Edit concept Question Editor Create issue ticket

卵管炎


提示

  • 主治医に診断や治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいるとき いくつかの治療方針を提示されているが、迷っているとき 他に治療法はないかと考えているとき などに受診されると効果的です。結果として、 1.現在の主治医の診断や治療方針に対する確認ができる 2.診断や治療の妥当性を確認することで、納得して治療を受けることができる 3.主治医の提示する治療法以外の治療法を得られる可能性がある などの効果が得られる可能性があります。[tomimatsu-lc.jp]
月経困難症
  • ページの先頭へ 月経困難 月経困難 誰にでも多少の月経痛はありますが、生活に支障があるほどの痛みがある場合を月経困難とよびます。 月経困難は、「 機能性月経困難 」と「 器質性月経困難 」とに分けられます。 機能性月経困難 特に病気はないものの子宮の発育未熟や形などが原因です。 子宮がまだ未熟で血液を外へ排出するために子宮が過剰に収縮することが大きな原因といわれており、出産などを機会に症状が軽快することが一般的です。 若い女性は機能性月経困難である場合がほとんどです。[azabuwomens-cl.com]
  • 20歳を過ぎたら 子宮内膜症(月経困難)に注意。子宮頚部がん検診を受けるようにしましょう。 30歳を過ぎたら 子宮筋腫(過多月経)に注意。子宮頚部がん検診、乳がん検診を受けるようにしましょう。 40歳を過ぎたら 子宮体部がん検診も合わせて受けるようにしましょう。ほてりや発汗、いらいらなどの更年期症状があらわれたら受診を。高脂血症にも注意することと、骨粗鬆症の早期発見のために骨密度検査。[nms.nomura-magokoro-med.or.jp]
  • 婦人科では、感染症(膣炎、頸管炎、卵管炎、骨盤腹膜炎など)、腫瘍(子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮癌、卵巣癌など)、性器脱(子宮脱、膀胱脱など)、月経困難(含子宮内膜症)、内分泌異常(無月経、機能性出血、プロラクチン関連疾患など)、更年期障害、骨粗鬆症などの診断と治療を行っています。 子宮癌、卵巣癌については標準的治療を行っています。 特に産婦人科救急、内視鏡下手術に力を入れています。 出産・育児サポート体制 母乳育児支援 病院全体でいろいろな支援を行っています。[hospital.city.sendai.jp]
  • 生理痛(月経困難) 日本では生理痛は『がまん』するものと指導されていました。しかし、現在は学校でも性教育授業において生理痛は我慢するものではなく、薬をのんでもよいと指導されるようになりました。 多くの方に少なからずの生理痛があります。生理痛自体は異常なことではありませんが、生理痛の原因の中には子宮筋腫や子宮内膜症などの病気があることもありますので、激しく痛むときは婦人科を受診しましょう。 生理痛(月経困難)の原因は? 『生理痛 病気』ではありません。[tomimatsu-lc.jp]
頻尿
  • 尿や血尿が現れることもある。 乳腺炎 乳房に軽い痛みがある。ひどくなると、発熱して乳腺が硬くなり、痛む。 乳腺線維腺腫 乳房に球形か卵形の、硬く、表面がツルツルとした1〜2cmのしこりができている。 慢性乳腺症 片方の乳房または両方の乳房に、一個あるいは数個、強くつまむと痛むしこりができている。特に月経前に大きくなる。乳房がはれ、乳房から分泌物が出ている。 卵管炎 急な高熱、下腹部の激しい痛み、おりものの増量、不正出血、吐き気、嘔吐、冷や汗が出る。[nms.nomura-magokoro-med.or.jp]
