Edit concept Question Editor Create issue ticket

反応性うつ病


提示

精神症状
  • 適応障害の精神症状は、不安、抑うつ、焦燥感、敏感、混乱などがみられます。 一方で身体的にあらわれる症状は、倦怠感、頭痛、腹痛、行動面では遅刻、欠勤、不眠、犯罪などがあります。 適応障害のタイプ 「適応障害」の症状は多岐にわたりますが、主な症状から下記の6つにタイプ分けされています。 抑うつ気分を伴うタイプ 憂鬱感、涙もろくなる、絶望感、思考力・判断力の低下、感情のコントロールが難しくなるなど。いずれの症状も、気分障害ほどではありません。 気分障害:抑うつ気分を主症状とする精神疾患のグループ。[myclinic.ne.jp]
  • うつには精神症状と身体症状があり、午前調子が悪く夕方になると調子よくなる日内変動のある軽躁期がある人もいる。昔はまじめで仕事人間で、責任感が強い人がなりやすかった。 【従来のうつになりやすい性格】 タイプ①:執着性格、完全主義、自己点検型、秩序の中にいるのを好む、役割に忠実、徹底的にやりすぎる、柔軟性の欠如 タイプ②:協調性がある人、他人への配慮を重んじる、going my wayでない、すなわち他人への評価を気にしすぎる、気の弱さ、自由さに欠ける。[jp-kenko.org]
情緒不安定
  • 以上の予備群としての「うつ病」が蔓延(まんえん) うつ病と合併しやすい疾患 境界性人格障害(情緒不安定性パーソナリティ障害) アルコール依存症や薬物依存症(覚せい剤、麻薬、その他) パニック障害、社交不安障害(社会不安障害)、全般性不安障害などの不安障害 摂食障害、とくに過食症 解離性障害 統合失調症 認知症 甲状腺機能低下症、更年期障害、糖尿病、脳疾患、がんなどの身体疾患 なぜ、「うつ病」は混乱したか?[stella-cl.com]
希死念慮
  • どんな症状があるのでしょうか 症状として 不安焦燥 意欲の低下 体重減少 不眠 疲労感 実際には問題がないのだけれど、身体の不調がみられる、心気症状 お金がない等と訴える(貧困)妄想 考える力が低下し、まるで呆けた様に見える、仮性痴呆 死にたい気持ちになる念慮 等があります。 何歳ぐらいから、この老年期うつ病について注意したらいいのでしょうか まず老年期には、初老期のものも含まれます。[niki-hp.or.jp]
  • 9) 死にたいと思ってしまう(自殺願望、念慮) 生きていることがつらく、死んでしまった方がましだと考えてしまう症状です。うつ病で最も気をつけなければならない症状です。 うつ病の症状があまりに重い時期には、死にたい気持ちがあっても行動におこす気力すら残ってないのである意味安全ですが、治療によって少し元気が出始めたころには要注意です。 うつ病の治療の経過では、死んでしまいたいという気持ちが繰り返し患者さんの気持ちの中に湧いてきます。[iwatakokorono-cl.com]
疲労
  • 満足な睡眠がとれない状態が続くと、疲労が抜けず体の調子がみるみるうちに悪くなっていきます。朝起きた瞬間から「疲れ切っている」と感じることもよくあります。 5) 頭がぼーっとする(思考抑制)、集中力がない、物事を決められなくなる 頭に霧がかかったようにすっきりせず、ぼんやりしてうまく考えられなくなるなどの頭の回転が遅くなった状態です。集中力や注意力が散漫になり仕事や勉強、家事が思うように進まなくなったり、全く出来なくなったりします。[iwatakokorono-cl.com]
  • 抑うつ気分、興味や喜びの喪失、活力の減退による易疲労感の増大や活動性の減少を主症状とする精神疾患です。 うつ病は単なる精神疾患ではなく、精神身体の両面にわたって生命力が全体として低下してくる病態で、しばしば、さまざまな身体症状を主訴として臨床の各科を受診します。 うつ病の12か月有病率は約2%、生涯有病率は10%前後といわれています。女性の有病率は男性に比べて約2倍高いです。好発年齢は20 30代といわれていますが、中高年での発症も多いです。[sugiura-kokoro.com]
