]
  • 本当に怖い咽頭痛:症例2 症例:20歳代,男性 主訴:発熱,咽頭痛 現病歴:1週間前からの発熱,咽頭痛,体幹の軽度紅斑が出現し近医を受診.血液検査で汎血球減少(WBC 2,800/μL,Hb 10.4 g/dL,Plt 8.8万/μL),異型リンパ球8%,肝機能異常(AST 78 IU/L,ALT 94 IU/L)を指摘されたため,近医より紹介受診した.身体診察で咽頭発赤と白苔を認めた(図2).[yodosha.co.jp]
  • 症状 通常3 6日間続く周期性発熱発作が主症状であり、アフタ性口内炎・頸部リンパ節炎、咽頭炎などの随伴所見の幾つかを認めます。発作は3 8週間毎に繰り返し、間欠期には全く無症状です。 5. 合併症 基本的に予後は良好であり、通常4 8年程で治癒し、成長・発達障害を認めません。 6. 治療法 有効性が最も高いのは発作時の副腎皮質ステロイド剤の投与ですが、発作間隔を短縮し、次の発作が早く発来したり、発熱以外の症状が残存する場合が有るなどの問題もあります。[nanbyou.or.jp]
  • A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状 突然の発熱、のどの痛みから始まり、のどの腫れや発赤、発熱等が見られます。 せきなどにより飛まつ感染し、潜伏期間は2 4日程度で、幼児から学童期に多く発症します。 予防対策(インフルエンザ対策と同じです) 手洗いを徹底しましょう 発熱、のどの痛みなどの症状がある場合は、マスクを着用し、咳エチケットを守り、人にうつさないようにしましょう 症状があった場合は早めに医療機関を受診しましょう 関連記事 鳥取県ホームページ (A群溶血性レンサ球菌咽頭炎(溶連菌感染症) )[town.kotoura.tottori.jp]
  • のど が赤くはれ、痛み・発熱をみることが多い。 出典 小学館 デジタル大辞泉について 情報 凡例 百科事典マイペディア の解説 咽頭炎【いんとうえん】 咽頭カタルとも。急性咽頭炎は空気の乾燥,塵埃(じんあい),化学物質の吸入などの刺激,風邪, インフルエンザ ,麻疹,溶連菌,ジフテリア菌などのウイルスや細菌感染によって起こり,咽頭が赤くはれ,発熱,痰(たん)の増加をきたす。[kotobank.jp]
慢性疲労症候群
  • IgA腎症や、少数ですが子宮頸がんワクチン後遺症、掌蹠膿疱症、他院で慢性疲労症候群と診断された方も、この治療に来院されています。 適応年齢は中学生以上としています (小学生では治療に恐怖心を持つことが多く治療が困難で、もし行ったとしても長続きしません)。妊娠中、授乳中の方も治療は問題なく行えます。 喘息で最近発作が出た方、高齢者などで血流改善剤 (ワーファリンなど比較的強い薬)内服中の方は治療を差し控えています。 Q.02 Bスポット療法は痛いですか?[miyake-jibika.com]
  • 慢性上咽頭炎が関与しうる疾患と症状 上咽頭炎による直接症状(放射痛を含む) 咽頭違和感、後鼻漏、咳喘息、痰、首こり、肩こり、頭痛、耳鳴り、舌痛、歯の知覚過敏、多歯痛、顎関節痛など 自律神経系の乱れを介した症状 全身倦怠感、めまい、睡眠障害(不眠・過眠)、起立性調節障害、記憶力・集中力の低下、過敏性腸症候群(下痢・腹痛など)、機能性胃腸症(胃もたれ、胃痛など)、むずむず脚症候群、慢性疲労症候群、線維筋痛症など 病巣炎症として免疫を介した二次疾患 IgA腎症、ネフローゼ症候群、関節炎、胸肋鎖骨過形成症[jfir.jp]
悪寒
  • 溶連菌性咽頭炎スコア (Centor criteria) 2015年12月24日 お役立ちグッズ ・年令 15歳 1 ・年令 45歳 -1 ・発熱または悪寒 1 ・咳の欠如 1 ・扁桃腫大、膿苔付着 1 ・前頚部リンパ節有痛性腫大 1 -1 0 溶連菌性咽頭炎の可能性 1% 他の原因を考える 1 3 溶連菌性咽頭炎の可能性 18% 迅速抗原テスト行う 4 5 溶連菌性咽頭炎の可能性 51% 抗生剤投与 ※年齢以外の要素で 0点  LR 0.16 1点  LR 0.3 2点  LR 0.75 3点 [shinshu-u.ac.jp]
  • 悪寒,頭痛などの全身症状がみられることも少なくない。… ※「咽頭炎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報[kotobank.jp]