  • おなかがふくれてきた、便秘や尿になるなどの自覚症状が出てきたときには、かなり進行しています。 卵巣がんは、子宮がんのように細胞検査ができないため、発見が遅れやすいものです。進行が進み腫瘍が大きくなると、しこりができたり、茎捻転(けいねんてん)などを起こす場合もあります。 卵巣嚢腫にはなく、卵巣がん特有の症状としては、腹水がたまっておなかがふくらんでくることがあげられます。 治療 卵巣がんと認められた場合、手術を行うことになります。[kao.co.jp]
  • また淋菌が尿道に感染すると強い排尿痛、尿、膿尿(尿に膿が混じる)、および残尿感などの尿路感染症状がでることもあります。男性はほとんどの場合で尿路感染症状がみられます。 抗生剤の内服または静脈注射で治療します。 クラミジア子宮頸管炎 セックス(オーラルセックスを含む)、キスなどによりクラミジア・トラコマティスが感染することにより起こります。 女性の場合は帯下(おりもの)が増える事もありますが、無症状のことも多いようです。[ami-clinic.jp]
  • 排尿時の痛みや尿ぐらいです。ただし、前立腺炎になることもあります。 黄色から灰色の泡のようなおりものが大量に出ます。悪臭もします。かゆみや痛みもあります。 放置するとどうなるの 妊婦の場合、早産や低体重児の危険があります。 治療はどうするの? 抗トリコモナス剤を飲んだり、薬を膣内に入れたりします。 注意すること 妊娠中は特に医師の指示を守りましょう。 このページの一番上に戻る どうやってうつるの? 性行為でうつります。[pref.aichi.jp]
  • 症状としては、月経血の量が多い、生理が月2 3回ある、生理痛がひどい、生理以外に出血がある、腹痛、腰痛、お腹にしこりがある、貧血(ふらつく、立ちくらみ、顔色が悪い、動悸がする、食欲や元気がない)、尿、便秘しやすい、などです。 治療には以下の3通りの選択があります。 ① 経過観察 :現在、投薬や手術の必要がない方 ② 薬物療法 :女性ホルモンを抑えて生理を止める方法(偽閉経療法)がありますが、更年期障害様の副作用があります。また、副作用の少ない低用量ピル(OC)も使用されます。[tomimatsu-lc.jp]
発熱
  • 急性期は発熱・下腹部痛に襲われる ほかの炎症性の病気と同じように、急性期、亜急性期(治療によって、急性期の症状が鎮まった時期)、慢性期へと移っていきます。 菌力が強く急性発症のものは突然の発熱と下腹部痛が必発症状としてみられます。それ以外に膿性[のうせい]のおりもの(帯下[たいげ])がみられることもあります。こうした症状があればまず婦人科を受診してください。腹部の診察や内診により著明な圧痛が卵管部にあることが急性期の 卵管炎 の特徴です。[cocokarada.jp]
  • 発熱 3. 激しい下腹部痛(嘔吐を伴うことがあり、子宮外妊娠や虫垂炎と間違えられることも) 原因となる細菌の種類によって症状に違いがあります。淋菌の場合は黄緑のおりものと激しい腹痛、クラミジアの場合はおりものの変化は乏しく腹痛も激しくはない、など。 症状が出た初期段階で病原菌を特定し、それに対する抗生物質の投与を受ければ、自覚症状はおさまってきます。しかし完治するまで治療を続けないと慢性化しやすいので、きちんと医師の指示をあおぎましょう。[doctors-search.com]
  • 悪急性期 何もしていなくてもズキズキと痛む自発痛や、指などで圧迫したときに強く痛みが出る圧痛は悪急性期になると軽減する反面、37度台の発熱が続くようになります。 慢性期 熱は下がり、痛みの症状はほとんど消失し、局所的に軽度の痛みが認められる程度になります。クラミジア感染症の場合、急性期から悪急性期、慢性期の過程を経ることなく、最初から慢性の型に至ることも多く自覚症状がほとんど認められません。 急性期には絶対安静とし、抗生剤、鎮痛剤、解熱剤の投与を行います。[rakuten-life.co.jp]
