Edit concept Question Editor Create issue ticket

吸収不良症候群


提示

  • 推奨摂取量 米国科学アカデミー医学研究所の食品栄養委員会(FNB)が設定した食事摂取基準(DRI)には、ビタミンB6や他の栄養素の推奨摂取量が提示されている[ 2 ]。DRIは、健常人の栄養摂取の計画と評価に関する一連の基準値に対する総称である。これらの基準値は年齢や性別ごとに異なり、次のような項目がある。 推奨栄養所要量(RDA):ほとんどすべての(97 98%)健常人が栄養所要量を満たすのに十分な平均1日摂取量。[ejim.ncgg.go.jp]
無月経
  • 診断基準(案)(表1) 疾患概念と疫学 吸収不良症候群とは,糖質,蛋白質,脂質,ビタミン,電解質,水などの単一または複数の栄養素の腸管における消化,または吸収障害によって引き起こされる欠乏症状を含む,種々な臨床症状を呈する疾患の総称である.本症によってもたらされる症状を大別すると, 1)下痢,脂肪便,蛋白便,腹部膨満感,腹鳴,腎結石などの消化吸収障害によるもの 2)体重減少,やせ,成長障害,浮腫,腹部膨満,腹水,貧血,皮下出血,骨軟化症,口内炎,末梢神経炎,月経,テタニー,眼症状などの各種栄養素[webview.isho.jp]
  • [症状] 下痢 (げり)、脂肪便(しぼうべん)、腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)など消化吸収障害によるものや、体重減少、やせ、成長障害、浮腫(ふしゅ)、腹水(ふくすい)、貧血(ひんけつ)、皮下出血(ひかしゅっけつ)、骨軟化症、口内炎、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)、月経(むげっけい)、テタニー(強いひきつけ)、眼症状など、各種の栄養素やビタミンの欠乏によるものなどがみられます。 とくに子どもでは、成長障害や二次性徴低下に注意しなければなりません。[kotobank.jp]
  • 吸収不良の症状 症状 吸収不良の栄養素 貧血(低色素性,小球性) 鉄 貧血(大球性) ビタミンB 12 ,葉酸 出血,皮下出血,点状出血 ビタミンKおよびC 手足攣縮 カルシウム,マグネシウム 浮腫 タンパク 舌炎 ビタミンB 2 およびB 12 ,葉酸,ナイアシン,鉄 夜盲症 ビタミンA 四肢,骨の疼痛,病的骨折 カリウム,マグネシウム,カルシウム,ビタミンD 末梢神経障害 ビタミンB 1 ,B 6 ,B 12 月経は低栄養によって生じることがあり,若年女性におけるセリアック病の重要な臨床像である[msdmanuals.com]
紫斑病
  • お腹が痛い 【考えられる原因】 お子さまの腹痛の多くは便秘が原因ですが、腸重積・アレルギー性紫斑・腸閉塞・急性虫垂炎など、直ちに精密検査・治療が必要な場合もあります。 下痢 【考えられる原因】 食中毒などの細菌性下痢、ロタウィルス、アデノウィルス、ノロウィルスなどのウィルス性の下痢のような急性下痢と、吸収不良症候群、反復性軽症下痢などの持続性の下痢の場合もあります。 吐く 【考えられる原因】 腸重積、紫斑、発熱や下痢を伴って吐く場合は感染性胃腸炎の疑いがあります。[sugimoto-kodomo.com]
  • 対象となるお子様の症状 繰り返す腹痛・嘔吐 原因不明の血便 長引く下痢 便秘 体重増加不良、体重減少 黄疸・胆汁うっ滞 肝障害(肝臓数値上昇)など 消化器肝臓科の対象となる疾患 潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病、難治性下痢症、吸収不良症候群、胃・十二指腸潰瘍、胃炎・十二指腸炎、異物誤飲、 消化管アレルギー、好酸球性胃腸炎、過敏性腸炎、反復性上腹部痛、若年性ポリープ、ポリポーシス症候群、 血管性紫斑(ヘノッホ・シェーンライン紫斑)、慢性便秘症、食道静脈瘤、急性肝炎、慢性肝炎(B型肝炎[pref.saitama.lg.jp]