  • どんな症状があるのでしょうか 症状として 不安焦燥 意欲の低下 体重減少 不眠 疲労感 実際には問題がないのだけれど、身体の不調がみられる、心気症状 お金がない等と訴える(貧困)妄想 考える力が低下し、まるで呆けた様に見える、仮性痴呆 死にたい気持ちになる希死念慮 等があります。 何歳ぐらいから、この老年期うつ病について注意したらいいのでしょうか まず老年期には、初老期のものも含まれます。[niki-hp.or.jp]
体重減少
  • どんな症状があるのでしょうか 症状として 不安焦燥 意欲の低下 体重減少 不眠 疲労感 実際には問題がないのだけれど、身体の不調がみられる、心気症状 お金がない等と訴える(貧困)妄想 考える力が低下し、まるで呆けた様に見える、仮性痴呆 死にたい気持ちになる希死念慮 等があります。 何歳ぐらいから、この老年期うつ病について注意したらいいのでしょうか まず老年期には、初老期のものも含まれます。[niki-hp.or.jp]
  • うつ病相の症状 「身体の症状」 (1) 疲労感、気力の減退 (2) 食欲不振・体重減少、過食 (3) 睡眠障害 (4) 自律神経症状(頭痛、肩こり、背部痛、腰痛、めまい、便秘、性欲減退等) 「心の症状」 (1) 抑うつ気分(落ち込み、くよくよ考える、悲哀感、希望がもてない等) (2) 興味・関心や喜びの喪失(仕事/学業/家事への関心の低下、趣味に興味を持てない等) (3) 思考力の低下(集中力/決断力の低下、切り替えができない、自責の念、無価値観等) 発症危険因子 最近に生じたストレスや環境の変化[itamitenjingawa-hp.com]
  • 著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1カ月で体重の5%以上の変化)、または食欲の減退または増加 4. 不眠または睡眠過多 5. 精神運動性の焦燥または制止 6. 易疲労性、または気力の減退 7. 無価値観、または過剰であるか不適切な罪責感 8. 思考力や集中力の減退、または決断困難(その人自身の言明による、または、他者によって観察される) 9. 反復的な自殺念慮、自殺企図、または自殺するためのはっきりとした計画 補足 体に出る症状としては以下のようなものがあります。[shingaclinic.com]
  • 病性障害 大うつ病エピソードを伴う 従来は、うつ病を「躁うつ病のうつ相」としてとらえていた、つまり、うつ病は「躁うつ病の一部」だったが、DSMでは「うつ病性障害」を単独な精神疾患としてとらえ、「躁うつ病(双極性障害)」とは別な精神障害として分類している 大うつ病性障害のなかでも「メランコリー型」は典型的な「うつ病」であり、従来の内因性うつ病が含まれる 大うつ病エピソード(DSM-Ⅳ) ※(1)または(2)を含む5つ以上の症状が2週間以上続く (1)抑うつ気分 (2)興味または喜びの喪失 食欲減退・体重減少[stella-cl.com]
  • 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加(例:1ヵ月で体重の5%以上の変化)、またはほとんど毎日の、食欲の減退または増加。 注:小児の場合、期待される体重増加がみられないことも考慮せよ。 ほとんど毎日 の不眠または睡眠過多。 ほとんど毎日 の精神運動性の焦燥または制止(他者によって観察可能で、ただ単に落ち着きがないとか、のろくなったという主観的感覚でないもの)。 ほとんど毎日 の易疲労性、または気力の減退。[mhlw.go.jp]
睡眠障害
  • 自分では処理できない過重な責任や悩み、緊張状態などで眠れなくなる場合と、ストレスによって生活のリズムが乱れたり、就寝前の過剰な飲酒・喫煙あるいは刺激物などの生活習慣が変化したりすることによって睡眠障害になる場合があります。 不眠症(睡眠障害)の症状 ・入眠障害 寝つきの悪いタイプで、眠ろうとすればするほど眠れなくなるが、いったん入眠すると朝まで眠れるというもので、不眠症の中では一番多くみられます。[akimoto-clinic.net]
  • うつ病相の症状 「身体の症状」 (1) 疲労感、気力の減退 (2) 食欲不振・体重減少、過食 (3) 睡眠障害 (4) 自律神経症状(頭痛、肩こり、背部痛、腰痛、めまい、便秘、性欲減退等) 「心の症状」 (1) 抑うつ気分(落ち込み、くよくよ考える、悲哀感、希望がもてない等) (2) 興味・関心や喜びの喪失(仕事/学業/家事への関心の低下、趣味に興味を持てない等) (3) 思考力の低下(集中力/決断力の低下、切り替えができない、自責の念、無価値観等) 発症危険因子 最近に生じたストレスや環境の変化[itamitenjingawa-hp.com]
