Edit concept Question Editor Create issue ticket

原発性進行性多発性硬化症


提示

  • このペンダーの仮説は、遺伝等の原因によってEBウイルスに対する CD8 T細胞 応答に何らかの不全が起き、EBウイルスに感染した自己反応性の記憶B細胞が抗原提示細胞として働き、通常は禁止された自己抗原のT細胞認識が可能となり、自己免疫応答が生ずるというものである。[ja.wikipedia.org]
尿失禁
  • ②ジストニー (4)その他の神経症状 ①偽性球麻痺(構音障害、嚥下障害) ②尿失禁 (5)画像所見 CT、MRI、SPECTで、一側優位性の障害(大脳半球の萎縮又は血流低下)は診断において、重要な支持的所見である。しかし、両側性あるいはび漫性に異常所見が出現する例もあるので、診断上必須所見とはしない。[hoken.kakaku.com]
  • 持続性の完全失明、神経網膜炎(macular starを伴う視神経乳頭浮腫)、ぶどう膜炎(重度、前部) 脳幹/小脳 両側核間性眼筋麻痺、小脳失調および複数の眼位でみられる眼振、外転神経麻痺、顔面の感覚低下 一側性核間性麻痺、顔面麻痺、顔面ミオキミア、難聴、一眼半水平注視麻痺症候群、三叉神経痛、発作性緊張性痙攣 完全外眼筋麻痺、垂直注視性麻痺、血管領域症候群、動眼神経麻痺、進行性三叉神経感覚障害、限局性ジストニア、斜頚 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁[ja.wikipedia.org]
尿閉
  • 完全外眼筋麻痺、垂直注視性麻痺、血管領域症候群、動眼神経麻痺、進行性三叉神経感覚障害、限局性ジストニア、斜頚 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称性進行性痙性対麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節性温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害なし)、便失禁、対称性の進行性痙性対麻痺 前脊髄動脈領域病変(後索のみ障害なし)、馬尾症候群、境界明瞭な全感覚の感覚レベルと限局性脊髄性疼痛、完全なブラウンセカール症候群、急性尿[ja.wikipedia.org]
筋萎縮症
  • 1 球脊髄性萎縮 2 筋萎縮性側索硬化症 3 脊髄性萎縮 4 原発性側索硬化症 5 進行性核上性麻痺 6 パーキンソン病 7 大脳皮質基底核変性症 8 ハンチントン病 9 神経有棘赤血球症 10 シャルコー・マリー・トゥース病 11 重症筋無力症 12 先天性筋無力症候群 13 多発性硬化症/視神経脊髄炎 14 慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー 15 封入体筋炎 16 クロウ・深瀬症候群 17 多系統萎縮症 17 (1)線条体黒質変性症 17 (2)オリーブ橋小脳萎縮症[byouin.metro.tokyo.jp]
  • プリオン病 11 結節性動脈周囲炎 ※2 39 肺動脈性肺高血圧症 12 潰瘍性大腸炎 40 神経線維腫症 13 大動脈炎症候群 ※3 41 亜急性硬化性全脳炎 14 ビュルガー病 ※4 42 バッド・キアリ(Budd-Chiari)症候群 15 天疱瘡 43 慢性血栓塞栓性肺高血圧症 16 脊髄小脳変性症 44 ライソゾーム病 17 クローン病 45 副腎白質ジストロフィー 18 難治性の肝炎のうち劇症肝炎 46 家族性高コレステロール血症(ホモ接合体) 19 悪性関節リウマチ 47 脊髄性萎縮[dai-ichi-life.co.jp]
  • 厚生労働省のリーフレットはこちら 「平成27年1月1日から難病の方への新たな医療費助成制度がはじまります」 沖縄県の説明(必要書類等) 「難病患者に対する医療等に関する法律」施行について(様式集) ※外部サイトへのリンク 対象となる疾病 1 球脊髄性萎縮 56 ベーチェット病 2 筋萎縮性側索硬化症 57 特発性拡張型心筋症 3 脊髄性萎縮 58 肥大型心筋症 4 原発性側索硬化症 59 拘束型心筋症 5 進行性核上性麻痺 60 再生不良性貧血 6 パーキンソン病 61 自己免疫性溶血性貧血[city.okinawa.okinawa.jp]
