Edit concept Question Editor Create issue ticket

副鼻腔炎


提示

頭痛
  • 頭重感、頭痛、鼻汁、鼻づまり、副鼻腔付近の鈍痛 咳、喘息、咳喘息、熱。 鼻茸 (鼻性)頭蓋内合併症:脳膿瘍、髄膜炎、海綿静脈洞血栓症などが副鼻腔炎の増悪により引き起こされることがある 眼合併症:眼窩内膿瘍、視神経炎などによる視力障害が副鼻腔の炎症が眼の周囲に波及することにより引き起こされる 副鼻腔気管支症候群:副鼻腔炎に様々な気管支病変が合併することがある びまん性汎細気管支炎 : 本症がびまん性汎細気管支炎に先行することがある。[ja.wikipedia.org]

治療

  • ネブライザー治療 ほとんどの副鼻腔炎はウイルスによって引き起こされ、抗生物質なしで解決する。 マクロライド(クラリスロマイシンおよびアジスロマイシン)は薬剤耐性率が高いため、経験的治療には推奨されない。 鼻内内視鏡手術: 現在では、内視鏡による手術がほとんどである。 前頭洞手術: 前頭洞の病変に対しては現在でも外切開による治療が行われることがある。 上顎洞根本術: 過去には行われていたが、現在は副鼻腔炎に対して行われる事はない。[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!