Edit concept Question Editor Create issue ticket

内臓逆位がある網膜色素変性症


治療

  • 予防や治療法の開発につながるかも知れません。 難病「線維筋痛症」の治療薬の開発に、ファイザーが臨床試験を始める方針(日経・08・7・28) ファイザーは、難病「線維筋痛症」の治療薬の開発に年内にも臨床試験を始める方針を固めました。日本にはまだ治療薬がなく、非ステロイド性消炎鎮痛剤 (NSAIDs) が処方されていましたが、神経痛などの治療薬として日本で開発を進めている新薬候補物質「プレガバリン」で治験に取り組むとのことです。[jpma-nanbyou.com]
  • 治療のターゲットとして最も重要になるのは慢性下気道感染症の治療である。マクロライド療法があるが、効果が低いとする報告もある。慢性下気道感染症の急性増悪に対しては、殺菌性抗菌薬の短期間投与で対応する。 問診から本症が疑われた場合、確定診断については専門的な対応が必要となる。したがって、専門医への速やかな紹介が重要である。 臨床のポイント: 慢性副鼻腔炎、気管支拡張症、内臓逆位の3徴を示す症例をKartagener症候群と呼ぶ。 評価・治療の進め方 ※選定されている評価・治療は一例です。[clinicalsup.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!