  • 対象となる疾患一覧 IgA腎症 亜急性硬化性全脳炎 アジソン病 アミロイド症 アレルギー性肉芽腫性血管炎 ウェゲナー肉芽腫症 HTLV-1関連脊髄症 ADH不適合分泌症候群 黄色靭帯骨化症 潰瘍性大腸炎 下垂体前葉機能低下症 加齢性黄斑変性症 肝外門脈閉塞症 関節リウマチ 肝内結石症 偽性低アルドステロン症 偽性副甲状腺機能低下症 球脊髄性萎縮 急速進行性糸球体腎炎 強皮症 ギラン・バレ症候群 筋萎縮性側索硬化症 クッシング病 グルココルチコイド抵抗症 クロウ・深瀬症候群 クローン病 劇症肝炎[city.shijonawate.lg.jp]
精神症状
  • ページトップへ ハンチントン病 現場で役立つポイント ハンチントン病 は、軽度の精神症状や行動異常が約10年続いた後、通常30 50代で症状が顕在化する。 舞踏運動 で起こるケガや、頭部打撲による硬膜下血腫に気をつけ、これらの防止のために環境を整える。 うつ状態になる危険がある。自殺企図に注意する。 話すときは患者の言葉を復唱し、理解度を高める どんな疾患・病態? 不規則な不随意運動(舞踏運動)と認知症を主体とする進行性の疾患。[nurseful.jp]
突発性難聴
  • (H23年5月) 突発難聴の患者さん 突発難聴 の患者さん(岡山市在住の59歳の男性)が、同じ疾患の方との情報交換を希望されています。 (H23年5月) 特発性脊髄空洞症の子供さんのご家族 特発性脊髄空洞症 の子供さんのご家族が、同じ疾患の方またはご家族との情報交換を希望されています。[okakenko.jp]
  • 脊髄小脳変性症 脊髄性筋萎縮症 全身性エリテマトーデス 先端巨大症 先天性QT延長症候群 先天性魚鱗癬様紅皮症 先天性副腎皮質酵素欠損症 側頭動脈炎 大動脈炎症候群 大脳皮質基底核変性症 多系統萎縮症 多巣性運動ニューロパチー 多発筋炎 多発性硬化症 多発性嚢胞腎 遅発性内リンパ水腫 中枢性尿崩症 中毒性表皮壊死症 TSH産生下垂体腺腫 TSH受容体異常症 天疱瘡 特発性拡張型心筋症 特発性間質性肺炎 特発性血小板減少性紫斑病 特発性血栓症 特発性大腿骨頭壊死 特発性門脈圧亢進症 特発性両側性感音難聴 突発難聴[city.shijonawate.lg.jp]
  • 125 もやもや病 27 劇症肝炎 60 神経線維腫症 93 特発性血栓症 126 有棘赤血球舞踏病 28 結節性硬化症 61 進行性核上性麻痺 94 特発性大腿骨頭壊死 127 ランゲルハンス細胞組織球症 29 結節性動脈周囲炎 62 進行性骨化性線維形成異常症 95 特発性門脈圧亢進症 128 リソソーム病 30 血栓性血小板減少性紫斑病 63 進行性多巣性白質脳症 96 特発性両側性感音難聴 129 リンパ管筋腫症 31 原発性アルドステロン症 64 スティーヴンス・ジョンソン症候群 97 突発難聴[m-takken.jp]
  • 下垂体前葉機能低下症 偽性低アルドステロン症 偽性副甲状腺機能低下症 クッシング病 グルココルチコイド抵抗症 原発性アルドステロン症 高プロラクチン血症 ゴナドトロピン分泌過剰症 神経性過食症 神経性食欲不振症 先端巨大症 先天性副腎皮質酵素欠損症 中枢性尿崩症 TSH産生下垂体腺腫 TSH受容体異常症 ビタミンD依存症二型 レフェトフ症候群 代謝系疾患 視覚系疾患 視覚系疾患 加齢性黄斑変性症 視神経症 網膜色素変性症 聴覚・平衡機能系疾患 聴覚・平衡機能系疾患 遅発性内リンパ水腫 特発性両側性感音難聴 突発難聴[resja.or.jp]