  • 夜中や朝早く目覚めてしまう睡眠障害が特徴です。食欲不振もおきます。患者さんは他にもいろいろな体の異常を訴えて病院に行きます。たとえば「腰が痛い、筋肉が痛い」「頭が痛い」「舌が痛い、入れ歯が合わない」などです。 --- うつ病の診断はなぜ難しいのでしょう? たとえば奇妙な行動をしたり、家に閉じこもって何もしないとすると、誰でも変だと思うでしょう。けれどもうつ病の軽い場合のように、普通に振る舞っていてなんとなくおかしいという人の異常には、人は気がつきません。[kknews.co.jp]
判断力の低下
  • 抑うつ気分を伴うタイプ 憂鬱感、涙もろくなる、絶望感、思考力・判断低下、感情のコントロールが難しくなるなど。いずれの症状も、気分障害ほどではありません。 気分障害:抑うつ気分を主症状とする精神疾患のグループ。代表的なものは「うつ病」。 不安と伴うタイプ 漠然とした不安感があり、災害、病気、死などを心配しすぎたり、精神が過敏になって、不安から呼吸困難に陥るなどの軽いパニック発作を起こすなど社会生活を送ることが困難な状態。不安障害ほどではない。[myclinic.ne.jp]
  • 重大な決心をさせない うつ状態の時は判断低下し、マイナスナ方向に向かいがち。病状が好転すると後悔するので、物事を決定させない。 ゆっくりのんびりさせる 気分転換に無理矢理旅行や運動などに連れ出さない。ゆっくり休養することを優先させる。 激励や指示は禁物 指示することはもちろん「がんばれ」など励ますのはかえって逆効果。 さわぎたてない 本人に合わせて、周りが騒いだり沈んだりするのは禁物。おだやかに本人の言うことを聞く。[sogo-clinic.jp]
過食
  • Ⅱ 関連症状 次のうち二項目以上該当 A.体重増加または過食 体重増加は4キログラム以上で、有りと判定。過食は、食べたいという強い欲求が週5日以上、過食したいという欲求や何度も食事をする日が週3日以上、もしくは、無茶食いをする日が週2日以上で、有りと判定。 B.過眠傾向 睡眠時間の合計が10時間以上、もしくは、うつがなかったときに比べて、2時間以上増加。 C.鉛のような体の重さ エネルギーが切れたようで、体が鉛のように重く、些細なことにも努力が必要である。[clinic.kokoro-support.net]
  • 症 状 食欲不振または過食 睡眠困難 倦怠感 自尊心低下 集中困難あるいは決断困難 絶望感 のうち、少なくとも2つの症状を呈します。 これらの症状が、ほぼ毎日、途中で普通の気分の期間があっても、2年以上続きます。症状は1日のなかでも後半に悪化する傾向があります。 大うつ病の場合、症状は客観的であるのに対して、気分変調症の場合、症状はより主観的であり、食欲や性欲の減退や、焦燥感や精神運動制止は認めにくいという特徴があります。[heartclinic-yokohama.com]
  • うつ病相の症状 「身体の症状」 (1) 疲労感、気力の減退 (2) 食欲不振・体重減少、過食 (3) 睡眠障害 (4) 自律神経症状(頭痛、肩こり、背部痛、腰痛、めまい、便秘、性欲減退等) 「心の症状」 (1) 抑うつ気分(落ち込み、くよくよ考える、悲哀感、希望がもてない等) (2) 興味・関心や喜びの喪失(仕事/学業/家事への関心の低下、趣味に興味を持てない等) (3) 思考力の低下(集中力/決断力の低下、切り替えができない、自責の念、無価値観等) 発症危険因子 最近に生じたストレスや環境の変化[itamitenjingawa-hp.com]
  • また、若い女性に多いのですが、非定型のうつとして、過眠、過食(食欲増加)があります。 主な症状 ・眠れない、朝早く目がさめる ・からだがしびれる ・何を食べてもおいしくない ・生理不順 ・ときどきめまいがする ・性欲がおちる ・肩がこる ・下痢、便秘 ・からだがだるい、疲れやすい ・息切れ、息苦しい うつ病のチェックポイントとして、1.好きなことを楽しめない。2.疲れているのに眠れない。こういった状態が、1週間から2週間続くと、病気としてのうつ病の可能性が高いといえます。[city.osaka.lg.jp]

