Edit concept Question Editor Create issue ticket

副腎不全


提示

  • トップ No.4872 差分解説 差分解説 副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関する指針 2014【具体的数値による診断目安やステロイド補充量を提示】 2014年に「副腎クリーゼを含む副腎皮質機能低下症の診断と治療に関する指針」 1) が作成された。[jmedj.co.jp]
関節痛
  • ・特徴的な色素沈着 ・半年間で5%以上の体重減少 ・低血圧 ・脱毛 ・低血糖症状 ・消化器症状(悪心、嘔吐など) ・精神症状(無気力、嗜眠、不安など) ・関節 ・過去1年間に急性副腎皮質不全症状に伴う入院歴がある 4)「ステロイドを定期的に補充している者」 ※診断基準及び重症度分類の適応における留意事項 1.病名診断に用いる臨床症状、検査所見等に関して、診断基準上に特段の規定がない場合には、いずれの時期のものを用いても差し支えない(ただし、当該疾病の経過を示す臨床症状等であって、確認可能なものに[nanbyou.or.jp]
体重減少
  • 臨床的な兆候 [ 編集 ] 急性副腎不全 [ 編集 ] 初期症状は、全身倦怠、無気力、食欲不振、体重減少、吐気、腹痛、便秘、下痢微熱、など非特異的(日常よくある症状)である。しかし、この状態で12時間程度経過すると、意識障害(失認、誤認、記銘障害など)やショック症状(ミネラルコルチコイド欠乏所見としての低血圧が主要兆候)を起こす。低血糖はまれだが、認められる場合は二次性副腎不全の疑いがある。[ja.wikipedia.org]
  • 1.自覚症状 ①色素沈着: あるいはまれに白班、関節部、手術創、乳輪、手掌の皮溝、歯齦、口腔粘膜、舌、口唇などに特徴的 ②易疲労、脱力感 ③体重減少 ④消化器症状: 食欲不振、悪心・ 嘔吐、下痢、腹痛 ⑤精神症状: 無気力、無関心、不安感 ⑥急性副腎皮質不全症状: 全身倦怠感、頭痛、悪心・ 嘔吐、発熱などの非特異的症状に始まり、急速に進行して意識障害、呼吸困難、ショック 2.他覚症状 ①低血圧:起立性低血圧症を来しやすい。[nanbyou.or.jp]
疲労
  • 発症は急激で、疲労感、倦怠(けんたい)感に続き、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、発熱、 低血圧 、 低血糖 、進行すると意識障害、呼吸困難などを呈し、放置すれば死に至る重篤な状態です。 本症が疑われた場合にはただちに、水分、ナトリウム、糖とともにコルチゾールを投与します。原因となる疾患(感染など)があれば、これに対する治療が必要です。 大切なことは予防です。通常量のコルチゾールを服用している人が前述のようなストレスにさらされた場合には、通常量の数倍のコルチゾールを服用する必要があります。[medical.jiji.com]
  • 1.自覚症状 ①色素沈着: あるいはまれに白班、関節部、手術創、乳輪、手掌の皮溝、歯齦、口腔粘膜、舌、口唇などに特徴的 ②易疲労、脱力感 ③体重減少 ④消化器症状: 食欲不振、悪心・ 嘔吐、下痢、腹痛 ⑤精神症状: 無気力、無関心、不安感 ⑥急性副腎皮質不全症状: 全身倦怠感、頭痛、悪心・ 嘔吐、発熱などの非特異的症状に始まり、急速に進行して意識障害、呼吸困難、ショック 2.他覚症状 ①低血圧:起立性低血圧症を来しやすい。[nanbyou.or.jp]
虚弱
  • グルココルチコイドが足りてないと、低血糖、嗜眠、虚弱、消化器機能障害などの症状が起こります。 ミネラルコルチコイドが足りてないと、ナトリウム低下、脱水、神経筋障害、心臓伝導障害などの症状が起きます。 また、投与量が多すぎても今度は医原性の副腎皮質機能亢進症(※副腎皮質機能亢進症のページを参照)を起こしてしまいます。 適切な治療をするために、定期的に、身体検査や血液検査を行って、薬を調節します。 予後 完治する病気ではないため、治療は生涯にわたります。[mah.jp]
嘔吐
  • 発症は急激で、疲労感、倦怠(けんたい)感に続き、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、発熱、 低血圧 、 低血糖 、進行すると意識障害、呼吸困難などを呈し、放置すれば死に至る重篤な状態です。 本症が疑われた場合にはただちに、水分、ナトリウム、糖とともにコルチゾールを投与します。原因となる疾患(感染など)があれば、これに対する治療が必要です。 大切なことは予防です。通常量のコルチゾールを服用している人が前述のようなストレスにさらされた場合には、通常量の数倍のコルチゾールを服用する必要があります。[medical.jiji.com]
  • 症状 [ 編集 ] 発熱、悪心、嘔吐などが高頻度に見られるが、副腎不全特有の症状は少ない。これらよくある症状は、全身症状や精神症状や消化器症で発現するため、 急性腹症 や 感冒 などと誤診を招く。副腎不全を見落とし治療が遅れれば死亡に至る [1] 。 臨床的な兆候 [ 編集 ] 急性副腎不全 [ 編集 ] 初期症状は、全身倦怠、無気力、食欲不振、体重減少、吐気、腹痛、便秘、下痢微熱、など非特異的(日常よくある症状)である。[ja.wikipedia.org]
下痢