  • Kennedy-Alter-Sung病) 脊髄空洞症 パーキンソン病 ハンチントン(舞踏)病 進行性核上性麻痺 線条体黒質変性症 ペルオキシソーム病 ライソゾーム病 クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD) ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病(GSS) 致死性家族性不眠症 亜急性硬化性全脳炎(SSPE) 進行性多巣性白質脳症(PML) 後縦靱帯骨化症 黄色靱帯骨化症 前縦靱帯骨化症 広範脊柱管狭窄症 特発性大腿骨頭壊死症 特発性ステロイド性骨壊死症 網膜色素変性症 加齢性黄斑変性症 難治性視神経症 突発難聴[nanfes.jp]
疲労
  • [症状] 1.頭部虚血性症状:めまい、頭痛、失神発作、片麻痺等 2.上肢虚血症状:脈拍欠損、上肢易疲労感、指の痺れ感、冷感、上肢痛 3.心症状:息切れ、動悸、胸部圧迫感、狭心症、不整脈 4.呼吸器症状:呼吸困難、血痰 5.高血圧 6.眼症状:一過性又は持続性の視力障害 7.下肢症状:間欠跛行、脱力、下肢易疲労感 8.疼痛:頸部痛、背部痛、腰痛 9.全身症状:発熱、全身倦怠感、易疲労感、リンパ節腫張(頸部) 10.皮膚症状:結節性紅斑 20 30歳代の女性に多い。[oura-cl.com]
  • 膀胱直腸障害 認知機能障害 疲労 検査 [ 編集 ] MRI [ 編集 ] 多発性硬化症(MS)の月ごとの経時的変化、脱髄巣が高信号(白色)で見える。 (オリジナルがイタリア語)Gen: 1月、Feb: 2月、Mar: 3月、Apr: 4月、Mag: 5月、Gui: 6月、Lug: 7月、Ago: 8月、Set: 9月、Ott: 10月、Nov: 11月、Dic: 12月 診断目的の場合は造影 MRI を加える事でより早期診断ができる可能性がある。[ja.wikipedia.org]
転倒
  • 姿勢障害・歩行障害により転倒しやすいので、歩行訓練を行うとともに、事故防止の方法などを指導する。 日中は起きて、積極的に体を動かすよう指導する。 どんな疾患・病態? 中脳黒質の神経細胞が変性脱落し、線条体のドパミン減少により 運動障害 などが生じるもの。 多くは原因不明。有病率は人口1000人当たり1人の割合。 パーキンソン病の一部は、遺伝子変異による家族性である。 症状 4大症状は振戦、筋固縮、無動、姿勢反射障害(これらをまとめてパーキンソニズムという)である。[nurseful.jp]
歩行困難
  • さらに、歩行困難など、MSの最初に運動症状がある人は、SPMSをより早く発症します。 RRMSがSPMSになった、またはSPMSになっているという兆候 人がRRMSからSPMSに移行する時期を定義する明確なガイドラインや基準がないことを理解することが重要です。しかし、以下は、この移行が起こっているのか起きたのかを判断するときにMSの人とその医師が使用するかもしれないいくつかの手がかりまたは兆候です。 あなたの薬はうまくいきません。[ja.diphealth.com]
上肢痛
  • [症状] 1.頭部虚血性症状:めまい、頭痛、失神発作、片麻痺等 2.上肢虚血症状:脈拍欠損、上肢易疲労感、指の痺れ感、冷感、上肢 3.心症状:息切れ、動悸、胸部圧迫感、狭心症、不整脈 4.呼吸器症状:呼吸困難、血痰 5.高血圧 6.眼症状:一過性又は持続性の視力障害 7.下肢症状:間欠跛行、脱力、下肢易疲労感 8.疼痛:頸部痛、背部痛、腰痛 9.全身症状:発熱、全身倦怠感、易疲労感、リンパ節腫張(頸部) 10.皮膚症状:結節性紅斑 20 30歳代の女性に多い。[oura-cl.com]
構音障害
  • 症状 運動神経の障害により、しゃべりにくくなる障害、嚥下障害、筋力低下や筋萎縮を自覚します。特に、中枢神経(大脳や脊髄)の運動神経(上位運動ニューロン)が障害されると痙縮が出現します。原発性側索硬化症では、上位運動ニューロンの変性のみが起こりますので強い痙縮が出現します。 患者数 有病率は人口10万人あたり2-7人で、特定疾患医療受給者数によると全国で約8,500人が登録されています。[itb-dsc.info]