  • インフルエンザの症状としては、急性の高熱、悪寒、 関節痛 、のどの痛み(ただし咽頭の発赤、腫脹はない)、咳、鼻水などがあげられる。通常は自然治癒するが高齢者は重症化し死に至ることもあるため 予防 が大切と言われている。 空気感染 ( 飛沫核感染 )するため、感染者は5日間の就業停止が望ましいと言われている。特に高齢者との接触は避けたいところである。また抗菌薬の投与に 肺炎 の予防効果はないと言われている。[ja.wikipedia.org]
口臭
  • しかし、扁桃の石によるひどい口臭がある成人に対し、扁桃摘出術が行われることがあります。 小児でも成人でも、医師は扁桃摘出術を行うかどうかの判断に際し、個人差を考慮します。 扁桃摘出術には多くの効果的な方法があります。医師はメスや電気焼灼装置を使うこともあれば、ラジオ波で扁桃を破壊することもあります。 2%未満の患者(小児より成人が多い)で、扁桃摘出術の合併症として出血が起こります。出血は一般的に、手術から24時間以内または約7日後に起こります。[msdmanuals.com]
  • (2)後鼻漏から起こる症状 (粘っこいものが鼻とのどの間にはり付く、鼻がのどに下りる、痰がからみやすい、咳払いが多い、 のどの違和感、つまった感じ、声が出しにくい、鼻の奥がにおう、口臭) 上咽頭炎では、上咽頭からの粘液分泌が通常よりも増加し、これが中咽頭に下りてきます(後鼻漏)。後鼻漏は、副鼻腔炎などの鼻疾患で起こる場合と、上咽頭炎で起こる場合があります。詳しくは、 後鼻漏の説明ページ もご参照ください。[miyake-jibika.com]
頸部リンパ節腫脹
  • 熱が38度以上、咳がない、前リンパ腫脹を認める、扁挑がはれている、または扁挑に浸出物がある、年齢が3 14歳であるという項目に対してイエスといった数を数える。なお年齢が45歳以上の場合は-1とする。合計点が1以下である場合は細菌性咽頭炎ではなく、2点以上である場合は咽頭培養、または(感度は落ちるものの) 溶連菌迅速検査 を用いて検査後、ペニシリンを投与して良いとされている。4点以上の場合はエンピリックにペニシリンを投与する場合もある。[ja.wikipedia.org]
頭痛
  • そうなればやっかいなことに自分では鼻咽腔炎とは気づかないうちに、 慢性頭痛 や 肩こり 、 眼の疲れ 、 長引く鼻づまり 、などの症状が持続することになります。 後鼻漏 といってねばねばした粘液が鼻とのどのあいだにたまるといった症状として自覚することもあります。 鼻やのどの症状として自覚していれば耳鼻科を受診しますが、そうではないため耳鼻科以外の診療科を受診されていて鼻咽腔炎となかなか気づかないケースもあります。[tanaka-jibika.jp]
  • 急性咽頭炎では、のどの痛み、発熱、頭痛、倦怠感、頚部リンパ節の腫れが起こります。慢性咽頭炎では、咽頭違和感や咳症状が起こることがあります。 治療は、薬物療法(消炎鎮痛剤、抗生物質など)、咽頭への薬剤塗布、ネブライザー(吸入)治療、含嗽薬(アズノールなど)によるうがいを行います。 イソジンを用いてのうがいは、回数が多すぎると咽頭の常在菌(害の無い菌)も殺菌され、逆効果になってしまいます。 イソジンでのうがいは、1日2 3回程度が適切です。[miyake-jibika.com]
  • 頭痛や全身倦怠感、首のリンパ節の腫大などを伴います。耳の痛みを感じることもあります。 検査・診断 まず、のどの診察を行います。ファイバースコープを使用して診察をすることもあります。 細菌感染の可能性がある場合、咽頭粘液の細菌培養検査も行います。 インフルエンザウイルス、アデノウイルス、溶連菌は迅速キットで検査可能です。 治療 ウイルス感染の場合は、安静、水分補給、解熱鎮痛剤の服用など対症療法を中心に治療を行います。 漢方を処方することもあります。 細菌性の場合、適切な抗菌薬を処方します。[miyazawa-ent.net]
  • 発熱、頭痛、嘔吐(激しく何度も吐く)の症状がそろったら要注意です。首が硬くなり、仰向けで寝て首を曲げようとしても曲がらなくなる症状(頸部硬直)も見られます。結膜炎。目が充血したり目ヤニが出ます。 日付:2017年6月23日 カテゴリー: 病気について[mukawa.or.jp]
