Edit concept Question Editor Create issue ticket

反復拮抗運動不全


提示

  • 「喘息患者カードが交付されている場合は、カードに記載された発作止めの処置を指示に従って実施する」 「救急医療機関受診時にはカードを提示する」 2. 発作のために予定外受診となった患児が来院した場合 1.バイタル(顔色、呼吸数、体温、SpO2などを)チェックで発作程度を評価し、診察の優先度を評価できるようスタッフにも教育する。以下の初期対応を実施する際、経皮酸素モニターは常備することが望ましい。[gifu.med.or.jp]
  • 具体的には、2歳未満、2 5歳、6 15歳の各年齢区分で長期管理に関する薬物療法が提示され( 表7-5 、 7-6 、 7-7 )、治療ステップ1 4は、それぞれが喘息重症度の間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型に対応している。また、基本治療薬は治療の中核となる薬剤、追加治療薬は基本治療薬に加えて補助的に用いられる薬剤として位置づけられている。[jspaci.jp]

治療

  • 治療方法 副腎皮質ホルモン療法 免疫異常を伴う各種の病気に対して広く行われている治療です。一般に経口で投与しますが、症状が重いとき、急激な発症時には大量に点滴(ステロイドパルス療法)を行います。 免疫グロブリン大量療法 病気の原因として免疫異常が想定される場合に行われる治療法です。免疫グロブリンというヒトの血液由来の蛋白を5日間連日して点滴で投与します。 血漿交換療法 血液中に含まれる病気の原因物質を除去し、血液を健常状態に保つ治療法です。[kanden-hsp.jp]
  • この脊柱伸展筋群の緊張状態を解放することが治療のねらいとなってくる。筋筋膜性腰痛症の疼痛除去治療プログラムに取り入れられることが多い 図 2-5 のようなストレッチ体操(腰痛体操)であるが、過緊張を抑制する治療法の一つである。 腰痛体操の代表でもあるウィリアム体操の基本原理は生理学的なメカニズムであるα-γ連関を利用した単純なストレッチ体操である。これは自筋(脊柱起立筋)を伸張すると、筋紡錘も伸張されることになる。[www1.hus.ac.jp]

疫学

  • この仮説は、現在も広く支持されているが、小児の喘息や喘鳴性疾患のphenotype の存在を考え、分析・分類し、疫学やゲノム解析に反映させることは意義深く、今後の課題と思われる。 図1-1 乳幼児の喘息性疾患の分類 戻る 発作強度の評価は、発作時の治療管理ばかりでなく長期管理を実施する基になる重症度の判定にも重要である。 発作強度は呼吸状態と生活状態の障害程度によって判定され、小、中、大発作と呼吸不全の4段階に分類する。[jspaci.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 再発予防として、インターフェロンの自己注射が有効です。 このページのトップへ 脳炎・髄膜炎 解説 通常はウイルスや細菌の感染によっておこります、脳に炎症がおこれば脳炎、脳を取り囲む髄膜に炎症がおこれば髄膜炎といいます。脳脊髄液検査を行い迅速に診断し治療することが重要です。 治療方法 原因となる病原体に応じた抗生物質や、抗ウイルス薬を投与します。[kanden-hsp.jp]
  • タイトル: 公表特許公報(A)_免疫再構築症候群(IRIS)の処置及び予防における使用のための血漿由来免疫グロブリン 出願番号: 2013503124 年次: 2013 IPC分類: A61K 39/395,A61P 37/02,A61P 39/00 ルードヴィヒ・カッポス ジェンズ・キューレ JP 2013523801 公表特許公報(A) 20130617 2013503124 20110408 免疫再構築症候群(IRIS)の処置及び予防における使用のための血漿由来免疫グロブリン ウニヴェルズィテーツシュピタール[biosciencedbc.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!