Edit concept Question Editor Create issue ticket

先天性全身型リポジストロフィー1型


提示

脾腫
  • 有痛性の皮下結節が多発する疾患 発熱、肝、汎血球減少、高脂血症、肝機能障害を伴う。 病理像は壊れた核や赤血球の血球貪食を伴う脂肪織炎。 一部は予後不良な皮下脂肪織炎様T細胞リンパ腫(SPTL)であるため、CHPはSPTLの初期像であるとする意見もある( Arch Dermatol 2000;136:922 )。 両者はEBER、TCR再構成(両方ともSPTLで陽性)が異なるとする報告もある。[ncgmkohnodai.org]

治療

  • 医療費の自己負担の軽減(特定疾患治療研究事業対象56疾患) 指定疾患の一覧 [ 編集 ] 難治性疾患克服研究事業(臨床調査研究分野対象疾患) [ 編集 ] 130疾患 (2009年4月1日現在)。厚生労働省による原因究明・治療法などの研究が行われる。患者の自己負担分を公費で負担するのは、特定疾患治療研究事業対象疾患のみである。 (作成中) この節の 加筆 が望まれています。 特定疾患治療研究事業対象疾患 [ 編集 ] 56疾患 (2009年10月1日現在)。[ja.wikipedia.org]
  • 治療 ネフローゼレベルのタンパク尿を呈する小児にはコルチコステロイド 成人にはジピリダモールおよびアスピリン 末期腎臓病患者には腎移植 可能な場合は,基礎疾患を治療する。タンパク尿がネフローゼレベルに達しない(通常は進行が緩徐であることを示唆する)患者は,おそらく特異的な治療法の適応ではない。[msdmanuals.com]
  • 主な治療法 糖・脂質代謝異常および他の全身症状に対する対症療法のみ。 乳児期より重篤な肺炎などをくりかえす場合があり、代謝異常も含めた全身管理の継続が不可欠。 7. 研究班 リポジストロフィーとミオパチーを合併する新規遺伝性疾患についての疾患概念の確立と治療法の開発に向けた研究班[nanbyou.or.jp]
  • 【筋強直性ジストロフィーのおもな合併症】 不整脈 白内障 認知機能障害 内分泌機能障害 糖尿病 過眠症 など 記事2 『筋強直性ジストロフィーの検査、合併症に対する治療(対症療法)』 では、筋強直性ジストロフィーの検査・治療についてお話します。[medicalnote.jp]
  • CHPは浸潤リンパ球のmonoclonalityがなく、ステロイドやシクロスポリンなどの免疫抑制治療への反応良好である。 外傷性脂肪織炎 外傷により脂肪細胞が炎症を起こして生じる浸潤を触れる紅斑性の局面や結節 肥満女性の乳房に好発。下腿にも生じることがある。 ステロイド後脂肪織炎 ステロイドを大量に投与中、急に減量または投与中止後数日で発症する。 乳幼児に多い。 直径0.5 5cmの皮下結節が頭頚部 上半身に好発。[ncgmkohnodai.org]

疫学

  • 疫学 5名(2009.6.10現在) 3. 原因の解明 PTRF遺伝子変異による疾患。細胞膜の特殊構造であるカベオラ構成タンパク質PTRF/Cavinが欠損することによるカベオラ機能不全が主病態と考えられる。 4. 主な症状 乳児期以降に発症する全身性リポジストロフィー ミオパチー/筋ジストロフィー(筋肥大または萎縮・進行性の筋力低下) 5.[nanbyou.or.jp]
性別分布
年齢分布

予防

  • 小児科療養指導料 てんかん指導料 難病外来指導管理料 皮膚科特定疾患指導管理料 外来栄養食事指導料 入院栄養食事指導料 集団栄養食事指導料 心臓ペースメーカー指導管理料 在宅療養指導料 高度難聴指導管理料 慢性維持透析患者外来医学管理料 喘息治療管理料 慢性疼痛疾患管理料 小児悪性腫瘍患者指導管理料 削除 糖尿病合併症管理料 耳鼻咽喉科特定疾患指導管理料 がん性疼痛緩和指導管理料 がん患者カウンセリング料 外来緩和ケア管理料 移植後患者指導管理料 植込型輸液ポンプ持続注入療法指導管理料 糖尿病透析予防指導管理料[ja.wikipedia.org]

質問する | 医師と患者の医療フォーラム | Symptoma®

5000 残り文字数 使用しているテキストをフォーマット:# 見出し, **大文字**, _斜体_。HTMLコードは許可されていません。
質問を公開することで、あなたはTOSプライバシーポリシーに同意することになります
•質問に対する正確なタイトルを使用します。
• 特定の質問を入力し、年齢・性別・症状・タイプ・治療期間を提供
• ご自身および他の人のプライバシーを尊重し、絶対にフルネームや連絡先情報を投稿しないでください。
• 不適切な質問は削除されます。
• 急ぎの症例の場合には、医師に連絡する、病院を訪問する、または緊急サービスに電話をしてください!