Edit concept Question Editor Create issue ticket

前頭縫合骨癒合


提示

擦過傷
  • 切り傷等の場合は縫合を、擦過傷や皮膚欠損に対しては主に保存的治療を行っております。治癒後の瘢痕に対しても傷跡をなるべくきれいな傷痕にするための治療法を行っております。 保存的療法 交通事故により皮膚が削れてしまっています(右足背外側)。 植皮術も検討しましたが、保存的に上皮化を認めました。幸いケロイド化や瘢痕拘縮は生じませんでした。 外傷後、術後瘢痕 外傷や、手術により生じた瘢痕、肥厚性瘢痕(ケロイド等)、瘢痕拘縮(ひきつれ)、その他の変形についてのご相談に対応します。[byouin.metro.tokyo.jp]

治療

  • 2.これまでの報告では発達障害の診断・治療効果の判定・予測されるリスクなどの検討がきわめて不十分であり、現時点では発達障害の治療として実験的治療と言わざるをえない。 3.さらにこの手術には発達障害の治療としてはさまざまな倫理的問題も指摘されており、本学会の倫理検討委員会において調査中である。 — 2005年12月 軽度三角頭蓋の外科手術に関する見解 また、 日本自閉症協会 も以下のような公式見解を表明している [13] 。[ja.wikipedia.org]

疫学

  • 疫学 [ 編集 ] 正確な調査はなく、1万人に1-2人ほどの割合で発症するとされているが、欧米では2000-3000人に1人との調査もあり、日本における発見率の低さが目立っている [1] 。 問題点 [ 編集 ] 上述した通り、日本では頭蓋骨縫合早期癒合症の発見率が低迷している。 背景 [ 編集 ] 発見率低迷の背景として、欧米と日本における沿革の違いがある。 欧米では、うつ伏せ寝が乳幼児突然死症候群の危険因子であることが判明したため、うつ伏せ寝の文化から仰向け寝の文化へと一大転換が図られた。[ja.wikipedia.org]
性別分布
年齢分布

予防

  • 出生後 幼児期に腰部やおしりの周辺の皮膚異常(隆起、陥凹、血管腫、異常毛髪など)でみつかることが多く、エコーやMRIで診断を行います。 一般的な治療 無症状の場合は、脂肪腫の種類や脊髄係留の程度にもよりますが、症状が現れる前に予防的に脊髄の癒着を解除する手術を行うことがあります。 一方、症状がある場合は、その進行予防を目的として手術を行います。手術は全身麻酔下に腹臥位(うつ伏せの状態)で病変がある部位の皮膚を切開し、神経を傷つけないよう注意しながら脊髄とその他の組織を切り離します。[www2.med.osaka-u.ac.jp]
  • – 頭蓋の容積を拡大し、頭蓋内圧を正常化することで、脳機能の障害を予防・改善する(脳機能温存)。 – 頭蓋・顔面の形を改善する(整容的な目的)。 手術適応については、早期癒合した縫合、年齢、水頭症の合併の有無などを考慮して決定します。 手術の時期は、生後 6ヶ月以後まで待つことが多く、さらに顔面骨の形成が必要な場合については通常永久歯の影響などを考慮したうえで学童期に治療を検討します。 一つの縫合の早期癒合では、1歳になるまでに手術を行えば、影響は少ないとされています。[h-ns.net]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!