  • 主症状は運動失調(四肢失調、体幹失調、障害)である。 このほか、痙縮などの錐体路症状、パーキンソニズムなどの錐体外路症状、起立性低血圧や失禁などの自律神経症状(大脳の変性を伴うものでは認知症状、けいれん)が現れることもある。 検査と診断 画像診断 CTやMRIによって、小脳、脳幹などの萎縮を確認する。 ある程度進行していないと、診断は困難である。 遺伝子診断 遺伝性のもので、原因遺伝子が判明しているものでは、診断の確定が可能。[nurseful.jp]
  • (3)その他の症候 ①進行性の障害や嚥下障害 ②前頭葉性の特徴を有する進行性認知障害(思考の緩慢化、想起障害、意欲低下などを特徴とする) (4)画像所見(CTあるいはMRI) 進行例では、中脳被蓋部の萎縮、脳幹部の萎縮、第三脳室の拡大を認めることが多い。[hoken.kakaku.com]
運動失調
  • 孤発性にはオリーブ橋小脳萎縮症(OPCA)があり、遺伝性では、運動失調や錐体路徴候、ジストニア、眼球運動障害が生じるMachado-Joseph症や、小脳性運動失調のみを示す脊髄小脳失調症6型(SCA6)などが比較的多い。 症状 画像的には、小脳のみが萎縮する純小脳型と、脳幹や大脳の萎縮も加わる複合型がある。 主症状は運動失調(四肢失調、体幹失調、構音障害)である。[nurseful.jp]
  • 8.脊髄小脳変性症(せきずいしょうのうへんせいしょう) 脊髄小脳変性症は、運動失調を主要症候とする原因不明の神経変性疾患の総称であり、臨床、病理あるいは遺伝子的に異なるいくつかの病型が含まれる。臨床的には以下の特徴を有する。 (1)小脳性ないしは後索性の運動失調を主要症候とする。 (2)徐々に発病し、経過は緩徐進行性である。 (3)病型によっては遺伝性を示す。その場合、常染色体優性遺伝性であることが多いが、常染色体劣性遺伝性の場合もある。[hoken.kakaku.com]
  • ついで小脳が障害されやすく小脳性運動失調が次第に増悪する。二次性進行期はEDSS3.0レベルからすでにはじまっていると考えられている。平均寿命は一般人と同じ程度か10年ほど短縮する。死亡率も同年齢の一般人口より3倍程度高いが1950年以降、死亡率の増加は軽減されている。 長期予後を改善する病態修飾薬(disease modifying drug:DMD)の登場で機能予後も改善されつつある。[ja.wikipedia.org]
感覚障害
  • 症状 病変部位により、視野・視力障害、麻痺、感覚障害、失調症状など様々な症状が出現し、多くの場合、初期には再発と寛解を繰り返します。一部は、経過とともに明らかな再発を認めずに障害度が進行する二次進行型に移行します。稀に発症時より進行性の経過をとる場合もあり、このような病型を一次進行型と呼びます。 特に脳幹や脊髄の病変が目立つ場合、および進行型の経過をとる場合は痙縮の出現頻度が高くなります。 患者数 有病率は10万人あたり8-9人で、約1.5万人の方が特定疾患医療受給者として登録されています。[itb-dsc.info]
  • 症状 脱髄発生部位により視力障害、運動麻痺、感覚障害、排尿障害、精神症状など異なる症状が生じる。 日本人では、視力障害と脊髄症状が欧米に比して多い(視神経脊髄型)。 検査と診断 多発性硬化症の診断は、症状、MRIなどから決まる。 中枢神経における病巣2つ以上に由来する症状(空間的多発性)。 症状の寛解と再発(時間的多発性)。 他疾患が原因の神経症状を鑑別し得る。 髄液検査でオリゴクローナルバンド陽性、IgG、リンパ球の増加などの異常所見が検出される。[nurseful.jp]
  • ②肢節運動失行が明瞭でなくても、皮質性感覚障害、把握反応、「他人の手」徴候、反射性ミオクローヌスのいずれがあり、左右差が目立つ。 ③観念運動失行が肢節運動失行よりも顕著な場合は、左右差は目立たないことが多い。 ④その他の認知機能障害として、稀に、認知症、異常行動、注意障害、失語などが早期から目立つ例がある (3)錐体外路徴候 ①パーキンソニズム(無動、筋強剛、振戦):障害は下肢よりも上肢に目立つことが多い。[hoken.kakaku.com]