  • 発症は急激で、疲労感、倦怠(けんたい)感に続き、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、発熱、 低血圧 、 低血糖 、進行すると意識障害、呼吸困難などを呈し、放置すれば死に至る重篤な状態です。 本症が疑われた場合にはただちに、水分、ナトリウム、糖とともにコルチゾールを投与します。原因となる疾患(感染など)があれば、これに対する治療が必要です。 大切なことは予防です。通常量のコルチゾールを服用している人が前述のようなストレスにさらされた場合には、通常量の数倍のコルチゾールを服用する必要があります。[medical.jiji.com]
  • 臨床的な兆候 [ 編集 ] 急性副腎不全 [ 編集 ] 初期症状は、全身倦怠、無気力、食欲不振、体重減少、吐気、腹痛、便秘、下痢微熱、など非特異的(日常よくある症状)である。しかし、この状態で12時間程度経過すると、意識障害(失認、誤認、記銘障害など)やショック症状(ミネラルコルチコイド欠乏所見としての低血圧が主要兆候)を起こす。低血糖はまれだが、認められる場合は二次性副腎不全の疑いがある。[ja.wikipedia.org]
腹痛
  • 腹痛と発熱により、急性腹症と誤診されやすい。 血中コルチゾール、尿中17-OHCSが低値となる。合わせてACTHを測定し高値であれば原発性、低値であれば続発性と診断できる。 血清電解質:血清ナトリウム低下、カリウム上昇がみられ、Na/K 比30以下は副腎不全を疑わせる。 末梢血好酸球増多と低血糖を示す。 病歴や症候、電解質、血算などの緊急検査から急性副腎不全が疑われる場合は、血中ホルモンの結果を待たずに治療を開始する。[ja.wikipedia.org]
  • 臨床的な兆候 [ 編集 ] 急性副腎不全 [ 編集 ] 初期症状は、全身倦怠、無気力、食欲不振、体重減少、吐気、腹痛、便秘、下痢微熱、など非特異的(日常よくある症状)である。しかし、この状態で12時間程度経過すると、意識障害(失認、誤認、記銘障害など)やショック症状(ミネラルコルチコイド欠乏所見としての低血圧が主要兆候)を起こす。低血糖はまれだが、認められる場合は二次性副腎不全の疑いがある。[ja.wikipedia.org]
吐き気
  • そのため、急に薬を飲まなくなると、体の中のステロイドホルモンが不足し、倦怠感、吐き気、頭痛、血圧低下などの症状が見られることがあります(ステロイド離脱症候群)。自己判断で急に内服を中止しないように注意が必要です。 13. ステロイド痤瘡(ざそう) 「にきび」ができやすくなります。ステロイド薬の減量により改善します。 14. 大腿骨頭壊死(無菌性骨壊死) 大量投与でごく稀に起こることがあります。多くの場合、ステロイド薬投与後、数ヶ月以内に、股関節の痛みで発症します。早期発見が大切です。 15.[twmu.ac.jp]
  • コバルト欠乏 コルヒチンのコバルト吸収阻害効果による「吐きけ」「集中力低下」「うつ状態」「免疫力低下」 低ナトリウム血症と低カリウム血症 コルヒチンの吸収阻害効果によるナトリウム吸収障害と、それに伴うカリウム吸収障害で「脱水」「食欲不振」「吐き気」「低血圧」「痙攣」「体重減少」「記憶力の低下」「免疫力低下」 葉酸欠乏症 (2013年9月29日追記) コルヒチンの吸収阻害効果による「貧血」「粘膜病変(口内炎・胃潰瘍など)」「免疫力低下」 レバー・緑黄色野菜など栄養面からの改善が可能です。[autoinflammatory-family.org]
低血圧
  • そのほか、立ちくらみ(アルデストロン欠乏による脱水での血圧)、味覚嗅覚異常、女性の恥毛腋毛減少や閉経。男性の関節内石灰化。 出典 [ 編集 ] 日本内科学会会誌 第97巻 第四号 2008年[ja.wikipedia.org]
  • 発症は急激で、疲労感、倦怠(けんたい)感に続き、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、発熱、 血圧 、 低血糖 、進行すると意識障害、呼吸困難などを呈し、放置すれば死に至る重篤な状態です。 本症が疑われた場合にはただちに、水分、ナトリウム、糖とともにコルチゾールを投与します。原因となる疾患(感染など)があれば、これに対する治療が必要です。 大切なことは予防です。通常量のコルチゾールを服用している人が前述のようなストレスにさらされた場合には、通常量の数倍のコルチゾールを服用する必要があります。[medical.jiji.com]
  • [症状] 副腎ホルモンの欠乏による症状として、全身倦怠感、脱力感、筋力低下、体重減少、食欲不振、血圧、低血糖、精神症状(無気力、不安、性格変化)、色素沈着(皮膚、粘膜、爪、舌、口腔粘膜など)、月経異常、体毛脱落(女性)などがありますが、症状は通常徐々に始まり、程度も個々で異なるため症状がはっきりしない例から著しい症状を示す例まであります。 [診断] ・ホルモン検査など 上記の症状、とくに色素沈着、倦怠感、血圧などから本症を疑い、ホルモン検査をすることが重要です。[miyagi.doctor-search.tv]
起立性低血圧
  • 1.自覚症状 ①色素沈着: あるいはまれに白班、関節部、手術創、乳輪、手掌の皮溝、歯齦、口腔粘膜、舌、口唇などに特徴的 ②易疲労、脱力感 ③体重減少 ④消化器症状: 食欲不振、悪心・ 嘔吐、下痢、腹痛 ⑤精神症状: 無気力、無関心、不安感 ⑥急性副腎皮質不全症状: 全身倦怠感、頭痛、悪心・ 嘔吐、発熱などの非特異的症状に始まり、急速に進行して意識障害、呼吸困難、ショック 2.他覚症状 ①低血圧:起立血圧症を来しやすい。[nanbyou.or.jp]

