Edit concept Question Editor Create issue ticket

内部人工関節破損


提示

脱臼
  • 5.脱臼 人工股関節を入れたあと、もっとも起こりやすい合併症が脱臼です。 健康な股関節は周辺の筋肉によって守られているため、めったに脱臼しませんが手術のあとで周辺の筋肉が弱っているときには、脱臼が起こりやすくなります。 手術後に脱臼の起こる頻度は0.5 6%程度といわれています。 何よりも人工股関節の特性を理解して、日常生活において上手に付き合うためのトレーニングが必要です。 6.人工関節のゆるみ 細菌感染により骨の一部が溶けると、人工膝関節と骨との間にゆるみを生じることがあります。[higashi-totsuka.com]
  • ④関節制動術(かんせつせいどうじゅつ) 関節の動きをある程度は制限するかわりに、関節が好ましくない位置にあるのを矯正したり、脱臼したりするのを防ぐ手術です。 前者の代表的なものに、足関節がぶらっと下にさがっている変形を治す手術があります。後者では、くせになっている肩関節の脱臼を防ぐ手術がよく行なわれます。 ⑤観血的脱臼整復術(かんけつてきだっきゅうせいふくじゅつ) 関節が外れることを脱臼といいますが、ふつう、脱臼は麻酔をかけて引っ張ったりして、もとにもどします。[kotobank.jp]
  • 人工関節の寿命 ゆるみ 摩耗、骨溶解 人工関節の破損 感染 脱臼 骨折 再置換が必要になるのは、人工関節がゆるんでしまったり摩り減ったり(摩耗)、摩耗によって患者さん自身の骨が溶けてしまったり(骨溶解(こつようかい))、人工関節が壊れたりした場合や、手術部位が細菌感染を起こしたり、脱臼を繰り返し繰りたり、転倒などによって人工関節の周辺の骨が折れたりした場合ですが、何よりも股関節に強い痛みが出てきた場合は再置換の適応となります。[hiroba-j.jp]
骨折
  • 4.骨折 人工関節を設置する際の骨折には、手術中に起こる骨折と手術をした後に起こる骨折の2種類があります。 手術をした後に起こる骨折は、通常転倒や事故などの衝撃により起きる場合が多く、骨折の頻度は約1%程度であると考えられています。 骨折後の治療法は経過観察や再手術などそれぞれの症例に適した方法が選択されます。 5.脱臼 人工股関節を入れたあと、もっとも起こりやすい合併症が脱臼です。[higashi-totsuka.com]
  • 感染予防と骨折予防 人工関節を長持ちさせるために、患者さん自身でできることがあります。それは感染予防と骨折予防です。 感染を起こす確率は、一般的に0.1 0.3%といわれています。予防のためには手術した部分に傷を作らないようにすることが大切です。ちなみに、むし歯になっても心配しすぎなくて大丈夫です。むし歯の原因となる菌は、手術部位に炎症を起こす菌とは種類が違うので普通の免疫力(抵抗力)のあるひとは、人工関節部分まで移動してくることはありません。[hiroba-j.jp]
  • 痛みの原因となる椎間板が2つ以上ある人 神経圧迫による神経根症を有している人 片方あるいは両方の下肢に痛みがあり、その痛みがひざ下まで達している人 腰椎椎間板に対して腰椎固定術を行った人(今回の投与部位以外を6ヶ月以上前に手術した人は可) 過去3ヶ月以内に治験製品投与部位に、椎間板侵襲を伴う治療、神経根ブロック注射を行った人 脊椎圧迫骨折(胸腰椎の推体骨折)の既往がある人 説明を行った同大医学部外科学系整形外科学の酒井大輔 准教授は、「参加基準は狭いが、正確な対象患者をピックアップするためには容赦願[news.biglobe.ne.jp]
  • 人工膝関節置換術の合併症 深部静脈血栓(血管の中で血液が凝固する)、肺塞栓症 感染 人工膝関節のゆるみ、破損 膝の皿(膝蓋骨)の脱臼 二次的な骨折 など。詳しくは医師から説明があります。 手術 手術の準備が整うと、患者さんを手術室へお連れします。 麻酔をかけます。麻酔をかけると、患者さんは手術中眠る(全身麻酔)か、下半身の感覚がなくなります(腰椎麻酔あるいは硬膜外麻酔)。 膝の前か横に皮膚切開を行います。 傷んだ骨を全てきれいに取り除き、人工関節を固定します。[stryker.co.jp]
発熱