腹痛
  • 慢性化してしまった場合には、熱は下がるものの、周囲の臓器との癒着による月経痛、腹痛、腰痛、排便痛、排尿痛などがあります。 治療方法は? 治療は急性期になるべく早く抗生物質や消炎剤での治療を行うことが重要です。同時に安静も必要なので、症状が強いときは入院して治療します。 通院して治療する場合や退院後も、完治するまではできるだけ安静にし、無理は禁物です。入浴や性行為も医師の指示に従ってひかえるようにします。[tabuchi-clinic.org]
  • 慢性期に入ると下腹部の鈍痛、牽引痛、腹痛、月経痛など、卵管・卵巣の癒着に基づく症状が出現します。 症状が改善しなければ手術 治療は抗生物質と消炎薬で様子をみていきますが、症状がとれず腫瘤の縮小が認められないものでは手術が必要です。卵管留膿腫や卵巣膿瘍の場合では、ある程度症状が消失した後に卵管留膿腫や卵巣膿瘍を摘出します。卵管留水腫では水腫を摘出せずに卵管開口術を行うこともあります。 症状が強く急性発症したものや、慢性に経過した卵管炎の中には、卵管や卵巣を摘出しなくてはならないこともあります。[women.benesse.ne.jp]
  • 骨盤腹膜炎では“腹膜炎”なので 「発熱」や「強い腹痛」 がメインです。腹痛は歩いたりするとお腹に響くこともあります。こうなってくるとますます婦人科を受診するよりも内科外来や救急外来を受診するケースが多くなるのがわかると思います。また、発熱と腹痛を起こす病気は多くあるので、見逃す確率も増えてくるわけです。そして、なんとさらに奥に菌が侵入していくと、肝臓の表面に菌が到達することもあります。これが、 肝周囲炎(Fitz-Hugh-Curtis症候群とも呼ばれる) です。[tokyobay-mc.jp]
吐き気
  • 症状は急性の場合では、下腹部痛や腹部の膨満感とともに、38 39度の発熱、吐き気などがあります。とくに、下腹部を押すと強い痛みを感じます。また、出血や黄色い膿のようなおりものをともなうこともあります。 慢性化してしまった場合には、熱は下がるものの、周囲の臓器との癒着による月経痛、腹痛、腰痛、排便痛、排尿痛などがあります。 治療方法は? 治療は急性期になるべく早く抗生物質や消炎剤での治療を行うことが重要です。同時に安静も必要なので、症状が強いときは入院して治療します。[tabuchi-clinic.org]
  • 吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、立ちくらみなどの症状を伴うこともある。 更年期障害 のぼせや熱感、冷え、動悸、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、憂うつ感、イライラ、手足のしびれ、知覚過敏、むずむずと虫ずが走るような感じ、かゆみ、肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛、発汗、口が渇く、唾液がたくさん出る、皮フが乾く、食欲不振、便秘、下痢、吐き気、腹部膨満感。このような症状が複数現れる。 特発性浮腫 足のむくみ、肩こり、疲労感、検査データなどには異常がない。[nms.nomura-magokoro-med.or.jp]
  • さらに炎症が進行すると、吐き気や嘔吐、不正出血やおりものの増加なども見られます。 炎症が治まっても、慢性化してしまうことがあります。炎症部分がほかの臓器と癒着することで、月経痛、腹痛、腰痛などが起こったり、夕方からだるい、微熱が出るなどの症状が出ることもあります。 治療 急性期にきちんと治療を行うことが大切。抗生物質や消炎剤などの薬で炎症を鎮めます。 慢性化してしまい、腹痛やしこりなどが残ってしまった場合には、炎症部分を手術で切開し膿をとるなどの処置が必要になることもあります。[kao.co.jp]

