Edit concept Question Editor Create issue ticket

原発性子宮頸部悪性黒色腫


提示

  • なお,検討会で提示した症例はこのページで随時公開していきます. Histology 2018/04/18 振り返り,医療安全の意識を高めました インシデントの傾向について 2018/04/02 EM染色における媒染剤の濃度・時間の影響 EM染色の検討 2017/10/16 脂肪染色にもいろいろあります 脂肪染色 Part 2 2017/10/02 フィブリンが綺麗に染まります. 線維素証明の特殊染色 2017/09/11 染色も行ってみました.参加報告です.[pathology-iwate-med.jp]
  • 産科婦人科学 臨床研究一覧に戻る 下記に各研究の概要と対象になる方のリストを提示いたしますので、もしもご自分が研究対象者に含まれていると思われ、かつご自身の記録の研究使用を望まない方については各研究の連絡先担当者に直接ご連絡いただければ幸いです。 各研究に関するご質問なども、直接各研究の連絡先までご連絡ください。 なお、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。[med.niigata-u.ac.jp]
皮膚病変
  • 肺重複癌 2014/01/27 皮膚病変が存在する場合のリンパ節腫脹,何を考えますか? 皮膚病性リンパ節症 2014/01/06 未染標本はどのように保管するのがいい? 免疫抗体法の判定に与える影響因子について 2013/12/16 オルセイン染色の目的は? オルセイン染色の有用性 Cytology 2019/04/08 New! 乳頭部びらん,鑑別疾患は? 乳頭部にびらんを呈した2症例 2019/04/01 New! 細胞像,組織像を整理しましょう![pathology-iwate-med.jp]
疼痛
  • 麻酔科蘇生科 最も多い症例は末梢神経障害性疼痛での疼痛管理と検査です。次いで多い症例は頚椎症です。3番目脊柱管狭窄症がです。 救急科 最も多い症例は敗血症での治療です。診療科の特性上,幅広い疾患が対象になります。 ※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約 平成28年度に退院された5大癌での病期分類別の患者数です。(同一患者の繰り返し入院を含んだ延べ数で集計) 平成28年度に退院された成人市中肺炎での重症度別の患者数です。 市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎の事をいいます。[okayama-u.ac.jp]
  • 自覚症状はないことが多いのですが、神経浸潤を生じると強い疼痛を覚えるようになります。腫瘍の表面は壊死、潰瘍化しやすく、時に悪臭を伴うこともあります。 (2)有棘細胞がんの診断 確定診断のためには、少し大きめの皮膚生検が必要です。他に腫瘍の拡がりや転移を調べるため、胸部レントゲンやCT・MRIなどの精密検査を必要に応じて行います。検査によってがんの進行状態(病期:ステージ)を確かめそれぞれの病期に応じた治療法を行います 。[pref.aichi.jp]
脳性麻痺
  • (整形外科・骨軟部腫瘍科関連) 脊椎・脊髄腫瘍(原発性) 9 腱鞘切開 1 脊椎・脊髄腫瘍(続発性) 63 良性骨腫瘍 56 脊椎・脊髄非腫瘍性疾患 136 悪性骨腫瘍 12 四肢人工骨頭・人工関節置換術 125 転移性骨腫瘍 20 四肢関節形成術(人工関節以外) 1 良性軟部腫瘍 192 四肢骨・関節外傷 77 悪性軟部腫瘍 42 四肢軟部組織外傷 1 転移性軟部腫瘍 3 四肢末梢神経疾患,脳性麻痺 14 切開生検術 28 膝関節鏡、鏡視下手術 0 切・離断術 4 四肢感染性疾患 7 その他 30[cick.jp]
外科的処置
  • 広範囲局所切除術: 異常組織とその周囲の正常組織の一部を切除する外科処置です。病理医が顕微鏡下で組織を観て、がん細胞があるか調べます。 リンパ節マッピングとセンチネルリンパ節生検: 腫瘍付近に放射性物質および青色染料、またはそのいずれかを注入する方法です。リンパ管を通して放射性物質または染料をセンチネル節またはリンパ節(がん細胞が拡がっていると考えられる最初のリンパ節)まで注入します。外科医は放射性物質あるいは染料の着いたリンパ節のみを摘出します。[imic.or.jp]
貧血
  • (D50-D53) D50_鉄欠乏性貧血 D50.9_鉄欠乏性貧血,詳細不明 D51_ビタミンB12欠乏性貧血 D51.0_ビタミンB12欠乏性貧血,内因子欠乏によるもの D53_その他の栄養性貧血 D53.0_タンパク〈蛋白〉欠乏性貧血 D53.9_栄養性貧血,詳細不明 溶血性貧血(D55-D59) D58_その他の遺伝性溶血性貧血 D58.9_遺伝性溶血性貧血,詳細不明 D59_後天性溶血性貧血 D59.1_その他の自己免疫性溶血性貧血 D59.3_溶血性尿毒症症候群 D59.9_後天性溶血性貧血[e-stat.go.jp]
便秘
  • 腟がんの自覚症状として最も多い症状は、不正性器出血やおりもの(帯下)ですが、他にも性交中の痛み、下腹部(骨盤領域)の痛み、排尿時の痛み、腟内のしこり、便秘などがあります。しかしながら、自覚症状がないことも多く、子宮頸がん検診で偶然発見されたり、進行してから気付く事も多いです。 検査 内診、患部の細胞診・生検(組織診)の他に、以下のような検査が行われます。 子宮頸がん検診・子宮体がん検診 腟がんが子宮の中に広がっていないか調べるために子宮がん検診も行います。[tachikawa-hosp.gr.jp]