  • 急性脊髄炎のみがみられその他の脱髄性病変が示唆されたない場合には 全身性エリテマトーデス や 混合性結合組織病 、 抗リン脂質抗体症候群 による可能性も考慮する、 四肢の筋力低下 痙縮 感覚障害 Uldryらの検討 [44] では脊髄病変と感覚障害の対応は46.4%で対応があり、14.2%はおそらく対応するとしながらも全体として画像上のプラークと症候を結びつけるとは困難と報告している。[ja.wikipedia.org]
歩くことができない
  • つまり、歩くには何らかの形の支援が必要です。 4〜5.5のレベルに到達したRRMSを持つ人々(休まずに500メートル以上歩くことができないことによって示される)は通常かなり短い期間内にSPMSを発症する。 神経学的検査中に発見されたより多くの異常もあるでしょう。これは、脳がMSからの脱髄をもはや補償できないことを示しています。 最後に、SPMSを発症した人々はより認知障害を示す傾向があります。これは認知機能障害と高度に相関している脳内のより大きな程度の萎縮による可能性が最も高いです。[ja.diphealth.com]
  • ., PMC : 3170536 , PMID 21846731 , doi : 10.1093/brain/awr197 . a b 自己免疫疾患の引き金となるウイルス因子を同定 リソウ 2015年8月25日 a b 【坂口至徳の科学の現場を歩く】 誰もが感染ヘルペス…EBウイルスの因子を解明 阪大、自己免疫疾患の治療に道 産経WEST 2015年8月28日 a b c Minamitani T, Yasui T, Ma Y, Zhou H, Okuzaki D, Tsai CY, Sakakibara[ja.wikipedia.org]
錯乱
  • 症状 昏睡、意識障害、錯乱など。 認識機能の障害などが強く、麻痺などの中枢神経の一部の障害による症状(局所脳症状)は、通常みられない。 検査と診断 意識障害時には血圧、血糖、麻痺の有無、意識レベルの確認などを行う。 脳血管障害との鑑別が重要となる。 血液検査:血糖、アンモニア、ビタミン(特にB1)、電解質、腎機能、血流ガスなど。 脳波検査、CTやMRIによる画像診断などを用いる。 治療法 原因となっている代謝異常を改善し、全身の呼吸・循環・代謝状態を保つ。[nurseful.jp]
  • 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称性進行性痙性対麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節性温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害なし)、便失禁、対称性の進行性痙性対麻痺 前脊髄動脈領域病変(後索のみ障害なし)、馬尾症候群、境界明瞭な全感覚の感覚レベルと限局性脊髄性疼痛、完全なブラウンセカール症候群、急性尿閉、進行性感覚失調(後索) 大脳半球 軽度の皮質下性認知機能障害、不全片麻痺 てんかん、半盲 脳症(鈍麻、錯乱[ja.wikipedia.org]
便失禁
  • および複数の眼位でみられる眼振、外転神経麻痺、顔面の感覚低下 一側性核間性麻痺、顔面麻痺、顔面ミオキミア、難聴、一眼半水平注視麻痺症候群、三叉神経痛、発作性緊張性痙攣 完全外眼筋麻痺、垂直注視性麻痺、血管領域症候群、動眼神経麻痺、進行性三叉神経感覚障害、限局性ジストニア、斜頚 脊髄 非横断性脊髄症、レルミット徴候、求心路遮断された手、感覚低下、尿意切迫、尿失禁、勃起不全、非対称性進行性痙性対麻痺 完全横断性脊髄症、神経根症、反射消失、髄節性温痛覚消失、部分的ブラウンセカール症候群(後索障害なし)、便失禁[ja.wikipedia.org]
嚥下障害