  • 主な鑑別疾患は感染症(細菌、 結核 、 サイトメガロウイルス 、 赤痢アメーバ 、 ランブル鞭毛虫 、糞線虫、クリプトスポリジウム、 ディフィシル菌 、 ホイップル病 等)、炎症(小腸潰瘍、直腸潰瘍、 潰瘍性大腸炎 、クローン病、 コラーゲン大腸炎 、 リンパ球性大腸炎 、 放射線大腸炎 等)、自己免疫やアレルギー性(SLE、ベーチェット病、紫斑、 好酸球性胃腸炎 等)、その他( アミロイドーシス や腫瘍等)です。[ohashinaika.jp]
  • 急性 感染性 細菌性:赤痢、コレラ、病原性大腸菌、サルモネラ、パラチフス、腸チフス、腸炎ビブリオ、カンピロバクターなど ウイルス性:ノロウイルス、ロタウイルスなど 真菌性:カンジダなど 原虫:アメーバ赤痢、クリプトスポリジウムなど 寄生虫:回虫、条虫など その他 非感染性 虚血性大腸炎 薬剤性:出血性大腸炎、偽膜性大腸炎 アレルギー性:好酸球性腸炎、アレルギー性紫斑など 食事性:暴飲暴食、飲酒など 中毒性:薬剤(抗がん剤など) その他:神経性、寒冷、放射線障害など 慢性 過敏性腸症候群 炎症性腸疾患[sakuraclinic-musako.jp]
  • 30.血栓性血小板減少性紫斑を合併した男性強皮症の一剖検例 渡辺 智久、 安立あゆみ、室 慶直、富田 靖(名大皮膚科) 52歳男性。一年前より皮膚硬化の自覚症状があり、当科外来にて強皮症の診断。その後腎機能障害が進行し、その原因として血栓性血小板減少性紫斑(TTP)が強く疑われたため血漿交換を行った。ステロイドパルス療法も併用されたが、コントロール困難な大量の胸水も存在し、血小板数の増加も見られず、呼吸不全のため死亡した。病理解剖所見はTTPと合致した。[derma.w3.kanazawa-u.ac.jp]
貧血
  • 、てんかん、不眠など マグネシウム けいれん、しびれ、めまいなど 鉄 貧血、易疲労感、食欲不振など 亜鉛 味覚障害、発育不良、性機能低下など 参考:山本隆行ほか.[onaka-kenko.com]
  • 代表的症状・検査所見 【症状】 消化吸収症候群は消化吸収障害を生じる疾患を総称したものであり,体重減少,下痢,貧血がみられる場合,本疾患を鑑別に含める。 主なビタミン欠乏症を 表3 に示した。 鉄欠乏では小球性低色素性貧血をきたすが,そのほかにも微量元素欠乏症状として亜鉛欠乏では皮疹,銅欠乏では造血障害,セレン欠乏では爪の変形や心筋症などがみられる。 SIBOでは小腸内に水素やメタンを主としたガスが産生・蓄積され,腹部膨満,鼓腸,または腹部不快感をきたす。[jmedj.co.jp]
  • 症状 下痢、脂肪便(脂肪を過剰に含んだ便)、体重減少、るいそう(栄養失調)、貧血、 倦怠感 ( だるさ ) 、腹部膨満(お腹が張る)、 浮腫 ( むくみ ) などの症状の有無について評価を行います。 栄養状態の評価 血液中の蛋白濃度やアルブミン、総コレステロール値の低下など、栄養状態を反映する値が低下していないかどうかを評価します。 消化吸収に関する検査 便の中の脂肪量を測定します。[medicalnote.jp]
体重減少
  • SIBOにて体重減少をきたす症例はほとんどみられないが,吸収不良を認める場合は下痢や脂肪便といった症状を呈する。 短腸症候群でSIBOを有する症例は,炭水化物の摂取後にD-乳酸アシドーシスから一過性の運動失調やせん妄をきたすことがある。 【検査所見】 吸収不良症候群と診断するには各種の消化吸収試験により消化吸収能を評価する必要がある。診断には次の① ③の基準が提唱されている 2) 。[jmedj.co.jp]
栄養失調
