Edit concept Question Editor Create issue ticket

先天性多発性関節拘縮症


治療

  • マニュアル 6,912円 脳性麻痺の運動障害 原著第2版 評価と治療の考え方 2,862円 脳性麻痺の類型別運動発達 2,754円 関連する本をさがす ビジュアルレクチャー 神経理学療法学 5,184円 ビジュアルレクチャー 内部障害理学療法学 第2版 5,184円 ビジュアルレクチャー 理学療法基礎評価学 4,860円 ビジュアルレクチャー 理学療法基礎治療学III 補装具療法 2,592円 ビジュアルレクチャー 理学療法基礎治療学I 運動療法 3,024円 ビジュアルレクチャー 理学療法基礎治療[ishiyaku.co.jp]
  • ) がん 薬物療法(抗がん剤治療) がん 薬物療法(ホルモン剤治療) がん 放射線治療 がん 初回治療〜経過観察 がん 脱抗がん剤治療 がん 闘病記(現在進行形) がん 闘病記(完治) がん 闘病記(永眠) がん(放置・共存) がん 緩和ケア がん情報(患者以外) 医療用ウィッグ 起立性調節障害 脳室周囲白質軟化症 腹壁破裂 コルネリア・デ・ランゲ症候群 1型糖尿病(小児糖尿病) 小児期崩壊性障害 運動発達遅滞 発達遅延 乳幼児突然死症候群 子供・赤ちゃんの病気 男性の病気 月経前症候群・不機嫌性障害[sick.blogmura.com]

予防

  • 予防と治療 関節症の発症は、種々の遺伝子素因を背景として、使いすぎや体重負荷、外傷を契機に軟骨磨耗が起こり、進行して発症します。しかし必ずしも軟骨磨耗によって症状が起こるとは限りません。したがって症状が起こってからはじめて診断がつくことも多いです。 このため股関節や膝関節のように関節症の頻度が高く、重症化するとADL障害が大きく、時に手術的加療が必要になる関節では、定期的な診断をうけることが、進行予防に大切です。 ロコモの概念 にしたがって早期の整形外科への受診が予防や治療の出発点となります。[joa.or.jp]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
• 質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!