精密検査

  • 他に腫瘍の拡がりや転移を調べるため、胸部レントゲンやCT・MRIなどの精密検査を必要に応じて行います。検査によってがんの進行状態(病期:ステージ)を確かめそれぞれの病期に応じた治療法を行います 。 (3)有棘細胞がんの病期(ステージ)分類 皮膚がん(悪性黒色腫を除く)は、以下のように0期からIV期までの5つの病期に分けられます。 0期: 悪性化した細胞(がん細胞)が見られますが、表皮の中にとどまっています。この時期を「表皮内がん」と呼び、がんの一歩手前の状態です。まだ本物のがんではありません。[pref.aichi.jp]

治療

  • 具体的な治療スケジュールは放射線治療専門医より説明があります。 緩和治療 がんによる痛み、食欲の低下など、苦痛を伴う症状には症状を緩和する治療も並行して行います。 また、病期がIVB期(遠隔転移がある場合)のような進行がんや、全身状態から前述のような治療法が選択出来ない場合は、緩和治療治療の主軸となります。 また今後の療養の方針が検討されます。 臨床試験 標準的な治療法が選択出来ない場合、該当する臨床試験があれば、案内します。 基本的には高次医療機関へ紹介させていただきます。[tachikawa-hosp.gr.jp]
  • がんの治療を始める前、または始めるか、治療を始めた後に患者さんは臨床試験に参加することができます。 フォローアップ検査が必要になるかもしれません。 メラノーマ患者さんに対して各種治療法があります。 メラノーマ患者さんに対して各種治療法が適用されます。標準的治療法(現在用いられている治療法)もあれば、臨床試験において検証されているものもあります。治療法についての臨床試験は、現在行われている治療法の改善やがん患者さんの新しい治療法に対する情報を得るために行われるものです。[imic.or.jp]
  • 中野隆史 がん重粒子線治療の高度化と治療個別化の為の基礎的・臨床的研究 神沼拓也 重粒子線照射に対する細胞応答反応における二次的バイスタンダー効果の解析 吉本由哉 進行がんに対する免疫放射線治療開発のためのトランスレーショナル研究 水上達治 口腔癌の放射線治療反応性に関連する遺伝子変異プロファイルの同定 河村英将 去勢抵抗性前立腺癌における放射線抵抗性の機序の解明 渋谷圭 再発肝細胞癌に対する重粒子線治療のQOL評価と費用対効果に関する研究 佐藤浩央 放射線治療後DNA損傷応答による腫瘍細胞PD-L1[radiology.dept.med.gunma-u.ac.jp]
  • 0期や浸潤のごく浅いがんにはこの治療法も適応があります。凍結療法は 治療時や治療後の身体への影響の少ない方法なので、高齢の方や持病のために身体の具合の悪い方にも適した治療法です。 ハ)放射線療法 有棘細胞がんは放射線療法に反応しやすい皮膚がんですが、進行期や手術不能例、再発転移例に行われることが多いです。皮膚への放射線治療はエックス線や電子線を照射します。ふつう1回の照射は少量短時間ですので通院でも可能です。 治療による障害:放射線を照射する部位によって障害は異なります。[pref.aichi.jp]

疫学

  • 4.疫学・統計 外陰および腟の上皮性腫瘍は、推定罹患(りかん)率が10万人に0.7人と、非常にまれです。 (希少がん対策推進事業 希少がん対策ワークショップ報告書より) 基礎知識 診療の流れ 検査・診断 治療の選択 治療 生活と療養 転移・再発 よりよい情報提供を行うために、アンケートへの協力をお願いいたします。[ganjoho.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • の効果の検討 NSAIDs予防投与の効果と効果に影響する膀胱刺激症状の要因について 7A病棟看護師長 竹中 恵子 緩和ケア病棟における看取りに向けての家族支援 看護師の関わりと家族の体験を通して 10A病棟看護師長 小杉 恭子 市民公開講座 当センターは、国より「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けており、その役割の一つにがんに関する普及啓発・情報提供事業があります。[kure.hosp.go.jp]
  • また、予防的に所属リンパ節の郭清手術を行ったり、センチネルリンパ節生検を行い二期的に所属リンパ節郭清を行ったりします。化学療法やインターフェロンによる免疫療法を併用することがあります。 III期: 腫瘍の辺縁から2cm程度離して(切除範囲は進行度による)広汎切除し、所属リンパ節の郭清手術が行われます。化学療法や放射線療法やインターフェロンによる免疫療法を併用します。 IV期: 病状により異なります。[pref.aichi.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!