のどが渇いている
  • のど渇いた感じやのどの違和感、灼熱感、軽度の嚥下時痛、刺激物がしみるなどの症状があります。また、微熱や疲労感などの自覚症状を伴うこともあります。 病巣器官に炎症を引き起こす「扁桃病巣疾患」 扁桃に慢性の炎症があると、これが引き金になって他の遠隔部位に疾患を引き起こすこともあります。 代表的な疾患として、掌蹠膿疱症(皮膚の病気)、胸肋鎖骨過形成症(骨が増殖して鎖骨が痛む病気)、lgA腎症などがあります。[natume-jibika.com]
胸痛
  • 急性冠症候群 、 大動脈解離 では胸痛ではなく、 放散痛 、 関連痛 として肩、頚部、 咽頭 に 疼痛 が生じることが知られている。肩の場合は運動痛の有無で 整形外科 的疾患との区別が可能であるが、咽頭の場合は鑑別のための所見が極めて乏しいことが知られている。発熱や咽頭周囲の腫脹といった 感冒 様所見がなく、年齢、既往歴、 バイタルサイン (特に低血圧や徐脈といった異常がある場合)にて疑われた場合は 心電図 検査、 胸部X線 をはじめ、H-FABPや トロポニンT や Dダイマー の測定を行う。[ja.wikipedia.org]
咽頭炎
  • 感染性咽頭の場合も原因は ライノウイルス や コロナウイルス といった治療の存在しないウイルス性疾患である場合がほとんどである。咽頭痛の対症療法としてはSPトローチ、総合感冒薬である( アセトアミノフェン や 抗ヒスタミン薬 )PL顆粒、止血剤の トランサミン 、プリビナなどを組み合わせて処方することが一般的。治療効果がある疾患としては細菌性咽頭、インフルエンザ、STDによる咽頭( 淋菌 や クラミジア 感染症)が知られている。[ja.wikipedia.org]
  • 咽頭 のどは上咽頭、中咽頭、下咽頭に分けられます。口を開けて、目で見える部分が中咽頭。それより上が上咽頭、それより下が下咽頭です。下咽頭の前方(のどぼとけの部分)に喉頭があります。 ここでは、上咽頭を除く咽頭について記載します。 急性咽頭は、この部位にウイルスや細菌が感染することにより起こります。急性咽頭が治りきらなかった場合や、咽頭粘膜への持続的な刺激(喫煙、 後鼻漏 などによる)がある場合に、慢性咽頭となります。[miyake-jibika.com]
咽頭痛
  • 咽頭 (いんとうつう、 英 : Sore throat )とは喉の痛みのことである。ここでは 咽頭炎 (いんとうえん、 英 : Pharyngitis )を中心に咽頭及び 感冒 症状のマネジメントについて記す。 咽頭を起こす疾患 [ 編集 ] 咽頭を起こす疾患はいくつか知られている。大まかに分けると感染性疾患、 腫瘍 ( 喉頭癌 、 咽頭癌 、 悪性リンパ腫 など)、 SLE 、 川崎病 、 天疱瘡 など、 カラオケ など機械的刺激によるものがあげられる。[ja.wikipedia.org]
  • 本当に怖い咽頭:症例1 症例:30歳代,男性 主訴:発熱,咽頭 現病歴:午前中に,起床時からの咽頭を主訴に近医受診.痛くて唾が飲み込めないとの訴えあり.間接喉頭鏡で診察したところ,咽頭の軽度発赤を認めたが喉頭蓋に異常は認めなかった.急性咽頭炎の診断で対症療法の処方をされて帰宅となった. 既往歴:特になし この症例は若く健康な男性であり,間接喉頭鏡でも異常を認めず,当初は急性咽頭炎の診断となりました.しかし,この症例には「怖い」続きがあります.[yodosha.co.jp]
  • 東京都A群溶血性レンサ球菌咽頭情報(2017シーズン)(外部リンク) 東京都感染症情報センター 症状 症状は高熱・咽頭・おう吐を主症状とする細菌性の感染症です。典型的には、2から5日の潜伏期間の後、突然38度以上の発熱、咽頭、リンパ節の腫れ、おう吐などが見られます。熱は3から5日以内に下がり、まれに重症化することもありますが、多くは1週間以内に症状は改善します。 まれに重症化し、喉や舌、全身に発赤が広がる「猩紅熱(しょうこうねつ)」に移行することがあります。[city.higashimurayama.tokyo.jp]
咳嗽