精密検査

  • 例えば健康診断で「要精密検査」となることで不安と憂鬱な日々が続くことです。身体の病気で入院したことが心に影響した人の多くは、このタイプの適応障害です。 行動の障害を伴うタイプ 万引き、飲酒運転、暴力、無断欠席・無断欠勤、公共の場へのいたずらなどの行動を伴うタイプです。ただ思春期の青年は、この時期によくある精神的な不安定さから反社会的な行動や言動を起こしてしまうことがあります。 情緒と行為の混合した障害を伴うタイプ 不登校やかん黙など。[myclinic.ne.jp]

治療

  • 当事者の方々には少し専門的すぎる内容かもしれませんが、 表1 のようなことを治療者が問診や診察、検査を通して判断し、うつ状態の原因をわかりやすく説明してくれているか、ということに着目していただくことが大切です。 もちろんうつ病治療ガイドラインの中では「第1章 うつ病治療計画の策定」と題し、治療を行う前にまず考えるべき内容と強調し、ガイドライン普及講習の中でも重視していますので、安心して治療者にたずねていただければと思います。[comhbo.net]
  • そこで身体の検査をし、潰瘍ができていたりすると、その治療をします。何も異常がないことも多く、親は病院を転々とすることもあります。こうしたときに、身体だけでなく、心の検査を受けてみることで、何かがわかるかもしれません。 --- 子どものうつ病治療は? 治療は投薬と、うつの状態になった原因を取り除くことです。子どものストレスをなくすことは、特にきっかけがなく発病するという内因性うつ病にも効果があります。[kknews.co.jp]
  • 治療 通常のうつ病治療の考え方 「うつ病はこころの風邪。早く薬をのんで休養をとりましょう」という啓発活動後、うつ病患者が増加しています。 身体疾患や薬剤がうつ状態の原因であったり、うつ状態に影響を与えていたりしないか検討します。もし可能性があれば、身体疾患の治療や薬剤の中止あるいは変更を考慮します。この場合も、うつ状態が重症であれば抗うつ薬を併用します。 身体疾患や薬剤が関係していないときは、抗うつ薬による治療を考えます。[shingaclinic.com]
  • 躁病相の症状 (1)過度の自尊心あるいは誇大的思考 (2)睡眠欲求の減少 (3)多弁 (4)考えが次々に浮かぶ (5)注意の散漫 (6)目標指向性の行動が高まる、活動性の亢進 (7)無分別な行動(浪費、粗暴な運転、性的逸脱行為等) 治療 再発を繰り返す症例が90%以上を占めることから、再発予防が治療上たいへん重要です。 また、自殺リスクが高いことも注意が必要です。こうした点からも、本人の病気に関する理解を促し、各病相よりも治療経過を重要視した治療となります。[itamitenjingawa-hp.com]

予防

  • 何か予防法はありますか 高齢者がうつ病を予防する注意点として 若いときから(趣味、ボランティア等で)老後に備える 多様性のある生き方 孤立しない人間関係とともに自分だけの時間を大切にする (大事なこととそうでない事に)優先順位を付けられるか 曖昧さに耐える能力 必要な援助を他人に求める態度 過去にこだわる態度から「今、ここで」の発想への転換 無駄な時間を無駄に過ごす能力 老化を受け入れる(健康な諦観) 主導権を徐々に若い人に譲り渡す 等が言われています。[niki-hp.or.jp]
  • 躁病相の症状 (1)過度の自尊心あるいは誇大的思考 (2)睡眠欲求の減少 (3)多弁 (4)考えが次々に浮かぶ (5)注意の散漫 (6)目標指向性の行動が高まる、活動性の亢進 (7)無分別な行動(浪費、粗暴な運転、性的逸脱行為等) 治療 再発を繰り返す症例が90%以上を占めることから、再発予防が治療上たいへん重要です。 また、自殺リスクが高いことも注意が必要です。こうした点からも、本人の病気に関する理解を促し、各病相よりも治療経過を重要視した治療となります。[itamitenjingawa-hp.com]
  • 本稿では、主に途上国の海外赴任者が精神的に健康に生活するために必要な事項を『予防』という立場から、さらに既に何らかの精神的疾患を有しながらも海外で生活する人々に対しては『セルフケア』という観点から述べます。対象疾患としては海外でも頻繁にみられる神経症とうつ病に限定し、以下解説を加えます。 神経症 1.神経症の特徴 神経症とはどのような状態なのでしょうか。神経症(neurosis,Neurose)の特徴としては以下の点があげられます。1)原因は心因性である。[jomf.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!