  • 症状 下痢、脂肪便(脂肪を過剰に含んだ便)、体重減少、るいそう(栄養失調)、貧血、 倦怠感 ( だるさ ) 、腹部膨満(お腹が張る)、 浮腫 ( むくみ ) などの症状の有無について評価を行います。 栄養状態の評価 血液中の蛋白濃度やアルブミン、総コレステロール値の低下など、栄養状態を反映する値が低下していないかどうかを評価します。 消化吸収に関する検査 便の中の脂肪量を測定します。[medicalnote.jp]
  • 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 情報 日本大百科全書(ニッポニカ) の解説 吸収不良症候群 きゅうしゅうふりょうしょうこうぐん 栄養素の消化吸収障害のある状態の総称で、結果として栄養失調をきたしている。[kotobank.jp]
疲労
  • 、てんかん、不眠など マグネシウム けいれん、しびれ、めまいなど 鉄 貧血、易疲労感、食欲不振など 亜鉛 味覚障害、発育不良、性機能低下など 参考:山本隆行ほか.[onaka-kenko.com]
腹痛
  • 下痢、腹痛、食欲不振などの消化器症状によって十分な経口摂取ができず、食餌療法では低栄養状態の改善が得られない場合には、次の経腸栄養療法の適応となります。 《経腸栄養療法》 経腸栄養剤は、成分栄養と半消化態栄養剤に分けられます。 ①成分栄養剤は窒素源がアミノ酸、糖質はデキストリンからなり、脂肪はほとんど含まれていません。 このため刷子縁膜だけで消化吸収が可能であり、消化吸収障害の高度な例(Crohn病、短腸症候群)の基本的経腸栄養剤として用いられます。[blogs.yahoo.co.jp]
腹部膨満
  • 【症状の現れ方】 下痢、脂肪便(泥状便で酸性臭がある)、体重減少、全身倦怠感、腹部感(ぼうまんかん)、浮腫、貧血、出血傾向、病的骨折、テタニー(四肢の硬直性けいれん)、皮疹などがみられます。各種栄養素の吸収過程で最も早く障害を受けるのは脂肪なので、脂肪吸収障害に基づく慢性下痢や脂肪便が高頻度にみられる最も重要な症状です。 【治療の方法】 消化吸収障害が軽度であれば、食事療法(低脂肪・高蛋白・低繊維食)と消化酵素の投与を行います。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 症状 下痢、脂肪便(脂肪を過剰に含んだ便)、体重減少、るいそう(栄養失調)、貧血、 倦怠感 ( だるさ ) 、腹部(お腹が張る)、 浮腫 ( むくみ ) などの症状の有無について評価を行います。 栄養状態の評価 血液中の蛋白濃度やアルブミン、総コレステロール値の低下など、栄養状態を反映する値が低下していないかどうかを評価します。 消化吸収に関する検査 便の中の脂肪量を測定します。[medicalnote.jp]
  • [症状] 下痢 (げり)、脂肪便(しぼうべん)、腹部感(ふくぶぼうまんかん)など消化吸収障害によるものや、体重減少、やせ、成長障害、浮腫(ふしゅ)、腹水(ふくすい)、貧血(ひんけつ)、皮下出血(ひかしゅっけつ)、骨軟化症、口内炎、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)、無月経(むげっけい)、テタニー(強いひきつけ)、眼症状など、各種の栄養素やビタミンの欠乏によるものなどがみられます。 とくに子どもでは、成長障害や二次性徴低下に注意しなければなりません。[kotobank.jp]
腹部膨満