  • 膝の痛みが増してきた場合 ふくらはぎや脚の痛みや脹れ きずぐちが異常に赤くなったり、熱を持ったり、膿などが出ている場合 呼吸困難や胸の痛みがある場合 38度以上発熱している場合 無理をしないようにしましょう 動きによっては、人工関節に大きな負担をかけることがあります。主治医の指示を守りましょう。無理をしないことが人工関節を長くもたせる上で大切です。 膝をねじらないようにしましょう。 衝撃の強い、走ったり、飛び跳ねたりすることはやめましょう。 転ばないように注意しましょう。[stryker.co.jp]
  • 股関節の痛みが増してきた場合 ふくらはぎや脚の痛みや腫れ きずぐちが異常に赤くなったり、熱を持ったり、膿や血などが出ている場合 呼吸困難や胸の痛みがある場合 38度以上発熱している場合 危険な動きは避けましょう 動きによっては、人工関節に大きな負担をかけることがあります。このような動きは脱臼や人工関節をすり減らしてしまう原因となり得ますので、気を付けましょう。無理をしないことが人工関節を長くもたせる上で大切です。以下のことがらに十分注意してください。[stryker.co.jp]
腫れ
  • また、腫れを抑えるため骨盤・大腿部にプレパンツを着用したり局所を冷やしたりする場合もあります。手術部の安静と腫れを防ぎます。 手術後数日目からCPMと呼ばれる器械を使って股関節、膝関節を動かします。 痛みの除去 手術後数日間は注射や点滴、坐薬で鎮痛剤を投与される場合があります。鎮痛剤を使っても、多少の痛みを感じることもあります。しかし、薬で痛みが和らがない場合や何か変ったことがおこりましたら、必ず看護婦(士)にお申し出下さい。[stryker.co.jp]
疼痛
  • あなたの股関節は、十分な保存的療法にもかかわらず、その効果が無いことから、現時点では股関節を人工関節に置き換えることで、疼痛や関節機能の改善が期待できます。 人工股関節の効果 人工股関節置換術の効果は、現在ある股関節の痛みの軽減が期待でき、日常生活に必要な股関節機能の回復が期待出来ます。術後の股関節の可動域は、仲展は0 から10 程度の仲展制限を残す程度に回復すると期待できます。[doh-racenter.jp]
疲労
  • 長期に人工股関節を使用した場合、金属にひびが入り(金属疲労)、折損・破損することもあります。 20年前の人工股関節とは異なり、品質はかなり良くなっていることと100kgを越える体重の患者さんは日本人にはほとんどいませんので、それほどは問題にはならないものと考えられます。しかしながら、過度の摩耗のため人工関節のゆるみが生じた場合には、人工関節を入れ直すことがあります。 (6)神経麻療・血管損傷 足の長さを延ばす場合(脚延長)、筋肉、腱はある程度延びますが、神経、血管は延びることができません。[doh-racenter.jp]
腫れ
  • また、腫れを抑えるため骨盤・大腿部にプレパンツを着用したり局所を冷やしたりする場合もあります。手術部の安静と腫れを防ぎます。 手術後数日目からCPMと呼ばれる器械を使って股関節、膝関節を動かします。 痛みの除去 手術後数日間は注射や点滴、坐薬で鎮痛剤を投与される場合があります。鎮痛剤を使っても、多少の痛みを感じることもあります。しかし、薬で痛みが和らがない場合や何か変ったことがおこりましたら、必ず看護婦(士)にお申し出下さい。[stryker.co.jp]
血栓症
  • 主な合併症について 1.深部静脈血栓(DVT)と肺塞栓症(PE) 血栓とは血管の中にできる血のかたまりです。 人工関節の手術の術中もしくは術後に、深部静脈に血栓が生じる深部静脈血栓(DVT)が起こる場合があります。 血栓が生じると、脚のむくみや痛みなどが起こります。また、この血栓が静脈壁から遊離して肺動脈に詰まる場合があり、これは肺塞栓症(PE)と呼ばれ生命に関わることもあります。 肺塞栓症の発生率は約0.7%といわれています。[higashi-totsuka.com]
  • ただし、血栓の既往のある方(脳血栓、肺梗塞)や、血栓が出来やすい体質の方(下肢静脈瘤、心雑音、心弁膜症、不整脈、肥満、糖尿病、高脂血症等)は注意が必要です。 (4)ゆるみ 人工関節のなかには、設置してから長い年月が経過すると、人工関節が骨に固定されている部分で、骨がもろくなり吸収されることで、人工関節と骨の間にゆるみが出ることがあります。この様な状態を人工関節のゆるみといいます。これは、通常 15-20年程度でおこりますが、早い場合数年でおこることもあります。[doh-racenter.jp]