治療

  • 卵管炎は、症状が出にくいのと、治療後もこういった「後遺症」を残してしまうのでちょっと厄介なんですね。 卵管炎の治療治療の基本は、感染した細菌に対する抗生物質の投与。クラミジアや一般の雑菌の場合は、炎症が軽ければ飲み薬での治療が可能です。おなかの痛みや発熱などの症状が出ている場合は、点滴でしっかり治療する必要があります。 淋菌は、「耐性菌」といって薬が効きにくいタイプが増えているので、飲み薬では十分な治療にならないことがあります。そのため、初めから抗生物質の点滴や筋肉注射で治療します。[allabout.co.jp]
  • 慢性卵管炎は自覚症状があまりないことも多いのですが、不妊症などの原因となることがあるため、慢性化する前に治療することが大切です。 卵管炎の治療方法は? 卵管炎の治療法は、原因になっている病原体に効く抗菌薬を投与するのが基本です。 症状が軽ければ経口薬のみ処方されることもありますが、下腹部痛が激しかったり、骨盤腹膜炎まで進展してしまっていたりするケースでは、入院して点滴治療を受けます(※1)。[192abc.com]
  • 治療方法は? 治療は急性期になるべく早く抗生物質や消炎剤での治療を行うことが重要です。同時に安静も必要なので、症状が強いときは入院して治療します。 通院して治療する場合や退院後も、完治するまではできるだけ安静にし、無理は禁物です。入浴や性行為も医師の指示に従ってひかえるようにします。 症状がおさまったからと途中で治療をやめてしまうと、慢性化によりほかの臓器との癒着がひどくなってしまった場合や、薬の投与と安静では症状が改善しない場合には、手術をして病巣をとり除くこともあります。[tabuchi-clinic.org]
  • 卵管炎・卵巣炎の治療 治療法は、抗生物質の投与や消炎剤での治療を行います。症状が軽い場合には、飲み薬での治療も可能ですが、症状が強い時は点滴や注射を行います。症状が重い場合にはできるだけ安静にし、無理は禁物です。入浴や性交渉も医師の指示に従い控えるようにします。 症状が治まったからといって途中で治療をやめてしまうと、慢性化や習慣化をまねきます。 慢性化により他の臓器との癒着がひどくなってしまった場合や、薬の投与と安静では症状が改善しない場合には手術をして病巣を取り除くこともあります。[matono-womens.com]

予防

  • 卵管炎を予防するには? 卵管が病原体に感染するのを完全に防ぐのは難しいですが、腟内で雑菌が繁殖しないよう、タンポンや子宮内避妊具(IUD)を長期間入れたままにするのは避けましょう。 また、腟の奥まで洗浄しすぎると、腟内の自浄作用が低下してしまうこともあるので、お風呂に入ったときにシャワーでやさしく洗い流す程度にしてください。 腟内の環境は、体力が落ちていたり、体調が悪かったりするときに崩れやすいので、十分な睡眠をとり規則正しい生活を送るよう、心がけましょう。[192abc.com]
  • 治療後のケアと予防 症状が強かった卵管炎や慢性に経過した卵管炎では、治療終了後に一度、子宮卵管造影法や通気・通水試験などで、卵管の通過障害がないことを確かめておくことも大切です。 産褥・流産・人工妊娠中絶後、あるいは月経時の不摂生、不特定多数の男性との性交渉などは、卵管炎を起こす原因となるので注意しましょう。 「Web家庭の医学」は株式会社保健同人社のコンテンツです。Copyright (C) 2016 保健同人社 All Rights Reserved.[women.benesse.ne.jp]
  • 卵秘の予防 先ほど、原因の多くは産卵を繰り返している事と書きましたが、その事を予防することがすなわち卵秘の予防につながります。 また、卵管脱や卵管炎の予防にもなりますし、カルシウム欠乏を防ぐことにもなります。 そこで産卵の防止法をご紹介します。 産卵の防止法 ①巣作りもしくはそれに類似する行為をさせない 巣を入れていなくても、下に敷いた紙をちぎっていたり隠れられる隙間がある場合でも同じです。 ②生んでしまった卵を取り出さない 暖めているうちはそのままにさせます。[yotsuya-pet.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!