  • 【症状の現れ方】 下痢、脂肪便(泥状便で酸性臭がある)、体重減少、全身倦怠感、腹部感(ぼうまんかん)、浮腫、貧血、出血傾向、病的骨折、テタニー(四肢の硬直性けいれん)、皮疹などがみられます。各種栄養素の吸収過程で最も早く障害を受けるのは脂肪なので、脂肪吸収障害に基づく慢性下痢や脂肪便が高頻度にみられる最も重要な症状です。 【治療の方法】 消化吸収障害が軽度であれば、食事療法(低脂肪・高蛋白・低繊維食)と消化酵素の投与を行います。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 症状 下痢、脂肪便(脂肪を過剰に含んだ便)、体重減少、るいそう(栄養失調)、貧血、 倦怠感 ( だるさ ) 、腹部(お腹が張る)、 浮腫 ( むくみ ) などの症状の有無について評価を行います。 栄養状態の評価 血液中の蛋白濃度やアルブミン、総コレステロール値の低下など、栄養状態を反映する値が低下していないかどうかを評価します。 消化吸収に関する検査 便の中の脂肪量を測定します。[medicalnote.jp]
  • [症状] 下痢 (げり)、脂肪便(しぼうべん)、腹部感(ふくぶぼうまんかん)など消化吸収障害によるものや、体重減少、やせ、成長障害、浮腫(ふしゅ)、腹水(ふくすい)、貧血(ひんけつ)、皮下出血(ひかしゅっけつ)、骨軟化症、口内炎、末梢神経炎(まっしょうしんけいえん)、無月経(むげっけい)、テタニー(強いひきつけ)、眼症状など、各種の栄養素やビタミンの欠乏によるものなどがみられます。 とくに子どもでは、成長障害や二次性徴低下に注意しなければなりません。[kotobank.jp]
腸疾患
  • 原因はさまざまですが、腸上皮(ちょうじょうひ)での膜消化(まくしょうか)がうまくいかない原発性疾患によるもの、手術、炎症、腫瘍(しゅよう)により腸粘膜が障害された続発性疾患によるもの、肝臓、胆道(たんどう)、膵臓(すいぞう)の病気により膵液や胆汁の分泌(ぶんぴつ)が障害されたもの、栄養素の吸収経路である門脈(もんみゃく)や リンパ管 が障害されたもの、という4通りに大きく分かれます。 このため、治療法も原因によって異なります。[kotobank.jp]
  • また、炎症性疾患の合併頻度が高く、約半分の患者で炎症性疾患を発症し、短腸症候群や吸収不良症候群にて発達発育不全をきたす。一部の症例では破骨細胞の機能低下による大理石病も発症する。 2. 疫学 全世界では100名を超す患者が報告され、我が国で14名の報告がある。 3. 原因 X連鎖型NEMO遺伝子異常症と常染色体優性遺伝IκBα遺伝子異常があるが、いずれもNF-κBシグナル低下による細胞障害による。炎症性疾患に関してはTNFaの関与が示唆され、抗TNFa抗体が著効する。[nanbyou.or.jp]
  • 章 疾患概念と疫学 上部消化管疾患 (木下芳一) 下部消化管疾患 (長堀正和,渡辺 守) 肝疾患 (佐々木 裕) 膵・胆道疾患 (下瀬川 徹) III章 病態生理 上部消化管疾患 食道,食道胃接合部の運動生理 (沢田明也,藤原靖弘) 胃・十二指腸の運動生理 (藤川佳子,富永和作,荒川哲男) 胃酸分泌調節機構 (石村典久) 上腹部症状の原因臓器としての十二指腸 (大島忠之,三輪洋人) 消化管ホルモン (武田宏司) 上部消化管傷害を起こす薬剤 (加藤元嗣,久保公利,間部克裕) 下部消化管疾患 炎症性疾患[rr2.nakayamashoten.co.jp]
慢性下痢
  • 各種栄養素の吸収過程で最も早く障害を受けるのは脂肪なので、脂肪吸収障害に基づく慢性下痢や脂肪便が高頻度にみられる最も重要な症状です。 【治療の方法】 消化吸収障害が軽度であれば、食事療法(低脂肪・高蛋白・低繊維食)と消化酵素の投与を行います。 消化吸収障害が高度で低栄養状態を伴う場合は、まず経腸栄養法(半消化態栄養剤または成分栄養剤を経鼻チューブか経口で投与する)あるいは完全静脈栄養法による栄養療法を行い、栄養状態の改善を目指します。[yomidr.yomiuri.co.jp]