  • 呼吸障害の増悪や嚥下障害による誤嚥に注意する。 どんな疾患・病態? 上位運動ニューロンと下位運動ニューロンに進行性の変性脱落が生じる原因不明の疾患。 一部は家族性である。成人に発症する。 症状 初発症状は、手・指の筋萎縮と筋力低下を特徴とする。 次第に上肢・下肢の麻痺へと進行する。 進行に伴い言語障害、嚥下障害、呼吸障害が生じる。 感覚障害、膀胱・直腸障害、眼球運動障害、褥瘡の4つが生じにくいことが特徴(4大陰性徴候)。 検査と診断 特異的な診断法はない。[nurseful.jp]
  • (3)その他の症候 ①進行性の構音障害や嚥下障害 ②前頭葉性の特徴を有する進行性認知障害(思考の緩慢化、想起障害、意欲低下などを特徴とする) (4)画像所見(CTあるいはMRI) 進行例では、中脳被蓋部の萎縮、脳幹部の萎縮、第三脳室の拡大を認めることが多い。[hoken.kakaku.com]
視覚障害
  • 視覚障害や感覚異常が起こり、動作が弱々しく不器用になります。 診断は通常、症状と身体診察およびMRI検査の結果に基づいて下されます。 治療では、免疫系による攻撃を抑える薬であるコルチコステロイドと、症状を緩和する薬が使用されます。 病状は徐々に悪化することが多く、身体障害が起こることもありますが、非常に重症でない限り、余命が短くなることはありません。 「多発性硬化症」という病名は、神経を包む組織(髄鞘)が破壊されてできる瘢痕(硬化)が多くの領域で発生することに由来します。[msdmanuals.com]
  • 症状は、およそ4 割の人に知的障害、視覚障害、筋力低下がみられる。通常は40 60 代に多く発症するが、HIV感染例では小児にも多い。 JC ウイルスは全長約5 キロ塩基対の2 本鎖環状DNA ウイルスで、ポリオーマ属である。1971 年にPadgett によりPML の患者から分離され、その人のイニシャルをとってJC ウイルスとされた。 ポリオーマには、他にSV40 ウイルス、BK ウイルスがある。[patho2.med.hokudai.ac.jp]
  • 症状 頭痛、悪心、嘔吐、けいれん、視覚障害など。 検査と診断 MRIで大脳半球の後半部(後頭葉、頭頂葉)の白質を中心に、浮腫性の異常信号を認める。この変化は、通常可逆性であり、可逆性後部白質脳症症候群(RPLS)とも呼ばれている。 脳血管障害との鑑別が重要となる。 治療法 点滴静注で降圧薬を投与し、すみやかに血圧を下げる。 脳浮腫治療薬やけいれん治療薬を用いることもある。[nurseful.jp]
  • 同行援護 視覚障害により、移動に著しい困難を有する人に、移動に必要な情報提供(代筆・代読を含む)、移動の援護等の外出支援を行います。 行動援護 自己判断能力が制限されている人が行動するときに,危険を回避するために必要な支援、外出支援を行います。 重度障害者等包括支援 介護の必要性がとても高い人に居宅介護等複数のサービスを包括的に行います。 短期入所(ショートステイ) 自宅で介護する人が病気の場合などに、短期間、夜間も含め施設で入浴、排せつ、食事の介護等を行います。[city.sendai.jp]
  • 個以上の無症候性MRI病変あり 高い type 3 CIS 臨床的にmonofocalで無症候性MRI病変なし 比較的低い type 4 CIS 臨床的にmultifocalで無症候性MRIなし まれ type 5 CIS 脱髄性疾患を示唆する臨床症候はないがMRI所見はMSを示唆する 不明 部位 MSでよくみられるCISの特徴 MSで見られることもあるが頻度の低いCISの特徴 MSではほとんど見られない非典型的なCISの特徴 視神経 一過性視神経炎、眼球運動に伴う眼痛、部分的あるいは主に中枢性の視覚障害[ja.wikipedia.org]
暗点
  • 視力の低下、視野の異常、中心が特徴的である。 複視 複視は眼筋麻痺で生じ、核間性眼筋麻痺または外転神経障害によって生じる 眼球運動障害 である。MSでは核間性眼球麻痺が両側性に生じるのが特徴である。このほかにMSでよくみとめられる注視麻痺には水平性注視麻痺、一眼半水平注視麻痺症候群(one and a half syndrome:水平性注視麻痺と同側の核間性眼筋麻痺)、後天性振子様眼振などがある。[ja.wikipedia.org]