治療

  • 病歴や症候、電解質、血算などの緊急検査から急性副腎不全が疑われる場合は、血中ホルモンの結果を待たずに治療を開始する。急性副腎不全の治療は、①即効性の副腎皮質ホルモンの投与、②十分な補液と電解質の補正、③急性副腎不全を引き起こした原疾患に対する治療(昇圧剤、抗生物質、止血剤などの投与)が原則である。 蔭山和夫 甲状腺クリーゼ コルチゾール コルチゾン[ja.wikipedia.org]
  • [治療] ショック状態におちいると、生命にかかわることがありますから、ただちに大量の 生理食塩水 とぶどう糖の輸液を行ないます。 同時に、 副腎皮質ホルモン ( ステロイド )による治療が行なわれます。 出典 小学館 家庭医学館について 情報 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE GROUPに帰属します。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。[kotobank.jp]

予防

  • 副腎不全の予防とショックへの対応について ショックを起こしてしまったら、補液や昇圧薬を投与しても反応がありませんので、ステロイドを投与して、補充することで改善を図ります。 しかし、自己中断や不慮の事故がによる突然の中止も考えられます。それについては早めにステロイド服用・投与履歴を確認する必要があります。手術などであらかじめステロイドの中断が分かっている場合は静脈投与に切り替えて、副腎不全を予防します。 低用量内服を減量する際にも注意が必要です。[kango-oshigoto.jp]
  • 投与量が多いほど血糖は上がるので、特に投与量が多い間は、食事療法による予防が大切であり、薬による糖尿病治療が必要な場合もあります。 4. 消化性潰瘍(ステロイド潰瘍) 消化管粘膜が弱くなるため、潰瘍ができやすくなります。胃酸分泌を抑制する薬や胃粘膜を保護する薬を予防的に内服します。 5. 血栓症 出血を止める働きをする血小板の機能が亢進するため、血管の中で血液が固まってしまう血栓症が起こりやすくなります。予防的に血をサラサラにする薬(抗血小板薬)を内服します。 6.[twmu.ac.jp]
  • 飛沫感染するため、有効な治療開始後24時間まで飛沫感染予防が必要。 同居者など濃厚接触者には抗菌薬による予防を行います。 予防には4価髄膜炎菌ワクチンが有効 肺炎球菌(肺炎双球菌) 肺炎球菌 は脾臓摘出後( 肺炎球菌による脾臓摘出後重症感染症 )・ 糖尿病 ・ステロイド剤使用・膠原病・高齢・アルコール中毒・多発骨髄腫の免疫不全でウォーターハウス・フリードリヒセン症候群おこし、近年増加傾向。[nagasaki-clinic.com]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!