  • 症状は、慢性嘔吐、慢性下痢、慢性嘔吐と下痢です。炎症性腸炎でありながら嘔吐のみであり下痢がまったく認められない症状もあります。この性質が特異で重要な点です。 生化学検査では、低アルブミン血症、高ガンマグロブリン血症がみられます。 2. 好酸球性腸炎 慢性炎症性腸炎であり、胃や大腸に及ぶこともあります。免疫細胞である好酸球が腸の 粘膜に集合する状態です。腸間膜リンパ節にも浸潤している場合があります。 3. グルテン過敏性腸炎 グルテンの消化産生物に起因します。[sasaki-vet.com]
  • 症状としては、慢性下痢、脂肪便、体重減少、 るいそう ( やせすぎ )、無力倦怠 (けんたい) 感、手足の浮腫 (ふしゅ) 、腹部膨隆、鼓腸、食欲不振、各種の貧血、皮膚炎、口内炎など多彩な変化がみられるが、いずれもタンパク質、脂肪、各種ビタミン、無機質の吸収障害による欠乏症状である。症状の中心となるのは低タンパク血症による手足の浮腫で、顕著なときには腹水や胸水を現すようになる。[kotobank.jp]
  • 最もよくみられる症状は慢性下痢症であり,通常はこれが患者を評価するきっかけとなる。脂肪の排泄が7g/日を上回ると,脂肪便(過度の脂肪を含む便で吸収不良の特徴)が発生する。脂肪便は,悪臭を放つ蒼白色の量の多い高脂肪分の便である。 進行した吸収不良では,重度のビタミンおよびミネラル欠乏が起こり,症状は特定栄養素の欠乏に関連する( 吸収不良の症状 を参照)。ビタミンB 12 欠乏症は盲係蹄症候群で発生する場合や,遠位回腸または胃の広範囲切除後にみられる場合がある。[msdmanuals.com]

精密検査

  • お腹が痛い 【考えられる原因】 お子さまの腹痛の多くは便秘が原因ですが、腸重積・アレルギー性紫斑病・腸閉塞・急性虫垂炎など、直ちに精密検査・治療が必要な場合もあります。 下痢 【考えられる原因】 食中毒などの細菌性下痢、ロタウィルス、アデノウィルス、ノロウィルスなどのウィルス性の下痢のような急性下痢と、吸収不良症候群、反復性軽症下痢などの持続性の下痢の場合もあります。 吐く 【考えられる原因】 腸重積、紫斑病、発熱や下痢を伴って吐く場合は感染性胃腸炎の疑いがあります。[sugimoto-kodomo.com]

治療

  • 治療 まず原因となった病気に対する治療を行うことが肝要です。また、並行して吸収不良に伴って生じた低栄養状態を改善するための治療を行います。この治療には、大きく分けて栄養療法、薬物療法の2つがあります。 栄養療法 状態に応じて食事療法、経腸栄養、完全静脈栄養などを行います。 食事療法 高エネルギー、高たんぱく、低脂質な食事を基本とします。患者さんの栄養状態や体格、運動量などに合わせて適正な目標カロリーを設定します。[medicalnote.jp]
  • 治療 治療の基本は原因となる病気を治すことですが、それと並行して個々の病態に応じた適切な栄養管理を行います。 栄養管理の方法には静脈に細いチューブを挿入して体内に栄養を送る中心静脈栄養と、口もしくは細い管を通して腸に栄養を送る経腸栄養があります。下痢や腹痛などの症状が比較的軽い場合は経腸栄養が行われるのに対し、下痢や腹痛などの症状が強い場合や栄養状態が極端に悪化している場合は中心静脈栄養が行われます。 「消化管全般」一覧へ戻る[onaka-kenko.com]
  • [吸収不良症候群]malabsorption syndrome 治療 本症では低栄養状態にあるので、まずそれを改善するための栄養療法を行い、さらにそれぞれの原因疾患に応じた治療を併用します。 《食餌療法》 高カロリー、高蛋白、低脂肪、低残渣が望ましく、脂肪量は15 30gと障害の程度に応じ制限をします。 中鎖脂肪を用いることもあり、必要に応じて補液やビタミンの非経口的補充を行います。[blogs.yahoo.co.jp]