治療

  • 浅いところの感染は通常抗生物質などで治療されますが、深い部位での感染は外科的な治療もしくは人工関節の抜去が必要になることがあります。 (3)肺梗塞・肺塞栓(エコノミークラス症侯群) 股関節、脊椎、膝関節などの手術を行う場合、大腿部の静脈の中で血液が固まり (血栓)、静脈がつまることがあります。足の深いところで起こることを深部静脈血栓症といいます。大腿部でできた大きな血栓が肺に飛んだ場合、肺塞栓・肺梗塞となり、酸素が体に取り込めなくなります。[doh-racenter.jp]
  • 感染は抗生物質などで治療できますが、深刻なときは人工関節の抜去が必要となる場合があります。 感染の起こる確率は0.3 3%といわれています。 4.骨折 人工関節を設置する際の骨折には、手術中に起こる骨折と手術をした後に起こる骨折の2種類があります。 手術をした後に起こる骨折は、通常転倒や事故などの衝撃により起きる場合が多く、骨折の頻度は約1%程度であると考えられています。 骨折後の治療法は経過観察や再手術などそれぞれの症例に適した方法が選択されます。[higashi-totsuka.com]
  • 協力: 大阪大学医学系研究科運動器工学治療学教授 菅野 伸彦 先生 大阪大学医学系研究科器官制御外科学 助教 坂井 孝司 先生 この情報サイトの内容は、整形外科専門医の監修を受けておりますが、患者さんの状態は個人により異なります。 詳しくは、医療機関で受診して、主治医にご相談下さい。[hiroba-j.jp]
  • 歯科治療について 歯や歯ぐきに問題がある 場合には、手術の前に治療しておきましょう。口の中のさいきん細菌が血液中に入って、新しい人工股関節にかんせん感染する危険性があるからです。こうなる と回復を遅らせる場合がありますし、ひどい場合には人工関節を取り出さなければならなくなります。 麻酔について あらかじめ麻酔科を受診していただきます。今までに薬や麻酔などで具合が悪くなったことがありましたらお知らせください。 自己血輸血と採血について 手術中の出血を補うため に輸血を行うことがあります。[stryker.co.jp]

予防

  • 感染予防と骨折予防 人工関節を長持ちさせるために、患者さん自身でできることがあります。それは感染予防と骨折予防です。 感染を起こす確率は、一般的に0.1 0.3%といわれています。予防のためには手術した部分に傷を作らないようにすることが大切です。ちなみに、むし歯になっても心配しすぎなくて大丈夫です。むし歯の原因となる菌は、手術部位に炎症を起こす菌とは種類が違うので普通の免疫力(抵抗力)のあるひとは、人工関節部分まで移動してくることはありません。[hiroba-j.jp]
  • 膝を優しく曲げ伸ばしします 血栓(血管の中で血液が固まること)予防のために医療用の靴下を 着用することがあります。また、血栓予防の薬が出されることもあります 術後数日間は膝の伸展位保持のためのニーブレイス(膝装具)を 使用します。 痛みの除去 手術後数日間は注射や点滴で鎮痛剤を投与される場合があります。鎮痛剤を使っても、多少の痛みを感じることもありますが、これは普通です。しかし、薬で全く痛みが和らがない場合には、必ず看護婦にお申し出下さい。[stryker.co.jp]
  • 静 脈血栓(血管の中で血液が固まること)予防のために弾力包帯を下肢に巻きます。血栓を予防するために下肢を圧迫して血行を促す器械を装着することがありま す。また、腫れを抑えるため骨盤・大腿部にプレパンツを着用したり局所を冷やしたりする場合もあります。手術部の安静と腫れを防ぎます。 手術後数日目からCPMと呼ばれる器械を使って股関節、膝関節を動かします。 痛みの除去 手術後数日間は注射や点滴、坐薬で鎮痛剤を投与される場合があります。鎮痛剤を使っても、多少の痛みを感じることもあります。[stryker.co.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!