  • (埼玉県 N) 【回答】 【上咽頭擦過療法は慢性上咽頭炎による静脈路やリンパ流路のうっ滞を緩和することにより全身症状の改善にも寄与する】 慢性上咽頭炎に関連する症状は,①頭痛,咽頭違和感,咽頭痛,後鼻漏,首こり・肩こり,慢性咳嗽などの慢性上咽頭炎そのものによる症状,②浮動性眩暈,慢性疲労,起立性調節障害,全身痛,機能性胃腸症,過敏性腸症候群,機能性ディスペプシア,不眠などの自律神経・内分泌系異常による症状,③IgA腎症の急性増悪,掌蹠膿疱症,反応性関節炎,胸肋鎖骨関節過形成など自己免疫・自己炎症機序[jmedj.co.jp]
  • ①扁桃の滲出液・白苔を伴う ②前頚リンパ節の腫大・圧痛 ③咳嗽が無い ④38 以上の発熱(原著は101 なので正確には38.3 ) の4項目で評価し、 GAS培養陽性確率が 4点で55.7% 3点で30.1 34.1% 2点で14.1 16.6% 1点で6.0 6.9% 0点で2.5% という報告でした。 この報告ではその結果を治療方針の一助にしましょうというものでしたが、 いつの間にか4点なら培養や迅速抗原は提出せずに抗菌薬いきましょうとか 誤った内容の研修医マニュアルが出たりしました。[katsura.com]
口蓋扁桃肥大
  • のど(口腔・咽頭)の病気] 疾患一覧 急性咽頭炎・急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍 がま腫 急性咽頭炎伝染性単核球症 慢性扁桃炎 アデノイド増殖症・口蓋肥大症 咽後膿瘍 深頸部膿瘍 過長茎状突起 睡眠時無呼吸症候群 舌咽神経痛 咽喉頭異常感症 口内乾燥症 線維素性唾液管炎 唾石症 シェーグレン症候群 上咽頭腫瘍 中咽頭腫瘍 下咽頭腫瘍 急性咽頭炎・急性扁桃炎・扁桃周囲膿瘍 ウイルスもしくは細菌の感染による、のどの炎症です。[jasanoko.or.jp]
喉の炎症
  • 高熱と咽頭炎(炎症)を特徴とする病気です。 1年を通じて発生しますが、特に春 初夏、秋 初冬にかけて流行します。 主に3 12歳くらいの小児がかかりやすいですが、大人も感染することがあります。 原因となる細菌は、A群溶血性レンサ球菌で、鼻水や唾液に含まれています。 感染経路は、接触感染や飛沫感染です。 ※ 接触感染 感染者の手や触った物を触れることにより、手が汚染され、その手で口や鼻を触ることによる感染。[e-kanoya.net]

治療

  • これらの病態が想定できた場合は原則入院治療が必要であり、耳鼻咽喉科のコンサルトが望ましい。 咽頭痛のマネジメント [ 編集 ] 極論を言えば、ほとんどの咽頭痛の原因疾患は対症療法で十分である。カラオケなどで喉を傷めた場合は水分などで乾燥を防ぎ、安静に保つことで軽快する。感染性咽頭炎の場合も原因は ライノウイルス や コロナウイルス といった治療の存在しないウイルス性疾患である場合がほとんどである。[ja.wikipedia.org]
  • 医薬経済社 塩化亜鉛溶液を用いたEAT (上咽頭擦過治療) 上咽頭炎の治療として効果的なものは0.5% 1%塩化亜鉛溶液を染みこませた綿棒を用いて、鼻と喉から直接上咽頭に薬液を擦りつけることです。この治療はEAT (Epipharyngeal Abrasive Therapy、上咽頭擦過治療)と本研究会では呼称を統一することとしました。[jfir.jp]
  • 「のどの炎症をよく繰り返す」「元々のどが弱い」「風邪をひきやすい」という方に、この治療を積極的に行っています。またホームページを見て来院される方も多いです。 IgA腎症や、少数ですが子宮頸がんワクチン後遺症、掌蹠膿疱症、他院で慢性疲労症候群と診断された方も、この治療に来院されています。 適応年齢は中学生以上としています (小学生では治療に恐怖心を持つことが多く治療が困難で、もし行ったとしても長続きしません)。妊娠中、授乳中の方も治療は問題なく行えます。[miyake-jibika.com]
  • 陽性の場合は抗菌薬治療を行う。陰性の場合は、小児・青年期では、さらに咽頭培養(より感度が高い)を行うことがあるが、成人では不要 3) 。ただし、迅速検査と咽頭培養を同時に行うと保険で切られてしまうため注意を要する。 抗菌薬治療の必要性 迅速検査や咽頭培養が陽性であれば治療する。迅速検査が陰性でもCentor criteriaで合計3点以上の場合は、偽陰性の可能性(およびC群・G群溶連菌やFusobacterium属が原因菌である可能性)を念頭に治療を検討してもよい 4) 。[kameda.com]