  • [治療] 原因疾患の治療が原則ですが、治療法がない疾患も多くあります。 食事療法、栄養素補充療法もありますが、なるべく口から食べて治療するのが原則です。 食事療法は、乳糖不耐症やセリアック病(小児脂肪便症)などでは、制限食が有効です。 また、高エネルギーで低脂肪の食事療法、成分栄養法、完全静脈栄養法などの栄養素補充療法があります。[kotobank.jp]
  • 治療】 消化吸収障害が軽度であれば、食事療法(低脂肪・高蛋白・低繊維食)と消化酵素の投与を行います。 消化吸収障害が高度で低栄養状態を伴う場合は、まず経腸栄養法(半消化態栄養剤または成分栄養剤を経鼻チューブか経口で投与する)あるいは完全静脈栄養法による栄養療法を行い、栄養状態の改善を目指します。 同時に、原因となる病気の診断を確定し、それに対する治療を行うことが大切です。 ラクターゼ欠乏症では、乳糖を含む食品(牛乳、チーズなど)をなるべく制限する必要があります。[mh.rgr.jp]

疫学

  • 診断基準(案)(表1) 疾患概念と疫学 吸収不良症候群とは,糖質,蛋白質,脂質,ビタミン,電解質,水などの単一または複数の栄養素の腸管における消化,または吸収障害によって引き起こされる欠乏症状を含む,種々な臨床症状を呈する疾患の総称である.本症によってもたらされる症状を大別すると, 1)下痢,脂肪便,蛋白便,腹部膨満感,腹鳴,腎結石などの消化吸収障害によるもの 2)体重減少,やせ,成長障害,浮腫,腹部膨満,腹水,貧血,皮下出血,骨軟化症,口内炎,末梢神経炎,無月経,テタニー,眼症状などの各種栄養素[webview.isho.jp]
  • 石川 誠,高橋恒男:疫学調査報告.厚生省特定疾患消化吸収障害調査研究班昭和57年度業績集,pp15-26, 1983. 辻川知之,宇田勝弘,他:小腸の形態と機能.消化器科,35: 483-489, 2002.[kotobank.jp]
  • 疫学 全世界では100名を超す患者が報告され、我が国で14名の報告がある。 3. 原因 X連鎖型NEMO遺伝子異常症と常染色体優性遺伝IκBα遺伝子異常があるが、いずれもNF-κBシグナル低下による細胞障害による。炎症性腸疾患に関してはTNFaの関与が示唆され、抗TNFa抗体が著効する。大理石病に関しては、破骨細胞が原因であり、特に、遺伝子変異がNEMO遺伝子のZinc Fingerドメイン部位に集中していることから、他の遺伝子との関連が示唆される。 4.[nanbyou.or.jp]
  • I章 症候から診断へ 食欲不振・体重減少 (近藤 隆,三輪洋人) 嚥下障害 (八木健二,河合 隆) 胸やけ・胸背部痛 (石村典久) 吐血 (佐藤丈征,八木健二,河合 隆) 腹部膨満・悪心・嘔吐 (瀬川 誠,坂井田 功) 上腹部痛 (桑田直子,河合 隆) 下腹部痛 (市川仁志,金井隆典) 黄疸 (廣田衛久,下瀬川 徹) 便通異常 (正岡建洋,金井隆典) 下血 (水野慎大,金井隆典) II章 疾患概念と疫学 上部消化管疾患 (木下芳一) 下部消化管疾患 (長堀正和,渡辺 守) 肝疾患 (佐々木 裕)[rr2.nakayamashoten.co.jp]
  • 疫学 膵外分泌障害 (30-40%) クローン (10%) 小腸切除 (10%) 膵切除 (10%) スプルーは少ない。50% は手術後の消化吸収障害である。 3. 診断 1). 既往歴と症状 (1). 50% は手術後の消化吸収障害である (2). 下痢・脂肪便・体重減少・貧血・無力倦怠感・腹部膨満・浮腫・消化管出血 (3). テタニー・骨軟化症 (脂肪酸がカルシウムと結合して排出されるため) (4). 出血傾向 (脂溶性ヴィタミンの吸収障害でヴィタミンK 欠乏) 2).[ibaraisikai.or.jp]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • (近藤 隆,三輪洋人) 嚥下障害 (八木健二,河合 隆) 胸やけ・胸背部痛 (石村典久) 吐血 (佐藤丈征,八木健二,河合 隆) 腹部膨満・悪心・嘔吐 (瀬川 誠,坂井田 功) 上腹部痛 (桑田直子,河合 隆) 下腹部痛 (市川仁志,金井隆典) 黄疸 (廣田衛久,下瀬川 徹) 便通異常 (正岡建洋,金井隆典) 下血 (水野慎大,金井隆典) II章 疾患概念と疫学 上部消化管疾患 (木下芳一) 下部消化管疾患 (長堀正和,渡辺 守) 肝疾患 (佐々木 裕) 膵・胆道疾患 (下瀬川 徹) III章 病態生理[rr2.nakayamashoten.co.jp]