精密検査

  • 最近では、健診や人間ドックの血液検査で異常が発見され、精密検査で多発性骨髄腫と診断されることが増えています。 【参考文献】 日本骨髄腫学会編:多発性骨髄腫の診療指針 第4版(2016年9月);文光堂 日本血液学会編:造血器腫瘍診療ガイドライン 2013年WEB版(第1.2版);日本血液学会 閉じる 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]

治療

  • の開発と基盤エビデンスの構築 ダウンロード 27 29 黒滝 直弘 国立大学法人長崎大学 臨床データを元にした発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ(PKD)の発症機序の解明及び新規治療薬の開発 ダウンロード 27 29 桑田 一夫 国立大学法人岐阜大学 プリオン病に対する低分子シャペロン治療薬の開発 27 29 古賀 靖敏 久留米大学 ミトコンドリア病に合併する高乳酸血症に対するピルビン酸ナトリウム治療法の開発研究―試薬からの希少疾病治療薬開発の試み― ダウンロード 27 29 小久保 康昌 国立大学法人三重大学[amed.go.jp]
  • 治療法 点滴静注で降圧薬を投与し、すみやかに血圧を下げる。 脳浮腫治療薬やけいれん治療薬を用いることもある。 ページトップへ 代謝性脳症 現場で役立つポイント 代謝性脳症 は、原因となる 代謝異常 を治療することで脳症も改善されるが、治療が遅れると死に至ることがあるため、早期の診断・治療が重要となる。 代謝性脳疾患の1つである ウェルニッケ脳症 はビタミンB1(チアミン)欠乏により起こる。意識障害、運動失調、眼球運動障害の3主徴がよく知られている。[nurseful.jp]
  • 多発性硬化症治療薬の抗α 4 インテグリン抗体製剤投与とPML との関連が2005 年にNEJM に出て一時問題となったが、現在はFDA では再度許可されているという。治療法はHIV 感染に合併するPML に対しては、強力なHIV 治療法であるHAART(highly active antiretroviral therapy)がPML に対しても有効であることが言われているが、HIVと関連しないものではさまざまな抗ウイルス薬が試されているものの効果には疑問が多い。[patho2.med.hokudai.ac.jp]

疫学

  • 要件の判定に必要な事項 1.患者数(難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究班の疫学調査2007年度) 約400人 2.発病の機構 不明(免疫学的異常が示唆されている。) 3.効果的な治療方法 未確立(根本的治療法なし、進行例では肝移植が唯一の救命法であるが再発も多い。) 4.長期の療養 必要(肝移植なしの5年生存率は75%) 5.診断基準 あり(研究班が作成した診断基準) 6.重症度分類 1)又は2)を対象とする。[nanbyou.or.jp]
  • 疫学 [ 編集 ] 地域にての発生差があり、 北米 、 北欧 、 オーストラリア 南部では人口10万人当たり30〜80人ほど罹患しているが、 アジア や アフリカ では人口10万人当たり4人以下で、 罹患率 に大きな差があることが特徴である。 南米 、 南欧 、オーストラリア北部はその中間である。全体としては高緯度のほうが罹患率は高く、日本国内でも北海道と九州では北海道のほうが高い。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

病態生理

  • 江頭 健輔 国立大学法人九州大学 重症肺高血圧症の予後と生活の質を改善するための安心安全のナノ医療製剤(希少疾病用医薬品)の実用化臨床試験 ダウンロード 27 29 大川 淳 国立大学法人東京医科歯科大学 脊柱靭帯骨化症の治療指針策定および手術治療の質を高めるための大規模多施設研究 ダウンロード 27 29 大薗 恵一 国立大学法人大阪大学 診療ガイドライン策定を目指した骨系統疾患の診療ネットワークの構築 ダウンロード 27 28 小川 郁 慶應義塾 Pendred症候群由来疾患iPS細胞を用いた病態生理[amed.go.jp]

予防

  • 治療法 根治療法はなく、薬物療法による症状の増悪軽減と再発予防が中心となる。 薬物療法 急性期には、ステロイドパルス療法を行う。 再発予防には、インターフェロンβや免疫抑制薬を用いる。 ステロイド治療による免疫力低下や、インターフェロンβ治療による抑うつ、発熱、倦怠感などの副作用に注意する。 抗アクアポリン4抗体 視神経脊髄型MS患者の血清中に上昇する自己抗体のこと。抗アクアポリン4抗体陽性例では、再発予防のためにインターフェロンβは用いず、ステロイドの経口内服を行う。[nurseful.jp]
  • IFNβで再発予防効果が乏しい時は中和抗体の影響を考慮する必要がある。 免疫抑制剤 免疫抑制剤 では以下の治療薬が用いられる。旧来よりIFNβ抵抗性症例に用いられるが、ほとんど保険適応未。 グラチラマー (コパキソン) RRMSにおける再発予防として用いられる。進行型への効果は示せていない。 フィンゴリモド (イムセラ ジレニア) はじめて経口内服で再発防止作用を発揮する薬剤である。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!