  • 鼻閉を伴う上咽頭炎では、鼻の治療も必須となります。 免疫力を上昇させるには、日々の適度な運動や、1日に睡眠を6 8時間とることも大切です。 上咽頭炎の治療として、当院ではBスポット療法、薬物療法(消炎剤、粘液調整剤、抗生物質など)、ネブライザー(吸入)治療、鼻洗浄を行っています。[miyake-jibika.com]

疫学

  • 疫学 正確な頻度は不明ですが、他の周期熱疾患に比較して多い疾患です。 3. 原因 病因・病態は殆ど解明されておらず、他の多くの自己炎症性疾患と異なり、明らかな遺伝性も認められません。 4. 症状 通常3 6日間続く周期性発熱発作が主症状であり、アフタ性口内炎・頸部リンパ節炎、咽頭炎などの随伴所見の幾つかを認めます。発作は3 8週間毎に繰り返し、間欠期には全く無症状です。 5. 合併症 基本的に予後は良好であり、通常4 8年程で治癒し、成長・発達障害を認めません。 6.[nanbyou.or.jp]
  • MD., et al: Blackwell Publishing Ltd. 2012 監修:大阪府済生会中津病院感染管理室室長 国立感染症研究所感染症疫学センター客員研究員 安井良則氏 更新:2015/5[kansensho.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • さらに、発症機序、病態生理は不明であるが、軟部組織壊死を伴い、敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症 候群)は重篤な病態として問題である。ここでは、感染症法下における感染症発生動向調査で、4類感染症定点把握疾患となっているA群溶血性レンサ球菌咽頭炎について述べる。 疫 学 A群溶血性レンサ球菌感染症は温帯地域では普遍的な疾患であり、亜熱帯地域でもみられるが、熱帯地域ではまれな疾患である。[niid.go.jp]

予防

  • 予防としては、うがい、手洗いなどの一般的な予防法の励行はもちろん、患者との濃厚接触をさけることが最も重要です。集団発生などの特殊な状況では接触者に対して咽頭からの菌検出を行い、陽性であれば治療を行う必要があります。 引用(参考)文献 NIID 国立感染症研究所 IDWR感染症の話 医師からの都道府県知事等への届出のための基準 感染症予防必携,財団法人日本公衆衛生協会[kenkou.pref.mie.jp]
  • 合併症を予防するためには医師が処方した日数(少なくとも10日間)確実に服用する必要があります。 予防 主に患者の鼻咽頭分泌物により飛沫感染します。 潜伏期と有症状の期間を含めて10日間前後感染力がありますが、 適切な抗生物質が投与されれば、24時間以内に他人への感染を防げる程度に病原菌を抑制できます。 濃厚接触を避け、一般的な予防法である手洗い、うがいを励行しましょう。[kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp]
  • GAS による急性咽頭炎はしばしば自然軽快しますが、抗菌薬治療が必要な理由は、 (1) 症状のある期間を短縮する (2) リウマチ熱の予防 (3) 扁桃周囲膿瘍 、咽後膿瘍などの合併症の予防 (4) 周囲に対する感染症を低下させる リウマチ熱の予防目的のため、症状が改善傾向であっても GAS 急性咽頭炎に対して抗菌薬治療を行うことは妥当で、かつ10日間治療することが重要とされています。なお、GAS 感染後の急性糸球体腎炎は抗菌薬を投与しても予防できません。[koshii-c.sakura.ne.jp]
  • 予防のためには、手洗い・うがい等の対策をし、感染予防に努めましょう! A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状 突然の発熱、のどの痛みから始まり、のどの腫れや発赤、発熱等が見られます。 せきなどにより飛まつ感染し、潜伏期間は2 4日程度で、幼児から学童期に多く発症します。[town.kotoura.tottori.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!