  • 病態生理 消化および吸収は次の3段階で起こる: 腔内での酵素による脂肪,タンパク,炭水化物の加水分解—この段階で胆汁酸塩は脂肪の可溶化を促進する 刷子縁酵素による消化および最終産物の取り込み 栄養素のリンパ輸送 一般に,これらの段階のいずれが障害されても吸収不良という言葉が用いられるが,厳密に言うなら,第1段階の障害は吸収不良ではなく消化不良である。[msdmanuals.com]

予防

  • 治療法 感染症に対する予防投薬としてガンマグロブリン補充療法やST合剤投与。感染時には速やかな抗菌剤の投与。BCG接種の回避。炎症性腸疾患に対してはサラゾスルファピリジン、メサラジン、副腎皮質ステロイド、免疫抑制剤が投与され、難治の場合は抗ヒトTNFαモノクローナル抗体を考慮する。数例幹細胞移植が行われているが、移植関連合併症や炎症性腸炎の悪化など、その効果・安全性は確立されていない。 7. 研究班 自然免疫異常による難治性腸炎に関する研究班[nanbyou.or.jp]
  • 予防として生での摂取はやめる、手洗い、食器洗いの徹底などがあります。生臭いにおいのする便で、血便がみられることも多く、早く医療機関を受診し、抗生物質などの投与を受けます。 ウイルス性下痢症 (ロタウイルスなど) 冬の白色便性下痢症が有名です。嘔吐を伴うことが多く、治りにくい下痢なので、初めの水分の与え方や食事療法がとても大事です。 かぜによる下痢症 かぜの症状(咳、熱、鼻水など)があり、下痢は軽く整腸剤ぐらいでなおります。抗生物質による下痢もあります。[imaizumi-web.com]
  • 日常生活でできる予防法 1 食べすぎ飲みすぎを控える 食べすぎ飲みすぎや早食いは胃腸に負担をかけ、消化不良の原因になります。よく消化不良を感じるという人は、腹八分目を心がけ、ゆっくりよく噛んで食べることを習慣づけ、脂の多い肉やバターなど脂肪分の多いものをとりすぎないように気をつけましょう。また、寝る直前の食事は、消化不良の大きな原因となりますので、控えましょう。 2 健康的な食生活を心がける 1日3度の食事を規則正しい時間にとることで、胃腸の活動が健康的な状態になります。[takeda-kenko.jp]
  • ビタミンB6補充が高齢者における認知機能低下の予防または治療に役立つかどうかを判断するには、さらに多くのエビデンスが必要である。 月経前症候群 ビタミンB6補充が月経前症候群(PMS)の症状を緩和する可能性をいくつかのエビデンスが示唆しているが、ほとんどの研究の質は高くないため、結論は限定的である[ 21 ]。[ejim.ncgg.go.jp]
  • 経口摂取が可能となった症例では、正常な大腸を有する患者には複合炭水化物が多く、かつ脂肪が少ない食事( 高炭水化物・低脂肪食 )を、さらに尿路結石( シュウ酸結石 )の発生を予防する目的で低シュウ酸塩食を指導する。また、 可溶性食物繊維 や 短鎖/中鎖脂肪酸 も大腸を有する患者には有用なエネルギー源である。 微量栄養素 ( ビタミン 、電解質、微量元素)の欠乏に陥らないよう定期的に検査を行う( 参考文献8-6-5 )。[nutri.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!